コミック

  • 兄弟制度のあるヤンキー学園で、今日も契りを迫られてます

兄弟制度のあるヤンキー学園で、今日も契りを迫られてます

kyoudaiseido no aru yankee gakuen de kyo mo chigiri wo semararetemasu

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作兄弟制度のあるヤンキー学園で、今日も契りを迫られてます

本堂勇緋,聖ブロマンス学園3年生
黒須叶,聖ブロマンス学園1年生

その他の収録作品

  • 描き下ろしオマケ漫画(3P)

あらすじ

お嬢様学校に姉妹制度があるようにヤンキー男子校にも兄弟制度があった。〝兄弟の契り〟ーー。それには本来の意味とは別の、エッチな意味も存在した。兄弟制度に興味のない本堂だったが、新入生の黒須に「俺の兄貴になってくださいーー!!」と懇願される。本堂は不覚にも、彼をかわいいと感じてしまい……!?

作品情報

作品名
兄弟制度のあるヤンキー学園で、今日も契りを迫られてます
著者
赤いシラフ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
ISBN
9784253154932
3.8

(122)

(30)

萌々

(55)

(30)

中立

(3)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
22
得点
463
評価数
122
平均
3.8 / 5
神率
24.6%

レビュー投稿数22

面白かった!

お話
兄弟制度がある高校のお話です!
※モブレ未遂がありました。

攻め
兄弟制度に良い印象をもっていない真っ直ぐな高校3年生

受け
兄弟制度に憧れている可愛い顔した高校1年生


圧倒的に好みでした!
攻めカッコイイ…
受けカワイイ…

まとめ
とっても面白かったです!
深く考えずに読めたので楽しかったです。
受けのギャップが大きな特徴だと思います!
“兄弟制度”に何やってるのこの人たちって
思ったら負けです(?)
試し読んでみたらいいかなと思います。
私は大好きです!!
2巻がとても楽しみです!!

P.S.
最近出た作品だと思ったら去年でした…
色んな人に読んで欲しいなと思いました。
電子書籍(DMMブックス)
→白抜きでした。

3

黒須くんの溢れるわんこ感が可愛い^^

‎♡⃛ 6th book review ‎♡⃛

初めて読んだ作者さんです。
内容が濃くアホえろ要素もあり、テンポもいいコメディーテイストのヤンキー学園BLですごく面白かったです!!

本堂さんが強くてかっこよくて、その本堂さんを必死に追いかけてる黒須くんが健気でわんこ感溢れてていてひたすら可愛かったです^^
交際後はバカップルなところも垣間見えて、見てるこっちまでデヘデヘしちゃうくらいイチャイチャしていて尊いです( ¨̮ )♡

1

受けのキャラクター性が好みでした

可愛い見た目をしている黒須が実は喧嘩が強いギャップに萌えました。でも本堂さんが大好きで甘えたがりな可愛い面もあるのがすごくいい。
甘々な中にも刺激のあるストーリーも最高でした。
このカップルには一生幸せでいてほしい。

0

王道なところと斬新なところが

物語の起承転結は王道ラブコメ、各設定が斬新で面白かったです。

ヤンキーばっかりの私立高校、同性が隔離されてる空間だから兄弟制度が盛んで兄弟の契りとして学園内では性行為し放題。
憧れの兄貴を求めて学園に編入してきたメガネのいかにもヘタレ男子な黒須くん、早速ヤンキーに絡まれたところを華麗に助けてくれた本堂に一目惚れ。ワンコのように付きまとう黒須を厄介に思いつつ、メガネを外した顔が予想以上の可愛さ&好みの顔でここから2人の距離が急接近両思いに。
寸止めいちゃいちゃがずっと続きながら最後まで致さないまま途中まで進む感じが王道ラブコメ感。

安心して読める王道に、ところどころで(私に)刺さる要素があるのです。弟分を持つ事に否定的だった本堂は、実は1年の時のトラウマがあったから。とある男と兄弟関係を結んでいて暴力で支配されてたんだって。ちょっとイカれた奴だったか自分と同じ位置に同じピアス穴を沢山開けられたって。(これメチャクチャ良い!)すんごい執着男やん!それを受け入れてた本堂も。

本堂が関西弁なのもよい。
受けも攻めも顔がいい。

んなわけないトンデモ設定ですが、楽しい作品です。
にしても、黒須くん一体何歳なんだろう。実は22歳とか?

DMMブックスで購入
白抜き修正

0

設定が好きです!

百合ではよく見る姉妹制度の設定。ヤンキー男子校設定でまさか兄弟制度とは……。
ちゃんと兄弟で信頼関係的な意味で関係を築いている生徒も中に入るようですが、作品中ほぼほぼ恋人関係として結んでる人しか見かけない。というか、そっち目当ての兄弟はすぐに校内でセックスしだすから目撃されてしまうんだな。
そんな中で本堂は自分が弟の時に暴力を振るわれまくってたので兄弟制度にいい思い出がなく、弟を持つ気はないのですが……危なっかしい黒須を助けたらそこから兄貴になってくださいともうアピールをうけます。
話のテンポが良くて読みやすかったです。
兄弟(仮)になってからはキスを頻繁にするのですが、本堂は色付き眼鏡をつけていて、キスの時には外す仕草があるのと、黒須の口に指を持っていくと黒須が指を舐めたり咥えたりして擬似フェラしているところに興奮しました。
正式に兄弟になってからは契りとしてセックスします。この作品のポイントとしては、本堂は兄貴であった礼央に舌や臍にピアスをつけられているのですが、そのピアスを黒須が舐めまくるのでそういった描写がお好きな方におすすめです。
ですが、えっち自体はそこまで多くないです(兄弟になるのが終盤なので)
黒須の両親(?)お父さんたちの関係もすごく気になりました。
作者さんの初コミックスということですが、読んでよかったと思えたので次回以降にも期待しています!

6

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP