流浪の月

rurou no tsuki

流浪の月
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
18
評価数
5
平均
3.8 / 5
神率
60%
著者
凪良ゆう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
東京創元社
レーベル
発売日
価格
ISBN
9784488028022

あらすじ

幼い頃、家に帰りたくなくて、公園で声をかけてきた青年についていった更紗。自由にそして安全に過ごさせてもらったけれども、更紗の声は届かず、それは青年の罪となる。大人になっても更紗は「誘拐事件の被害女児」という事実を消すことができずにいたが、ある日恋人から実家に行く話をされて・・。

表題作流浪の月

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

読後感

先生買い、非BL本。どんなお話だろう?と全く予備知識なく読んだのですが「せっかくの善意を私は捨てていく。そんなものでは私はかけらも救われない」という帯のまんまでした。すごかった。ブルっとすると言えばいいのかな。ただ読後、どうしてもやるせない気持ちになるので萌どまりにしました。女子が主人公でも大丈夫、かつ正解のない、シリアスよりのお話が好きな方限定で超絶おススメです。凪良先生だもの、心情描写がすごいんですってば。めでたく重版かかったそうですので、是非。

気が向けば綺麗なカクテルを家であおり、自由に生きている母。仲良く親子3人で暮らしていましたが、父が亡くなり、母もある日いなくなり、更紗は母方の伯母の家に引き取られます。伯母の家はごく普通の家庭で、晩御飯がアイスなんてことは絶対なくって、更紗はちょっと窮屈。家に帰りたくないという思いは少しずつ積り、公園でよく見かけていた青年に、とうとうついて行ってしまいます。青年は堅苦しい家で育ったようで、自由奔放な更紗はどんどん青年の生活スタイルを解放していき・・・と続きます。

登場人物は
更紗(♀)10歳~。母に似て自由奔放な考えをする。
文(♂)公園で小さい女の子をよく眺めている青年。
亮(♂)更紗の恋人。実家に更紗を連れていきたいと言う。
伯母の家族、その他大人になった更紗の勤め先の同僚複数、同僚の子供(♀、この子は正しい)、文さんの恋人(♀)ぐらいかな。

**以下もうちょっとネタバレ

更紗と出かけた動物園で、文は誘拐犯として逮捕され、更紗は伯母の家族に対して自らを解放して施設行き。(良かった、ここで解放できて・・)高校卒業後、勤めだした更紗は、亮と付き合っているのですが、偶然文がマスターをしているカフェに行ってしまって・・・・というもの。

先生は、私が善いと思っていることは違う人にとっては善い事ではないということを伝えたかったのか、人の数だけ色んな生き方があって、それを横から口出しするなと伝えたかったのか・・・・分からないです。

更紗の選んだ人生は、更紗になりきると「それしかない、それ以外にどんな人生を選べというのか」というもので「良かった。それを選べて良かった」と本当に思います。文も色々回り道したけど「これで良かったんだよ!」とハグしたい。

ただ周りのクズどものその後が納得がいかない。そしてそんな納得いかない世の中である事はとっても良く知っている。勧善懲悪なんて本の中だけ・・・なのに、その本の中まで浸食されて勧善懲悪じゃなかったからツライのかもです。

すぐには消化しきれないお話です。念のため気力体力に余力のある時に読むことをおススメします。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