眠れない捜査官が愛を知るまで

nemurenai sousakan ga ai wo shiru made

眠れない捜査官が愛を知るまで
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

195

レビュー数
5
得点
43
評価数
11
平均
3.9 / 5
神率
27.3%
著者
遊佐なずな  

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
みずかねりょう 
媒体
小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784778127572

あらすじ

人に憑依し罪を犯させる〈ファクター〉を感知する能力を持つ捜査官の千尋は、図体ばかり大きな年下の刑事・嵯峨野と組んで殺人事件を捜査することになる。嵯峨野は無知な上に、人嫌いの千尋の苦手な朗らかで人懐こいタイプ。だが事件が因縁あるファクターの仕業だと知り寝食を忘れて捜査する千尋を、嵯峨野は邪険にされながらも懸命にフォローしてくれた。その優しさは千尋に、大切なものを壊した罪の記憶を蘇らせる――。

表題作眠れない捜査官が愛を知るまで

嵯峨野尚之、警視庁捜査一課の刑事
松雪千尋、特殊現象対策室勤務の捜査官28

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

全ての原点はただ一つ

今回は警視庁捜査一課刑事と特殊現象対策室所属捜査官です。

新たな事件が18年前の事件が交わり秘さた真実が明らかになるまで

世界には気が付かないうちに心の奥深くに侵入して人の意識を乗っ取る
「何か」が存在します。それに精神を汚染ると人は自我をなくし、殺人や
凶悪な犯罪を起こします。

この不可思議な「何か」を日本では「ファクター」という概念で定義づけ、
警視庁は対抗手段としてる「アカデミー」と呼ばれる超自然現象研究所に
協力を要請します。ファクターを感知できるのは限られた能力者だけだから
です。

アカデミーには様々な能力者が研究対象として集められ、保護と訓練を受け
ています。中でも優れた能力者が所属する「特殊現象対策室(UF室)」が
要請に応えて捜査協力する事となります。

受様は過去にファクターが関わった事件で家族を亡くしています。受様は
幼い頃から目に見えない存在を感じる事ができ、事件をきっかけにアカデ
ミーに保護にされ、特殊能力者として囲いの中で生きてきました。

UF室には様々な能力者が在籍しています。受様はファクターの感知力を持つ
サーチャーな上に残留思念の感知能力もあり、警察の捜査協力で指名される
事が最も多い能力者です。但し警視庁とUF室は好意的な関係という訳では
なく、担当刑事によっては衝突する事も珍しくありません。

今の担当刑事は受様と親子ほども年の離れた男で、刑事としての能力は高く
ても特殊能力に真っ向うからの嫌悪感を示す刑事でした。しかし今月、捜査
一課に新たに着任した若手刑事がUF室担当を任されるのです。この若手刑事
こそが今回の攻様です♪

意志の強そうな目をした攻様は長身ながら微笑むと頬に小さなえくぼができ
受様に亡き弟の面影を思い起こさせる男でした。成長していたら弟と同じ
くらいの年頃の彼に受様はちりちり焼けるような痛みを感じます。

攻様はファクターや特殊能力に関する知識はなくとも、マイナスの感情は
無い様で、室長は新たに依頼された事件を受様に任せ、攻様の勉強を兼ねて
攻様を捜査に同行させるようにと言い渡します。

攻様が協力を要請した事件は、今朝起こった若い女性の通り魔殺人事件で
した。先週も深夜に若い女性が刺殺される事件が起こっており、手口から
連続殺人の可能性が浮上したのです。

しかも18年前にもよく似た事件が起こっていました。その事件を起こした
ファクターは奇主が死亡すると手近な人物を新たな奇主として逃げ延びて
いたのです。そしてその事件こそが受様の家族を失う原因となった事件だ
ったのです。

連続通り魔事件の犯人は過去の事件を起こしたファクターなのか!?

