腹黒王子、まさかの初恋!!?

灰かぶりコンプレックス(2)

haikaburi complex

灰かぶりコンプレックス(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神81
  • 萌×244
  • 萌16
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
17
得点
631
評価数
146
平均
4.4 / 5
神率
55.5%
著者
木下けい子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
ISBN
9784813032212

あらすじ

しがないSEの智紀が恋した王子様の直純は、最高にハンサムで、ものすごくスマートで、とても大きな会社のCEOだけど、ちょっと歪んだ心の持ち主だった。

直純の提案でセフレになったものの、智紀はいつか恋人になるつもりでいた。
でも、知れば知るほど、直純との格差を実感し、いつもはタフな智紀もなんだか傷ついてしまう。

一方、最初は面白半分で智紀とつきあい始めたはずが、どうしようもなく智紀が気になるようになって──

表題作灰かぶりコンプレックス(2)

ジェファーソン・直純、腹黒な王子様 大会社のCEO
鹿原智紀、しがないSE

その他の収録作品

  • 恋愛童貞なおずみくん(描き下ろし)
  • カバー下:漫画2P

レビュー投稿数17

ファンタジック!

恋愛童貞王子様とセフレでもいつか恋人になりたい頑張り屋さんな受け。

意外と何度もキスとかエッチしてますよね。

なんだか読んでてこっ恥ずかしくて。
庶民の事情を知らない恋愛童貞なセレブが一生懸命な受けを試したり、助けに駆けつけたり、連絡がつかないと北海道まで会いにプライベートジェットを飛ばしたり。
なんかこういうのなかったっけ?洋画とか?いや日本のドラマか?

もうルルが可愛くて、ルルと一緒の受けも可愛いです。

それにしてもファンタジック過ぎて枯れ気味な自分には素直にときめけません。

アイコンがメガネなの笑えました。新八!

0

いやもう、疑心暗鬼にもなりますよ

ぐはっ。
血を吐くかと思いました。
試練が厳し過ぎて。

「CEO」が何たるかを知らない20代の社会人って、日本に何人いるのでしょうか。
いるのかな?え、本気でいるのかな?

というわけで、やってまいりました、2巻。
わたしたち読者は、木下先生に試されているのでしょうか。
そうとしか思えない展開に、胃に穴が開くかと思いました。

1巻最後で直純の「ファックバディ」になった智紀。
そんなことでも浮かれちゃう。
「ファックバディ」から恋人に…なんて夢見ちゃう。
呼ばれたら、わんこのように飛んでいっちゃう。
「連絡していい」って言われただけで、またまた浮かれちゃう。

もうね、見ているのがつらいんですよ…。
ピュアとかそういうレベルじゃない。
「途方もない夢を見る世間知らずなおばかさん」に見えてまいりましたよ。
言ってみれば某シアトル発祥の世界的有名コーヒーチェーンみたいなところのCEOと、英語が出来なくてもOKなレベルのSE。
「同じように給料を貰うサラリーマン」という言葉を間に受けちゃいかん。
給料のゼロの数が違う。

なんてツッコミを入れ続けながら読み進めていくと…。
あれ…。
ジェファーソン直純?
どうした、ジェファーソン直純!?という展開に。

試練に耐えた甲斐があったと言っていいのかどうか。
ジェファーソン直純の豹変を信じていいのかどうか。
「君のガラスの靴、もう持ってるけど」って言葉、信じていいの?
「運命の王子様」って言ったね!?信じるよ!?

と激しく疑心暗鬼になりながら、3巻へ行ってまいります。
表紙のケーキに見惚れて、本編になかなか進めなそうですが…。

0

言葉のセンスが光る☆

ファックバディー・・・
ファックバディて・・・((´∀`*))ヶラヶラ
言葉、単語のインパクトが素晴らしくて好き。
ファックバディーww

さて第二巻であります。
攻は初心でオボコイ受をおちょくってる感じが強い。
一生懸命な受との掛け合いが面白いです。
これがどう転んでいくかというのがすごく上手。

初心でオボコイとおもってた受が意外にタフで
グイグイくるのもまたおつ。
むしろ身体も顔もどぎつく良い相手なんて
ガン見できんわw

本物のミチルさんもイイ感じに相まって
非常に楽しい1冊でした。
サクサク読んでしまう

0

木下けい子先生ファンより。先生へ。

もっと、もっと、
ドSで黒髪君をビシバシ苛めて下さい!(苦笑)

0

CEOデレの回

分かってはいた展開だけど、王道も木下さんのコミカル仕立てだと楽しいな~

1巻で、セフレ(ファックバディ)にならしてあげるといわれ、それでもいいと割り切ったつもりの智紀。でも、だんだんそれがつらくなってくる。

直純に会う度、とにかくかっこよくてじたばたしてしまう智紀がかわいい。まあ、好きな理由は顔なんだと思うんだけど。。
まず顔を好きになり、性格がいまいちで失敗するパターン(乙女)。しかし、その相手が本気になった場合は?という展開が見えてきました。

正視できないほどのかっこよさ、CEO、でも会ったこともないような純情な智紀に興味を持っている、そういう王子様が目の前に現れたら、という少女漫画のBL版。

実家の牧場にまでおいかけてきた直純。今後どうなっちゃうのかなー

個人的には、智紀は、本物のみちるさんともっとあれこれどうにかなっっちゃって欲しいなあ。そして直純をやきもきさせまくるという。

0

直純ステキ!

