明日もきみと一緒にいたい

お兄ちゃんはお嫁さま!

oniichan wa oyomesama

お兄ちゃんはお嫁さま!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×217
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

56

レビュー数
7
得点
134
評価数
37
平均
3.7 / 5
神率
21.6%
著者
夕映月子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
みずかねりょう 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥889(税抜)  
ISBN
9784773089820

あらすじ

過疎高齢化の激しいド田舎に、超大金持ちが移住体験にやってきた!
なんとしても定住に持ち込みたいオトナの命を受けて、果之壱は世古泰一の家政夫をすることに。
ハイスペックな出自にも関わらず、布団の敷き方も知らない彼のため、毎日美味しいごはんを作り、お世話する壱。
まるで家族のように過ごしていくうちに、「帰ってほしくない」と願うようになってしまって……!?
真っ赤な高級車に乗った王子様×大家族の愛され長男。
正反対の暮らしをしてきた二人のスローラブ

表題作お兄ちゃんはお嫁さま!

世古泰一、移住体験にやって来たIT企業会長、33
果之壱、大家族の長男・かやぶき職人、18

その他の収録作品

  • 幼な妻に骨抜きです
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

優しさが沁みてきます

こちら、ほのぼの田舎暮らし+年の差ラブです。

個人的に、しっかりものの年下受けと、ちょい頼りない(でもいざと言う時は頼りになる)攻めの組み合わせに大変滾ります。
また、そんな二人で超ほのぼのスローライフ!
もうこの二人の日常、完全に新婚さんじゃないかよ。

全体的にはほのぼの甘々なんですけど、同性愛者が故の主人公の葛藤なんかも丁寧に綴られていて、作品に深みを持たせてくれていました。
何だろう・・・。
作者さんの人に対する優しい眼差しがすごく感じられる作品と言いますか。
とてもあたたかくて読み終えた後は幸せな気分になれる作品でした。

ざっくりとした内容ですけど、都会生活で心身をすり減らした攻めがですね、受けの住むド田舎に移住体験でやってくると言うものです。
で、生活能力皆無な攻めの為、受けが家政夫としてあれこれ世話を焼くって感じになります。

と、大筋としてはめちゃくちゃシンプルなんですけど。
ただ、この妙に作り込まれていない、至ってシンプルなストーリーがとても素敵でして。
そもそもですね、この二人の日常と言うのが可愛いすぎるんですよ。

しっかりしていて働き者の壱(受け)。
そして、おっとり紳士でどこか抜けてる泰一(攻め)。
生活能力皆無で、自分で布団を敷く事さえ出来ない泰一をですね、テキパキと壱が面倒見るのが萌えるのです。
いや、お風呂に入ればびしょ濡れのまま「壱くん、タオルと着替えは?」みたいな泰一に、「あんた東京ではどうしてたんですか」と口では言いながら甲斐甲斐しく世話を焼く壱みたいな。
こう、常にニコニコと楽しそうな泰一に、そんな彼に必要とされる事に喜びを感じる壱と言う関係性がとても萌えちゃって。

あとこちら、壱は同性愛者と言う事に葛藤を抱えています。
この先、ここでずっと一人で生きて行く、みたいな。
田舎で閉鎖的だからこその孤独と言うんですかね。
また、泰一は泰一で、走り続けてきたこれまでの生き方に疲れてしまっている。
こう、ひたすら甘いだけでは無く、そんな部分が丁寧に綴られてるのにも心を動かされました。
作者さんも書かれてるんですけど、この二人は出会うべくして出会ったんだろうなぁと。
互いが互いに欠けていたり足りないものを、補いあって幸せにしあえる関係なんだろうなぁと。
とても素敵ですよね。

ところで、本編は壱視点。
そしてSSが泰一視点になります。
このSS、泰一の色ボケっぷりやヤニ下がりっぷりが凄まじくて、爆笑しちゃいました。
いや、溺愛攻めはBL界の宝ですよ。

