巨人と小人なら、男同士とて孕むかもしれないぞ

巨人族の花嫁

kyojinzoku no hanayome

巨人族の花嫁
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×221
  • 萌16
  • 中立9
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
216
評価数
63
平均
3.6 / 5
神率
23.8%
著者
ITKZ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
彗星社(星雲社)
レーベル
Glanz BL comics
発売日
ISBN
9784434268397

あらすじ

男子校生の晃一は、ある日、自慰の最中に異世界へ召喚されてしまう。
そこはなんと、自分よりも遥かに大きな種族が住まう巨人の国。
さらに目の前に現れた第一王子のカイウスは、晃一を熱っぽく見つめ
「我が花嫁となり、私の子を産んでほしい」とプロポーズしてきて…!?
BL史上、<最大級>のカップリングがついに単行本化!
描きおろしもたっぷり収録。

表題作巨人族の花嫁

カイウス・ラオ・ピステイル,巨人の国タイルダントの第一王子
水樹晃一,高校3年生,異世界に召喚された花嫁

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下漫画・イラスト

レビュー投稿数13

花嫁フィルター外してみたら?

アニメ化で気になってたんです。ようやくまとめて読もうと思いまして。

っていやいや無理でしょ!絶対に無理だって!晃一のお尻と同じくらい大きいよアレ!

いきなり花嫁召喚して、さあ結婚だ子づくりだって、小説では平気でもコミックだと違和感がすごくて。
晃一を小さくて華奢で美しくてってカイウスはあっという間に愛してくれるけど、花嫁フィルターかかってない?

今度は晃一が催淫効果のある毒を飲んでしまって、解毒の実を手に入れに危険な旅に…。
カイウスが月の出ている間は介抱してくれますが、なんかエッチの場面を増量するため?と思いたくなるような、毒を飲む必然性の無さというか…。

失礼なことばかり書いてすみません。

0

陰キャは異世界転生で無双、陽キャは異世界で男に掘られる

ある男性Youtuberがこのアニメをすごく推していたのでアニメ(5分バージョン)を観てみて、原作も気になって読んでみました。
原作はアニメ5分バージョンとストーリはほぼ同じだったと思います(アニメは濡れ場なし)。
陽キャが異世界に召喚されて巨人に掘られるという掴みは良かったですが、それ以外は普通だったので正直、原作まで読まななくてよかった思いました。
掴みと僧侶枠で初めてのBL作品だということ以外は特に目新しいことは発見できませんでした。

0

異世界冒険少年漫画

想像してみてください。

成績優秀なバスケ部キャプテンの晃一(180cm)。
モテるものの、バスケや勉強に忙しくて、告白は断ってばかりで未だ童貞。
両親亡きあと、自分を引き取ってくれた叔母一家に迷惑をかけないように頑張って来た。
部活を引退した日に、自分に告白のようなことをしてきた後輩の女子マネを「デートに誘ってみようかなあ」と思いつつ、自家発電していたら、謎の閃光と共に異世界へ。
隣には怯える後輩女子マネが…。
どうやらオレたち、巨人の国に来ちまったみたいだ…。
でも大丈夫!オレが絶対にユミちゃん(仮)を元の世界に戻してやるよ…ッ!

という少年漫画で、巨人の国の王子と力を合わせて、ユミちゃん(仮)と2人で元の世界へ戻るための冒険が始まる…という作品として、週刊ジャン◯に掲載されそうな作画です。(※実際の作品では、晃一だけが召喚されてます。マネは冒頭部分以外、出てきません)
巨人の国の王子とは友情を育む方向でお願いしたい、そんな作品。

だって考えてみてください。
巨人ですよ。
日本人の平均身長的に人口の7%と言われる180cmの晃一ですら小人。
250cm(公式)の巨人のムスコさん的存在をお尻にINって、拳入れちゃうとか一升瓶とかのレベルじゃなくて、どんなS &Mよりも過酷じゃないですか?
怖い…、ただただ怖い…。
作画が少年漫画のハツラツさに満ち溢れているから、えろすのシーンも怖さが減らない。

巨人の国の王子・カイウスは、「同族と結婚すると国が滅びる」とのお告げで好きだった幼馴染と結ばれず、国のために生きる決意をしてきた人物です。
だから召喚した相手が誰であっても、その人物を娶らなければ!という使命感がある。
カイウスの心情は「小さい、可愛い、好き」と描かれているものの、好きになるスピードがものすごくて、「その好き、本物?」と思ってしまう…。
晃一のために危険を冒す決断をする辺り、本気なのは分かるけど…、萌え難し…。

低評価、しかも辛口で本当に申し訳ないのですが、少年漫画っぽい作画で読むBLに甘さを感じにくい体質の方は、萌え難いかもしれません。
そして脳内で勝手にユミちゃん(仮)を創り出してしまう危険性があるということだけ、お伝えしておきます。

2巻も購入済みなので、萌え探しの旅を続けてきます。

1

最高!!!

