片恋のスピカ

katakoi no spica

片恋のスピカ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×210
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

30

レビュー数
4
得点
68
評価数
18
平均
3.9 / 5
神率
22.2%
著者
中庭みかな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
さがのひを 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784344844476

あらすじ

勤めていた会社を辞め、ほとんど引きこもるように暮らしていた乙矢。外の世界へと連れ出してくれたのは、貸出カウンター越しに出会った図書館職員の霧島柊吾さん。彼に憧れるまま図書館でバイトを始めた乙矢だったが、胸に燻る想いを誰にも知らせるつもりはない。それなのに、優しく穏やかで七つ年上の柊吾さんとの距離は少しずつ近づいて……。

表題作片恋のスピカ

霧島柊吾 地方公務員(現在は図書館職員)29歳
真鍋乙矢 図書館のアルバイト 22歳 

その他の収録作品

  • ここから先は海の星
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

全てを受け入れて、貴方を好きでい続けよう

とても透明感があって、可愛いタイトルと表紙だと思うんですけど。
まさにそのイメージ通りの、切なくて優しいお話でした。

それにしても、中庭先生と言うと、ちょい痛い方向にシフトしすぎるきらいがあると思うんですけど。
今回も、主人公の過去が痛い痛い。
心の傷が辛い辛い!
でも彼が、そんな心の傷を癒し、真っ直ぐ自分の気持ちを見つめる姿には、心を打たれました。
そう、寂しさも怖さも全てを受け入れて、人を愛するんですよ!!


ざっくりした内容ですが、図書館でアルバイトとして働く主人公・乙矢。
彼は図書館の職員である柊吾に、密かな想いを抱いているんですね。
で、それぞれ心に傷を持つ乙矢と柊吾が、互いに寄り添い合うようにして心の傷を癒して行く様。
そして、スレ違いなんかも乗り越えて、二人が結ばれるまでとなります。

で、こちら、言うなれば地味な日常系になるんでしょうか。
実の所、これと言った大きな事件は起こらないんですよね。
ただ、ひたすら主人公の心に、優しく寄り添う形で物語が進んで行くと言うか。

乙矢ですが、辛い過去を抱えています。
男にしては華奢な体型や、その名前から「乙女ちゃん」と呼ばれていじられ続けて来たんですね。
でも彼は、どんなに嫌でも「いじられキャラ」を笑顔で演じ続けてしまった。
そして社会人になり、徹底的に打ちのめされるあの「出来事」が起こった・・・。

う~ん・・・。
こういう、「心の傷」みたいのをリアルに描く事に関しては、とてもお上手な作家さんだと思うんですよ。
誰でも人間関係の中で、一度や二度こういう辛い経験をしてると思うんですよね。
だからこそ、深く共感してしまう。

で、そんな乙矢の前に現れたのが、大人びた優しい男性・柊吾。
実は彼は彼で、その優しい笑顔の裏に心の傷を隠していて。

そんな、互いに寂しさを隠し持つ二人が、少しずつ少しずつ距離を縮めて恋をするー。

で、楽しいのが、そんな二人の両片思いパート。
こちら、終始乙矢の視点で進むんですよ。
なのですが、柊吾が乙矢に惹かれているのは明白なんですよね。

ひょんなキッカケから、柊吾がゲイだと知る乙矢。
彼から「乙矢くんは好みのタイプじゃ無いから安心して」と言われて、密かに落ち込むんですよね。
しかし、何故か好きな相手に接するような態度を、なにかと取る柊吾。
「今、好きな相手に背格好が似てるから、ついつい間違えた」と、(読者には)バレバレの言い訳なんかをしちゃって。
で、乙矢は乙矢で、「叶わないけど、自分にも好きな相手がいて・・・」みたいに柊吾に話しちゃう。

そう、読者からすると、
おおおーーーい!
この二人、じれったくてじれったくて死にそうなんですけどー!!
って感じのやりとりを繰り返してるんですよ。
いや、めちゃくちゃ楽しいけど。

