とりたん 2

toritan

とりたん 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×223
  • 萌13
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
156
評価数
42
平均
3.7 / 5
神率
11.9%
著者
山本小鉄子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344845466

あらすじ

子供のころから「鳥の言葉」がわかるというあまりうれしくない能力を持つ、探偵・犬崎は、カラス界のイケメン・クロに惹かれていたが失恋(?)。そんな犬崎を大家さんの息子で高校生の充気遣ってくれる。実は充の声をクロと間違えたこともある犬崎。充の優しさにふれ、好きだと自覚した直後、当の充からいきなりキスされ犬崎は混乱する。そして、充に「好きです」と告白された犬崎は――!?

表題作とりたん 2

黒木 充・高3(18歳)大家の息子
犬崎 望・23歳・探偵兼何でも屋

その他の収録作品

  • 疑問解決(描き下ろし)
  • 初めての…(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

「鳥」を介して成就する恋。

「とりたん」の2巻目。

にして完結編。
いやー、意外だった…。小鉄子作品は巻数が多いものが多いので2巻完結だと思わず読んでました。

そして、はいそうです。
完結編ということで濡れ場あり。小鉄子作品と言えば恋人同士になってからエロに至るまでがまでが長い、というのも定番なので、いろいろな意味で今までの小鉄子さんのイメージを覆す(もちろん悪い意味じゃないですよ!)作品でした。

ということでレビューを。




主人公は探偵(と本人は言い張っているが実情は「何でも屋」)の犬崎。
彼は「鳥の言葉を理解でき、会話することができる」という特殊な能力持ちさん。
その力を使って知り合ったカラスの「クロ」に片思いしていたけれどあえなく失恋。そして、そのクロに似た声を持つDKの充からキスをされちゃって…?

というところまでが1巻のお話。

2巻は犬崎と充の恋の行方と、クロ=充なのか…?という謎を追う展開でした。

充も実はとある秘密を抱えています。
ネタバレになってしまうのでここでは書きません。ぜひ、本を手に取って彼の秘密を確認してみてください。

小鉄子作品にしては巻数が少ない作品なので、二人の恋の行方という点ではややあっさり目。
が、彼らの恋には、鳥を介して下地ができてたんですね。

まさに、鳥に関する秘密を抱える二人ならではの恋、でした。

作中、充はDKですが、終盤に彼が大学生になった時のお話も収録されています。

大学生になった充が、…

カッコいい!
小鉄子作品がお好きな方なら、彼のイケメンぶりにKOされること請け合いです。

犬崎くんと充の恋。

その点においては成就に至る過程があっさりしていて、痛い展開も、ぐるぐるする恋心も、この作品にはありません。さらに濡れ場も少なめ。小鉄子作品らしい、可愛らしい絵柄に相反するようなエロっぷりは今作品では鳴りを潜めています。

が、そういったものがないからこそ、穏やかな気持ちで読破できる、ほのぼの可愛らしい作品でした。

6

ほのぼのの中の非日常。

面白かった~!1巻から久しぶりな気分でしたので、1巻から読み直して、この完結2巻を読ませていただきました。ちなみに電子版を購入しました。

鳥と話せる犬崎くんと、鳥に憑依?できる充くん。日本のどこかのフツーの街なのに、どこか非日常な二人。日常の中の非日常感といった部分と、全体的に優しくて、コミカルでほのぼのとした、この雰囲気がとても好きです。

1巻終わりで充くんにキスされて戸惑う犬崎くん。しかし、徐々に二人はお互いのことを話して、通じあっていきます。付き合うのも自然な流れって感じで、大きな紆余曲折はないですけど、そこがまたこの作品の良さなのかな、と。

充の家の猫たちも健在、今回もわんちゃん、鳥…動物たちかわいいです。

完結は寂しいですが、とてもよくまとまったお話だと思いました(上から目線ぽくてすみません、言い方が見つからなくて)

5

トビラも楽しみでした

小鉄子先生の作品ののんびりスローペースは当たり前と
いうか、なんかもうむしろ焦らされたいというか。
既刊でもさんざんおあずけをくらっているので、
2巻なんてまだまだだよなあ〜なんて余裕ぶっこいて
いたら…え?か、完結!?