12

甘々スロウラブ

夕映月子さんとみずかねりょうさんは本当に最強タッグだと思います。改めて。
物語は都会に疲れた燃え尽き症候群のスパダリ様と秘境のような田舎に住むゲイの青年というか少年の恋のお話。
とにかく甘々な夕映先生真骨頂のスロウラブ。
気持のすれ違い…というか田舎少年壱の1人片想いに思う存分モダモダキュンキュンさせられました。壱を取りまく環境も田舎だからこその保守的な感じが強いのかと思いきや、ラストでまさかの杞憂であったことがわかったり、全編通して安心して一気読みを楽しめました。
脇キャラがまたとても魅力的で…!みずかねりょうさんのイラストがキャラの魅力を最大限にひきだしていると感じました。
2人の続きがまた読みたくなるような素敵な作品でした。癒された~。

2

よくあるストーリーではあるものの

夕映さんにみずかねさんの挿絵という事で、内容も確認せずに購入。みずかねさんの描かれた表紙の通り、ほのぼのほっこりな優しいお話でした。







主人公は過疎化の進んだ田舎に住む18歳の壱。
若干18歳にしてかやぶき屋根を造る職人見習いとして働いているが、仕事中の怪我により現在は療養中。
高校生の妹、中学生の弟、さらに3歳の双子の兄妹の長男として、大家族を支える好青年。

仕事に行けない彼は、双子の弟たちのお世話をしているが、そんなある日、彼らの住むド田舎に真っ赤なポルシェがやってくる。よそ者を警戒する壱だけれど、そのポルシェの持ち主・世古さんは、壱の出したおやつをぺろりと平らげてしまう。

お金持ち(何しろ愛車はポルシェだ)で、いかにもお金持ちそうな世古さん。
もう二度と会うことはないだろうと思った壱だが、その予想を裏切り世古さんが壱の住む村に再訪し…。

というお話。

「田舎で1か月お試しで住んでみる」

そんな村おこしの企画でやってきた世古さんだが、何もできない彼の家政婦として白羽の矢が立ったのが壱。市役所で働く壱の父親からの依頼だった。

はじめはいけ好かない奴、と思っていた世古さんだけれど、彼のお世話をするうちに少しずつ世古さんに惹かれていって―。

壱はゲイ。
ゲイであることの葛藤。
家族への負い目。
田舎であるが故の閉塞感。

BLらしい展開も盛り込まれ、バッサリ言ってしまうとありきたりのストーリーなんです。

が、キャラたちが非常に魅力的。

特に壱という青年がめっちゃ男らしいのです。
かやぶき職人という仕事を選ぶのも良いし、弟妹たちを大切にしているのも良い。
料理上手で、思ったことは物おじせずに言う強さもある。

かと思えば、自分の性癖に悩み葛藤する。
その健気さと男気のバランスが絶妙なんです。

壱はまだ18歳という事で大人でもなく、子どもでもない。
その危うさが彼の大きな魅力の一つでした。

一方の世古さん。
彼はまごう事なきスーパー攻めさまです。
33歳という年齢でありながら、学生中に起業したIT企業の元社長であり(仕事に嫌気がさして隠居した)、総資産はウン百億。イケメンで、温厚な性格の持ち主。まさにスパダリ。

お金持ちですが、それを鼻にかけることなく、でもお金の使い方は非常に豪胆。
壱の作る料理に感謝し、彼の小さい弟妹達を可愛がりもする。

だからこそ、壱は、世古さんとの日々は期間限定であることを認識している。
そんな男性が、こんな田舎にいつまでもいるわけがないのだから。

壱は田舎に住む青年で、自身の性癖に引け目を感じていますが、どちらかというと「男同士の恋愛」という部分よりもお金持ちの攻めさんと田舎に住む凡庸な青年の恋、という身分差を描いた作品だったように思います。

壱の、世古さんに向けるひたむきな想いとか、身分違いの恋に悩む姿とか、切ないシーンも多いのですが、でも、全体的なトーンとしてはすごくほのぼので、温かいお話に仕上がっています。

双子の弟妹の存在を筆頭に、壱の家族が非常に温かいんです。
その事に最後、壱自身気づくことが出来てすごく良かった。

ただしいて言うと、世古さんと壱の恋愛感情の育つ家庭が若干甘かったかな、という気がしました。

王道の両片想いの作品ですが、読者には二人の想いは手に取るようにわかります。
分かるんですが、お互いに恋愛感情を抱く過程が甘いので壱の世古さんへの感情の変化についていきづらい部分がありました。

