おれのためのオメガだ

Mr.α

Mr.α
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神47
  • 萌×227
  • 萌7
  • 中立5
  • しゅみじゃない21

78

レビュー数
15
得点
369
評価数
107
平均
3.7 / 5
神率
43.9%
著者
夕映月子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
アヒル森下 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
電子発売日
ISBN
9784773060768

あらすじ

超人気α俳優・清住章吾は、βの日和の元恋人だった。
バースの差や、すれ違いで別れたふたりだったが、日和が彼の舞台へ楽屋花を届けたことをきっかけに再会してしまう。
「おれには、おまえしかいない」と口説いてくる章吾。彼の俳優としての姿を見、関係を深めていくうちに、日和の心も動いていく。
やがて日和は「オメガのような甘い匂いがする」と言われるようになり──!? 再会ドラマティックオメガバース

表題作Mr.α

清住章吾(α),29歳,人気俳優
中谷日和(β),28歳,生花店店長

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数15

このお話大好きです

あらすじに惹かれて購入しましたが大正解でした。

オメガバの自由度を生かした作品だと思います。
そして受けが痛い目や嫌な目に遭っていないので、そういうオメガバが苦手な方でも安心して読める作品だと思いました。

まず10年という間お互いに忘れられなかったというのがとても好みでした。日和の臆病過ぎる故の誤解と、それを追いかけ無かった章吾にモヤる方も居るかもしれません。
ただ一途さで言えば断トツに章吾の方だと思うので私は許せました。

あらすじや帯、そして作中にあるキーワードから、βである日和が最後にはどうなるかは想像出来ると思います。

それが人気俳優の章吾がお相手なので、「再会ドラマティックオメガバース」の文句に嘘無しだと思いました。

日和と一緒に働いているβ女子2人に章吾のマネージャーなどの主要人物が全て良い人だったこと。

また日和の入院している病棟への章吾が登場するシーン、日和の病室で最後に見せた章吾の素の姿がとても素敵でこの作品が大好きになりました。


10

恋人をバース変容させたαの執着愛 ラブコメ

感想。
「Mr. Right(理想の夫)」をもじって、「Mr.α」にしたそう。
変容するβ、というより遅咲きのΩ?

超人気α俳優・清住章吾:
日和の壱学年上の先輩。
日和の香と、日和の観葉系アレンジメントが好きで、交際を申し込む。
日和に出会うまで、公私の区切りが作れず素の自分になれなかった。
実はヘタレなα。日和が居ないとダメな分離不安症。

花問屋の息子・βの日和はしっかり者:
学生時代に華道部に所属する花問屋の息子。
清住の大ファンで大好き。
スランプ中の清住を「Mr.α」のイメトレで救い復調させた、賢い恋人。
「良い香がする」と清住に言われた頃から長期の体調不良、清住との交際は自然消滅。

βの日和に何故かフェロモンが出だす・・という場面で、先の展開が見えてくる・・コミックにはよくある設定のバース変容、
βの中には、未性徴のαやΩが混ざっている、
眠っていたΩ因子が、運命の番と出会って、性徴が現れ変容分化するという設定。
変容、バース転換に必要な四つの条件もSF的でユニーク。
β(未性徴のΩ)が、運命の番のαの執着愛に誘発されて変容して、第一子誕生とファンに公開するまでの物語。

それから、観葉系に限らず、日和が扱うアレンジメントの組み合わせが、楽しい。
花好きにも、読み応えある物語だと思います。

著者は体調不良中の執筆だったそうです。
αのヘタレっぷりが面白いラブコメだった、続編出ないかな?

5

続きが読みたくなりました

超人気俳優の章吾(α)と、元彼の日和(β)のお話です。

あらすじに惹かれてこちらを購入したのですが
すっっっっっごく面白くて一気に全部読んじゃいました。

なんで別れたのにこんなにより戻して欲しがるんだろう?と
章吾の気持ちがわからなくて???のまま読んでたのですが、
最後に別れの真相がわかって腑に落ちました。
だから今度は絶対日和を離したくなかったんだなぁと…。


最後の展開はあらすじを読んで、なんとなくそうなるだろうなぁと思ってたのですが、
何故そうなるのかまではわからなかったので、
そこはなるほどー!と思いました。
色々苦悩した章吾も日和もいいところに落ち着いてよかったです。

これからのお話が読みたいなぁと思ったのですが、
続きが出ることはないんだなと思うとすごく悲しくなりました。
まだまだ読んでいない作者様の作品があるので
そちらも読んでみようと思います。

1

一途x一途(?)

素晴らしかった……。
ドタバタ誤解ストーリーみたいなのじゃなく、まじで大人の静かな恋愛、みたいな。
再会後の、清住の写真撮影終わったあとに、日和が誘惑したところ色っぽすぎて。
というか全体的に日和がえろい。
日和の入院先に清住が駆けつけたシーンめちゃくちゃ好きです。
ただ、子供が女なのが唯一の残念ポイントだったなー!