木下先生の作品はみんな大好きだけど、中でもこの話が一番好きです!

まず、直純の顔が好き!どんな表情もツボに入りまくりで、トモちゃんの気持ちがよくわかる(笑)
トモちゃん、顔?顔だけなの?と冷静に思うところに、顔が綺麗な人は心も綺麗と、、
もう言う事はございません。。

決してあざとくならないトモちゃんの純粋な行動に百戦錬磨の直純もやられましたねー。
続きが本当に楽しみです!!
こんなCEOがプライベートジェットで来るなら何枚でもセーター編みます。。

6

もだもだが最高に楽しい

やったー!三巻に続く!こういうのがラブコメですよね。トモちゃんがすごく頑張る、そして直純ほだされる、みちるはいい仕事する、カナちゃん継母、みんないい味出してる。一巻からまだ回収されてない伏線があるというか、直純とみちるの行動原理とかそもそもの直純のセクシャリティとか謎というか、とにかく二巻で描ききれるお話じゃないってことがわかりました。はー楽しみ。

1

目を覚ませトモちゃん!

1巻でトモちゃんとかなちゃんに鷲掴みされて、もう夢中です!
純朴青年が悪い男に弄ばれているのに、なぜか全編に漂う癒されるほのぼの感…木下マジックですね。

ファックバディになれて喜んでいたトモちゃんですが、
かなちゃんにセフレと教えられるまで意味を知らなかったなんて…愚鈍なのに可愛さは変わらず。
セフレから恋人にステップアップを夢見る、ほんとド根性姫。

しかも都合のいいセフレで「僕が呼んだらがいつでも出ておいで」
あ~どんどん純朴青年が汚されていく、黒髪、黒ぶちメガネに顔射なんて…
こっらぁ~~~~ジェファーソン!!!

シンデレラが目を覚ます前に、腹黒王子が恋に落ちた?
ジェファーソンさんはアラフォーなのに初恋みたいで、無自覚なトモちゃんに振り回されることに…
散々好きにしてきたジェファーソンさんが、思い通りにいかない姿はいいんですが、
トモちゃんはジェファーソンの仮面に恋したままなのは、う~~~ん、しっくりこない。

結局、今も顔がスキなだけですよね…。
ジェファーソンさんには、これから散々ジレジレして貰いたいのですが、
個人的には、腹黒さを残したままのジェファーソンさんがスキです。
そして、トモちゃんには盲目の恋から目を覚まして、ちゃんとジェファーソンさんを見てあげて欲しい。

1巻の神からの萌え下がりはこのせいかな…。
大好きな親友かなちゃんとは、ジェファーソンさんのセフレのせいで、
恋愛相談ができなくなってしまったのも悲しいです。
二人がキャッキャ言いながら、男二人エステでお肌の手入れという、ステキな萌えシーンを拝めましたが
二人は最後まで無二の親友のままでいて欲しい><
できたらジェファーソンさんに捨てられて、かなちゃんに引き取って貰えれば…夢オチですけど。

今回最高だったのは、トモちゃんファミリー。
千歳アメのように、同じ顔の黒ぶちメガネで、なぜかお義兄さんまでそっくりなのがツボりました。
着ては貰えぬセーターネタ…何歳まで北の宿がわかるんだろう…もちろん私は直ぐわかるお歳。
「君の編むセーターなら僕は着てもよかったのに…」
ジェファーソンさんのせいで、北の宿までオシャレに聞こえてしまったわ><

それでもとにかく、目を覚ませ~~~トモちゃん!!!
3巻まで一年なんて待てませんが、連載を追うのも結局ジレジレで辛いなぁ…。

2

面白くなって来ました

恋愛童貞の直純さんが振り回されて来ましたね。
まさかの智紀の実家まで行っちゃうとか、しかも自分の取った行動が良く理解出来ていないご様子。
うーん楽しくなって来ました。

本当に欲しい物が分かってない直純と、ぐるぐるしながらもポジティブな智紀、良いカップルだと思うんですが。

これからも智紀が泣いちゃう展開ってあるんでしょうか?
なんだかんだと幼馴染のカナちゃんやミチルさんに嫉妬しちゃってる直純さんなんですけどね。

早く続巻読みたいです。
2人が恋人同士になったとしても、甘々な王子になるのは想像出来ません。

でもツンデレ王子が何故かモテる素朴な智紀にやきもきする姿は見たいですね。

5

恋愛童貞王子と一直線シンデレラ

大好きで憧れの直純とセフレになった智紀。
直純の一挙一動に舞い上がったり落ち込んだりと
忙しいのですがいつか『恋人』になれるのではと
淡い期待を胸に秘めてポジティブに頑張っていましたが…

前作に比べて大分直純の気持ちがわかりやすく
感じて、智紀に振り回されている様子ににやにや。
北海道まで友人のプライベートジェットを借りて
会いに行くとか、次元が違います(笑)
もう完全智紀にハマってらっしゃるでしょ…

そこまでしたのに気づかれずつらさが頂点に達した智紀に
関係を終わりにしたいと告げられて。
よく言ったー!と思ったのも束の間、撤回早い〜
もう少し王子をやきもきさせてもよかったのに!

星の数ほどの恋愛をしてきたと豪語するも
胸が苦しくなるような『真剣な恋愛』に
対しては初心者の直純が真っ直ぐ好きをぶつけてくる
智紀に感化されてきていて、平凡シンデレラの
逆襲にもちょっとスッキリした2巻でした。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う