コンプリートセオリー

complete theory

コンプリートセオリー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

67

レビュー数
3
得点
85
評価数
18
平均
4.7 / 5
神率
77.8%
著者
谷崎泉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
発売日
価格
¥1,400(税抜)  
ISBN
9784344844834

あらすじ

一途なスパダリ実業家×美貌の天才犯罪心理学者、魅惑のミステリーラブロマンス!
若くして莫大な資産を築いた人生の成功者・音喜多だが、かつて想い人を亡くして以来、本気の恋情とは無縁に生きてきた。そんなある日、音喜多は死別した相手と酷似した顔立ちの青年と出会う。その青年・久嶋は、華奢で可憐な外見とは裏腹に、二十五歳にして博士号を三つ持ち、元FBIのアドバイザーという経歴を持つ天才だった。彼に強く惹かれた音喜多は、側に居たい一心で行動を共にするが、天才ゆえ人の心が分からないという彼に、身体だけの関係を提案されて……? BL版ホームズともいえる、読み応え抜群のミステリーラブノベルス、待望のシリーズ第2弾!

表題作コンプリートセオリー

音喜多光希、マンション開発販売会社相談役 36歳 
久嶋藍、大学客員教授・元FBIアドバイザー、25歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

関係性の変化によって『謎』が解けていく

約2年半ぶりの続編!
よくぞ書いてくださり、出版してくださった。
谷崎さんと出版社に心から感謝申し上げます。

谷崎さんってあまり饒舌じゃない作家さんだと思うのです。
お話を隅から隅までキッチリ説明しないと言うか。
どこか謎を残したり、これからの進み方によっては更に波乱の含みを感じさせたりしたままお話を終わらせることが間々ある様に思います。
だから読み終えた後、どこかモヤッとしたものが残ることがあるんです。
実は私、それがとっても好きで。
多分、そんな風な感じが好きというのは少数派だと思うんですが、リアル社会ではそういう事の方が多いと思うのですよね。
すべてが明確になるわけではない。でも、登場人物たちの人生は続いて、相変わらず攻めさんは受さんのことを大好きで、だからこそ少しづつ『モヤッとした中身』が解ってきて、2人の関係性に応じてクリアになったり、敢えてクリアにしなかったり。
だから事件そのものより2人の関係性の方がグッと浮かび上がる様に感じます。
この音喜多と九嶋のシリーズも、その手の物語だと思いました。
で、そこがたまらんのですよ。

『スクランブルメソッド』でほんの少し触れられていた『九嶋の過去の事件』と、音喜多が九嶋にベタぼれするきっかけとなった『音喜多が10代の頃に想いを寄せていた九嶋そっくりの女性が殺害された事件』の中身が今作で明らかになります。
前作は2人とも謎が多いままでしたから『変人同士の組み合わせのコミカルBL』の匂いの方が強かったですものね。
「前作で欲求不満を抱いた姐さま方は是非お読みください」と声を大にして叫んでおきます。
また『短編を積み重ねていくうちに、それがひとつの大きな物語になっていく』という構成のお話がお好きな方にも、力強くお勧めします。

いやいや、こうなってくると続きも読みたいですねぇ。
また3年くらいかかってもかまいませんので、よろしくお願いしたい。
その間、2人の関係性がどう変化するのか、想像しながら待っています。

あ、LOVEについて全然書かなかった。
音喜多の『相手を想う故の臆病さ』も、九嶋の『感情表現の超絶不器用』も、激しく萌えまくったことだけ書いておきますね。

5

前作で謎だった点が明らかになります

谷崎作品の『スクランブルメソッド』の続編。『スクランブル~』がいまいち消化不良だったので、続編が出ると聞いて喜び勇んで購入しました。

この作品単独でも読めないことはないと思いますが、人間関係は前作未読だとわかりづらいので、できれば前作を読んでからこちらを読まれることをお勧めします。






主人公は音喜多。
成功した若き実業家ですんごいお金持ち。しかもイケメン。
そんな彼は現在ある青年に夢中。

その青年とは久嶋。
若干25歳にして大学の教授であり、さらに優秀な頭脳を生かしてFBIで犯罪解決のためのアドバイザーとして働いていたという経歴がある。
華々しい経歴を持ちながら、彼はFBIの仕事をやめ日本に帰ってきた。

