溺愛モラトリアム

ekiai moratorium

溺愛モラトリアム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×221
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
117
評価数
33
平均
3.7 / 5
神率
15.2%
著者
間之あまの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小椋ムク 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784403524943

あらすじ

大学進学が決まった満希は、十歳上の幼なじみで初恋の相手でもある啓吾と
期間限定のルームシェアをさせてもらうことになるが……?

表題作溺愛モラトリアム

宮永啓吾、管理物件に棲む不動産会社専務28
羽野満希、進学で啓吾宅に同居する大学生18

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数4

叶わない恋だからこそ

管理物件に住む不動産会社専務と賃貸物件を探す新大学生のお話です。

親の紹介で攻様宅に同居した受様が攻様との恋を実らせるまで。

受様は春から大学生となります。その大学は自宅からだと電車とバスを
乗り継ぎ片道1時間半かかりますが、物件探しを先送りにしていた為、
条件の良い部屋がみつかりません。

自宅通学するしかないかと思い始めた頃、母の友人の不動産会社社長か
ら、彼女の息子が住んでいる一軒家でのルームシェアを提案をされます。
この社長の息子が今回の攻様です♪

攻様一家が引っ越すまでは受様一家とはご近所で、攻様と受様の兄は同
年の友人同士、受様はちょっと怖い実兄よりも優しくて格好いい攻様が
大好きだったのです。

攻様に淡い恋心を抱いていたほどですが、攻様の大学進学を機に受様の
初恋は終わりをつげ、その後は兄と両親の会話でときおり近況を知るく
らいでしたのでした。

攻様は今は母の不動産会社の専務となってるそうで、メンテナンスを兼
ねて家具付きの管理物件で暮らし、売買契約がまとまったら次の物件に
移るという暮らしを繰り返していました。

今いる物件は受様の大学までバス1本な場所にあり、母の友人は受様に
ほどよい物件が見つかるまでのんびり探し、攻様が次の物件に移るまで
に受様も1人暮らしができればいいのではとルームシェアを提案をして
くれたのです。

10年ぶりに会う攻様にどう思われるは少し心配でしたが、ゼロから1人
暮らしを始めるより金銭的負担も少なく、通学時間が3時間から20分に
なるなら否やは有りません。

そうして4月の初めに無事に大学生になった受様はスマホの地図アプリ
とにらめっこしながら目的の一軒家に辿り着きます。築浅の洒落た平屋
建てのドアから現れたのは記憶よりもずっと大人っぽくなった長身の
美男子でした。

受様の姿を認めた攻様はまばゆい笑みで、大きくなっても小さくて
可愛いと謎の誉め言葉で迎えてくれます。家の中を案内されても受様は
緊張しすぎて堅苦しい態度をとってしまいますが、攻様はそんな受様の
様子にも気を悪くする事もない様子で、受様を再びときめかせます。

引っ越し祝いにと友人のやっているご飯やさんに入れて行ってくれたり、
慣れない家事にも一生懸命取り組む受様にこまめに「ありがとう」と
言ってくれたり、家事のお礼にとご近所案内ツアーに連れて行ってくれ
たり。受様は昔以上に素敵な攻様に惹かれずにはいられませんでした。

やがて受様はある事情から受様の母の不動産会社でアルバイトを始める
のですが、攻様と共に何年も放置された物件の現状チェックをしている
際に、謝ってベランダから転落してしまうのです。

幸い荒れ放題の庭の草木がクッションとなり、受様の怪我は打撲と擦過
傷程度で済みましたが、記憶を失う健忘症になっていました。自分の事
さえわからない受様ですが、保護者代わりという攻様の気遣いに満ちた
態度にこの人は自分の特別な人だと直感します。

ルームシェアまでしていると言われた受様は攻様に「恋人だったのか」
と訊ねてしまいます。攻様は受様が受け入れてくれるなら恋人として
全力でサポートすると言ってくれます。

果たして受様の記憶は戻るのか!?
そして受様を恋人として扱う攻様の真意とは!?

