執着ボイス

shuchaku voice

執着ボイス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
35
評価数
9
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
桜庭ちどり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784832291225

あらすじ

学生時代から片思いしていた男の結婚式当日。
その光景に気分が悪くなってしまった有馬皇
男とよく似た従兄弟だという歯科医・晃臣に介抱される。
優しく紳士的な晃臣と付き合えば彼を忘れられると思った。
しかし、晃臣の優しさは全て皇を手に入れるための策略だった──!
晃臣にハメ撮り動画で脅されると逃げ出すこともできず…。
重く激しい愛に満たされる──新たな「ボイス」シリーズ最新作。
描き下ろしつき。

表題作執着ボイス

桐谷晃臣・歯科医
有馬皇・声優

その他の収録作品

  • あとがき
  • 執着のそのあと(描き下ろし)
  • カバー下:キャララフ

レビュー投稿数5

今までと違うボイスシリーズ!!

声優の恋愛を描いているボイスシリーズ。
基本声優×声優で、声優業界を中心に派生カップルなど様々なカップリングが楽しめて、毎回楽しみにしていました。

今作は、歯科医×元ヤン声優ということでしたが、特に職業は関係ありませんでした。
歯科医でも、声優でもある必要は無いのかな?と思いました。
毎回シリーズのキャラが絡んできますが、今回はモブキャラのような感じでした。

ボイスシリーズとは別物だと思えば楽しめるかと思います。私はボイスシリーズが好きだったので厳しめな評価になってしまいました。

0

普段のシリーズとはひと味違う

ボイスシリーズは全部買ってるので、今回もばっちり購入。いつものと装丁が違う……。見返しで普段とはテイストが違うという情報を得て読み始めると……。
桜庭先生の新境地がそこにありましたね……!!!

桜庭先生は安定した甘さ可愛さがあって、安心して読める作家さん、という認識だったのですが、こういうのをお描きになられても最高なんですね!!!の気持ち……!!!

執着攻め……好きなんですが、自分の中のストライクゾーンが狭いのか、ちょうど良く刺さる攻めというのにはなかなか巡り会えないのですが、今作の攻めさんは本当に良かった……!!
そしてそれ以上に最高だったのが、受けの方が前の恋を吹っ切り、攻めに対して本気になってからあらわになる執着……!!!あんなに焦がれていた前に好きだった人相手にさえ、冷たい態度を取れてしまうほどの変化……。ゾクゾクしましたね!!!
お互いに溺れ求め合う相互的な執着がここまではっきり描かれた作品はこれまで読んだことが無かった気がするので、大変に満足でした。

兎にも角にも、ますます桜庭先生のファンになってしまいました〜〜〜!!!
なお、これまでのボイスシリーズのキャラとの絡みはほぼ無い感じです。声優要素も薄めですので、その辺りを期待される方にはどうかな……?というのはありますね。

0

ボイスシリーズあまり関係ない…ような

ボイスシリーズ最新作はあまり声優というお仕事は関係なく
(メインではないというべきか)
今まではスピンオフ色が強かったですが
今回は他の声優たちとの絡みも少なかったので
シリーズとしては……ですが作品としては面白かった

帯にある『妄執歯科医×元ヤン声優』に惹かれ購入
元ヤンいうけどそんな感じがしないのは
先生の絵柄のおかげでしょうか。美しい受でした

そして妄執歯科医の妄執執着っぷりがとてもいい
受を手に入れるためなら…という執着と
優しい表情から一転してスッと醒めた表情になるのがゾクゾクします。豹変具合が最高

甘さは少ないですが、からさ加減がとてもいい作品です

0

執着×執着

(評価は★3.5、萌え×2寄りです)

ん?ボイスシリーズにする必要あった…?
脇役で澤さんがちょこ~と出てただけだし、
あまり声優と関係ない気が…(;´Д`)

シリーズ7作目ですが既刊と全く雰囲気違いますし
関連もほぼないと言って良いほどなので単体で楽しめます。
シリーズの甘々路線とは違うCPで新鮮でした。

本作は執着をメインに据え
個人的に萌えに刺さる設定ではありました。が。
なぜこの内容でシリーズ最新作と明記した!?という疑問と、
1カ所 附に落ちない点があってどうにも引っかかる;

すっごい面白かった!新鮮だった!って感想と
うーん?なんかスッキリしないな…って感想がごっちゃになってますm(_ _)m


さてさて。お話はあらすじどおり。
受け:有馬は学生時代に優しくしてくれた先輩(誠二)に片想いをしていました。
片想いというより行きすぎた執着心を抱え、誠二から断ち切られてしまいます。
数年経ち何事もなかったかのように結婚式に呼ばれ、苦しい気持ちを抱えた有馬。
その時、誠二の従兄弟・晃臣と出会います。