0

αとβにとってのハッピーエンドを考えさせられた

説明文のような長いタイトルがある意味苦手なので、
このシンプルでわかりやすいタイトル、α×βという設定に惹かれて購入しました
恐らく誰にとっても読みやすい文章でテンポもよく、再会愛をテーマにした物語、誰でも楽しめる一冊だと思います

どんな展開になるのか続きが気になって一気に最後まで読みました
以下はかなりのネタバレになるのでご注意を

高校時代、きっかけはαの清住に告白されて付き合う事になったβの日和だが、清住はいつかαかΩと結ばれるだろうとずっと思ってた。だからちょっとしたことで清住から離れ、自然消滅。
10年後の再会。なんやかんやセフレ関係になった2人だが、いくら清住に愛の言葉をささやかれても信じきれない日和。
関係が続き、体調が崩れ、やがてΩへ性転換してしまい、2人はつがい関係に。

前半はかなり好きだが、日和の体質が変わり始めたのを見ると、思わずα×βにおいてのハッピーエンドは一体どんなものだろうと考えさせられました
βだからこその葛藤とか、そういった描写はかなり好きです
体質がΩへ変わり、オメガバースでよくあるハッピーエンドを迎える2人を祝福したい、読後もしあわせな気持ちになってしばらく余韻に浸ってました。
ただ同時に、
当初α×β目当てだったので、このままの2人にハッピーエンドを迎えてほしかったという気持ちは正直にいうとありました…
結局受けがΩにならないと真の(?)ハッピーエンドを迎えることができないのかな、というもやもやが
ただ日和自身は、Ωになって動揺はあるがマイナスな気持ちなどそういった描写がなかったので、日和が幸せならこれはこれでウルトラハッピーエンドだと思います!

7

愛ゆえに

攻めはα代表!みたいなαのくせに、ヘタれてもいて可愛いですよ〜受けのこと溺愛ですよ〜あまかったですよ〜♡


お話について(清住×日和)
清住は若手実力派俳優、日和は生花店を営む。
清住の舞台へ楽屋花を届けたことで十年振りに再会するのですが、ふたりは元恋人です。
恋人であった当時、俳優業で多忙になる清住、そこに日和の体調不良も重なり、さらに清住の部屋からオメガ女性が出て行くのを見てしまったり…といろいろあって、別れてしまったのにも事情はあるんですけども。
こんな時私はいつも思うのです。もろもろ確認しようよ。別れる前に話し合おうよ!って(°▽°)

再会してソッコー日和の膝で眠った清住。それも日和を忘れられなかった清住のかわいいところなんですが、日和にはその時もその後もつれない態度をとられます。それでも清住はめげずに頑張る(^O^)/
日和は頑なに清住との復縁を拒むので、健気な清住が可哀想になり、もう少しキョリを縮めてあげても良いのでは。と焦れながらも、めげない清住の求愛が可愛いくて、楽しんでしまう私もいました。

以下ネタバレかと。

「Mr.α」はオメガバースものですので、言わずもがなα、β、Ωの六性別のいずれかに分類されている世界です。
もし、その性別が転換したら。体が変容したら……。
私はとても楽しめました。
日和が言った、あなたの粘り勝ちというセリフがお気に入りです。
βである自分を日和は気に入っていたとは思うのです。でも、清住と一緒にいることで、バース性についてこだわっていたのも日和だと思う。

清住は日和を心から愛しています。それは性別を超えた不変だと私は思うのです。

6

攻め受けとも好き

先生買い。キャラ二人とも好きだったし、お話も「良かったなあ」と幸せになれるもので嬉しかったので萌2にしました。ちょっとだけ変化球なオメガバース、本編220P+あとがき。

観葉植物、エアープランツ、多肉植物などを取り扱う生花店を営む日和。予算2万円で舞台俳優の楽屋宛にアレンジのお届けを頼まれたのですが、その圧倒的アルファ、超イケメン舞台俳優は高校時代の元カレで・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
加藤、嶋(受けのお店の店員+バイト)、白井(攻めマネージャー)ぐらいでは?白井さんいい人です。加藤さんも嶋さんも大好き(笑)。

++良かったところ

攻めが「受けまっすぐ、よそ見しません他には何もいりません、やや俺様かもな肉食獣」なところが面白かったです。キスして「ダメだったか?」「俺のことが好きだろう?」と言い切ったり、連絡先を聞いたのに「なんでですか?」と受けに言われると愕然としたり。「みんな惚れて当然」と素で思っているのでは?と少々感じるのですが、尊大さを感じなかったので、嫌味無く面白かったんです。とにかく受け一筋、一回捨てられているからか受けを希う気持ちがとても強いです!

それ以上に良かったのが受け。平凡ベータなんで、超アルファな攻めに寄り添える訳ないじゃん!と超割り切ってます。悲壮な感じや健気一点張りという様子がなくって、ひじょーに淡々としておられるように思うのです。そこが面白かった・・・
男前ですしね。最後のほう、バース転換しちゃってかつ妊娠までしてるのが分かっても、「お前は絶対産むからな」とさっさと決めちゃうところ、良し!と唸りました。

攻め受けとも好きだったし、お話としてもめっちゃ面白く感じた一冊でした!どろどろしくないし、オメガが悲惨な目にあっている訳でもないので、オメガバ苦手な方でも、良いのでは?と思います!