間之先生の既刊『ランチの王子様』でスピンオフで、前作で受様の友人
である不動産会社専務と彼に恋する大学生のラブコメディになります♪

既刊カプも客演していますが、単巻でも問題なく読めると思います。

大好きだった初恋のお兄さんとルームシェアすることになった受様は
慣れないながらも2人の暮らしを快適にしようと頑張りますが、最初は
試行錯誤の連続で失敗したり、失敗したり、失敗したり(笑)です。

攻様はそんな受様の一生懸命をちゃんと知っていてくれ、さりげなくフ
ォローと褒め言葉を忘れないいい男なのですね♪ これでは受様が惚れな
い訳がなく、一生懸命に頑張る受様は攻様にとっても可愛すぎる相手と
なっていたのです。

そんなところに受様が転落事故で記憶を失うという事件が起こり、ちょ
っとした誤解がもとで2人は「恋人同士」ということになるのです。そ
してラブラブ甘々な暮らしが始まるのですが、受様の記憶は以外にも
あっさりと戻ってしまうのです。

しかし、恋人として受様を甘やかし放題の攻様に、受様はなかなか思い
出したとは打ち明けらません。そんな受様が攻様との恋を実らせるまで、
ハラハラ&ドキドキしつつたいへん楽しく読ませて頂きました (^O^)/

同居当初は攻様に慣れず、家事にも慣れず、カチンコチンながらも攻様
の役に立とうと一生懸命に頑張る受様が可愛すぎるし、攻様への好意が
見え隠れ状態では、目が離せなくなるのはもう必然ですよね。

受様の記憶喪失が2人の関係を変える起点となるわけですが、記憶が戻っ
ても攻様に言い出せない受様のグルグル、記憶が戻ったのてはと受様に
指摘できない攻様のジレジレがとても面白かったです。

攻様が無自覚に自分を煽る受様を「必殺理性破壊人」と名付けて、理性
崩壊ぐっと耐えているのもすごく可笑しくてツボでした♡

今回は同居繋がりで間之さんの既刊『嘘つき溺愛ダーリン』をおススメ
です。こちらは偽恋人を装うための同居になります。

2

かわいい爆弾に被弾しました。

 間之先生の溺愛モノなら読まねば!!と楽しみにしていました。
受け様のかわいい爆弾に攻め様と一緒にやられましたです。

 受け様である満希は大学1年生。
1人暮らしのいい物件が見付かるまで、と期間限定でルームシェアをすることになり、そのシェアの相手が攻め様である不動産屋さん勤務の啓吾。
満希と啓吾はご近所さんで昔馴染み。
 満希にとっては初恋の王子様でもあって、啓吾の大学進学で会う事はなくなり10年ぶりの再会になります。

 10年ぶりに会った啓吾の大らかさ、優しさにもう一度惚れ直してしまう満希なのですが、その動揺っぷりがいちいちかわいい。
啓吾の寝起き姿に動揺して落ち着く為にカップスープの原材料を熟読とか、啓吾の笑顔にドキドキしすぎて、もっと出し惜しみしてくれなきゃ、なんて思ったりとか。
啓吾のお母さんが経営してる不動産屋さんのマスコット猫であるオリオンとのやりとりは、かわいくって笑っちゃいました。
 この最初の方の、好きな気持ちを出さないよう気をつけてる満希は、そのかわいさが微笑ましくて私もにこにこになりながら読んでました。

 
 不動産屋さんでのバイト中に事故で記憶喪失になってしまう満希。
啓吾を見て胸が高鳴って、スマホの写真データは啓吾ばっかりで、「もしかして僕たち恋人ですか?」と満希が聞いて、啓吾が「恋人として扱うよ」とした事から、2人のルームシェアじゃなく同棲が始まるのですが、こっからの啓吾の溺愛ぶりがはなまるでした。

 そしてまた、好きな気持ちを隠さなくていい、と、とっても素直に大好きのかわいい爆弾を炸裂させる満希。
 啓吾の理性や忍耐力を何度も破壊しそうなかわいい爆弾が、あちこちに散りばめられていて、いやー、楽しいわー。

 でも、かわいいだけではなく、相手の相容れないような事も、初めから拒否しないでまずはトライしてみる。
知ろうとする姿勢の大切さ、相手への尊重を忘れずに、という2人の丁寧な姿勢もとても好きでした。

 
 そしてそして、あーちゃん2016様がおっしゃってましたが、小椋ムク先生のイラストのとある1ページ、私も大好きです。
図らずも彼シャツ姿になっている満希の姿に、口に手を当てて目をまん丸にして凝視している啓吾。
かわいくって楽しくって、先生、ありがとうございますと叫びたいです。
 


 

 