巨人族の世界の世界観がしっかりしているので入り込めます!
スパダリ褐色王子攻めが大好物です!コーイチも強気なのに健気で本当に可愛い。。。。

2

体格差あるけど、ちがう、そうじゃない。

私の求める体格差は、『お金がないっ!』みたいなやつであって、これはちがう。そうじゃないんだ……!
ある意味、こういう体格差は新しい。二人ともむきむきしてる。
だって、受が180cmあるんだもんね。その180cmある巨体との体格差って、よくぞ描けた!あっぱれ!って言いたくなるほど、よく描けてる。
攻も250cm(公式)だしな。
180cmの受で、体格差描こうってよく思ったね。天才か。
体格差の宿命で、どうしたって受の体が華奢になりがちだと思うんだけど、これはそんなことないしまず受すら巨根。
まあ、巨人族である攻から見たら受はそうとう華奢らしいけどね。文化の違いだよ。

あと、異世界ってあるけど、これもちがう、そうじゃないってなった。(私の中の感覚ね)異世界ものって、異世界が主軸で根底なんだけど、そのへんさらっとぶっこんで、あとはうまいことBL。当たり前なんだけど、逆にすごくない?異世界もので、ここまでBLなの。
いやあ……ね、もう、すっごいBLだった。

攻は王族だけあって紳士だし、受は健気なのか素直なのかまだ少年みが抜けきってない童貞ちゃんってのもいいね。

あーそうそう。歴戦の腐女子はたぶん巨人族のち●こなんて挿入るのか……?おしり裂けない?って思ってるだろうけど、思い出してみな?
どんな巨根も、歴戦の受たちは立派に受け入れてきただろ?
これぞ、まさにファンタジーだッ!!!恐れおののけッ!!!

3

デカくて強くてかっこいい!

 正直Hが多いなぁ…という印象、本当事あるごとにすぐHな展開になる。性交を推奨している国、花嫁は肌をさらす決まり、催淫効果のある果実、いきなり始まるマッサージ…Hに運ぶ為のご都合主義展開に感じられるのがやや気になりました。

 でもファンタジーな世界観、巨人と晃一の異文化&異スケールコミュニケーションな日常、二人の距離が徐々に縮まっていくストーリー部分は良かったです。

 絵、特に顔の描き方が好みです。カイウスはかっこいいし、晃一は可愛い、けれど荷物を盗もうとした獣人にキックを食らわせて怒るシーンは頼もしいですね!

 巨人ならではのお楽しみと言えば、やはり極端な体格差でしょう。カイウスはたくましく脱ぐとより迫力があります。しかも褐色肌、晃一との肌色の差がそれを強調しているようにも見えます。

 でも修正がキツ過ぎる…修正は必要だと思うし、私はあまりこだわらないのですが、これは見える見えない以前に塗り潰し過ぎで境目が無く、どこがどうなっているのか状況が解り難い。せっかくのレアな超体格差だからこそ、ここがちょっと残念でした。

 多少強引な所もありますが、明るく真っ直ぐな性格で、優しく且つ情熱的に求愛するカイウス、私にはスパダリ系に見えました。
 スパダリ系が楽しめるかどうかは、相手がそれに愛される資格が有るか無いかがカギとなってきますね。

 元婚約者メディナ登場の回では、今でも二人がお互いを好きなように晃一には見えてしまう。
 自分が花嫁に選ばれたのは災いの予言のせい…それらにモヤモヤしながらも「災いを防ぐ方法を考えようよ」と提案します。
 
 一番好きな人と一緒に居て欲しいから、カイウスたちの幸せを願う晃一の優しさに好感が持てました。

 催淫効果のある果実「カリナ」を知らずに口にしてしまった晃一は、月の満ち欠けに比例して淫乱になってしまいます。
 
 以前、奥ゆかしくて恥じらう姿を褒めてくれたカイウスに、今の自分の痴態を詫びる、こういう所も晃一の優しさが出て良かったです。もっとも、私は受けが淫乱な事は良い事だと思いますけどね。
 でもカイウスはそれもまた良い、どちらの晃一も愛おしい、と包み込むように抱いてくれるのです。