攻め:晃臣は歯科医で穏やかな雰囲気を纏う男。
朗らかで優しくて、有馬は次第に心許すようになります。

しかし初めて抱かれた夜、晃臣が豹変してーーーと展開します。


晃臣の豹変っぷりがすごかったし
安パイな優男が悪い雄の顔になって口調が変わるギャップが良き…!!
かなりドキュンズキュンで萌えました∑(゚◇゚///)ドキュ-ン

が。あれ????てなる。

晃臣は元々は地味な男だったんですね。
確かに回想シーンでは優しい雰囲気でした。
有馬に一目惚れして激しい執着心を抱えるようになり、
次第に性格が変わっていったらしいんですが…
口調も表情もそんなに変わるの??と疑問が掠める。

これがね、誠二が荒っぽい性格で
誠二に似せようとして変わっていったなら理解出来ます。
でも誠二はホワワンとした王子様系のキャラで、
晃臣の地味なときのほうが性格や表情がより似てる。
有馬に好かれたいなら性格変える必要ある…?と思っちゃったのですよ(;´Д`)

もしくは元々荒っぽい性格だったのを
誠二に似せて優男を作っていたのならシックリくる。

私はキャラが豹変した部分が理解出来なくて違和感しか感じませんでした;
(読み込みが甘いかもです;すみません;)

根幹に違和感を感じてしまいモヤモヤするんですが、
それを深く考えずにスルーしてしまえば面白かったですヾ(*´∀`*)ノ

執着×執着カップルでエロがたっぷりだし
相手にとことん堕ちてくのにゾクゾクするのですよ///
なんかあったら刺し違えそうな勢いの堕ちな気がする。
これが萌えにきました(∩´///`∩)

あと誠二が目の前にいようがお構いなしにセックスを続けるシチュ…!
誠二に見せつけるように有馬を犯す晃臣のサイコみもさることながら、
セックスしている有馬に「久しぶりだね!」と笑顔で話しかける誠二のヤバさも大概というw

有馬の片想いも萌えますねー。
個人的にフラれた相手の結婚式に参加するシチュに弱いので
吐くほど弱ってる有馬に切なキュンでした(;ω;)
有馬が誠二に執着してた理由は説得力があるから余計に切ない。

単体読みなら良いですがシリーズとしての楽しさはなかったです。
花音さん最近シリーズで迷走してる感が強いなぁ…。

3

実は溺愛攻めの溺愛受け

病的なほどの執着と束縛、独占欲あふれる作品です。
シリーズものですが、未読でも問題なく楽しめます。

皇は学生時に強い執着を持った片想いの相手・誠二の結婚式で、
誠二によく似た従兄弟の晃臣と出会います。
晃臣の優しい雰囲気に惹かれ、抱かれる皇ですが、
晃臣の態度が一転しーー…!


全ては晃臣の策略でした!
演劇サークルでみかけた皇にのめり込み、執着していった晃臣。
誠二が結婚したのも、式に呼ばれたのも、晃臣との出会いも、
全て晃臣によって仕組まれ事だったのです。
優しくて親切な雰囲気から、
ガラっと変わった晃臣の印象にビックリ(๑°⌓°๑)
優男だと思ったらとんだサイコ野郎だったという……
ハメ撮りで皇を脅し、無理やり同居させて束縛する。
誠二を呼び出して二人のセックスを見せる。
やりたい放題の晃臣には不信感しか持てなかったけど、
皇のことは大切にしているのは伝わりました。

そんな晃臣に反発しながらも、満たされていく皇。
次第に懐いていく様子が可愛いし、
なにより皇だけを甘やかす晃臣に萌えてしまいました♡
サイコ野郎だと思っていたのに、わかりやすい愛情を与えてくれる晃臣にキュンとしちゃいます(´>///<`)

誠二と決別して次第に晃臣に嵌ってていく皇は、
やっぱり執着気質なんだと思います。
晃臣を繋ぎ止めておきたくて身体を求め、差し出し、
自己犠牲さえも厭わないという皇の執着がやっぱりすごい。
そして、それは晃臣も同じでーーという、似たもの同士。

一人を手に入れたかった皇と、一人に必要とされたかった晃臣。
執着し合って満たし合う共依存の関係ですが、
この二人にはちゃんと愛を感じました。
どっちも攻めていて、そこでパワーバランスが保たれている不思議な関係です。
離れられない関係ってこういうのを言うんでしょうね。

で、この作品で何より怖かったのは執着や束縛じゃなくて、
誠二の態度ーー…
二人のセックスをみても全く動揺せず、
過去に拒絶した相手に対して〝会いたかったよ〟って……
実は、コイツが一番のサイコ野郎なのかも(||>д<)

本編のシリアスな雰囲気と変わって、描き下ろしの晃臣にピッタリくっついて離れない皇は可愛かったし、ツンデフォの〝好き〟に激萌え♡


シーモア 修正は白抜き



3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う