2

タイトル通り甘々


初恋の兄の友人と10年ぶりに再会、ルームシェアを経て恋仲になる話。


実家から通学範囲内とはいえちょっと遠い大学生に進学することになった満希(受け)は昔近所に住んでた初恋の人啓吾(攻め)とルームシェアすることになります。
10年ぶりにあう啓吾はやっぱりかっこよくて、好きな気持ちが再燃してしまいます。
満希は少しでも役に立とうと慣れない家事をがんばったり、週末には近所案内という口実のデートをしたり、同居生活を楽しむのです。
が、バイト中の事故で満希が記憶喪失になってしまったため、そんな二人の関係が崩れてしまいます。
自分の名前すら忘れてしまった満希は、それでも啓吾を一目見てそわそわし、携帯の写真の内容から自分は啓吾が好きだったんじゃないかと推測し、恋人だったのかと質問するのです。
それを聞いた啓吾が恋人だと言ったことで、二人は記憶がないながらも恋人同士として同居している家に帰ります。

結局次の日には記憶が戻ってしまうのですが、恋人関係が終わるのを惜しんだ満希が記憶喪失のふりを続けてしまいます。

啓吾は優しいからこんなことをしてくれてると勘違いしたことから話がややこしくなってしまいましたが、啓吾には速攻バレてるんですよね。
読んでる最中もこんなこと言ったらバレるんじゃないかといったことが時々あったのでネタバレがあった時はやっぱりなという感じででした。

でも、啓吾は最初から終始溺愛でした。可愛いを連発し、特に記憶喪失以降は甘やかし倒していました。
とっとと真実をいっていたら、すぐに本当の両思いになったのに遠回りしてしまったものです。


今作は「ランチの王子さま」の関連作品ですが、読んでいなくても大丈夫です。
前作カップルは登場しますが、前作の内容は引きずっていないので、 読んでいれば前作で話に出てきた友人が啓吾なのかと思うくらいです。
前作のように嫌がらせをしてくる人はいませんし、満希が勝手にワタワタ切なくなっている感じなので、読んでいるこちらはそれほど切なくありません。
そうと知らずに甘やかされ勝手に切なくなっている満希の長い初恋が実って本当に良かった。

1

必殺理性破壊人

先生買い。「ランチの王子様」のカプが冒頭少し出ていましたが、前作未読でも問題なく読めると思います。とにかく甘い!!!!甘い!!!!後半、ちょっと甘さに飽いたかなと思ったので萌にしましたが、ドタバタしていない「ぷくく」と笑えるお話がお好きな方でしたら是非。69Pの挿絵がこの本全体の雰囲気を現してるのではないかなと思います。その挿絵めっちゃ好きなので、見てほしいなあ・・・

進学が決まった大学は通学に1.5時間もかかるため、どうすっかなーと考えていたところ、10歳年上の幼馴染と期間限定でルームシェアすることになった満希(みつき)。幼い頃の憧れのお兄さんと一緒に暮らせて、慣れない料理を頑張ったり、彼の不動産屋さんでバイトしたり楽しんでいたのですが、ある日点検にいった物件のベランダごと下に落っこちて記憶を失ってしまい・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
ランチの王子様のカプ(冒頭のみ)、攻め母、不動産屋の看板猫オリオンぐらいだったのでは。

++好きだったところ

受けが所謂、無自覚な煽り天使。攻めは「必殺理性破壊人」と命名していました。多分めちゃくちゃ可愛いルックスなんだと思うのですが、それを強調した書きっぷりはあまり感じられず、ただ攻めが鼻血ぶーな勢いで色々我慢しているというところが多いです。(それでこっちはひたすら笑う)

いやそりゃ、可愛いなあと思っている年下の子からね、記憶無くした後に誤解で「恋人だったりします・・・?」なんて聞かれたら、そりゃいくでしょ、いっていいです。口説き落としさえすれば、きっかけは何だっていいじゃん!と、まあアレやコレや誑し能力100万馬力で、仮の恋人を必死に甘やかしてました。ああ楽しい。
69Pの挿絵は、受けが彼シャツ姿なのを見て、攻めが目を真ん丸+口を手で隠しているコメディよりの絵です。ムク先生の挿絵でこういうテイストって、あまり見た記憶が無かったのでめっちゃ嬉しかったです!大好きな一枚♡

途中、受けが記憶を取り戻してからのぐるぐるがちょっと長い?いやでも必要だし?と悩んでしまいましたが、全体を通して攻めのでろ甘攻撃がとても可笑しかった一冊でした。間之先生、やっぱり好き!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う