僕が終わってからの話

boku ga owatte kara no hanashi

僕が終わってからの話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×222
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
242
評価数
63
平均
3.9 / 5
神率
36.5%
著者
砂原糖子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
夏乃あゆみ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784403525124

あらすじ

不運な事故で命を落とした野原草也は、級友の天沢奏に取り憑き、日替わりで彼の体で生活していた。地味な草也が人気者の天沢を選んだのは、憧れの市来と仲が良いから。日々のささやかな接触に舞い上がっていたある日、市来が天沢に振られていたことを知ってしまう。草也は思わず「俺、市来とつき合ってみたい」と市来に告げ、お試しの付き合いが始まるけれど…?異色な三人のアフタードリーム・ストーリー!!

表題作僕が終わってからの話

市来一馬,憧れのクラスメイト
野原草也,16歳,不慮の事故で命を落とした高校生

その他の収録作品

  • 僕が始まってからの話(書き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数11

すごく深みのある素敵なお話だと思う

こちら、不慮の事故で亡くなった高校生が主人公の、切なく優しい片思いものになります。

と、見せかけて実は・・・と言うお話。

もう、オチと言うのが完全に予想外なんですよね。
なんと言うか、根本的な所から読み違えてた。
真相が分かった時、驚きのあまり一瞬呼吸が止まりましたもん。

またこれ、例の彼の真実が分かると、ちょっと切なくもあって。
ただ、同時にすごく優しくてあたたかいお話でもあるのです。
特に、攻めの真っ直ぐな愛情に救われるよなぁと。
ただ単に高校生同士の恋愛ものでは終わらない、すごく深みのある素敵な物語だと思います。

内容です。
野原の草のように、存在感のなかった高校生・草也。
不慮の事故により一年の終わりで亡くなった彼は、気がついたらクラスの人気者で委員長・天沢にとり憑いていたんですね。
実は天沢の友達で、存在感のあるクラスメイト・市来にほのかな恋心を抱いていた草也。
過去に市来が天沢に告白してフラれていた事を知ると、ついつい「付き合ってみたい」と頼んでしまいますがー・・・というものです。

で、ここから、二人はとりあえずお試しでの交際をスタートさせてと言う流れ。

こちらですね、序盤はとにかく甘酸っぱくて可愛いんですよ。
高校生ものらしく。
天沢と言うのは美形でクールで落ち着いた完璧な存在なんですよね。
それが草也がとり憑いた状態だと、感情豊かで素直でちょっと抜けてる。
こう、市来と可愛らしいデートを重ねてくれちゃうんですけど、ちょっとした事でいちいち赤くなったり青くなったりする草也に、そんな彼に「お前最近変だろ。前と違う」とか言いつつ、愛しさを抑えきれない市来。
こう、髪をクシャッとかしちゃって!
二人の距離が縮んで行くエピソードなんかが甘酸っぱく丁寧に綴られていて、「高校生の恋愛、可愛すぎか!」とひたすらキュンキュンさせられちゃうんですよ。

と、そんな中、実は天沢も、市来の事を好きなんだと知ってしまう草也。
最後の思い出に市来と抱き合い、彼に身体を返す事を決意しますが・・・と続きます。

こう、こういう主人公が幽霊ものって、落とし処が難しいと思うんですよね。
実は生き霊だったじゃありきたりだし、成仏しちゃうじゃ悲しすぎる。
実際、別れの決意の元、市来と抱き合う草也の心情と言うのが、悲しすぎて胸が締め付けられましたもん。

が、もう全然、予想外のオチが来ます。

いや、読了後にもう一回読み返してみると、あちこちに伏線が張られてるんですよ。
読んでて微妙に違和感を覚えた所なんかが、二回目ではスンナリ納得が行く。
ああ、なるほどなぁしか出てこないんですけど。
そして、作者さんの発想に驚愕。
よくこんなの、思いつくよなぁ!?と。

またこれ、例の彼の真実と言うのが、なんとも切ないししんみりしちゃうんですよね。
草也はとても素直で無邪気でと、学校生活を自然体で楽しんでいます。
彼が、こうありたかったんですよね。
切ないですよね。

ただ、だからこそ、市来の真っ直ぐな言葉に救われるのです。
しつこいですが、すごくあたたかくて優しいお話でもあるんですよ。

ちなみに、本編が雑誌掲載作。
文庫化にあたり、その後の二人が50P程度で書き下ろされてます。
二人の仲と言うのは、まだ若干ぎこちない部分もあるんですけど、とても甘くもある。
この後日談を読めて、とても良かったです。