が、家族愛、恋愛、地域愛。
様々な愛に満ち溢れた作品で、読後優しい気持ちになります。

壱が18歳、という事もあってか、身体の触り合いっこはあるものの挿入に至るのは最後の最後。

が、最後のセックスシーンが、けしからんエロさでした…。
夕映さんてあまりエロい作品を描かれるイメージがなかっただけに、最後の濡れ場のエロさに持ってかれた感じです。

甘くて、優しくて、男気溢れる受けさん。
そんなキーワードにビビッときた方にお勧めしたい、温かなお話でした。

8

エロチャラ再生

よかった!カプ二人とも好きなタイプで、特にお話前半が大好きだったので、神に近い萌2にしました。本編210Pほど+攻め視点の後日談12Pほど+あとがき。神にしようか迷って、迷うってことは神じゃないと思いましたが、ほんと良かったです。

かやぶきの仕事中に転落、骨折したため、休職中の壱(いち)。曾祖母、祖父母、両親に兄弟合わせて10人みんなで茅葺きの家で暮らし、双子の弟、妹の面倒を見ています。ある日、父親から「家政夫のバイトせんか?」と言われ、雇い主に会ってみると、2か月ほど前に集落で出くわしたキラキラしいイケメン男で・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
受けの家族いっぱい(双子のちみっこは前半ご活躍)、村の衆複数、攻めの部下ちっぴりといったところかな。

**特に好きだったところ

攻めさんが疲れ果てていることにも気づかないぐらい疲れてたんだと思うのですが、食べ物の味がわからず痩せてしまい、魂も抜けているような方だったのが、きれいな空気、素材の味を200%引き出していると思われる素朴な料理、人との適度なふれあいにより、だんだん再生されていくところが、すっごく良かった!!!!とことん疲れてしまうと、本当にこうなるよなととてもよく分かるし、美味しいキヌカツギ、きのこ鍋、猪のお肉なんかにより、食べられるようになり少しずつ太ってきて、行動を起こせるようになり・・・と読んでるこちらも一緒に再生される心地です!

ただ、再生されたなと思ったら、あらびっくり、なんだかチャラ男っぽい!
スパダリイケメンなのかと思ったのに、どちらかというとチャラ男(笑)予想に反して面白く感じられました。(そして結構エロ大魔神系に思う)

かたや受けさんは、茅葺き職人!とカッコよい!さっぱりとした性格のようですが、何せ18歳と若いため、無意識に33歳の攻めさんを煽る煽る(笑)。途中、攻めさんを振り切るぞっと自分から離れるのですが、そこをヘタレった攻めさんが追っかけてくるところも、これまた攻めザマアみたいで、大好きでした。

攻め受けは好きなタイプだし、素朴な料理話(囲炉裏!!!!日本昔ばなし、そのまんま!)やキレイそうな空気、田畑風景の記載が良かったなあ・・・里山に出かけたような気分を味わえて、とても得した気分です。田舎舞台のお話が好きな方には絶対おススメです!ああ、旅行行きたい!!!

6

ほっこりあったかい新婚さんストーリー

 夕映先生のお話にみずかね先生の挿絵ときたら買わずにはいられませんです。ハイ。

 まだまだ若いのに、人生に疲れちゃってる攻め様の世古。
移住体験で受け様である壱の住む田舎へとやってくる訳です。
生活全般な事を何にもできない世古の為にお手伝いとして怪我の為に休職中だった壱が派遣されのですが、そのお世話ぶりがホント、いい嫁っぷり。
しかも新婚の嫁ですね。
 壱が世古の為に料理を用意する場面が多々あったのですが、どれもおいしそうで食べたいと思ってしまいました。
しかも、レンジでチンを活用して時短までしてるとこがリアルで、夕映先生も作ってらっしゃるのかしら、なんて本分に関係ないことまで感じちゃいました。

 村中が顔見知りみたいなとこで、同性愛者、という異端にみられるであろう自分の居場所を頑張って作っていた壱はとてもいい子で私も応援したくなる子でした。
 お祭りの後の宴会からの帰り道で、ちょっとだけ恋心をもらした壱に対して誤解した世古とのやり取りのシーン。
「自分の本心を差し出しただけなのに」っていう一文が切なかったー。
想いが通じ合ってよかったね。

