マーキングオメガ

marking omega

マーキングオメガ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神45
  • 萌×245
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
439
評価数
102
平均
4.3 / 5
神率
44.1%
著者
藤河るり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
ISBN
9784796413800

あらすじ

―――俺の番はもう決めている。
高校教師の吉田は、発情期のない“出来損ないのΩ”だ。周囲を惑わすフェロモンがでない…だからこそ教師としての信頼を得てきた。ところがある日、βの臨時教師・日高と手が触れあった瞬間、初めての発情期が訪れる。そして吉田のフェロモンにあてられた日高から襲われ、事故のようなSEXをすることに…! 事後、吉田の額には大輪の薔薇の紋様が浮き出ていた。それはΩが粘膜接触すると身体のどこかに現れると言われるマーキングマーク…しかも日高が実はαだということがわかり…?

表題作マーキングオメガ

日高慧(?),高校教師
吉田灯里(Ω),高校教師

その他の収録作品

  • 「オメガの仕返し(描きき下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数14

さすが!!カッコいいぃ…

藤河るり先生のオメガバース!

すげぇ…凄いんです!
圧倒的な画力で、お話もドラマチックで最高じゃないですか。

紙で購入したのですが、きっと紙が良いと思います。電子はわかりませんが修正がどうなんだろ?
紙は、圧倒的なオメガバースのセックスが楽しめるんじゃないでしょうかね(個人的感想ですよ)


いつもの、オメガバースの世界観ページ。
アレ、この作品では藤河るり先生お馴染みの、シカ先生がシカ流講座で解説してくれています。
良いですよね。これが藤河先生のオメガバースに、どぷんとはまるレディネスみたいなもんです。

そして、αとセックスすると現れるΩの刻印のようなマーキング。
αの血統毎に、雪、蔦、薔薇のマーキング模様が身体のどこかに現れる。
何だこれ、もうわくわくして堪らない設定じゃないですか。

高校教師の吉田と日髙のヒートセックスが、んもっ…素晴らしい…
エロい…エモーショナル、ドラマチック。

しっかり読みごたえがあって、読み終わっても世界観から離れたくない。
詳しくは語れないと思いました。
もう、読んだらまだまだ藤河るり先生のオメガバースを読みたくなりました。

しかし、先生の描かれる男の人って、雄。
かと思えば、ジェントル。そして可愛さも有る。やっぱり、キャリアって凄いな!と、再認識しました。

10

Ωに現れる「マーク」

藤河先生の描かれる攻受のキャラクター性と情事のシーンがほんと好き。
藤河先生のオメガバースは初めて拝見したけど、独自設定が活きた世界で新しいオメガバースを見た。新しい設定がうまくストーリーと合致し、違和感なく読むことができるってだけで神。
ベースであるオメガバースに藤河先生オリジナル要素として「αとセックスしたΩに現れる愛された証」が現れる。これが「マーキング」の由来。これだけで、話の広がりが無限大だと思った。
今回は、出会って、告白するまでが話の筋だけど、この「マーキング」ってBL界におけるいろんな要素を広げるのにすごい役立つ気がする。

以下、ネタバレ。
自分でも出来損ないだと思っていたΩが、攻に出会って出来損ないじゃないことが判明。Ωに対する差別や偏見が少し薄まり、道徳として「Ωへの差別はいけないこと」という思想が広まった世界。(説明されずとも、そういうことがわかるってのが、藤河先生のすごいところ。)

そんな世界で生きる「ヒートが来ないΩ」って設定なんだけど、攻に会って「何が出来損ないだ。匂いがすげえ」的なセリフ言われるのほんとギュンってきた。
運命の番って言葉は一度も使われてないけど、運命じゃん。

ストーリーも設定も、完璧。キャラクター性は私の性癖。
この二人の続きももちろんだけど、この世界線で別のCPでも読みたいっ!!
続きあるなら、はよっ!!机バンバンって感じだ。

7

すっ素晴らしい!!、、

オメガバースα×Ω大好物です!!
作品はあれこれ色々数あれど‥
久々にキター!!ヽ(^◇^*)/って感じのめちゃくちゃツボりました!!

黒髪、寡黙攻好きなのですが、日高さん!カッコイイです!
たまりません!(///▽///)(鼻血)
帝王のようなαだけど、決して理不尽な俺様ではなく。
受の吉田先生も、真面目で誠実で頑張り屋さんの素敵なΩさんです!

プライベートなところと教師としてのお仕事もバランス良く織り込めれていたし‥
オメガバースの設定も無駄なく生かされていたし‥
でも、Ωが酷く虐げるられるようなドロドロした描写はないので比較的ライトで読み易いです。

背景は種族差別を失くそうと常識ある社会を作ろうとしている世界ですが、まだまだΩを下等としてみる考えが根強く残る社会‥何だか現代社会の差別問題にもに通じるものがありますのでお話に引き込まれ易いかと思います。

この作品では今までになかったマーキングというタトゥーのような存在が新しくとても面白かったです!