最後になっちゃいましたが、実は最初、腑に落ちない所があったんですよね。
ん? 矛盾してね?的に。
二読目で、意味が理解出来ましたよ。
そんな感じで、若干分かりにくい部分があるかも知れません。
ただ単に、私の読解力の問題だけだったら「サーセン」と言っときます。

13

思っていたような単純なストーリーではなかった

とても面白かったです。
ファンタジーらしい始まりに、予測不能な展開、途中でひっくり返る世界観。
あっという間に引き込まれました。


落雷で命を落とした高校生・草也。
草也は、クラスメイトで片想いの相手・市来への未練から霊となり、優等生の天沢奏に取り憑きます。
人の良い奏は、隔日で草也へ体を明け渡してくれることに……!

草也目線で進むストーリーです。
優等生の奏とは、かけ離れた存在の草也。
草也と奏は、日記アプリで記憶を共有しています。
奏との直接のやりとりはないので、奏の気持ちが分からず多少モヤモヤします。

市来が奏を好きだと知った草也は、奏に内緒で市来とお試しで付き合い出します。
すると、奏が「天沢」の体に戻らなくなり……という展開。

途中までは、ありがちな霊もののファンタジー。
それが、途中からガラっとひっくり返ります!

戻らなくなった奏のために成仏を決心する草也は、市来に抱かれることで、この世への未練を断ち切ろうとします。
それでも戻らない奏。
混乱する草也。
草也を覚えていない市来。

何かおかしい?と、気付いた時には砂原先生の術中にハマっていました。

草也の、亡くなった兄・陸へのコンプレックス。
母親から受ける、兄弟に対する愛情の差。
優秀でいなければならない奏と、本当になりたい自分。

色んな要素が複雑に絡み合い、少しずつ本当の「天沢」が見えてきます。
勉強もスポーツも苦手な草也は、奏が成りたかった自分で、草也の憧れは完璧な奏。
そして、市来を巡る恋心の在り方……と、読み進める毎に、切ない真実が顔を出します。

私は、「なりたい自分」が「本当の自分」なんじゃないかと思います。
それは、なりたいと思う気持ちは、その人から出てきた本質だからです。
「天沢」は、奏であり草也であり、「天沢奏」そのものだと思う。

努力家である天沢の本質を見抜き、どんな天沢も受け入れる市来の器の大きさにトキメキました。
素直で親近感のある草也はもちろん可愛いし、「ぎゅっとして」「もっとして」というセリフにはきゅんとしましたが、私はツンデレの奏も好きです^^
恥ずかしがり屋な奏の口から出る「好き」には、胸がギュッとなりました。

後半の『僕がはじまってからの話』は、そんな奏の可愛らしさが詰まっていて楽しかったです。
男子高校生の純愛は堪んないなぁ〜♡

初めの印象とは違うストーリーでしたが、先の読めない展開がとても面白かったです。
安心のハッピーエンドなのも良き。
ファンタジー苦手な方にもオススメです!


7

予備知識無く読んで欲しい作品

草也目線で始まるストーリーで、ずっと片想いしてた市来と上手く行き始めて…。

2人の仲が深まって行って嬉しいんですが、これで良いの?って疑問も湧いて来て最後にどんな決着が付くのかとハラハラしながら読みました。

そして誰も不幸になってない、大どんでん返しに安堵しました。

草也の素直さ、奏の不器用さ、市来の寛容さ、それぞれが魅力的でやり取りが面白かったです。

そこにクラスメイトや家族とのやり取りが、高校生のお話として爽やかで好感が持てました。

何と言っても登場人物がとても魅力的です。
デートも可愛いしその後のエッチも高校生らしい反応でとても萌えました。

2

読むなら今すぐ!