 素直で健気、相手にきちんと寄り添おうとする性格の良い受けが、スパダリ要素の高い攻めに愛されているこの二人のやり取りは、正しい組み合わせのお似合いカップルで、問題無く楽しむ事が出来ました。

 カリナの毒を中和するために「ライサ」の果実を探す二人。ところが晃一は攫われ、カイウスも獣人に囲まれピンチ!…と気になる所で1巻は終わっています。
 
 今の時点では二人の馴れ初めから、距離を少しずつ縮めていく部分がメインでしたが、この後ひと悶着あるのは確実だと思うので、このお話はこれからもっと面白くなっていくような気がする!

1

エッチで可愛い!ストーリーもしっかりしてて良き!!

ファンタジーものですが読者を置き去りにすることなく丁寧な描写でわかりやすく世界観を描いてくれているので、最後まで楽しく読むことができました。細部まで考えられた設定がストーリーの密度を濃くしていて本当にこの世界があるような気がしてくるほどです。

ただ、個人的に、受けのコーイチくんが、自分が元いた世界に帰らないという決断をした場合コーイチくん自身が生まれなかったもしくは別の理由で命を落としたことになる事を知った時、「それでは自分を過労死するまで守ってくれた母親の存在した価値がなくなってしまう」と思い元いた世界に帰る決断をしたのが共感しづらかったです。

コーイチくんがどんな決断をしたとしても、お母さんがコーイチくんを愛していた事実は変わらないしコーイチくんが今幸せに生きることがお母さんへの親孝行でもあるんじゃないかなー!と伝えたい...!

エッチシーンでのコーイチくんの表情が好きです。めいいっぱい感じてる顔がたまりません。あと、カイウス王子との圧倒的な体格差も良いです!コーイチくんが一生懸命抱きついてる感じが可愛すぎて...!!

体格差萌えの姐さんにおすすめなのはもちろん、甘々系の漫画が好きな姐さん、ファンタジーが好きな姐さんに勧めたい作品です。

1

那月なつ

これ2の感想でした!!すみません!!!

最大級のカップリングに偽りなし

異世界召喚もののファンタジー作品、近頃よく目にしますよね。
今作の他とは違うところは、タイトルの通り巨人族の国が舞台なこと。
この体格差で、一体ナニはどうなるの…?!
と思いながら読み進めた結果、どうにかなっていました。
すごい。人体の不思議。

設定的には、現代の日本から晃一が花嫁として異世界へ召喚され、可愛い可愛いと愛でられる…と、良くあるお話。
やはり、ここで巨人族の国というのが効いています。
晃一の身長は180cm以上ですし、日本では決して小さいわけではないのですよね。
しかし、巨人族の中では10歳児ほどの身長とのことで…
今作の攻めであり、巨人族の王子であるカイウスの身長は250cm。
いやあ、70cm差ですか!
身長・体格差カップリングは好んで読むものの、この身長差は初めてでした(笑)
そして、勝手に無理矢理でエロエロなお話を想像してしまっていたのですが、カイウスが意外にも紳士的な人物で。
泣いて怖がる晃一に優しく声をかけたり、飾らないストレートな言葉で愛でたりと、決して自分本意に相手を扱わないところには好感が持てます。
ちょっと、幼馴染で元婚約者のメディナとの関係に肩透かしを食らった気分にもなりましたが、この国は婚約関係については預言第一でドライな感じなのでしょうか?
晃一がごくごく普通の高校生の男の子らしさを持った優しい良い子なので、カイウスは本当に大切にしてあげてほしい。

巨人族だけではなく他の種族が登場したり、スタンダードな異世界もののファンタジー作品としても純粋に楽しめるのではないかなと思います。
2人の関係がより深まっていくのはこれからでしょうか?
身長差が定まっていなさそうなコマがあったりと、作画の不安定さがやや気になりますが、巨人と小人というあまり見かけない設定と、なんだかんだで甘い雰囲気の2人は楽しく読めました。
続きも気になるところです。