序盤、早々にHに突入して、セフレになっちゃうんで‥これはまた無理やりのエロ過多オメガバかっ!とちょっと凹んだんですけど二人が惹かれていく過程を読み進めるうちに、この作品には特に「運命の番」設定は出て来ませんがそれまで無反応だった2人がいきなりって事は本能でも結ばれる関係だったのではと思います。

とにかく、何にも執着出来なかった攻と、過去にトラウマを抱える受。
そんな二人が距離を縮めて両思いになる‥ストーリーとしては王道かもですが‥二人のキャラや周りの生徒たちも素敵なので最後まで飽きる事なくじっくりと読めました。

というか、これは続きが読みたいです。
くっついてこれからってところで終わってしまった感じ‥。
両思いになって多分、吉田先生は教師を続けられるだろうし、それを見守る寡黙なくせに吉田先生にべったりな日高さん。多分塩対応のツンデレな吉田先生‥。
学校生活とプライベート。
この二人の甘々な生活は最高です。

真面目に続篇希望します!!

6

オリジナル要素も魅力的なオメガバース作品

Ωは粘膜接触で相手の血統のマークが体に刻まれ、それは愛されシンボルになる。それがもう凄く読んでいてワクワクしました(((o(*゚▽゚*)o)))
ヒートを知らぬ、頑張り屋のΩ教師、吉田先生。先生のまっすぐな考え方と、"Ω"を理由にしない強さ、すごく惹かれました。自信があるとかって言うよりも、教師として生徒に恥じない生き方をしているように感じました。
そんな吉田先生の高校に赴任してきたβの日高先生。紳士的で落ち着いていて、"βらしくない"雰囲気。βらしさとはなんじゃいって言われたらあれですが笑、何か秘密がありそうな匂いがプンプンします(#^.^#)彼はβと偽るαで、のちに分かりますが、理事長の息子さんでした。

日高先生は吉田先生の心の強さに惹かれ、吉田先生は日高先生の優しさに惹かれ、両想いなはずなのに、踏み込むことが出来ません。その葛藤というか、意地というか、心理描写にキュンとしました(*^▽^*)2人はエッチはしていましたが、番ではありませんでした。最終話で、めでたく結ばれ番になりますが、この流れがまた素晴らしくて…!!!ヒートで苦しむ吉田先生が"番になりたい"と願う感情、それはヒートで苦しんでいるからだけではなく、心からの日高先生への求愛からくるものだと感じで胸が熱くなりました。苦しむ吉田先生のもとへ駆けつける日高先生も、もう迷いや躊躇いはなく、日高先生の感情のままに、"ただ お前が好きなんだ"と、番になりたい愛を告白します。胸がいっぱいになって泣いちゃいました( ; ; )
2人はもともと、"ヒートがこない" "Ωだけど教師" 、"βと偽るα" "番はいらない"、と双方に訳ありな状況でした。どうそれを超えて結ばれるのか、なかなか分かりませんでした。リスクのある愛はそもそも燃えますが笑、これらの問題は、歩み寄りの姿勢だけではなく、自身の中の問題として解決しなきゃいけない部分もあり、悩む姿が凄く魅力的でした。愛されシンボルも、隠したい感情と、心のどこかでよりどころにしていたり、他にないオリジナル感にめちゃ萌えしました( ◠‿◠ )βと偽っていたこと、親との確執、そして"欲しいもの"のために親とも自分とも向き合う姿勢、日高先生の感情の変化も凄く素敵!(あ、ちなみに日高先生は本当は英という名字です)

凄く魅力的で素敵なオメガバース作品でした(((o(*゚▽゚*)o)))

3

キレイ

額の薔薇キレイです。

0

圧倒的カッコよさ

日高先生がかっこよすぎる…
そりゃあ周りからαだって噂されても仕方ない。
最初はちょっとニヤニヤした嫌な奴っぽい感じなのに
エッチしちゃってからは紳士な感じを出してくるのがたまらないです!

吉田先生の額にバラが出るっていう設定も
他のオメガバース作品にはない新しい感じで良かったです。

この後ちゃんと教師として復職できるといいなー続編希望…!
バラの一族以外にもマークが色々ある設定みたいなので
スピンオフ作品も読んでみたいです!

0

1話の掴みからして凄いもんね

藤河るりさんは「最高の小説家」が大好きなのです。男性のスッとしつつ安定ある体躯と清潔感ある風貌、色気とタレ目…!
少女漫画的雰囲気もありますが、作品としてのまとめ方が段違いで、読後感心地よいです。

1話の痺れる日高登場シーンから、生徒から慕われる頼れる吉田先生の哀愁、そして我慢出来ない匂いとヒート、そしてタトゥー出現…と怒涛の展開、面白い〜‼︎とニヤニヤが止まりません。
吉田先生の髪の毛のふわふわした感じやとろんとした表情もいつまでも眺めてられるし、牙を露わにした(※比喩)日高の雄みも堪りません。
オメガバースでαがΩを後ろから抱きしめて眠る図、首や匂いへの固執が感じられて最高ですね。

