巡り愛鬼神譚

meguriai kishintan

巡り愛鬼神譚
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
4
平均
2 / 5
神率
0%
著者
高塔望生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784815532239

あらすじ

古美術店を経営する杳宮渚はある日、競り市で青銅製の水盤を目にした瞬間、
どうしても手に入れたいという思いに駆られ法外な価格で競り落としてしまった。
購入したものの売り先に苦慮するそんな渚の前に現れたのは、謎に満ちた資産家、鬼燈だった。
鬼燈の正体は鬼神――咎により天界を追われて八百年、彼は天界と人界の狭間に住み、
流失した宝物や脱走者の捜索にあたっていたのだが、渚の水盤こそが長年探し求めていた宝水鑑で…。

表題作巡り愛鬼神譚

鬼燈紫翠、資産家で天界から追放された鬼神
杳宮渚、古美術商経営、25

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

一つの宝物を巡る、壮大なドラマです

悲恋の果てに引き裂かれた恋人たちー。
再び巡り会ってと言う、壮大で感動的なお話になります。
プラス、天界の宝物をめぐる、ハラハラドキドキのバトルもの。

初読み作家さんになりますが、どストライクの設定の為、購入です。

ザックリした内容です。
古美術商を営む渚。
競り市で見つけた青銅製の水盤に強く惹かれ、法外な金額で競り落としてしまいます。
すると、その水盤を買い取りたいと現れたのが、謎の資産家・鬼燈。
実は鬼燈ですが、800年も前に天界を追放された鬼神で、天界から流出した宝物や脱走者を追う役割を負っていたんですね。
渚の競り落とした水盤ー。
それが、鬼燈の探し求めていた「龍の宝水鑑」でー・・・と言うものです。

まずこちら、天界で宮城の警護にあたる鬼燈と、覡・梛祇との、身分違いの恋からスタート。
偶然出会った二人は惹かれ合い、将来を約束するんですね。
しかし、二人の仲が露見すると梛祇は裏切り、聖なる存在である覡を汚した罰で鬼燈は天界を追放される。

そして800年後ー。
赦される日を待ち続けながら、天界から持ち出された宝物・龍の宝水鑑の行方を追う鬼燈。
その宝水鑑を所有する古美術商・渚と出会い・・・と言う流れ。

果たして、宝水鑑を取り戻し、鬼燈が天界に帰れる日がくるのか。
また、幼い頃から、何故か故郷から無理矢理引き離されたような、孤独と絶望を感じてきた渚。
鬼燈に強く惹かれる、その理由はー?
と言った所が見処でしょうか。

これ、ファンタジー好きなら思わず手にとっちゃう、とても魅力的な作品だと思うんですよね。
実際に、とても面白いのです。
続きが気になって、先に先にとページをめくらせてくれちゃう。
えーと、世界観がしっかり作り込まれてて面白い上に、天界から人間界から冥界まで。
壮大なスケールで語られる、一つの宝物を巡るドラマがハラハラドキドキさせてくれて。

あと、二人の恋愛部分。
先に悲恋ものと書きましたが、これがちょっと切ないんですね。
鬼燈を裏切ったとされる、梛祇の本当の望みー。

天界から追放され、自由を制限された状態で贖罪を続ける鬼燈も切ないですが、梛祇のその後の運命も切ない・・・(´;ω;`)
800年の時を経て、二人は再び愛し合う事が出来るのか。
って感じで。

う~ん。
孤独に生きてきた渚がですね、鬼燈との出会いにより、初めて寂しさを感じるんですね。
これまで、寂しいと言う事自体を知らなかった彼の孤独を思うと、なんだかとても切なくて。
それと、裏切られた事が心の傷となっている鬼燈。
真実が分かる瞬間には、胸が熱くなってしまう。
いや、梛祇も気の毒すぎたから。

と、素敵なお話なのです。
お話なのですが、微妙に引っ掛かると言うか、惜しい部分もありまして。
えーと、何だろう。
主役二人とも、感情の変化が急と言いますか。
彼の強引な態度に腹が立つと言ってたかと思うと、いつの間にかキスされて胸をトキメかせてる。
早い!
早いからー!!

また、ファンタジーと言うと、作者さんの好きに設定を作れるワケですが。
これが終盤の非常に重要な所で、ドラえもんの道具並みに都合の良いアイテム(機能?)が突然出てくる。
すごく素敵で感動的なシーンなのに、この飛び道具のせいで、妙に冷静になってしまう。
これ、伏線を張っといてー!

あと、これは完全に個人的な好みの問題なんですけど、終盤での主人公の変化がなんか微妙で。
渚は渚のままで、鬼燈と愛し合って欲しいなぁと。
同一人物だと分かっちゃいるけど、なんか件の人物に代わっちゃったみたいで悲しいと言うか。
何だろう。渚がどこかに行っちゃったみたいに感じちゃうんですよ。
彼に完全に感情移入してたため、気持ちの持ってきどころが無くて寂しいと言うか。
いや、こっちの方が萌える読者は多いと思うけど。
私がド神経質なだけだと思うけど。

まぁそんな感じで、とっても面白いんですけど、微妙に引っ掛かる部分もあるんですよね。
評価が難しいですが、一応「萌」で。

あと、すみません。
このレビューですが、梛祇の「祇」の字が間違ってます。
漢字が全然出て来なかった。
主要人物の漢字が違うって、作者さんにも作品に対しても、本当に申し訳ない。

5

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