遊佐さんのデビュー作は「ファクター」が起こすふかしぎ不可思議な事件を
解決する為に特殊能力者が活躍するオカルト系の刑事ものになります♪

ファクターは捉えない限り、奇主を乗り換えて犯行に及びます。受様は被害
者の残留思念とは別に、今回のファクターがある女性像に強い執着心を持つ
事を感じます。それは18年前の事件のファクターに近い気配を感じたの
です。

受様はそのファクターを探し続けていましたが、リーディングをしただけで
精神的に動揺する受様をUF室長は捜査から外す決断を下します。動揺する
受様を攻様は放っておけないからと世話を焼くようになります。

攻様はUF室に関わることになった人物の協力を得て、受様が再び担当捜査員
として攻様と事件を追えるようにしてくれるのです。そして攻様とファク
ターを追ううちに受様は18年前の事件の真相を知るになるのです‼

ファクターが滅されて事件が解決し、受様が過去の事件の真相と攻様の正体
を知るまでワクワクと読ませて頂きました。世界設定というかファクターと
いう設定とはなかなか凝っていて面白いかったですが、肝心な詰めでアカデ
ミーという設定に大鉈振われたような感じがしてちょっと残念でした。

受様が家族を亡くした事件ではファクターという存在を隠すために真相は
隠され、受様自身は表面的な身心に大きな傷を負います。そしてアカデミー
での様々な検証実験や能力開発の厳しい訓練にも後悔と復讐を糧に耐えて
きたので人との関りには重きを置いていなかったと思われます。

そんな受様ゆえに攻様は放っておけずに世話を焼きそれが徐々に恋へと
育っていって、受様もそんな攻様に惹かれていく様子はハピエンありきの
ハラハラ要素として楽しめましたが、伏せられていた攻様と受様の繋がりに
絡んで攻様がアカデミーで特別扱いされていた点が「アカデミーは特別!!」
で押し切られた感じがモヤモヤしました(苦笑)

UF室の能力者がいないと特殊事件を解決できないので能力者が特別なのは
判りますが、警察の"協力者"なはずの捜査官(受様)が主力で解決するような
行動を取ったり、攻様の正体のためにワザと伏せられてるとしても特別な
存在=異例で済まれてるのに悶々しました。続刊を見越しての伏線張りなら
ゴメンナサイですけど _(>_<)

今回は警察繋がりで井上ハルヲさん『デンパ男とオトメ野郎』をおススメ。
こちらはお互いがそれぞれ立ち位置で事件に関りあっています。

0

発想は斬新なのだけど…

2019年刊。
特殊能力を発揮する刑事もの?らしいあらすじに惹かれて購入。
しかし実際に読んでみるとこの話、刑事もの、バディものと言うには相当異色だ。

大好物な設定なのにいまいちピンとこなかったのは、何といっても『凶悪な残留思念が”ファクター”として人に憑依する事によって、残忍な殺人犯が産み出される原因となる』設定にある。
この発想は斬新で目を惹くが、どうしても悪霊憑きのイメージを混合してしまう。
作中では、人に憑依したファクターを上手く取り除くのが可能ならば、本来のその人は無事救い出されるとなっているが、自身の意思とは全く関係なくとも人を殺めてしまった事実は当人を苛むものだと思うけれどね。

あと、いくら話の流れで事件の捜査協力を申請しているとしても、刑事(嵯峨野)一人と能力者(千尋)がペアを組んで捜査しているのに引っ掛かってしまった。
そもそも能力者ってのは一応一般人なのに、ファクター憑きの凶悪犯に襲われる危険もあるし、犯人を取り逃がす恐れもあるし、もう一人の刑事代わりをこなすのは無理があるんじゃ…と思っていたら案の状…ね。
と言いつつも、そんな千尋と嵯峨野がペアを組むって成り行きはまさに僥倖だった訳だが。

千尋自身、持っている能力を恐れられてアカデミー内で遠巻きに敬遠されているわりには、あまり卑屈になっていない態度には好感が持てた。
嵯峨野に世話を焼こうとするのは過去の経緯もあっての事かも知れないが、本来のお兄ちゃん気質っぽい感じがしたし、嵯峨野のワンコっぽさと相性が良いのが一目瞭然だった。

正直、刑事ものとしてはいまいちしっくりこない感はある。
全登場人物の無念が報われる形ではないせいもあってか、余韻の重さも印象に残る一作かと思う。

1

もうちょっと欲しい

みずかね先生なのでマストバイ。デビュー作なのかな、初めましての先生でした。どうなるどうなると気になって読んでしまうお話でしたが、ひっかかってしまうところもあったので、萌にしました。サイキック関わる事件ものの本編270P弱+あとがき。