相手に向けた言葉が自分に返ってくる、覚悟を決められるという生徒とのドラマ部分もホロリときて、充実した一冊でした。
少しだけ欲を言うと、バラの模様がもう少し紋章っぽいと良かったなと…自分も職業柄、バラのマークを使っていて“素材”感が気になってしまいました。

藤河さん自身のガン闘病のエッセイも読ませていただいたので、今作シカキャラでオメガバース解説で登場されているのを見てグッッと目頭にきてしまいました。楽しませてくれる先生方がいつまでも描いて下さるのが当たり前ではないと気付かせてくれます。しんみりしすぎですね
そして後書きの、担当さんがオメガバース資料を〈ネタバレ〉という‼︎読みながらギャーと叫びながら笑いました(笑)

0

愛されている証が美しい

面白かったです。
Ωが粘膜接触すると、相手の血統マークが体に表れるという一風変わったオメガバース作品になります。
受けの吉田に出たマーキングマークが大輪のバラで、しかも場所が額というところがドラマチックなんです!
オメガバース講座があるので、初めての方でも読みやすいと思います。


発情期がないことを逆手に取って高校教師になった健気なΩ・吉田と、α性に振り回されることに嫌気がさしてβと偽る日高。
ヒートがなかった吉田が、臨時教師として赴任してきた日高と手が触れた瞬間、初めてのヒートを起こします。
吉田は、ヒートにあてられた日高にそのまま抱かれてしまい……

βだと思っていた日高はαで、なす術なく抱かれてしまう吉田。
ヒートを軽くするためにセフレになった二人が、セックスを重ねるうちに心も惹かれていく……という展開。
吉田の額のバラは抱かれた証であり、日高の独占欲の表れのように感じました^^

ポーカーフェイスな日高が、吉田が関わる事で少しずつ感情豊かになっていく様が凄くいいんです!
とにかく、日高のビジュアルが好き(笑)
長身短髪黒髪メガネ……4拍子も揃ってる!!
キスが多くなったり、抱きしめたまま眠ったりと、無自覚な溺愛ぶりにキュンキュンしました♡
吉田は可愛くて本当にいい教師で、日高が惹かれるのも納得。

マーキングマークの大きさは、αの力の大きさを示します。
大輪のバラを咲かせる日高は何者か?
吉田が番を拒む理由とは?

様々な葛藤や家のしがらみを乗り越えて結ばれる二人。
日高の必死の告白には胸打たれました。
ラストの両想いHは、藤河先生が力を入れて描いたことが分かる素晴らしい作画と見せ方。
余裕がない日高に萌えまくりです♡

とても素敵なお話だったのですが、一つだけ気になった所が……
それは、無理矢理抱かれた吉田が、ヒートにあてられた日高も被害者なのだと納得するところ。
私、Ωのこの思考が嫌いなんです。
世界観の問題なのかもしれないけど、とにかく嫌。
だって、これはレイプだよ!
どんな理由があっても、Ωが加害者だとは思えない。
とても面白い作品なのですが、ここだけが許せなかったです。

※シーモアが短冊でナイスな修正でした!

13

エロシーンよりも……

ベッドシーンがエロいんですが、それよりも薔薇の額の方がエロい……。

攻のお兄さんもすごくイケメンだし、目が喜びました!

3

額に出ちゃうのはちょっと…

藤河るり先生の絵柄はやっぱり綺麗だ!
この美しさに乗ってグイグイと読み進められます。
設定は基本的なオメガバース。
Ωは発情期(ヒート)がある事で社会的に低い立場であり、差別を受けている。
本作独自の面白い設定は…
『Ωは粘膜接触すると体に相手の血統のマークが出る』
出る場所は様々。濃いマークは愛されている証し…

さて、主人公はヒートが来ない「出来損ない」のΩ、吉田。
ヒートが来ないからこそ「教師」としての職に就けたわけですが。
そこに代替副担任としてやってきたのが日高という、βにしては見た目がαの長身イケメンで…

ですが、比較的序盤からヒートが起きないはずの吉田が日高といる時にヒートが起こり、と物語が動き、なんと額に巨大なバラのマーキングマークが浮かび上がってしまった。
ヒートのある普通のΩだった事がばれると教職が危うい吉田と、本当はαだと知られたくないという日高が、お互いの損得でセフレとなる。
ここからは正直ありがちな展開へと流れていきます。
セフレなんだけど、本当に好きになってしまう…
そこには吉田の、母親の記憶に伴う愛情のトラウマや。
いつも母親の命令に流されてきた日高の初めての自己主張や。
そんな障害が立ちはだかる…?かと思いきや。
筋立てには特にひねりもなく。
吉田の恋心は日高に通じ、エリートの日高も吉田の事は反対されず、のさらっとハッピーエンド。
そんなハッピーエンドにプラスして2人のエロシーンは甘く激しくですので大変美味しい。読後感は良いです。
また、Ωの吉田はすらりとした美人系ですが、しっかり芯のある男性という感じでそこも良かったです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う