大好きだからこそ、失くした君との記憶

僕の中に君がいない

boku no naka ni kimi ga inai

僕の中に君がいない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×27
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
87
評価数
24
平均
3.7 / 5
神率
20.8%
著者
円藤エヌ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥672(税抜)  
ISBN
9784866573687

あらすじ

大学生の昴は、事故で一部記憶をなくしてしまう。
それは高校の同級生・壮司と「同居している」記憶。
当時、自分と違ってクールでモテる彼とは話したこともなかったはずなのに――。
退院して2人で暮らし始め、もう一度壮司のことを知っていく昴。
意外と世話焼きで心配性な彼から、ふいに見た事もない優しいまなざしを向けられていることに気づき…。

表題作僕の中に君がいない

深沢壮司,高校の同級生で医大生
井上昴,記憶喪失の大学生

その他の収録作品

  • そばにいて(描き下ろし)
  • カバー下:四コマ漫画2P

レビュー投稿数3

純粋な2人の愛に心が満たされる

初めて読んだ円藤エヌ先生の作品です。

医大生の深沢 壮司と大学生の井上 昴のお話。

ある日、昴が目を覚ますと、そこは病院のベッドの上でした。
傍には知らない男性が自分の手を取り泣いています。
「誰……?」
交通事故で意識をなくした昴が目覚めると壮司のことだけを忘れていました。
2人が同じ高校だったことも一緒に暮らしていることも、そして付き合っていることも。

過去に読んだ記憶喪失モノのBL作品の中でも、この作品が1番良かったです。
きちんとしたストーリー構成で、最後まで綺麗にまとまっています。
高校生で出会い付き合うまでの回想シーンも絡めながら、現在の2人を取り巻く状況も丁寧に描かれており、自然と入り込めました。
また、円藤エヌ先生の描くキャラが可愛くて、暗く重いテーマになりがちな設定に気持ちが沈むことなく最後まで読み進められます。

昴が壮司のことだけを忘れてしまった原因…それは科学的な根拠ではなく心理的なこと(心因性の精神障害)だと推測されます。
記憶がないまま壮司と暮らす昴の疑問と本当のことは言えない壮司の気持ち…。
昴を切なく見つめる壮司の姿に、こちらもグッと切なくなりました。
もし昴が事故に遭わず記憶喪失になっていなかったら?
2人は別の人生を歩んでいたかも知れない。

この作品には、当て馬は登場しません。
脇キャラで昴の友人 長島くんはナイスアシストをしてくれます。
2人の関係を理解して見守ってくれるいい人でした。
そして、重要なポジションにいるのは、壮司のお父様だと思っています。
このお父様が昴の記憶喪失の根本的原因になったのではないでしょうか?

Hシーンは、本編では朝チュンですが、描き下ろしで1回あります。
エロはほとんどないのに、お互いへの愛情が溢れているので満足しちゃいました(笑)
とにかく可愛い!の一言です (〃艸〃)

描き下ろし『そばにいさせて』
実習で2週間不在だった壮司が帰ってきたお話。
久しぶりだから「期待」しちゃいますよね?

イケメン医大生の壮司はかなりのハイスペックですが、じつはスパダリでもあります。
最初はクールな印象でしたが、昴の記憶が戻ってからは溺愛が止まりません♡
そのギャップに萌えました(笑)
こんなに愛されて昴は幸せだね。

とても良い作品だと思うので、個人的には単巻ではなくて上下巻で深く読みたかったです。
いつか、この先の2人も読めたら嬉しいな。
失ったことで改めて思い知る相手の大切さ。
読後は、幸せな気持ちになれること間違いなし!
記憶喪失モノに飽きた方にもBL初心者の方にもおすすめです。

6

感動的だけど、アッサリです

初読みの作家さんです。
帯の「溺愛系の医大生×記憶喪失の大学生」に心を撃ち抜かれて購入しました。

で、内容としては、施設育ちで身内の居ない大学生・昴が主人公。
交通事故にあって病院で目を覚ました彼ですが、付き添っていてくれた高校の同級生・壮司との「同居している」と言う事実のみ、記憶を無くしていてー・・・と言うものになります。

う~ん・・・。
こちらですね、記憶喪失ネタとしてはテッパンの萌えが、ちゃんと押さえられた作品なんですよ。
記憶喪失である昴の視点で進むんですけど、退院して二人で暮らし始めるんですね。
すると、二人の関係は「友達」だと言いながら、何故かベッドが一つしか無かったり、不意に見せる壮司の思い詰めた瞳。

こう、ただの友達同士として過ごしながら、どこか危うい均衡の上に、二人の日常は成り立ってるのです。
で、不意にその均衡が崩れそうになる瞬間と言うのが、すごくすごく萌える。

果たして、壮司と自分の本当の関係とはー?