そして久嶋には「人の気持ちを理解できない」という症状がある。彼自身自覚しているし、周囲の人たちもそれを理解しサポートしている。

そんな彼ゆえ、音喜多のラブコールも一切意に介さない。
介さないが、からだの関係はある。

という不思議な関係。

久嶋はその優秀さを買われ、日本でも犯罪解決に協力している。音喜多は、そんな久嶋のサポートをしている。久嶋に持ち込まれた事件を、二人で解決していくー。

といったお話。

前作同様、今作品も3つのお話に分かれています。
が、今作品で、音喜多、そして久嶋の過去が少しずつ見えてくる。そんな展開でした。

序盤は、やっぱり二人の間に甘い空気感は皆無。
久嶋の好きな「スイーツ」を手に携えて、今日も今日とて音喜多は久嶋の気を引くために大学へと赴いてくる。が、久嶋はセックスは受け入れても音喜多の愛情は受け入れない。

受け入れない、というのとはちょっと違う。
スルーしてるんです。

音喜多が自分に求愛しているのはわかる。
わかるけど、それだけ。
何を返すでもなく、スイーツもセックスも甘受はするけど、それだけ。

前作同様の展開で、ちょっと萎え萎えな気持ちで読み進めました。もう少しラブを!とか思っちゃってですね。

ところが、2話あたりから話は一気に急展開します。

久嶋の旧知の知り合いという男性が、彼に会いに来る。音喜多は悪いと思いつつその男性について調べるが、彼と久嶋の関係は意外なものだった。そして、その彼から久嶋の過去が明かされていきます。

なぜ久嶋はアメリカで育ったのか。
FBIをやめて日本に来たのはなぜだったのか。
人間関係を結ぶのが苦手な久嶋が、男に抱かれ慣れた身体をしているのはなぜか―。

なかなか壮絶な過去持ちさんです。

そして3話目に入ると、今度は音喜多の過去のターン。

かつて愛した、そして久嶋とそっくりな相貌をしていたという女性が亡くなった原因は殺人事件の被害者だったから。
そして、20年という時を経て、彼女の被害状況とそっくりな状況で再び殺人事件が起きて―。

その事件を久嶋が追う形で、今度は音喜多の過去が見えてきます。

その中であれだけ熱烈な求愛行動をしていた音喜多が、久嶋を避ける行動をとり始める。久嶋は「音喜多は自分に飽きたのだろう」と気持ちに折り合いをつけるが、その行動から、久嶋は音喜多への想いを若干ではあるけれど自覚し始めるように。
その時の久嶋がすごく可愛い。すでに、音喜多に恋しちゃってるというのが読者には手に取るようにわかるのに、彼自身はなかなか気づかない。

『スクランブル~』で謎だった部分が、これでもか!とストーリーにぶち込まれていて怒涛の展開でした。

さすが谷崎さん、というべきか、設定は盛りだくさんなのにストーリーはこんがらがることなくきちんと進んでいく。その手腕に圧倒されました。

音喜多がかつて愛した女性の事件は解決に至りますが、久嶋が被害者になった事件はまだ未解決。
久嶋を愛してくれていた周囲の人たちも相次いで亡くなるという不幸に彼は巻き込まれているわけですが、その辺りもおいおい解決するのかな?