序盤から充の秘密の告白かと思いきや、なんと犬崎に
交際を申し込む普通の告白で、んんん?となり、
結構あっさりとお付き合いを始めるふたり。

1巻の充からの不意打ちのキスから、
まさか2巻でお泊まりにまで進む関係になるなんて…!
ちょっと心の準備が追いつかなくて鳩が豆鉄砲を食った
ような感覚でした(笑)

この巻ではイケカラスのクロはがっつりと出てきませんが、
代わりに意外とやきもち焼きでかわいくて
イケメンな充をしっかりと見られます。

鳥に対するファンタジックな秘密をもつ充と犬崎の
ほんわかとして、小鉄子先生の鳥愛に溢れたお話でした。
完結は残念ですが…。
トビラ、好きなのは1巻ではハシビロコウで、2巻は
ペンギンも捨てがたいんですが、やっぱり充ですね〜。

3

カラスの中の人、イケメンです。

とりたんって有りますけど、探偵としてよりも便利屋な犬崎。
鳥の言葉を、種別越えて操れるのはすごいですよね!
でも、あちらこちらにいるから大変。
大概、自己主張激しい鳥さん達。

そんな日々で鳥助けしたり、名前呼びしてきたカラスに出会う…
イケメンカラスを好きになっちゃった犬崎が、斜め方向な感じですが。

イケメンカラスの中の人(❔)が、充だったのね!
充が、なかなかスペック高めの高校生男子ですよね~
犬崎は、探偵業してるけど可愛い感じです。
充が年上の大人な雰囲気に惹かれると言うよりも、隙がある放って置けないところとか、鳥絡みのミステリアスさに惹かれたのかなぁ…

充と犬崎が、思ったよりも甘々に仕上がっておりました。

えっちも、初めて同士とか‼️
なんなの、可愛くて呼吸困難になるわ…

不思議だけど、不思議過ぎない日常感があるのは、さすがの山本小鉄子先生だと思いました。

2

あっさりくっついてた

終わっちゃった。あっさりし過ぎてて寂しい。
でもこれ以上広げようもないのも確かだけども。

充くんの能力は乗っ取りだったんですね。
毎回違うカラスだったのに、カッコ良かったのは乗っ取った充くんが素敵だったからなのかと。

犬崎が年下彼氏にキュンとするから、読んでてこちらも悶えました。

どちらも初めて同士だったからか、いつもの小鉄子先生よりはエッチシーンは少なかったような気がしました。その代わりキスシーンは気持ち良さげでした。



2

可愛さがギュッ

さぁ~2巻はどんな展開かなぁーと思っていたらまさかの完結!!
意外でした。
しかしお話は、しっかり可愛く終わっています♪

犬崎が自分を好きと分かった充がいきなり犬崎にキスをしたところで終わった1巻♡
翌日キスの理由を問われ、「クロ」の件を言おうとするも「やっぱり言えない」とやめる充。
それを勘違いした犬崎が「好きか嫌いかも言えない」のかと言うと
「え?好きですけど?」って。。。。。可愛過ぎかよ!

結局、お互い”秘密”を持ったまま付き合うことになった二人。
充は犬崎の秘密を既に知ってるけど(笑)

デートで花鳥園に行った帰りに充の会話から、鳥と話せることを充が知っていると気付いた犬崎が改めて秘密をちゃんと打ち明け、その流れで充も秘密があるという流れになる。
その時、充が言う前に犬崎が「クロなのか?」って気づくのはキュ~ンってなっちゃいました♪
隠してクロとして会話していたことがバレて犬崎に嫌われてしまうことを恐れていた充だけど、犬崎は怒る事はなくまず先に自分がクロに話した内容を思い出して赤面しちゃうのがめちゃくちゃ可愛かったです!!!

終始可愛くて癒されましたが、2巻ではイケメンクロが登場しなかったのがちょっと寂しかったです!
もっとカッコイイクロを拝みたかったー♡

0

そうきたか…。

「とりたん」がいいところで終わって、気になってました。
しかも、2巻で完結とは思わなかったので、色々ビックリでしたが内容的にはしっくりです。

最近人外BLにハマっていたこともあって、カラスのクロと充の関係に思いの外驚いてしまった。
普通そうよね…人外読み過ぎておかしくなってたわ。

探偵何でも屋の犬崎は鳥の言葉が解るという能力持ち。
高校生の充への恋心に気付いた犬崎と、急にキスしてきた充。
急接近した二人の関係進展と、充の秘密が判明するお話です。

付き合ってもお互いに能力は言わないので、余計もだもだしてしまう感じでしたが、
山本先生ならキス止まりかと思っていたので、カラダの関係が早くて意外でした。
エッチ中にクロにヤキモチを焼く充の件、大好きです。

全てに鳥が絡んでくるお話なんですが、犬や猫も可愛いい、ほのぼのコミカル作品で、
好きだったのが火事騒ぎで鳥に呼びかける犬崎と、犬崎に止まる鳥たち。
あれはけっこう重いし爪が痛いな…と、なんか笑いが込みあげてきます。