と、主人公である昴が、二人の関係をしっかり見つめようとする過程に、記憶喪失ネタ好きとしては滾っちゃうのです。

ただこちら、読み終えての感想ですが、なんかアッサリなんですよね。

何故なんだと考えてみたんですけど、壮司視点の高校生編で、二人の出逢いや彼が昴を好きになったエピソードなんかは語られます。
で、昴への深い愛情が分かり、共感出来る。
ただ、昴が壮司をどうして好きになったかと言うのは語られてないんですよね。
なので、すごく好きだったと壮司への愛が語られても、イマイチ乗り切れないと言うか。

あと、わりと簡単に記憶を取り戻しちゃうので、その点でも盛り上がりに欠けるんじゃないかなぁ。
二人の間に、強く心を揺さぶる激しいドラマがあって、記憶を取り戻すと萌え転がっちゃうんだけど。
ついでに、不意に均衡が崩れて、攻めが受けを強引に押し倒して・・・みたいなシーンがあると、更に萌えちゃうんですけど。
壮司、我慢強すぎるなぁ。
記憶喪失ものの攻めとしては、激情を抑えきれずに襲ってくれないと。
ただの、私の趣味だけど。

ちなみに、この二人ですが、本編でのエッチは朝チュンです。
ただコミック化にあたり、描き下ろしで本番エッチがあるんですよね。
これもアッサリ目ではありますが、昴の泣き顔が超可愛い上に色っぽくて滾ります。
本編で二人のエッチが拝めなくて歯ぎしりした方は、ぜひこちらも購入を。
エッチが読めないってだけで歯ぎしりするの、私くらいかもしれないですけど。

まぁそんな感じでアッサリだとは感じるんですけど、記憶喪失ネタの萌えがしっかり押さえられた、感動的な作品なのは確かでした。

13

君のそばにいさせて。

交通事故で失くした記憶。昴が失くしたのは荘司の記憶だけ。
そんなにも失くしてしまいたい記憶だったのか。もぅ、不安で不安でハラハラしました。
結論から言ってしまうと。ホッと安堵。本っ当に、ホッとしました。
この可愛い2人に何かドロドロしたことがあってはならない、と。
あんまり酷い事にはならないでー!と、祈る様な気持ちになります。
ルームシェアしているという荘司の事だけを思い出せない。そんな昴を優しく見守る荘司。
その部屋には、2人が確かに暮らしていた痕跡があるというのに。
そして多くを語らない荘司は何故かとても辛そうに見える。
荘司は何故、何も教えてくれないのか。2人は本当にただの友達だったのか。

全ての記憶を取り戻すとき。荘司がどんなにか昴を想っていたのかが知れて。
ちょっと泣けます。互いを一番大切に。想い合っているから。
別々の道を行くしか無い、と思い詰めた昴。何があっても昴と共にあることを選んだ荘司。
こんなにも大切な人だから。昴は無意識の底に荘司への想いを封印しようとしたのかもしれませんね。
昴の友人で、言葉少なく2人をそっとアシストする長島くんがいい子でまた泣けます。
説明するのは簡単なこと。けれど1人『がんばれよ、井上、…深沢。』と思っている彼もまた理解者でもあって。
両親のいない天涯孤独な昴とは違い、少し窮屈かもしれないけれど、将来を嘱望されている荘司。
2人の将来に不安があるからこそ荘司を心配する父親も理解しようと、歩み寄ろうとしてくれている。割といい人達しか出て来ないので、スラーッと終わってしまった感じも少々。
けれどこの可愛い2人にはやっぱり辛い目にあって欲しくないので。
やっぱりホッとさせてくれてありがとう、なんですよね。

2人のなれ初め。高校時代のエピソードも可愛いくて好き。
生物委員でウサギの世話って、可愛い過ぎかよ!
おまけの荘司の溺愛エピソードも可愛い。荘司がどんなに昴を溺愛していたか、は本編でももっと見たかったなぁ。

描き下ろしで補足してるけど、エッチは淡白め。本編は何と朝チュンです♡

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う