夏の空気で読みたい一冊です。

ネタバレ無しで読んだ方が絶対にいいので感想だけ。
草也、市来、そして奏。
3人がそれぞれすごく魅力的。
奏は初め、草也が語る形でしか出てこない。それでも草也とのやりとりの端々で奏のことが大好きになっちゃいます。
そしてなんとなくアレなんだか不穏な気配…と思ったら

言えません‼️これ以上は‼️
とにかくネタバレ無い状態で読んだ方がいいです!
できるなら今すぐ!
夏の間に出会えて感謝です。

1

DKには青が似合う

夏乃あゆみ先生の爽やかなカバーイラストが素敵ですよね〜。

砂原先生のDK、大好きです。告知でなんとなくファンタジー系なのかと想像していたのですが…。

これ、砂原先生の作風をご存知の方なら、いえ、ご存知じゃなくても!ネタバレなし推奨です。いい意味で裏切られます。この時期(お盆)にぴったりなお話でした。

優等生、学生寮、意外に所帯じみたイケメン攻め、DKらしからぬエロ(なんたってエロ担当笑)。

安定の筆力で萌えさせてくださると思います。

あとやたらアイスクリームを食すシーンが出てくるので、誘惑に負けないようにこらえるのが大変笑

わたしは17ページ目ですでにキュンとしてしまいました…。

今作は恋の切なさよりも、死に向き合い、自力で勇気を出す受けの前向きさが見どころです。受けが困惑しながらも現実を受け入れていく様をハラハラしながら見守りました。

人によっては辛く感じたり、泣けるところもあるかもしれません。でも、受けの素直さが彼自身を救っていく明るめトーンのお話なので、決してしんみり系じゃない。締めくくりもエロですし笑

5

夏の男子高校生が眩しい。

 どうなっちゃうのか、とてもドキドキで、えっ、こんな風に着地したんだ、と予想外なお話でした。


 受け様は、しょっぱなからすでに幽霊の存在になってしまっている草也。
クラスメイトだった奏にとり憑いていて、人のいい奏からの提案で日替わりで体を共有させてもらってる日々。

 攻め様の市来は、草也が憧れてた存在で、草也が奏に取り憑いたのも、市来と奏が親しかったから。


実は市来が奏に振られてた事を知って、草也は「付き合ってみたい」と告げてお付き合いすることに。

でも、ひょんなことから奏も市来が好きだったのでは、と知った草也。

しかも、奏が体に戻ってこなくなってしまい、草也は神社巡りをしてちゃんと成仏しようと試みるけど、奏の体に居座ったままで。
じゃあ市来への未練をたちきろうと、誘われるまま初えっち。
こんなに幸せだから、きっとこれで終わりだ。
大好きな気持ちを抱えて、ありがとうとさよならを思っている草也が、切なかった。


 これで私は、草也が無事成仏して、次に目覚めたら奏になってるとばかり思ってたら違ってたΣ(゜Д゜)
草也と一緒に混乱しちゃいました。
この3人がどう落ち着くのかは、ネタバレせずに、楽しんでもらいたいところです。


 攻め様の市来が、細かいとこは気にしない、難しく考えないおおらかな子で清々しい、と言いましょうか、とても気持ちがよかったです。


 男子高校生の夏のキラキラした青春を見せてもらいました。
えっちの時に、攻め様の腕の中でもじつく受け様とか、かわいすぎるんですけど。

 2人して、デート中とか、いろんなシーンでアイスを食べていて、なんだか無性にアイスが食べたくなりました。
特にハーゲ◯ダッツが(・┰・)


 イラストは夏乃先生。
キラキラの男子高校生がお似合いでした。
口絵のアイスを食べてる2人、ずっと見てられるわー。
駐輪場での不意打ちのキスシーンも好きです(≧▽≦)








3

そうきたか!

実に砂原先生らしい、日常には絶対にありえないけど1度はその視点になって考えたことのある作品で、読み返したくなるようなそんな話でした。

死んだ草也はクラスメートの奏にシフト制で取り憑いては、生前好きだった市来と急接近することに。けれど、市来は元々取り憑いている奏のことが好きで、謎の三角関係が繰り広がっていた。奏の体を借りているのに、自分に好意を向ける市来に罪悪感を感じつつ、期間限定で付き合うことに。奏は草也より、素直じゃなく勉強もできてクラスの人気者。一方、幽霊の草也は生前は地味だけど素直な人。
市来が「好き」とつぶやく相手は、目の前の自分だけど「自分」じゃないっていうのがもどかしくて不穏で、今後どうなるの!?誰も幸せにならないどころか、奏は市来のこと取りつく前に告白されて振ったのに、奏の体を借りている草也はそんなのお構い無し。
だけど、よくよく見ると本当は素直じゃない奏が振ったのは、本心じゃなく好きだったっていうのが。初めから、草也の入る隙なんてなかったじゃないか。主人公視点なので、こんなのバッドエンドがすぎると思いました。