『スクランブル~』では久嶋の魅力がいまいちわからず、どうにもツボに入りませんでしたが、いろいろなことに感情が追い付かない、という久嶋の不器用さとまっすぐさが、今回はすごく生きていて面白かった。

何も知らないヒナに、少しずつえさを与え、愛情を与え、育てていく。
そんな感じの展開で、萌えツボが激しく刺激されました。

そしてまっさらさん(のはず)の久嶋が、濡れ場の時はめちゃんこエロい。快楽に忠実、というのか。

で、彼が人の感情を読み取れなくなったのは過去の様々な事故、あるいは事件のせいではなかろうか。

そう思うとなんとも切ない気持ちになります。
久嶋を見限ることなく深い愛情を注ぎ続けてきた音喜多に、やっと春が来そうで安心しつつ。

まだ続きが読みたいな。
久嶋が巻き込まれた事件は根が深そうで、ミステリーとしてもぜひとも続編を希望しています。

主要CPの2人もですが、この作品の大きな魅力は脇キャラが面白いこと。
当て馬の刑事さんしかり、久嶋の助手しかり、音喜多の会社の弁護士さんしかり。彼らの存在が、このストーリーを面白いものにしています。

そして、今回も笠井さんは神だった。
何しろ、見てください。この可愛らしい表紙を!
帯に隠れちゃってますが、久嶋の足が音喜多の足に絡んでる…!

よくよく見ると腹筋やらtkbやら丸見えなのも良いし、何やら液体が久嶋についてるのもエロティックでよいではないですか。
表紙だけでおかわり3杯行けちゃいそうです。

5

受けが攻めを振り回す!

前作???だったまま終わって、同人誌も発見できず悶々とした状態だったのに、なんとなんと続編がああああああ!!!!と狂気乱舞。読んで良かった。執着攻め×変人受けがとっても楽しいお話です。前作未読はあまりに勿体ないので、是非「スクランブルメソッド」からどぞー。書き下ろしの三話構成、300P弱+あとがき。今回でも終わった気があんまりしないので萌2です。先生続き書いてください、お願いします。

1週間ぶりに会える!とウキウキ久嶋の大学にやってきた音喜多。学生たちと会話しているところへ声をかけたのに久嶋はいつも通り。人間めいた感情が欠落してる久嶋のこと、「お帰りなさい」と喜色満面に迎えてくれる訳もなく、原宿のスイーツ屋さんに行く!と宣い・・と続きます。

あまりに楽しい人物紹介
攻め:金持ちイケメン。昔の想い人にそっくりな久嶋に一目ぼれで、
   時間を見つけては久嶋の好物(スイーツ)を持って大学に押しかけている。
   一応肉体関係あり。
受け:アメリカから帰国。なんでも記憶しちゃってるタイプの天才。ただし人間的感情は欠落。
   その理由が今回見えてきます。
   スイーツ大好き&地図持ってても迷う人&我が道を行くタイプ。
八十田:攻めの弁護士、色々巻き込まれていつも損な役まわり。
汐月:攻めを猛烈に敬愛している警察エリート。いつも攻めに足蹴にされている。
池谷:久嶋のアシスタント。スイーツ好き。いつも久嶋に貴重なスイーツを食べられている。
半林:攻めの忠実な側仕え。運転手でもあり秘書でもあり・・といったところ。
その他、事件が起こりますので、その関係者が新しく登場します。

**大好きなところ

受けがとにかく変人&無意識に超塩対応で、その塩加減に声をあげて笑うこと複数回。
「セフレですらない」と本人を目の前にして八十田にカミングアウトしているところでは、あまりに音喜多が可哀想で可哀想で大爆笑。

そう、攻めを思いっくそ、ぶん回してるんです!無意識に!超好みの展開。
音喜多も訳ありなんで、お互い様というところもあるけど、べたぼれな分、ちょっと音喜多の方が可哀想かな、です。今回少し進展して、いい感じになったんですけど、決定的に全ての決着が付いたわけではないと思うのが少し残念でした。先生、何卒続きを書いてくださいませ。気長にまってます!!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