小説

  • 新米シェフは、異世界で偏食王子に愛される

新米シェフは、異世界で偏食王子に愛される

shinmai chef wa isekai de henshokuouji ni aisareru

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作新米シェフは、異世界で偏食王子に愛される

ヒース・アル・デ・ファールダン、王子
荒川桃太、新米シェフ、23

同時収録作品カリスマシェフは、異世界でゴージャス王子に愛される

アルフォンス・デ・ラ・ロラン、オーク国王子
長谷川怜、カリスマシェフ、29歳

あらすじ

「よい匂いがする・・・・なんて美味な唇だ」
新米シェフの桃太は不思議な声にひかれ、勤めているフレンチレストランの開かずのドアを開けてみたら知らない世界に転移し、湖の中に落ちてしまった。そんな桃太を助け、人口呼吸までしてくれたのは銀髪の端正な王子ヒースだった。思いの他桃太の唇の味が気に入ったヒースのキスはじょじょに深まり濃厚なエロさで桃太の口内を蹂躙して・・。

作品情報

作品名
新米シェフは、異世界で偏食王子に愛される
著者
墨谷佐和 
イラスト
森原八鹿 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
レーベル
セシル文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784774761534
2.5

(4)

(0)

萌々

(1)

(1)

中立

(1)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
2
得点
8
評価数
4
平均
2.5 / 5
神率
0%

レビュー投稿数2

異世界の食材で

ナルニア国物語風のBL版。面白かった。

荒川 桃太:23才 小柄で童顔の新米 シェフ 
6才年上の従兄弟、長谷川 怜のレストランで勤務中に、
厨房のドアから異世界へ移転

長谷川 怜:29才 華やかな美形でバイ、有名な凄腕シェフ。
『 プティ・シャンブル』を経営

アルフォンス・デ・ラ・ロラン(ヒース):オーク国王子 星読みの神子
偏食で、塩を振った肉と酒しか胃に入れない
幼少時、毒殺未遂事件があった


異世界に転移した桃太を「モモ」と呼び、客人待遇で守るヒース
ヒースは、妖精たちに尋ねて、桃太を元の世界に戻すと約束。

桃太は、おいしいものを作って、ヒースの偏食を治してあげたいと思い付き
異世界にある食材で様々な料理を作りだす。
オムレツ風等、色々な料理が登場して、
・・・バターの香りを想像したり、読んでいるだけでも幸せ。

0

オムレツ食べたいー!

お料理系だなと思って購入。王道ですが銀髪ロン毛王子のビジュアルが好きなのとお料理記載が美味しそうだったので萌にしました。本編240P+サブカプのお話30P弱+あとがき。お料理好きさんだったら面白いかも。

勤め先であるレストランのパントリーで片づけをしていた桃太。木箱の裏から現れた開かずのドアの向こうから「美味いものを食べさせてくれ」という声が聞こえたように思ってノブに手をかけると、なぜか開いて、異世界トリップ。足を滑らせて落っこちた湖から助けてくれたのはキラキライケメンで・・・と続きます。王道。

**内容に触れる感想

オムレツがキーアイテムで出てくるのですが、それが美味しそうだった・・異世界トリップ後にいただく各種お料理も、王子に供されているものと同じものなんで基本ゴージャス!食材の名前も全部異世界仕様で、料理人だから「ゴモ?=豚かな?」とか「サレ、あ、岩塩!」などと色々考えて美味しそうに食べてくれて、読んでいると楽しかったです!(食欲も湧くのが難点)なのでお料理好きな方には楽しいと思いました。

お話は異世界トリップの王道、そしてメインカプ以外に、もう1組、サブカプが出てきて、そっちはまた性格が異なる二人でお話に変化ついて良いのでは?と思います。

攻めはビジュアルさいこー!品の良い王子様なんですが、国民の事を考えて云々というよりかは、トラウマにより食べることがなかなか難しくなっている偏食ちゃんという印象。受けは元気なお料理大好きっこさん(健気、儚げという感じはない)という印象でした。

異世界と行き来できちゃうようになりそうなのが、どうだろう?という気もしますが、お料理の記載(特にキーアイテムになるオムレツ!ベリーソースらしいんです!!!)がとにかく良かったです!食べてみたいーーーー!

3

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP