ライカン-伯爵獣と囚われた男娼-

ライカン-伯爵獣と囚われた男娼-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×211
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
112
評価数
29
平均
3.9 / 5
神率
24.1%
著者
山本ティナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784796412599

あらすじ

天涯孤独な青年ソラは、獣人が統治する国の片隅でひっそりと生きていた。ある日、ソラが働く娼館に獣人が客としてやってくる。初めて見る憧れの獣人に舞い上がるソラだったが、その獣人・ナヴラスは「汚らわしい」とソラを侮蔑する。カッとなり金も受け取らず部屋を飛び出したソラは店主に折檻されてしまうが、それを見たナヴラスは「気が変わった」と獣の姿で荒々しくソラを抱き…
そして一カ月後、再びソラの前にナヴラスが現れて…?

表題作ライカン-伯爵獣と囚われた男娼-

ナヴラス(人間嫌いの獣人ライカン伯爵)
ソラ(針子と男娼で稼ぐ人間)

その他の収録作品

  • 描き下ろし Good Morning Beast

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

ハーレクイン

ハーレクインのBL獣人版で間違いないでしょう!
王道ってホッとします!
かわいそうな受と伯爵スパダリな攻。
2人が出会うきっかけを作った攻めの友達、当て馬の従兄弟、激しいセックスからの屋敷に代々伝わる伴侶の指輪…
やっぱこの展開好きだわ。。

2

獣姿のナヴラスの雄っぷり最高!

獣人”ライカン”が統治する国の都から離れた貧しい人間たちが暮らす集落で生まれ育ち娼館で働くソラと、都で暮らす伯爵のナヴラスのお話。

友人の付き添いで娼館に来たナヴラスの部屋の担当にされるけど行為を拒んだナヴラスからお金を受け取らなかったことで店主に殴られるソラ。
そんなソラに哀れみを感じ戯れに自分の屋敷に使用人として連れて帰るナヴラス。

小さい頃から憧れてたけど人間は金持ちしか行くことが出来なかった都に行けて喜ぶソラだけど”使用人”になったことでナヴラスとの距離を感じるソラが可愛かった!!!
何よりナヴラスがカッコよすぎた////
紳士でした!!紳士!!

寝てる時やセックスをしてる時に獣の姿になるの最高過ぎました!!
獣姿の方が楽だけど日頃は人型で生活してるので、獣姿を他の人にあまり見せないってのがたまらんですよね!!!

9

人型・獣型で魅せる獣人の王道ストーリーが期待値を超えた!

最近ケモミミものが気になり獣人作品として気になっていたので電子発売で購入したところ
予想外のヒットでテンションが上がってしまいました!!!

個人的に人外や獣人ものをあまり見た事がないこともあり、
獣人ライカンスロープのナヴラス伯爵が人型と獣型どちらの姿も見せてくれることに感動!
どちらもカッコイイ上にエロい…すっごい嬉しいです><
クールでスパダリ感満点の褐色ケモミミ人型はもちろんのこと、
嗅ぎたくなるもふもふワイルドな獣型もどちらも譲れない!!!

ライカンが統治する国で都から遠く離れた集落で貧しい人が生活している…
針子と男娼をして一人で何とか生活しているソラ。
ひどい店主に搾取されても、あこがれのライカンへいく事を夢に見ながら希望を胸に
前向きにガンバル姿が健気でいい。

人間嫌いのナヴラスですが店主に酷い扱いを受けているソラを放っておけず、
関係を持ったあと暫くして都へ、奴隷ではなく使用人として連れ帰る。
町ではだけたシャツに短パンだったソラが、ライカンできちんと服をきている姿になんだか萌えます…。

ライカンに来てから主従関係になり少し距離ができる二人…
様子を窺いながらお互い気持ちを推し量る感じはやっぱり王道の極みです…。
身体の関係がなくてもキュンキュンする場面ですが、離れた分だけ身体の距離も縮まるもので
日常生活の緩んだ隙間に情が入り込んでいくようすは堪りません。

健気に一生懸命頑張るソラは館で認められ、針子の腕を買われて店を任される話を貰います。
自分を認められたことが嬉しい反面、出て行く事を止めて欲しい気持ちでナヴラスに相談するも
OKされてショックを隠せないソラ…。

押さえきれない気持ちを伝えに再度会いに行くと、一年に一度の発情期を迎えている。
苦しそうにしているナヴラスに捌け口でもいいからと迫り告白するソラに対して
ナヴラスも大事に想っていると気持ちを伝えるんですが、
発情しても離れるように諭すクールな伯爵が色っぽい…。
でもね、乱暴にしてもいいからと懇願するソラに押し切られめくるめく発情Hへと…。
Hシーンの最中に人型から獣型に変化する体毛の様子も描かれていてエロかった…。
匂いネタもいいですよね…獣型の爪もゾクゾク…ほんとハマります><

ソラは自立して店を任されて離れて暮らしますが、ナヴラスがちょいちょいお泊りしてます。
描き下ろしのあまあまイチャイチャもずっと見ていたい、幸せ一杯になれました。
ナヴラスはクールですが、店でソラがお客にちょっかいを掛けられそうになっていると
獣型でさりげなく牽制していて可愛かったです。

王道をきちんと満足できる作品でみせて貰えるこの幸せ…感謝です…。
これで獣人に本格的にハマりました!


