かくしごとワンルーム

kakushigoto one room

かくしごとワンルーム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×215
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
120
評価数
31
平均
3.9 / 5
神率
22.6%
著者
円藤エヌ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
ISBN
9784758078337

あらすじ

小説家の安達は、メイと名乗る男と暮らしている。
スランプに陥ったときに街で出会い、一晩限りのつもりで家に泊めたが
メイとのセックスは執筆のストレスを紛らわせるにはちょうどよく、それ以来同居状態。
居場所を貸すかわりに体を借りるだけの都合の良い関係。
名前も出身地も知る必要はないが、シゴトと称してふらっといなくなっては大金を手にして帰ってくるメイの正体が気になりはじめ…。

表題作かくしごとワンルーム

安達匠,小説家
メイ(坂口皐),ふらっといなくなる謎の同居人

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき
  • カバー下:イラスト、人物設定

レビュー投稿数2

素敵な物語!

電子書籍で試し読みして、面白くて購入いたしました。野良猫みたいな男の子を拾う物語はBLに多いと思うのですが、拾い主の小説家の安達が、メイの素性を気にしつつも聞かない、という所が効いてます。過去の恋愛から人を好きになることに怯えているメイが、安達を好きになりかけて自ら姿をくらましたことで、安達もまたメイへの想いに気づきます。偶然メイを見つけた安達がぐいぐいいくのは萌えますね。その後の展開はほのぼの感があって、都会の片隅で寄り添う二人が凄く素敵に思えました。
タイトルのかくしごとワンルーム、書く仕事、とかかっているそうですが、これも秀逸なタイトルだと思います。

5

不器用なふたりの幸せ

小説家の安達と謎めいた存在のメイ。
お互いに利用するようなかたちで続いていた同居生活。
でもメイが安達に惹かれていることを自覚したときにそのバランスが崩れてしまうのです…
そうして帰って来なくなってしまったことで、改めてメイが大切な存在だったと安達が気付くのですが、気付いたときにはもうメイは居なくて…
またふたり再会できて本当に良かったです。

お話の流れは単純ではあったけど、揺れ動くふたりの感情がすごくよく描かれているなと思いました。
恋人になってからも変わらず、淡々と愛を伝える安達と意外と照れ屋なメイにすごく萌えました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う