 世古がお試しが終わったら帰る、と思って別れを切り出した壱。
走り去った壱を追いかけて縋ってプロポーズした世古も、潔く受け入れた壱もかっこよかった。

 タイトルのお嫁さん、というのは言葉のあやだと思ってたのですが、結局本当に壱の家族に承諾をもらったり、新居に引越したりと、本当に嫁入りでした。
 そして、世古ってば、本番は初夜までしてなかったのか!!!!
想いを通じ合った日にえちシーンはありましたけど、世古が経験豊富な大人だって事はめっちゃ感じましたけど、挿入までは至ってなく。
でもでも、それからけっこうお泊りしてたらしいのに、まだしてなかったのか…。
ビックリだよ。
そして、初夜の壱がエロかわいくてやられました。

 田舎暮らしはいいものばかりではないと思ってますが、壱と一緒ならどこででも楽しんで暮らしていけそうですね、世古は。
そして壱も、まったくもう、と世古のお世話をちゃきちゃきとしながら幸せにこの村で過ごしていくのでしょうね。
 そして2人は幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし、なんて〆たくなるようなほっこりキュートなお話でした。


 そうそう、みずかね先生の描かれる壱の弟妹のちみっこがとってもキュート。
表紙も裏表紙も、中の挿絵も全部かわいいーーーー。
そして最後の挿絵の車の中でのキス手前のシーン。
しっかり者の壱の、照れたお顔がまたかわいい。
ステキなイラストをありがとうございます。

  

1

受けがとても良かった

秘境のような田舎を舞台に、東京からやってきた燃え尽き男(攻め)と、彼をお世話する事になった大家族の世話焼き長男(受け)の田舎暮らしが綴られています。

この「田舎」っぷりがすごいんです。
読んでて何度かカルチャーショックを受けたくらい。
(特に猪肉のくだり、本当?)

私には「田舎の思い出」というのがないので、メディアから与えられた「田舎暮らし」というイメージしか持っていません。
一つは「人生の楽園」のような憧れのスローライフといったプラスのイメージ。
もう一つは、「田舎暮らし」とググると「田舎暮らし 現実」とサジェストされるような、排他的&閉鎖的すぎて理解しがたいあれこれ。

この作品にも、囲炉裏で作るきのこ鍋など、素朴だけど滋味深い手料理の数々や、星の瞬きまで聞こえてきそうな静けさ、そして満天の星空といったような素敵描写がいーっぱいあって、読んでるとあぁいいなぁ……と癒されるんです。
だけど、嫁に行けとばかり言われるとか、金持ちの来訪に村人総出で色めき立ち女を送り込んだり、箝口令敷いたはずの内容が翌日には村民に知れ渡っているなど所謂マイナス面も書かれているので、読んでると心がザワッとして、あぁやっぱり無理…嫌…と拒絶反応が出てストレスを覚える。

何よりも、この田舎じゃどうやっても二人は生きていく事ができないだろう……という先行き不安感が大きくて。
勿論くっついてほしいけれど、村民とどう折り合いをつけるんだろう?と、くっついてもいない時からそこが心配で楽しめなかったんです。

そうしたら……。
なんと受けがゲイだということは、村民の周知の事実で、知らぬは本人ばかりだったというじゃないですか!
なんだー!そうだったのかー!村民いい人ばかり!!
とも思ったけど、んなわけないでしょ!!という気持ちのほうが強い。
ほぼファンタジーとしかいいようがない落とし所。

そして攻めは、村人にとってありとあらゆる点で規格外な存在だから好奇の視線は止められないと思うけど、金の力で黙らせるといったものに近いように感じたし、「金の力は偉大だ」という身も蓋もない結論が頭をよぎりました。
だってごくごく普通の男だったら、どこの馬の骨ともわからない扱いされそうで、あそこまで受け入れてもらえたかわからないと思うの……。

あとがきで「田舎暮らしにちょっと夢を見すぎな内容だったでしょうか?」とありますが、私はもっと夢を見せて欲しかったなぁ、生々しい嫌な部分は出して欲しくなかったなぁと思います。
ご都合主義だけど、どうせならとことん夢を見たいので……。