一宮超自然現象研究所の下部組織「特殊現象対策室」に所属する千尋(ちひろ)。目に見えない「ファクター」によって起こされる事件が確認され、それに対応するべく警察は千尋のような何等かの能力を持つメンバーに協力を求めるようになっています。ある日その対策室に懐っこい笑みを浮かべるでっかいワンコのような男が訪れてきて、ある事件について協力を求めてきて・・と続きます。

大輔(受けの義弟、故人)と受けの父・義母(故人)、一宮(アカデミーの所長)、藤野(対策室室長)、伊坂(対策室の事務員、♀)、雑賀をはじめとする事件関係者多数。

**攻め受けについて

攻めはゴールデンレトリバー級の懐っこいでかワンコ(好き)。受けは、接触することにより思念が読めてしまうため人との関わりをあまり持ってこなかった&過去の凄惨な事件によるトラウマ持ち。最後なんとか円満な方向で事件が片付いて、攻め受けとも納得いく形でのハピエンで、その部分は「何よりだ!!!!」と大変嬉しいものでした。

サイキックものも好きだし、デビュー作からチャレンジ!とすっごく思うし嬉しいです。でも事件のドキドキ感と恋話の萌え萌え感のミックスが、私にはちょっと難しかった・・・
受けが攻めに堕ちるその前に、もうちょっと「受けの渇望感出してくれると嬉しいな」「攻めの気持ちを前倒しで滲ませておいてほしい」と感じました。

それから謎解き。やっぱり、あれは?と気になる部分があって残念。(私の読み取り不足でしたら申し訳ありません)

事件ものって凄く好きで、もっともっと読みたいなあと思うのですが、なかなかしっくり来るのは難しいなあと思う一冊でした。でももしよかったら、先生、また事件もの書いてください・・この二人でもスピンオフでも。もうちょっと大人びた、でかワンコに会えると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

1

トラウマ持ち美人が、最高に萌えます!

オカルト要素ありの刑事ものであり、バディものであり、主人公救済ものです。

個人的に、こういうトラウマ持ちの美人受けは大好物ですし、オカルト系捜査モノと言いますか、能力者ものも大好きだったりするのです。
そんなワケで手に取りましたが、予想以上に面白かったですよ!
いや、ストーリー自体は謎解き要素もありつつ落ち着いた雰囲気で進むんですけど、山場ではアッと驚かせてくれてと、緩急の付け方が上手いのです。
そして、思わずホロリとしちゃうような、優しいラスト。

こちら、作者さんの初めての文庫になるそうです。
ショコラ文庫さんですが、自分のカラーをしっかり持った面白い新人さんをデビューさせて、世に輩出するのが上手いレーベルだと思うんですけど。
他にもそういうレーベルはあるんですけど、そこが超王道で手堅い所を押さえているんだとしたら、ここは遊び心がある感じ。
新人さんをしっかり育てるノウハウがあり、何より編集さんに意欲があるんでしょうね。
なんか上からの偉そうな意見で申し訳ありません。
何が言いたかったかというと、新規開拓をしたい方、ショコラ文庫さんの新人さんをぜひチェックしてみてね!ってだけだったりします。

ザックリした内容です。
人に憑依して罪を犯させる『ファクター』を感知する事が出来る能力者・千尋。
そんな、捜査官としてファクターが絡む事件を追う千尋と、新たにバディを組む事になったのが、年下の刑事・嵯峨野になるんですね。
人嫌いで組織の中でも浮いている千尋に、最初から親しみを向けて懸命にフォローしてくれる嵯峨野。
ついつい嵯峨野に心を許したくなる千尋ですが、そうする事は出来ない、重い罪を背負っていてー・・・と言うものです。

千尋ですが、幼い頃にファクターに乗っ取られた父親から襲われ、能力を暴走させて義理の弟を殺してしまっています。
それが彼の重い十字架となり、現在の誰にも心を許さない孤独な青年が出来上がったんですね。
また、彼の感知能力ですが、実際に「被害者」の身に起きた事を追体験すると言うものです。
被害者が切り刻まれていれば、同じだけの苦痛を味わうー。
これね、情景描写がとてもお上手なんですよ。
血に弱い方は、読むのがちょい厳しいんじゃないかなぁってくらい。
えーと、ややスプラッタ。
いや、個人的には、痛みに悶え苦しむ美人受けって事で、気の毒ながら萌えちゃったワケですが。
こういうさあ、一定数存在する、やたら嗜虐心をそそる受けって何なんでしょうね?
鼻血を出してるのが似合うタイプと言いますか。
いや、私だけかもしれないけど。