ここに、乙矢の心の傷となった元同僚と再会しー・・・と続きます。

えーとですね、素敵なのが、乙矢が柊吾と出会った事により、一歩ずつでも変化してゆく所だと思うんですよ。

自分の心を真っ直ぐ見つめ直す乙矢。

今の同僚と言う関係はやがて失われる・・・。
そばにいられなくて、触れる事も出来ない。
寂しくて、心が壊れそうに苦しくなるかもしれない。
それでも、その全てを受け入れて、好きでいようー。
みたいな。

なんかもう、読んでいてすごくジーンと来ちゃう、とても素敵なパートなんですよ。
こういう、心に響く心理描写がすごくお上手だと思うんですよ!

で、この後ですが、結ばれた二人のこれまたじれったいスレ違い。
を、柊吾視点で書いた後日談になります。
まぁ、犬も食わない系ですけど。
それにしても、ここでは「アラシさん」がとても切なかったですねぇ。
人間の、哀しさみたいな。
ちょっとほろ苦いです。

10

繊細で切なく甘い

表紙買いです。

作家さんの作品は「むすんで、ひらかないで」を2年前に読んだという事しか記憶になく、どんな作風の方なのか忘れてしまってたけど、試し読みをしたら「ナイーブそうな青年」「星好きらしい」「図書館が舞台」というあたりでこれは良さそうだと思って読んでみたけど、期待を裏切りませんでした。

表紙のイメージ通り繊細であたたかく、やわらかで手触りの良い布に包まれているような気分で読めました。
というのも、とにかく攻めがフワッと穏やかで素敵だったし、星に絡めた詩的な表現が私好みで文章を追う楽しみが味わえたので。

柊吾は終始うつむき気味だった乙矢の心を照らす、天空に輝くスピカのような存在。
そんな彼にひっそりと恋心を抱いている乙矢視点でお話は進みます。

ある日、図書館カウンターにいわくありげな美青年がやってきます。
彼が柊吾に唇が触れるほど近づく様子を見て嫉妬を覚えた乙矢は、そんな感情を抱いてしまった自分自身に対する嫌悪と混乱でごっちゃになった挙句「気持ち悪い、男が男を好きになるなんて」と言ってしまうんです。

そんな乙矢に「彼は元恋人で、彼を僕を好きだったのではなく、僕が彼を好きだった」と明かす柊吾。
やっちまった!!感でいっぱいだけど、どこまでも優しい柊吾は、大人しい君があそこまで嫌悪感をあらわにするなんて、もしかして男から好意を寄せられて嫌な目にあったことがあるの?なんて心配してくれちゃうんです。
おまけに「でも僕は彼みたいなちょっと派手めなタイプが好きだから、安心して」と、君はタイプじゃないから安心して宣言されてしまう。

でもね、読んでて両片思いだなってわかるんです。

一緒に買い物に行った柊吾がついウッカリ手を差し出しちゃって「今、好きな子にサイズが似てるからつい間違えちゃった」なんて見え透いた言い訳を信じ込んでいるのは純粋な乙矢だけで、腐女子にその言い訳は通用しないよ〜と。

そして、柊吾には好きな人がいる……という事に心痛めた乙矢がプラネタリムで一人星空を眺め、スピカと星座と恋心を絡めて表現するシーンは、とても健気でそして情緒に満ちていてきらりと光るものがありました。

幼い頃から中性的な容姿、ゲイであることを乙女座の乙に絡めて「オトメちゃん」と揶揄い続けられてきた乙矢。
社会人になっても「男が好きなオトメちゃん」とネタ扱いをされ続けても笑っておどける道化役を受け入れているうちに、乙矢の心は擦り減り会社を辞め引きこもりになるところまで追い詰められてしまいます。

攻めの柊吾と出会ったときの、落ちてしまった折り紙の星の飾り付けにすら心を砕くエピソードを読むと、とても優しくて繊細な心を持った青年だということがわかるんです。
だから「男好きなオトメちゃん」として場を和ますために笑顔でそれを引き受けている辛さ、そしてウケるためなら誰かを笑い者にしてもいいという空気や、決定的な悪意はないけれどNoとは言わせない圧力などが描かれたビンゴ大会のあとの心折れてしまった様子には思わず涙が滲みました。
(元同僚の彼女が男前で惚れた)