さてキャラに関して。
攻めも素敵なんだけど、なにより私は受けがすっごくいいなって思いました。
とにかくしっかり者のいい子なんです。(涙)
決してなよっちくないし、はっきりしたところがある素敵な子。
茅葺き屋根職人だから筋肉がしっかりついた素敵な身体というオマケ付き。

この田舎に骨を埋める覚悟なんだけど、彼はゲイで。
こんなド田舎で同性愛者に出会える確率は、そりゃ低いですよね。
だから恋愛を完全に諦めていたんです。

それが攻めに出会って惹かれるも、攻めは期間限定のお試し暮らしでひと月後には東京に戻ってしまう。
だから想いは告げないと決心するも、「好きな人とこんな事ができる日が来るなんて思いもしなかった」と攻めと過ごす一つ一つに喜びをこっそりと噛み締めている姿といったら、もう読んでてたまらない気持ちになります。
ここの描写がとても良かったです。

ーー
電子版には特典としてコミコミ特典SS小冊子のお話が収録されていました。

3

金持ち喧嘩せず

ド田舎にセレブが移住体験にやってきて、お世話係に任命された15歳年下の10代の男の子と結ばれて結婚さながら本当に永住しちゃうまでのお話です。

セリフの掛け合い多め、モノローグは田舎解説情報の比重高めですが、さらさらーっと流れるように読めます。大きな起伏はないです。恋愛的な意味でも。
「まあ、くっつくんだろうな」からの「ああ、くっついた」って感じです。

ただ、なだらかだっていいじゃないですか。たまには。
ヒートとか借金とかインモラルとか無くたっていいじゃないですか。
ド田舎で男性同士が恋に落ちて結婚するだけで十分じゃないですか。

というわけでジャンル分けするなら田舎BL。
キラキラゴージャスはありません。
鎬も削りません。
駆け引きもありません。
素朴に丁寧に堅実にストレートに生きているだけです。

地味ですが、読んでみるとけっこう味わい深いです。
しがらみや閉塞感、不便もあって決していいことばかりじゃない。
でもそれも含めた田舎を無意識的に愛し守っていこうとする壱くんたちの姿には都会の生活だけでは体験できない貴重なスピリットを感じます。
きっとセレブ会長の世古さんもそういう所に惹かれたんじゃないかな。

そのセレブ会長世古さんは、スタイルも良い絵に描いたような都会のイケメンですが中身はホワホワっとしてます。
抑圧感もなければつかみどころもない感じ。生活能力も危険信号だし。
しかし彼の考え方は至ってシンプル。
好きなことは好き、嫌なことは嫌。
わからないことは尋ねるし、して欲しいことはお願いする。
「持ってるやつが使わないと金が回っていかない」とごもっともなことも言う。
田舎だからと壱くんたちに迎合したりもしない。
けど田舎を否定したりもしない。
自分の良いと思ったところは素直に口にする。
大事なところでは潔く謝れるしなやかさもある。
そして金持ち喧嘩せず。常に穏やか。周りが騒いでいても気にしない。

…これぱっと見じゃ気づきませんが、世古さん実はかなりスマートですね。
自分の道を自分で決めて行動しているんですね。
だてに都会で社長をやってきたわけじゃないんだなと思わせる決断力と行動力が田舎暮らしの本当に些細な場面で存分に発揮されています。
だからフェラーリだって乗っちゃうし。

もちろん壱くんとの恋愛も壱くんを尊重しながらも上手にリードしてやりたいようにやっています。生活全般からベッドの中まですっごいほめ上手の育て上手なんですよ。人材育成のセンスもあるとは。

受の壱くんは長男というよりもオカン気質のさばさばした青年ですが、思春期のようなウェットさもある瑞々しい良い子です。出会いのない田舎で世古さんと長い時間を密接に過ごす中で惹かれちゃうのは必然ですが、それにスルッと手を出しちゃう世古さんは…やっぱりすごいな。あとがきに格好よくなりきれないスーパー攻め様と書かれていましたが、世古さん、田舎でここまでやれば十分ですよ。

癖になるような刺激の強いタイプの話ではないんですが、ほっこりマイルドな作品もたまには良いかなと思える作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