5

Ω…

レビューが良かったので、早速読みました。
面白かったです。日和がなかなか流されてくれないんだけど、でも自分の気持ちにはちゃんと向き合ってる。感情もしっかり描かれてて、読んでいて切ない。飽きることなく読めると思います。
でも最後、やっぱりこの展開かあ、と思ってしまった。こういう禁じ手みたいなのがよくある展開になるのはどうかと思う。もやもやしてしまいました。
もっとふたりきりでイチャイチャしたとことか読みたかった。

1

αの執着

あまりにもシンプルで潔いタイトル、オメガバなのに、な、なんとβ男が主人公というのが新鮮でした。βってこの世界線ではモブでしょ!?と思いきや~、あ、そうくるのか!?、夕映先生さすが、、な印象でした。”俺のためのオメガだ”っていう言葉がラストにズコン!とはまってきます。

主にワイルドフラワーを扱う生花店を営んでいるβの日和は、楽屋見舞いのアレンジメントを配送したところから、高校時代の元カレ・スーパーα、イケメン俳優の清住と再会する、、という復縁系です。

前半は特に、受のキャラにはハマれませんでした。攻様がどんなに好き好き言っても信じきれていないところとか、αのなかのαである清住に対して、自分のバース(β)を卑屈にみるような印象を受けてしまって、、相手の好意を受け相手の望むようにふるまっても、決して自分の気持ちを伝えないところが狡いし、いつかフラれる態でいる、よく言えば控えめ、悪く言えば自分が傷つきたくないだけの態度にもモヤモヤしてしまいました。

日和のお仕事まわりの植物の描写が面白いです。観葉植物やらパルダリウムや、普段あんまり耳にすることのないワイルドフラワーの名前(難しくておぼえられてないんですけど…)等々、きっとキレイなんだろうな~と癒されるし、その趣味の世界への興味がわきました。

攻受の温度差にじれったさをおぼえるのですが(各キャラの個性でそれぞれの愛情表現なんだとわかってくるのですが…)、”運命”を意志や気持ちが上回るという、オメガバの既定路線を超えて、自分自身で決めることの尊さを噛み締められる展開が素敵だなと思いました。

1

俳優α×花屋βの再会オメガバース

α×βのオメガバースで再会モノです。
大好きな設定なので物凄く期待してしまったのですが、率直な感想としては萌え半分萎え半分という感じでした。

自然消滅してしまった高校時代の恋人に再会した日和(β)。
楽屋花を届けにきただけのつもりが、人気俳優になった元カレ・清住(α)に見つかり、そこから毎日のように口説かれてしまいーー…

相変わらずキラキラの清住にときめいちゃう日和の気持ちは納得。ただ、清住の家から出てきたΩ女優のことや今の清住の立場を考えると、どうしても頑なになってしまうのも当然です。同じ轍は踏まない的な。

一方、袖にされても日和にアタックし続ける清住の一途さが素敵でした。
日和の店に通い、パルダリウムを見続ける清住がシュール。あんなにキャーキャー言ってた店の女の子達にも邪魔に思われるって……相当だよ(笑)
Mr.α=完璧なα=清住章吾なのに、日和だけに見せる素の弱い部分にキュンキュンさせられました♡

いい意味で清住は全然変わっていなくて、日和がかけた魔法……〝Mr.α〟を演じ続けてるんですね。
完璧なαで居続ける辛さも伝わってきて、清住の人間らしい部分にもグッときました。

どれだけ口説いても靡かない日和。
なんでそこまで頑な?と、思わずにはいられませんでした。
その割に、仕事中の清住にあてられてあっさりHしちゃうし。
正直、日和があんまり好きじゃなかったんですよね。
思い込みが強いし、性に対するコンプレックスが大き過ぎ。
日和があまりにも後ろ向きで、男でβの日和を丸ごと愛してくれている清住が可哀想になりました。

とはいえ、本能やフェロモンに翻弄されず、一緒にいると心穏やかにいられるのがβの日和であるという点。
αの清住がβの日和を選ぶ理由がちゃんと伝わってきて納得させられたし、そこが凄くいいなと思っていたのに……

うーん、やっぱりそうきたかー
いや、気付いてましたけどね;
行き着く先はそこなんだよ、やっぱり。
オメガバースはα×Ωが至高なのかー?
私は、βのままでも良いと思うんだけどなあ。

と、まぁ残念なところもあったけど、ヘタレ溺愛攻めの清住には萌えが詰まっていて堪らなく可愛かったです。
行き違ってしまった恋をもう一度始められたこと、幸せな人生を3人で歩き始めたラストも良かった。

Hは、大好きな〝挿れたら即暴発〟が読めて大満足でした!
日和以外に勃たない清住が好き過ぎる♡

12

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う