縛るなら残酷な愛で

shibarunara zankoku na ai de

縛るなら残酷な愛で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044504021

あらすじ

高校生の淳平はバイト先で、忘れられなかった男と再会する。
大手建設会社の専務・蘇芳…彼は、淳平の実家が倒産する原因を作った男だった。
積年の恨みが蘇り、思わず殴りかかる淳平。
しかし口論の末、突如豹変した蘇芳に無理矢理抱かれて感じてしまう。
しかも次の約束を強要されて…。
「―嫌がってみせても、感じてるんだろう?」淫らで底の無い、悦楽と屈辱の鎖に縛られる―。
素直な高校生・淳平と、鬼畜で野蛮なサラブレッド・蘇芳の芳潤で濃厚なボーイズラブ・ドラマ。

表題作縛るなら残酷な愛で

海原建設の専務;蘇芳
天涯孤独な高校生;土佐淳平

評価・レビューする

レビュー投稿数2

王道

BL的に王道な設定です。
父親の会社の土地を奪い会社が潰れた原因を作った男と再開し、殴りかかってしまったことで弱みを握られ、警察に連れて行かれない代わりに蘇芳の部屋に連れ込まれる。
そのまま犯され撮られた写真で脅され、度々呼び出される…みたいな話。

最初に犯された時はかなり強引で泣かされた淳平ですが、
次に呼び出された淳平が前回の恐怖で怯えてしまっているのを見て怖がらせないように優しくしたり蘇芳さんが頑張ってました。
あまりにも怖がらせてしまったから後悔したんでしょうね。蘇芳さんも。
淳平も蘇芳を憎んでいながらも、子供の頃に遊んでもらって懐いていた事が忘れられない。
最終的に会社を潰した直接の原因は蘇芳さんではないことが分かり(きっかけを作ったことには変わりないけど)今まで淳平に資金援助してくれていた謎の人物であることが発覚してハッピーエンドです。

0

忘れられない濡れ場の入り方

子姫がむかーし、読んでそれっきりで何となく気になっていたBLです(笑)

ちなみに何となく気になっていたのは当時純情だった姫にとって濡れ場が過激だったから(爆)

しかし、そんなにエロを強調するぐらいではない、むしろ一般的(?)ですかね…

よくある話っちゃーよくある話です

でも、なんとなく濡れ場の入り方がテンポよくて好きな作品です

受けの淳平は、憎んでいる相手がいる。それが海原建設の蘇芳だった。バイト先で偶然淳平は蘇芳に遭遇し、思わず殴りかかってしまう。口論の末、キれた蘇芳にやられてしまう。それをネタにして度々呼びだされる淳平。しかし、天涯孤独になった淳平を今まで親切に面倒を見てくれた人がいて…

というお話です(雑ですみません)

ちなみに蘇芳さんは普通にかっこいい(笑)

だけど、やっているときに「っ」というのが多すぎてちょっと残念です(←超個人的)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