ちょっとした勘違いなどはあるけど程よい切なさで、可愛くて仕方ないと思っている攻めの気持ちがバレバレだし、通じあったときの攻めの溺愛が目に浮かぶ状態で読み進めることができるのが良かった。

【ここから先は星の海】
攻め視点
恋人同士になっても軽いキスのみですませている二人。
柊吾は奥手な乙矢が怖がらないように、ひとつひとつ丁寧にゆっくりと時間をかけて関係を深めていこうと、まさに真綿でくるむかのような愛し方をしているんだけど、厚顔無恥な元カレの登場や、図書館にいつもいる浮浪者のアラシさんとの接し方が元で微妙に距離ができてしまい……という本気で好きになったからこそ、乙矢の言動に揺れる柊吾が描かれています。

そして受け身で自分から何か言い出すことにおずおずしていた乙矢が「逃してあげないよ」という柊吾に対して「……こっちの台詞です」と返すまでになったところがとっても良かった!やるじゃん!

そのあとはひたすら甘いです。

ようやく最後にベッドインできて、いかに乙矢を愛しているかということを自覚した柊吾の気持ちがこれでもか!と詰まってますし、そんな柊吾に愛されるうちに極力目立たぬようにしてきた乙矢がやがて夜空に静かに輝く星のように光を放ち始めた姿が描かれていて、なんとも甘くて幸せな読後感に包まれました。
派手さはないし捻りはないけれど、こういう雰囲気の作品好きです。

個人的にいいなぁって思った表現は、抱き心地で季節を知るというところ。
厚手のコートを着た乙矢の抱き心地で季節が変わったことを知った柊吾が、これから先も冬になるたびに、乙矢を抱き寄せる手触りで季節を知りたいと願うところがなんとも素敵でした。

8

輝きは違っても誰もが光る星のひとつ

今回は図書館勤務の公務員と図書館アルバイトのお話です。

受視点で恋の始まりから成就までと攻視点で全てを知る夜を過ごすまで。

受様は華奢な見た目と名前の響き、受様が惹かれるのは男の人だった
事から、男子達はからかいの対象として学校ではいじられ放題のキャラを
演じさせられていました。

それでも高校卒業後は志望したデザイン系の専門学校を経て就職を果たし
普通に過ごせると思っていたのにある出来事で出社できなくなり、退職
してしまいます。

直後は家族と顔を合わせる事すらできなくなるほどひどかった症状も
少しづつ克服できるようになります。男の人への苦手意識は消えませんが、
今はアパート近くの図書館でアルバイトが出来るまでになりました。

それは全て図書館で出会った男性がきっかけであり、その男性こそが今回の
攻様になります♪

兄に読書を勧められた受様は気が進まないまでも閉じこもっていると体力も
低下する一方との危機感もあり、アパート近くの図書館に行く事にします。
その図書館でびくびくと登録手続きをした受様に対応してくれたのが
心地よい低さで穏やかに話す攻様でした。

攻様との出会いで受様はほんの少し世界が怖くなり、おとめ座だという
攻様を夜空でひかるスピカになぞらえて受様はひっそりと恋を育みます。

いわれのない悪意にも風を受け流すように立っていられる攻様のように
なりたいと思うようになっていた受様は、図書館司書だと思っていた攻様が
配属勤務の公務員と知ると公務員を目指してみようかと思い始めるとともに
攻様について何も知らなかったという事に気付くのです。

そんなある日、図書館に顔立ちも服装も派手な青年が攻様を訊ねてやってきます。その時ちょうど受様は攻様とカウンター当番で簡単な本の補修作業をしていました。笑顔で親し気に話しかける青年に攻様は無機質な声で応えていていつもの攻様とは別人のようです。

青年は元恋人のようですが、明らかに攻様との逢瀬を揶揄していて受様は
彼を羨ましいと思うのです。そしてそう思ってしまった事に嫌悪を覚え、
男同士の恋愛を否定してしまうのです。