※電子シーモアですが、修正があまく白い細線でした!
人型・獣型で雰囲気が違い、Hシーンが多いので大きな獣人の迫力は見応えありました。
白抜きでなくって本当に良かったです!!!

7

素朴な疑問がありつつも‥。

獣人物苦手を克服したので、獣人目当ての初読み作家さんの作品でした。
絵柄はめちゃくちゃ好みではないですが‥黒髪、褐色肌攻めはカッコ良かったです(♡˙³˙)
受けの子にもう少し華奢な愛らしさが欲しかったかな!!

ライカンとは狼男のなかでも自由に変身する事が出来る優れた狼男の事だそう。

超エリートのスパダリさんが、薄幸ながら健気に頑張る子を何となく気になりほっとけなくて、手元に置き、いつの間にか自分だけのものとひたすら愛でるようになるお話は皆様もいっておられるように王道ですが、とても好かれるストーリーかと思います(⌒_⌒)

獣人ものでなくても、よくあるお話なんですが、獣人である事が素敵なスパイスになっていて、やはりもふもふ感と体格差萌えにはたまらんです。

ページ数の関係でしょうが、もう少しランカンの社会や人間との関係性など世界観が詳細に描かれていたらもっとふたりに感情移入出来るかと思いますが、とにかく、受けくんが幸せになれてホント良かったと、心温まるハッピーエンドで購読感は素晴らしい!
獣人もの好きにはお気に入りの1冊になるかと思われます(^○^)。

それにしても、毎回思うのですが‥獣人ものの体格差のHは‥よく受くん体壊さないな‥っと心配になってしまう‥いやいやそこはファンタジーなのでスルーしなければ!(*_*)。

2

シンデレラボーイストーリー

モッフモフ♡
ライカン=獣人
人型にもなれる獣人・ナヴラスと、
人間で男娼のソラのお話なのですが、
ソラのシンデレラストーリーともいえるでしょう。

場末の娼館でひどい扱いを受けながら働くソラと、
たまたま訪れたライカン・ナヴラスとが出会い、
交流していきます。
ソラを救い出し、自分の館に連れ帰るナヴラス。
そんなナヴラスに心惹かれていくソラ。

とてもありがちな話です。
でも、ナヴラスがとてもかっこよかった!
そして、ソラが周りの使用人たち仲良くなっていく過程も良かった!

ナヴラスにとってもソラが特別になり、
ソラが仕立て屋として独立してハッピーエンドというラストは、
とても良かったと思います。

脇役のライカン・ヘニングも素敵でした‼︎

0

痛々しくはありません

囚われたとありますが、無理くり男娼をしているわけではなく稼ぎが良いから自ら娼館に働きに行ってます。まあ、館主にボラれてますけど。ソラはたくましい主人公です。ライカンのナヴラスは人間嫌いであったはずなのにソラに出会い変わって行きます。ライカンは性別や結婚に拘らないらしく、それ故に伯爵であっても跡継ぎ問題は無さそうなのでソラとの将来は大丈夫そうです。お屋敷で働く使用人も主人の言った事が絶対なので、人間だからといってソラに意地悪する人が居ませんでした。娼館でモブにやられてるシーンはありますが、全体的に痛々しいシーンは無いので苦手な人でも読めると思います。でもライカンのって大きいです。

3

もふもふでも、人でも楽しめます(笑)

初読みの作家さんですが、もふもふにつられて購入。

ストーリーとしては、男娼をしなくては生活できないような貧しい暮らしをしてい受けが、ライカンの伯爵に拾われるものの、身分差から本当の気持ちを表現できなくて…一方のライカンの方も自分の本当の気持ちに気づけなくて…という王道ストーリー。

安心して読める反面、当て馬にひっかき回されることも、まわりにひどい仕打ちをされることもなく、多少危機的状況はあったものの、とんでもないことになるわけでもなく、目新しさという点では欠けているように思いました。

ですが、エロは人の姿でも、全身もふもふの姿でも楽しめるうえに、なかなかハード。拗れてたり病んでたりする方が好きな私にとって、話としてはちょっと物足りませんでしたが、エロは十分満喫できたので萌で。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