「まぐわい」部分に関しては、ファンタジーや異世界設定ならではのアイテムを上手く使っているなと感じます。
物凄く痛そうではないですし、このアイテムによってとろとろになっているので、ベッドシーンに関しては濃厚。
あとは読み手が萌えるかどうかかな。
体格差の現実味のなさを楽しめるかどうかで評価が分かれるかなと思います。
カイウスが本当に晃一を気遣っている様子がうかがえるので、個人的にはありでした。

紙本修正は大きめの白抜きです。
これがなあ…仕方がないのですけれど、せっかくの巨人設定であるカイウスのカイウスがですね、もう少し…チラッとでも良いので拝めたらなあなんて思ってしまいました。

1

「初めて褥を共にする栄誉」はもっと大切にして‼︎

この、少年漫画風なタッチとRPG的な雰囲気。加えて異世界召喚という、中二的な設定。
それが人気でアニメ化もするというので、興味深々です。
巨人×小人のエッチは難しかろうと思い、これは中々難航するかと思いきや。意外にもアッサリ合体可能。嘘でしょ。入っちゃうの⁈ そんな簡単に⁈
驚いて怖がっているコーイチを説き伏せる為に、1ヶ月間の猶予を貰ったカイウス王子は、この1巻で結ばれる。つまりは性交に成功する。まぁ一応まだプロポーズを受け入れて貰えたわけでは無いけれど。えええ〜⁈ ご褒美エッチはクライマックスで‼︎ と、焦らされることを覚悟していたのに。逆にこれは驚き‼︎
でもまぁ、あとがきによると。巨人と言うと、ガリバーを刷り込まれている私たちにとって。どうやらカイウス王子は驚く程の体躯では無い。250cm〜270cm程度だと言う。アレのサイズは不明。コーイチは常にすっぽり抱かれているので、物凄い差を感じられてしまうんだけど。まぁ、不可能って程では無くて。フツーに体格差BL程度に感じられてしまう不思議。
しかも王子擁するユステイルという国はとにかくエッチを推奨しているエロエロ国なので、もちろん王子も相当の手練れ。コーイチは感じまくりのエッチな身体にされちゃいます。
カイウス王子は初めて見た時からコーイチに激しい恋心を抱いているということなんですが。預言によって引き裂かれたという元婚約者で共に育った幼馴染のメディナの事とか。割と早めにアウトオブ眼中になってるし。少々心配になってしまうお人柄だったりします。もちろんメディナは既に新しい恋人がいて、幸せだというのですが。
宴に供された毒が催淫剤となって、コーイチが淫乱になってしまうというトンデモ事件があり。解毒するライサ(ライチ的な形状)を手に入れる為に、治安の悪い獣人国に潜入する2人。欲望渦巻くこの国で罠に掛かってしまう⁈ というハラハラ展開でプッツリと次巻へ。
ああああ‼︎ 次巻が出てから読めば良かった〜‼︎ と悔やまれます。

描き下ろしは、まだ高校生で、バスケに夢中だったコーイチが処女で童貞だという事に驚きを隠せない(けど、鈍い)カイウス王子。この国は何処ででもエッチを推奨してるので、仕方ないのかもしれないけど。コーイチの「初めて」をもっと有り難がって欲しい。BL的にはココは「攻め」は興奮してしまうとこなんだけどな。

シルエットは拝める箇所もありますが、修正はほぼ発光白抜きです。

3

おもしろかった!

アニメ化と電子書籍の広告で気になったので購入しました。
買ってよかったです!面白かったです!

身長70cm差...180cm×110cmはショタになりますが、250cm×180cmの巨人とバスケ部高校三年男子の体格差BLです。
私事ですが、ショタは苦手なので若干不安はあったのですが、晃一がちゃんと男子高校生に見えるので大丈夫でした。
体格差BLもいいな、と新しい萌えに目覚めました。

男子高校生・晃一が異世界召還された先は巨人の国。しかも巨人族の王子に突然プロポーズされ、押し倒され・・・とテンポよく話が進んでいきます。
異世界召還ファンタジーとしてのストーリー展開は王道だと思います。ただ、テンポがいいので飽きることなく読み進められます。エロも程好くあり、楽しく読めました。
シリアスを求めるよりも、ギャグ+エロだと思った方がいいのかな。実際に70cm差の巨人とやれるのか、受は大丈夫か、壊れるんじゃ・・・とか考え出すと楽しめなくなるかも。
カバー下のオマケも笑えて楽しかったです。
いいところで終わるので、続きが気になってます。次巻楽しみに待ってます!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う