それなのに、草也は奏と同一人物で多重人格だったことが発覚。そうきたか!!実に砂原先生の作品らしい。と納得しました。素直になりきれない優等生の奏は地味で素直で成績もあまりよくない草也にどこかなりたかった。草也はみんなの人気者の奏になりたかった。同じ人間なのに、欠けてるものがあって望んでも、また望んでってなって。複雑なお年頃ってのも相まってすごくいい作品。
それをわかっていて、全部好きでいてくれていた市来はもはや高校生じゃない。お前は令和のスパダリ攻めだ。って褒め讃えたい。

色々思う場面があって、語りきれないから読んだ人と小説広げて語りたくなる。

3

えーっ、こんな話だったのか!?

実は話にも出てくる去年からの流行りもの、タピオカってのを自分はまだ食べた事がなかったりする、そんな2020年刊(笑)…いや、あれは飲み物だったけ!?(^_^;)

レーターさん買いってのが第一だったので、DKものって位しか情報がないまま読んだ訳だが、冒頭からして享年を迎えた主人公の話か!?とびびってしまった。
他レビューにもある通り、何てお盆の時期にぴったりなんだ…他の意味でもね。

クラスでも全くと言っていい程目立たなかった草也と、そのクラス内で一番の優等生・天沢との落差の大きさを、話の中でどう決着付けるのだろうかといったところから『えーっ、こんな話だったのか!?』に切り替わる辺りが絶妙だった。
まぁそこはネタばれ推奨にて。

摩訶不思議というか一つ二つ捻りが入っていて、一読では掴み切れないところもあるのだが、読後感は『いいDKものでした(*^_^*)』…って着地点に落ち着くと思う。
そんな中でも最後まで見る目がぶれていない市来には感心した。
久々の可愛い10代同志ってのもあり、くっついた後のいちゃつきぶりにはニヤケまくってしまった(笑)

2

感想が難しい。

作家さん買いです。
とりあえず読んだよ!という意味でレビュー書きます。

死んじゃった主人公の草也が、好きだった市来と近づくために、クラスメイトの奏に取り憑いて日替わりで奏の身体をシェアする。

外見は奏だけど、中身は草也。
市来と仲良くできて心弾む日々だったけど、市来は奏のことが好きだと知ってショックを受ける。
市来が「好き」と言ってくれるけど、それは自分に向けてではなく、あくまで奏に向かって言ってる……というところが切なくて。

この不思議な三角関係、どうやって持っていくのかなぁと思いました。

こういう肉体を共有するような三角関係って読んだことないなぁと思ったんだけど、いや、二重人格ものってこういう感じよね?!と気づいてから、なんか読むのが怖くなってしまって……

二重人格ものって最後は人格統合されてめでたしめでたし、ってなってるのしか読んでないけど、消えてしまった人格、かわいそ……となった経験しかないので……。
或いは、実は死んでませんでした!生霊でした!なのか?と。

結論から言うと、恐れていたような事態はなかったので良かったです!


以下、ちょこっとした感想。

・市来が高校生にしていい男。
おまけにウサギLOVEとか、幼い妹弟かわいがるとかも素敵。

・カラー口絵の市来が素敵。身をかがめているところが、背の高い男子って感じで萌える。

・残念ながらエロは流し読みしてしまった。
「おまえん中、全部持ってかれそう…っ」なんて言う男子高校生いるんかなーと思ってしまった。
「持っていかれる」って、ひと昔前の攻め様が言ってるイメージなので。

・夏と男子高校生って組み合わせ、最高。

・タピオカは残念ながらすでに消えてる。




2

いつになくドキドキハラハラしました

途中まで読んで「あ、胸が苦しい」となりまして。
「どう決着するつもりなのかな?でも、どう決着しても、心が痛む結果になるんじゃない?」と思ってハラハラしながら読み進めていたんですが。

……そう来たか。

確かに、砂原さんはこの手の仕掛けがとてもお上手でした。
お見事!
ぐうの音も出なかったですよ。

ただですね、あまりにも美しい手際だったものですから、その『手際』の方にばかり目が行ってしまったんですね。手品の結果に目を奪われると、そのタネが見えなくなってしまうが如く、それまでぐ~っと盛り上がって来た瑞々しくも不器用な恋の切なさがトーンダウンしちゃったんです。

小説が「実に面白い」のは間違いありません。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う