「襲った奴の前で気…抜くなよ」お堅い教師は隙だらけ!?

スキだらけのアンタがわるい

suki darake no anta ga warui

スキだらけのアンタがわるい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×218
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
141
評価数
37
平均
3.9 / 5
神率
24.3%
著者
秋久テオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
デイジーコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784815550332

あらすじ

他人とは一線を引いておきたい社会科教師の笹川は、同じタイミングで赴任してきた数学教師、村上の馴れ馴れしさに苦手意識を感じていた。
そんな二人の歓迎会後、帰ろうとした所に村上からサシ飲みの誘いが。強引に押し切られてしまい、思ったよりも飲み過ぎた…なんて、時すでに遅し。笹川の唇は、村上にうばわれて――…?

キスから始まるイケメン教師二人の意地と素直が交差する焦れキュンBL!

表題作スキだらけのアンタがわるい

村上隆弘 数学教師
笹川まこと 社会科教師

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数5

スキだらけで挙動不審なテンパリ屋さん

こーれーはーーーー。

入り込めませんでした。

『ギャングの飼い方』がストーリーも作画も良かったので作家買いしたのですが、作画がだいぶ違う。
ストーリー展開や会話に不自然さがあったり、登場人物の感情の起伏がジェットコースターだったり、言葉の誤用があったりすると気になって、引っかかって、結果、ただ2人を傍観する読み方になってしまうのですが、この作品、全部当てはまってしまった。

1コマ目から言葉の引っかかりが出現。
教職は「やる」ものではなくて、「就く」もので、敬語にするなら「教職に就かれていた/教師をされていた/なさっていた」なんですよね。
ほんと、細かくてすみません。

この引っかかりのせいなのか、単純に常にテンパって挙動不審な笹川の性格が受け付けなかっただけなのか、萌えなかった…。悲しい。

以下の点に当てはまる方は、もしかしたら萌えない可能性があります。

1) 赤面ソワソワのツンツンは無理
2) 感情の起伏が急すぎると、ついていけなくて引いてしまう
3) 急に大声で叫び出すキャラを愛せない
4) 赤面ソワソワツンツンの挙動不審は、恥ずかしすぎて見ているのがつらい
5) 「いつ好きになったの!?」という急展開はちょっと…

そんなわたしも村上が職員会議の時間を知らせに来た辺りまでは、楽しく読んでいました。
だけど村上がいきなり笹川の耳元で流れ的に自然じゃない台詞を囁いた瞬間、「あー、言わせたい台詞を言わせちゃったんだ…」と、冷めてしまったんだなあ。
その後は「こういう台詞を言わせたい」というシーンをつなぎ合わせたような不自然さが気になってしまって、熱が戻りませんでした。

粗探しだらけのワタシがわるい。
ごもっともです。

0

スキだらけのアンタがわるい

甘々でした
バイ×ノンケのお話
ノンケが最初毛嫌いしてる感もあったけど絆されたというより、真剣さに惹かれた感じが好きです
くっついてからのイチャイチャも見られて満足

テオ先生の描かれる男性は体格がとても良くてエッチのときは攻めはカッコよくて受けは色っぽくて素敵です
今作も良かった

修学旅行の下見や自宅火事など、盛りだくさんのわりにすっきりまとまっていてそういう意味では少し寂しかったかも
けど身体の関係が前に来てる感じもあって、気持ちの確認が毎回ストレートできゅんきゅんしました

0

犬猿からの

◾︎村上(数学)×笹川(社会) 高校教師
「リングアドルチェ」で個人的な理由で(当て馬役に惹かれちゃって)ハマれなかったけれど絵柄は好きだったのでこちらを。ただ、こっちもいきなりのキスか〜〜〜それだけでスタート挫かれてしまう。だって、暴力ですよそれっていう。

村上がゲイと言われて過剰にバイと否定するのも、最初と次ぐらいはいいけど、ちょっとしつこくて嫌になっちゃって。堅苦しく考えすぎですね、すみません。

笹川が柔らかくなって、村上を受け入れ始めてから、もう少し素直に読めました。笹川先生が可愛くて、村上先生と同じように一喜一憂してしまう。
後半の甘々イチャラブはエッチで、笹川先生がとろっとろ。絵が綺麗で、こういう作品を読みたいときにぴったり。描き下ろしのプレイもストライクでした。

序盤のソレと、中盤の無理やり気味な火事がなければ萌2をつけたいのですが…

1

まじスキだらけ

ちょ・・・笹川先生。マジでスキだらけ。そのくせ攻め込まれたらキレるという・・・タチの悪さ(笑)
キレるんだけど・・・その後はっきりと拒否できない自分に戸惑ってくの可愛かった!ふふふ♡

一方、村上先生は最初から攻めの姿勢なのカッコイイし、でも、いざ笹川先生が戸惑ったり混乱したり自分の気持ちを整理できなくなってしまったら、じっくり待とうとするのもこれまたカッコよかった!!

初セックスの翌朝の笹川先生の笑顔は最高でした♪きゃっわいぃぃ!

2

バイ×ノンケの同僚ラブ

作家買いです!
こんなイケメン教師が同じ時期に同じ学校に赴任してくる?
いや、ない‼︎というお話です(笑)

数学教師でバイの村上がノンケの社会科教師・笹川に惚れてアタックしたのち、笹川が絆されていく……という展開です。

言ってしまえばありがち……という感じです^^;
理系と文系なのでそれが性格に現れているか?
というと、そういうわけではないです。
多分、教師じゃなくても成り立つ話だと思います。
そこが少し残念でしたね……

キャラとしては、村上が人懐こい大型ワンコで、
笹川は無自覚に翻弄する美人です。
タイプが違うので、初めは反発しています。

酔ってキスしてきた村上に対し、
後日〝気持ち悪い〟という罵声を浴びせる笹川……
それは言っちゃいけないよ!てなわけで口論になるのですが、
その言い合いが楽しくてケンカップルになるのかな?
と期待しましたが、ちょっと違った……

絆された後の笹川が村上にメロメロって感じで、
もう少し雄々しくいて欲しかったというのが正直な所でした。
その分、Hは甘々で笹川の表情がトロけてましたね。

トラブルも当て馬もなく、純粋に2人のラブストーリーです。
ちょっと笹川がチョロ過ぎたかなぁ〜
でもまぁ、普通に面白かったですよ^^;

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う