天国の門番 (1)

tengoku no monban

天国の門番 (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
74
評価数
21
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
山本小鉄子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344847125

あらすじ

日本縦断の旅に出た矢先、初対面の美女に船から突き落とされた北原南。なんとか泳ぎ着いた島には、眼鏡の青年が待ち受け、南に「合格だ」と言う。死なずにこの島に辿り着いたからここで雇ってやると言う青年は、この島・天国島の番人(オーナー)・天間夕凪。「今日からお前は俺の下僕だ!」と言い放たれ茫然とする南。その島の住人である犬や鳥などの「獣人」たちと島の仕事をし始めた南は、夕凪が夜の海で、水浴びしているのを目撃する。それは“客”を迎え入れるための禊だ、という夕凪。“客”とは一体? そしてこの島は何のためにあるのか? 謎が多すぎて戸惑う南だったが⁉

表題作天国の門番 (1)

北原南・天間の下僕
天間夕凪・天国島の番人

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数5

キャラ良し、ストーリー良し

作家買い。

あとがきで小鉄子先生も書かれていますが、小鉄子先生×ルチル=ファンタジーものってすごく多いなあという印象があります。が、小鉄子先生の絵柄が非常に可愛らしいので、ルチルのカラーとも合っててとても好き。

今作品も設定としてはホラー系に寄せることもできるバックボーンだと思うのですが、小鉄子先生の可愛い絵柄のおかげか、非常にほのぼのな展開を見せるお話です。

ということでレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。





主人公は南。
放浪癖がある…、というか、一つの場所に落ち着くのが得意でない彼は、3年間働いたラーメン屋さんをやめ日本横断の旅に出る。フェリーに乗り南の島を目指し、彼の旅は意気揚々と始まった。

が、南は声をかけてきた美女に船から突き落とされてしまう。

死ぬかもー。

そう思った南だが、必死に泳ぎとある島に泳ぎ着く。
助かったと思ったのもつかの間、その島のオーナーである夕凪と名乗る青年に「今日からお前は俺の下僕だ」と言われ―?

というファンタジー要素モリモリのお話。

南が泳ぎ着いた島は天国島と呼ぶらしい。
天国島には数人のスタッフがいるが、みんな独特のビジュアルをしていて…。

この島の存在意義。
天国島で働くスタッフの存在。
そして南は天国島を脱出し、人の住まう地に再び戻れるのか。
何より、番人(オーナー)・夕凪の謎はいかに。

と、その辺りを軸に進むストーリーです。

まだ1巻ということもあって謎も多いのです。
が、島の謎や夕凪の存在、過去などがちらりと見えていて、この魅せ方が非常にお上手。多すぎず、けれど少なすぎず、なので読者の興味をグイグイと引き付ける。

小鉄子作品ということでイケメンさんたちが多く登場しますが、眼福なうえに非常に魅力のあるキャラに仕上がっています。南と共に働くスタッフの皆さんが、とってもいい味を出しています。素の姿と(どういう意味なのかぜひとも手に取って確認していただきたい)人型の時のビジュアルとのギャップも良かったし、何より皆さん非常に優しいんです。

そして忘れちゃいけない夕凪くん。
ビン底眼鏡をかけているのに外すと可愛いビジュアルという、ある種のお約束な立ち位置にいる彼ですが、彼の過去や内面も非常に気になる。不遜で俺様な態度を取りつつも、それでも透けて見える彼の優しさにも激萌え。

主人公は南なわけですが、その南を喰っちゃう勢いでサブキャラの皆さんが素敵すぎて悶絶しました。

キャラ良し、ストーリー良し。
ということで、続きを正座してお待ちしています。

2

天国か地獄か

天涯孤独の南は日本縦断の旅に行く途中のフェリーで出会った女性になぜか海に放り落とされ、混乱しながらも何とか泳ぎ近くの島にたどり着きます。

そこは、お客様は神様です。を地でいく神様をお客様としてもてなす人外専門のリゾート地『天国島』。
その天国島のオーナーという夕凪に合格を言い渡された南は訳もわからぬまま働くことに…

従業員も人外揃いで個性豊かで、能力に合わせてそれぞれ役割分担されています。
南は今のところ、体力担当?荷物持ち?はっきりとはしていません。
オーナーの存在自体も謎が多く、続きものなので全貌は明らかになっておらず、気になるところだらけ。
オーナーの禊シーンは大変美しゅうございました(拝)

そして、ラブ部分もまだまだスタートもしていないような安定のゆっくりペース。そこは、まあ、存分に焦らされるであろう覚悟はできています(笑)
南にとって天国島はその名の通り天国なのかはたまた地獄なのか…?
次巻を楽しみに待ちたいと思います。

0

Lがなくても、設定だけで楽しめます♪

作家さん買いです。いくつもシリーズを抱えてて、また新しいシリーズだなんて、本当に尊敬が止まりません。いつも楽しくて素敵な作品を、ありがとうございます!

さてお話ですが、神様を癒す島で、番人に下僕として雇われた(というか、強制された)青年のお話になります。
1巻なのでまだまだLの部分は少ないのですが、働いている獣人の方々や癒しに来る神様の設定が面白く、何よりもミステリアスなオーナー・夕凪が魅力的で、最後までワクワクしながら楽しめました。

2巻を読めるのはまだまだ先になりそうですが、楽しみに待っていようと思います。

0

唐突な始まりだったけど面白い

今回の小鉄子先生の新作は、島を舞台とした千と千尋ちっくなファンタジー作品でした。

天国島という名前もそこにいる獣人たちも、客たちも個性的で小鉄子先生らしかったです。

何と言っても番人(オーナー)の夕凪の瓶底メガネと禊の時の素顔のギャップに南じゃなくともドキドキしてしまいました。美しかった…。

まだまだお話は始まったばかりで、夕凪がどうして天国島の番人になったのかは分かってません。

夕凪のテレてる表情がとても可愛いし、さりげなく男らしい南との距離感にキュンと来ました。島で唯一の人間である2人の恋がどう発展していくのか、とても楽しみでもあります。

獣人たちも全員が詳しく紹介されていないので、何でもお見通しのようなアベがとても気になってます。

0

ファンタジー色全開!

いや、ほんとルチルの小鉄子先生はファンタジーだなぁ;
小鉄子先生至上、1番ファンタジーかも。


バイトを辞め、日本縦断の旅に出た南。
船旅の最中、謎の美女に海に突き落とされてしまいーー…!?

泳いでたどり着いた先は《天国島》という、結界に囲まれた島。
ネタバレしますが、天国島は人外専門の癒しのリゾートです。
訪れるのは、各種神様方。
暮らすのは、浮遊霊に獣人……そして、人間のオーナー・夕凪。

普段はぐるぐる眼鏡で隠してますが、(多分)受けの夕凪は、めちゃ美人。
横暴かと思えば素直で、若者の姿なのに100歳超えてるらしい。 

住人たちも謎多き存在……
私は、犬の獣人・キバが好きです。(ハスキーの獣人)
優しいマッチョでブサ可愛い♡
他にも、鳥人や魚人なんかもいます。
みんなキラキラしていてアイドルみたい。

なぜ南は、天国島の従業員としてスカウトされたのか?
夕凪の正体は?
謎だらけで先が読めない1巻です。

個人的には、今のところ主役2人が魅力的に見えないのが難点。
面白いんだけど、序章ということもあって萌えも足りません。

雰囲気で軽いキスをした南と夕凪。
これからどう進展していくのか、今後の展開に期待です!

いつ、すべての謎が明かされるのか分からないけど、年単位でのんびり待つ覚悟が必要かもしれません^^;

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う