異分子と異分子は、惹かれあってひとつになる。

アウトサイダー・コミュニケーション

outsider communication

アウトサイダー・コミュニケーション
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×212
  • 萌17
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
137
評価数
40
平均
3.5 / 5
神率
17.5%
著者
ツノナツメ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リイド社
レーベル
SPコミックス mimosa
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784845855797

あらすじ

不真面目な同級生とつるんでいる高校生の関は、優等生の岩代に校則違反のアルバイトをしていることがバレてしまう。

今まで一切交流がなかった岩代と言い合いになり、振り払おうとした反動で彼を階段から落としてしまった関。

捻挫した岩代を不本意ながら手助けする中で、正反対の存在だった二人は一緒に過ごす時間が増えていく。

岩代の真面目さと素直さに戸惑う関だったが、徐々に隣にいることに慣れていき――

表題作アウトサイダー・コミュニケーション

岩代弓弦,高校生
関 陵司,高校生

その他の収録作品

  • その後の二人(描き下ろし)
  • カバー下イラスト

レビュー投稿数4

ちょっと物足りない感が残ってしまった

表紙がカッコよくて期待して読みましたが、
うーん……あっさり。
簡単に言うと、不良×優等生のお話で、
それ以上でもそれ以下でもなかったかな。


高校では不真面目な生徒たちとつるんでいる関。
ひょんなことから知り合った優等生・岩代に怪我をさせてしまいーー…

正反対の二人が次第に惹かれ合っていく想像通りの流れ。
ありきたりで、特に面白味はなかったです。
特に、岩代が〝火星人〟と言われているだけあって、
かなりつかみどころのないキャラで、少し戸惑いました。
無表情で生真面目だし融通が効かない。
それでいて、言葉の表現は正直でストレート。
正直、もう少しギャップがあってもよかったかな……
ほとんど笑顔がなかったので、そこがかなり残念でしたね。
対する関は、悪ぶってるけど実は優しい子で絆されやすい。
岩代に遠慮なくグイグイ距離を詰められて、
押し負けちゃったって感じかな^^;
そして、まさかの?受けでした!

関が原因で怪我した岩代の世話をするうち、
一緒にいることで居心地が良くなっていく二人。
いつしか岩代に欲望と独占欲が生まれーーと展開していきます。
兜合わせだけで終わる本編ですが、描き下ろしで初Hでした♡
エロシーンの関の表情が色っぽい(〃ω〃)

なんでここまで惹かれ合ったのかあまり理解できず、
意味深な脇キャラだった関の友達や岩代の兄もいい仕事はしてくれなかったかな……

シーモア 修正は白抜き
シーモア限定の『衣装交換』イラストが一番萌えた^^


4

高校生はふとした機会に。

見た目も、考え方、行動、友達も、成績も。
全く違う2人。
なかなか、接点ないですよね。どちらかが、意図的に近づいて行かない限りは友人関係に向くのは難しい。
だけど、どちらかが興味を持つとバランスは変わっていくわけです。
優等生と見た目不良っぽい子のお話です。

これは、じわじわ~っと距離感が変わっていくんですけど、何せ優等生の岩代が面白い。

どちらかと云うと見た目より、考え方は不良っぽい関の方が常識的な気もします。とはいえ、それは互いと言う宇宙を、近くても知らないからです。
どちらにも、それぞれの考え方の宇宙が有ってしかり。
火星人なんて呼ばれる岩代の、不思議な距離感が一緒に過ごすうちに落ち着くし、嫌悪感もない。岩代と関の関係が変わっていくのは面白かったです。
ただ、関がつるんでいる友達2名。いつ不穏な動きをするのか、どきどき(ちょっと期待してた…)しましたが拍子抜けするくらいモブだったんですよね~!個人的には、もう少し絡んでくれたら面白かった気がします。

岩代が関に触りたくなって仕方ない。関も、意外とゆるりと受け入れていくんです。
関、絆され流されてますよ…

岩代のお兄さんが、結構面白そうなキャラだったのです。お兄さん、もっと登場して欲しかったなあ~!お兄さんの隠れ設定とか、気になりました。

アウトサイダー。
部外者、考えが違う人。
全く違う2人の出会いから、恋(なのかな?)に変わるまで。じわじわ近づく2人を確認してみてくださいね~

4

BL版「町田くんの○界」的

「その真面目すぎんのどうにかしろよ」
「関は赤点をどうにかしなよ」

自分とは違う人間や新しい感情に出会い興味を持つお話が好きなのでとても面白かったです。「コレBLになるのか…?まぁならなくても面白いから良いけど」と思いながら読み進めましたが、後半BLになりました。

やりたいことや欲しいものがなかった優等生(火星人と呼ばれている)岩代が、関のピアスや髪、鎖骨に興味をもち、知らなかった物事にグイグイ惹かれていく。この、好きってどういうことなのかという問いはまるで名作町田くんのお話のようです。
ぶっきらぼうだけど芯のある関は、自分が不良で下らないやつと見られることには慣れているが、岩代の好奇心(好意)が絡むストレートな言動にタジタジ。
服装にしても白黒のコントラストにしても、両極端にいる2人の交流は面白いです。
岩代の影響で勉強をしだす関の変化も自然(友達に教科書の詰まった鞄の中を揶揄われ、「筋トレ代わり」) でいい。

岩代の規律にブレない所などはコメディタッチのようでそうでないようなニュアンスが面白く、癖になります。ドラマや映画を見ているような、盛りすぎない漫画的表現がアッサリしていて読みやすく好感が持てるのだけど、欲を言えば台詞とキャラの表情以外の描き込みが乏しく、もっと表現演出が欲しかったです。そして表紙絵のクオリティで全編読みたい。

表紙に惹かれて立読みし購入しましたが読んで良かったです。
表紙デザインとキャッチコピー抜群に好きです。

2

火星人×常識人

作家買いです。


変わり者の岩代は火星人と呼ばれていますが、本当に火星人でした。これは優等生と言うよりもロボットとか異星人タイプ。

一方見た目も派手で掃除当番もサボっちゃう不良な関ですが、バイトでは真面目だし後々行事にも参加し期末テストで平均超えするようになるので、根は素直で真面目な良い子に思います。
そして火星人をツッコミつつも受け止める懐の深い男です笑。


帯に"異分子と異分子は惹かれあって"とありますが個人的には異分子は岩代だけかなと思います。

お話自体大きな衝突もなく淡々と進みハッピーエンドなので気負わず読める作品かなと。


本作で辛いのはルーズリーフの呪いにかかってしまったことです…
岩代が関の耳をルーズリーフみたいと言うのですが、その瞬間カッコいいピアスがルーズリーフにしか見えなくなってしまいました…
これからどんなカッコいいキャラを見ても同じようなピアスをしていたらルーズリーフにしか見えないです…笑っちゃう…

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う