攻様に自分の気持ちを知られたくないという勢いだけで紡がれた言葉は
なかなか止められません。顔色の悪い受様に攻様は自分が彼を好きだった
のだと悲しそうに告げ、攻様が好きになるのは派手めな彼のような青年で
受様とは全く違うから安心して欲しいと言われてしまうのです。

興味のない相手に無理強いされるほど迷惑はないからという攻様に受様は
発言そのものを取り消す事が出来なくなります。謝罪だけはなんとか口に
しますが、受様の恋は片想い以外の道がないと明らかになってしまいます。

果たして受様の恋心のゆくえとは!?

心に傷を負って引き籠っていた受様が攻様との出会いによって少しづつ
外の世界へと踏み出していくピュアで優しい恋物語になります。

受様の過去はとても悲しい辛いものでそれ故に男の人への恐怖心を拭えない
受様を変えたのが図書館で出会った攻様でした。誰に対しても穏やかで
動じない攻様に恋心を抱く受様ですが、攻様もまた受様の思い描いたような
順風満帆な人生を生きてきた人ではなかったのです。

攻様は受様の元カレへの態度から受様に引かれないために、受様は好みの
タイプじゃないからというのですが、実は攻様もまた受様に惹かれていたの
ですよ。

実は両片思いという2人のすれ違いにジリジリ&ハラハラしながら
楽しく読ませて頂きました♪

攻様を遠い存在だと思い天に光る星スピカに例える受様の臆病で純な恋が
切ないです。特に受様がプラネタリウムで星を見ながら攻様を思うシーンは
受様の心の変化と星の輝きを絡めて描かれていてグッときました (>_<)

続編では攻様がやっと手に入れた受様だからとゆっくりと恋人になろう
としたことが受様を逆に不安にさせてしまうという新たなすれ違いが
描かれています。

恋は1人ではなく2人でするもの♡続編がある事で受様が攻様の可愛い仔猫で
はなく攻様の対等な恋人になっていくのがとっても良かったです。

また本作はカバーイラストがとっても素敵です (^-^)v
みかな先生のツイッターで初めて見た時も素敵だと思いましたが、手にして
見ても作品イメージにぴったり♪

今回は星をテーマにした佐竹ガムさん『星を手繰る』をおススメです。
一途な攻様の恋物語です。

1

ゆっくり

ゆっくり優しく進むお話。お話は好きでしたが、ちょっと長く感じてしまったので萌にしました。本編190P+その続き110P超+あとがき。職場での悪気ない(今では許されないコンプラ違反になるんじゃないかと思う)苛めがあって結構辛いなあと思ったので、トラウマある方は少し心に留めておいていただいた方がよいかも。

メンタルダウンにより会社を辞め、一時休養した後、図書館でのアルバイトで生計をたてている乙矢(おとや)。完治している訳ではないのですが、図書館職員の柊吾(とうご)が優しくフォローしてくれるので、さりげなくお洒落で大きなムクムクわんこのような彼に恋心を抱いています。ある日図書館に柊吾の知り合いが訪ねてきたことをきっかけに、彼がゲイであることを知り・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
図書館勤務の同僚や上司、攻めの元恋人、受けの元同僚(今まで読んだ中でワースト10に入る)、図書館を訪れるホームレス?の人等。

**より内容に触れる感想

受けさんのトラウマが辛かった・・そしてそれに少しでも関わるような事で異常にセンシティブに反応するのもとってもわかるんだけど、やっぱり痛々しかった。ゆっくり丁寧にその辺りを書いていただいているので、より痛みが大きい気がします(涙)

そんな痛々しい受けちゃんを、ふわふわ無造作な髪形している優しい攻めさんが、ゆっくり解して心を通わせて、ぎゅうしてお互いの体温を感じあって・・・その辺りは大好き。癒されるー。ただあんまりゆっくりしてたもんだから、受けちゃん不安に思っちゃって大変(笑)というのが後半でした。

激動なんて言葉とは真逆な、ゆっくりお話がお好きな方は、きっとお好きなのではと思いました!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