で、そんな彼に何故か最初から好意を示し、邪険にされてもワンコのように付いて回る刑事・嵯峨野。
年下ながら抜群の包容力があり、その穏やかであたたかい人となりで、千尋の心にスルリと入り込むー。

千尋がわりと言うか、かなり面倒くさいタイプなんですけど、そんな彼ですら心を許してしまう、嵯峨野のワンコっぷりが素晴らしいのです。
また、彼ですが、実は独占欲もかなり強いと思うんですよね。
千尋には幼い頃からずっと面倒を見てくれている、兄貴分的存在がいるのですが、彼と身体の関係にあると誤解しています。
で、普段はすっごい包容力とワンコっぷりを発揮するクセに、その時ばかりは苛立ちをあらわにする。
急に意地悪な態度をとられ、ワケが分からず不安げな千尋も、また可愛いんですよ。
普段クールなだけに、「・・・何か、怒ってるの」みたいなセリフが、妙にいじらしくて萌えちゃうと言いますか。

と、共に捜査を進めるうちに距離が近づいて行く二人。
しかし千尋は、過去の事件による心の傷から、嵯峨野を強く拒絶してしまうんですね。
更に、ファクターに侵食されている疑いをかけられた事から、捜査を外されてしまい・・・と続きます。

この二人が追う事件ですが、謎解き要素がかなり面白いです。
伏線がしっかり張られてまして、またミスリードを巧みに誘われるんですよね。
犯人は一体誰だよ!?って感じで。
が、それ以上に面白いのが、千尋の過去に絡んだ驚きのオチ。
いや、嵯峨野の正体はうっすら予想したものの、もう一つ大きなオチがございまして。
くっ、千尋、不器用すぎだよ。
そして、めちゃくちゃ健気じゃないかよ!
ついでに嵯峨野、意外としたたかだったよ!!

あと、これは完全に個人的な好みの問題なんですけど、千尋を嫌う女性キャラが出てきます。
こいつがウザい。
嵯峨野にも周囲にも千尋の事を悪くいい、最終的には「誰かに責められたかったのは私なんです。ごめんなさい」って何やねん!?
やってる事が矛盾してる気がする。
千尋、許す必要ないから!
許す必要ないからー!!

と、女性キャラにはイライラしたものの、とても面白くて心を打たれる素敵な作品でした。

5

この夏のイチオシBL文庫

と言っても過言ではない位良かった。面白かった!みずかね先生の美しい表紙とタイトルの「捜査官」という単語やあらすじから「こんな美しい受けが主人公の大好きジャンル・刑事ものなの?!」と思い初読み作家さんですが手に取り、結果大当りでした。

刑事は攻めの方で受けは殺人現場で被害者の残された思念を読むことが出来、「ファクター」という人に乗り移り、殺人を犯させる犯罪者の悪霊も見えてしまう特殊能力者で、とある研究所に所属しながら警察に協力する立場です。

SFホラー・サスペンスとも言えるジャンルで宮部みゆきさん、S.キングなどが好きな方はハマると思います。BLでいえば夜光花さんのホラーみたいな雰囲気があります。研究所の他のメンバーも魅力的だったのでスピンオフも読みたいなあ。

BL属性はキラキラした癒し系年下大型ワンコ×悲しい過去を負いながらストイックに仕事をこなす意地っ張り美人で…これもまあ大好物です。28歳の受けは年上なのに童貞というオプション付きなのでそこにも萌えられます。ラストに向けてもう一つの属性が追加されるので、新人作家さんのようなのに色々仕掛けが用意されていてすごいと思いました。

ストーリーもBL部分も楽しめて、夏の読書に超オススメです。頑なだった受けが攻めの優しさにだんだん溶かされていく様子が、ウン、やっぱ王道っていいよね!と思えます。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