ヘタレワンコな狐神×ツンデレリーマンの癒され&絶倫な同居ラブ!

狐神は紅く咬みつく

kitsunegami wa akaku kamitsuku

狐神は紅く咬みつく
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
29
評価数
9
平均
3.3 / 5
神率
22.2%
著者
きりみゆうや 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
マージナルコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784575380675

あらすじ

「お主も随分よくなっておる匂いでわかるぞ」

ゲイの公務員・篠守は、断れない性格で毎日、残業続き。
空き家調査の仕事で、大きな日本屋敷を訪れた篠守は、狐の耳を持った“伏見稲荷正位 紅葉”と名乗る男と出会う。
「力を分けて欲しい」と強引に迫ってくる彼と、その場でカラダを重ねてしまったうえ、なぜか居候させることに!

実はヘタレで優しい紅葉に、ほだされ始める篠守だったが、毎晩の「食事」はなかなか重労働で――!?

ラブラブなコミックス描き下ろしも収録!

表題作狐神は紅く咬みつく

稲荷正位紅葉
篠守一樹,区役所職員

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • ATOGAKI(描き下ろし)
  • カバー下4コマ

レビュー投稿数3

美形の神様。美形の公務員。美形の友人。美形だらけ!の眼福絵巻。

公務員の仕事は多岐に渡れど、篠守の仕事は区役所の環境課。人が住まなくなったり、倒壊しそうな家屋の調査をしている。これ、すごく今っぽい設定ですよね。
もちろん具体的に何処とは描かれてないものの、過疎化した郊外にはこんな家がごろごろしていると思う。そんな家を調査していたある日、鬱蒼とした大きな庭にぽつりと建てられた社。篠守は、伏見稲荷を名乗る美しい神様と出逢う。
ここからは、まぁ。BLあるある。神様は人の精気を御所望で、美しい篠守はサッサと気持ち良く戴かれてしまう。ここは、アレですね。神様であろうと、淫魔であろうと、ヴァンパイアであろうと。やたら美しい男が美しい男の精気を欲しがってしまうのは常。
篠守は日々忙しく、恋人を作る暇も無く。そもそも自身の性癖について隠していたので、おいそれと恋人を作るチャンスも無かった。なので、降って湧いた神様との交合が願ったり叶ったり、なんですよね。最初は型通りの抵抗を試みるものの、途中からは自分から誘ってしまっている。地味目を装っている割に、はしたなく乱れる篠守はエロいです。
そんな篠守を見守っている、同僚で大学も同じだったイケメンの友人・応野。彼は当て馬ですが、基本良い奴なので、大したこともせず。

ゆるーいサイドストーリーとして。稲荷の神である紅葉は、人の精気を摂るのとは別に、無農薬の米を所望する。田舎には年寄りしかいないけれど、篠守の祖母は粛々と誠実に、農家を営んでいる。役所の仕事を辞めて、祖母の代で終わるというその田畑を継ぐと決めた篠守の決意は些か唐突にも思えたけれど。都会で生きるより、田舎の農家の方が、紅葉を祀る社を建てられるのもあって。共に生きる為という意味も繋いで、四方八方丸く収める。という、エンディング。稲荷はそもそも農耕を司る神様。
美味しいお米を食べたくなりました。農家の方々と稲荷の神様に感謝しなきゃね。

3

ワンコみたいな稲荷

けも耳だ~と思って手に取ったのですが、これはケモ耳要素を求める話ではなかったですね。
それよりも、攻めの稲荷様がワンコみたいに受けの匂いをクンクンする描写が可愛かったです。これは最高。

心情描写的には、受けの気持ちはよくわかりました。一人だった部屋に待ってくれる人がいる、それだけで寂しさが埋まり、いなくなればそれが惜しくなる。
受け側の気持ちはよくわかったのですが、攻め側の気持ちがよくわかりませんでした。

攻めの気持ちがよくわからなかったので、ただただ美形たちがくんずほぐれつしているような感じを受けてしまい...
絵も美しかったのですが、なんだかよくわからない話の印象を受けました。

攻めのわんこ具合は可愛くて、お気に入りです。

2

甘露なにおい

顔立ちはシリアスですがわんこな狐神・紅葉に気に入られ力を分けながら一緒に住むことになった押しに弱い公務員の篠守。

力を分ける=交わり、なわけで、マイペースながらもなかなか強引な紅葉に押し負け、はじめはあまり乗り気ではないものの、紅葉に甘露だと身体のにおいをかがれ抱かれるとぐっと淫靡な雰囲気になる篠守がエッチです。

篠守の同僚の応野がグイッと来るのですが、拍子抜けなほどあっさりと身を引きとにかく最後までいい奴で、途中紅葉と対峙するものの特にギスッとすることもなく。
全体的にさらりと読める神様ファンタジーでした。

美麗な見た目からは想像できない食いしん坊で甘えんぼでやきもち焼きな紅葉がかわいかったです。
表紙の紅葉の紅い着物が印象的で素敵だなと思いました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う