個人的に鳥が好きなので、色んな鳥が登場して楽しめました。
あとがきにもありましたが今回は15種類で、
とりたんに登場する鳥たちが、やさぐれ傾向にあるのがツボでした。

ホッコリほのぼのさせてくれる作品でした。

※シーモア:修正なし。見えない絡みです。

3

鳥が繋いだ初恋の行方

最近小鉄子さんブームが来まして、2巻が発売されるということで、1巻と合わせて購入しました。鳥と話せたりするファンタジーなんですが、違和感なく小鉄子さんの世界に浸れて、可愛いお話に読後感かとても良かったです。

1巻では攻めの充がカラスになれて、鳥と話せる犬崎さんが好きなんだろうなぁとは思いましたが、キスをしたところで終わってるので、別々に読んでたら待ちきれなかっただろうなと思いました。

さて2巻では、あっさり充が告白して、お付き合いがスタートしてます。カップルのイチャイチャを見るのが好きなので、早めにくっ付いてくれるのは嬉しいですね。
その後も可愛い嫉妬とかはありますが、特に問題なくホノボノと経過していくので、安心して読めます。

充がカラスに変身できるのかと予想してたのとは違ってましたが、子供の頃に空を飛んでみたいと思ったことを思い出して羨ましかったですね。

これで終わりなのはとても寂しくて、もっとこの可愛い世界観を楽しみたかったです。

2

物足りなさが尾を引くけども。メロメロって言い方いいな。

えっ⁈ これにて『完結』⁈ という驚きとガッカリ感がどうにもこうにも…。
この物足りなさと消化不十分な気持ち。小鉄子先生の事だから、きっとロングランになると期待していたのに。のに、のに、のに…。(以下エコー。)勿論めでたし!で、恋は成就するものの。パツン‼︎ と終わってしまった感が否めないのだ。寂しい。そう、終わってしまった事がとっても寂しいのだ。
もっともっと。この可愛らしいこの恋を。まだまだ見つめていたいのだ。

自称探偵の『何でも屋』犬崎さんの その仕事ぶりは、いつものジャッキーのお散歩の他に、今回はゲイの里田さんの模擬デートのお相手をする事。里田さんのデートプランを2人で下見するだけなのだが、嫉妬した充くんがストーキングしているのが可笑しい。可笑しくて可愛い。モテるのに、付き合った事が無いと言う充くんの、犬崎さんへの過剰な独占欲。普段寡黙でクールで大人びた雰囲気なのに、年相応に、いや、それ以上にギリギリしている様子がいい! 充くんヴィジョンなのか、回を追うごとに可愛くなって行く犬崎さんもたまらん!たまらんです!
1巻では謎を残したままでしたが、やはり充くんの秘密は幽体離脱してカラスに乗り移る事が出来るという、予想通りのこと。カラスになって、思わず知らず、犬崎さんの恋心を知ってしまった事に罪悪感を感じつつも、その事もあって、犬崎さんにどんどん魅かれて行く。
互いに気持ちを確かめ合ってからは、まさしく『あっ』と言う間にお付き合いスタートしてしまいますし、ガッツリ身体も繋げちゃう。高校生のリビドー恐るべし。といった感じで、畳み掛ける様に終わってしまうのが、もぅ。えーん。もっと見ていたかったよーん。
だって、ほのぼの大家さんである、充くんのお母さん。その父で、充くんの祖父、いつも忙しい市長。デートプランの下見の依頼をしていた里田さんの恋はどうなったの?とかとか。知りたいエピソードが宙ぶらりんなまま。ふわぁーとしているし。「とりたん」というタイトルに負けないほどの、鳥を巡るエピソードの数々を期待してしまっているからね。幼少期のトラウマから鳥嫌いになった犬崎さんではあるけれど、止むを得ず鳥に関わってしまっているし、鳥たちを救けてもいる。物語は、鳥嫌いのまま終わっているけども。鳥たちとの和解(?)まで描いて欲しかったかも。
そんな心残りな完結編でした。
けどまぁ、充くんのメロメロさは炸裂していて楽しかった。うん。

2

完結

充から告白されて、付き合うことになった犬崎と充。デートして欲しいというお仕事に、充がやきもきしてついて行ったりと、色々エピソードがありつつも、クロの正体が明かされ、それでもお互いを受け入れてハッピーに、という流れでした。

なんか、犬崎がどんどん女の子っぽく可愛くなっていきます。

後日談のような、充の大学生編がついていて、充がやたらかっこよくなってました。これはモテる。うん。

山本さんなのでHシーンはほぼない感じ(あるけど頑張って描いておられる感じ)、キュンとし合う微笑ましいカップルでした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