花贄

hananie

花贄
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
20
評価数
7
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344833289

あらすじ

京都老舗の呉服問屋「葛原」の跡継ぎである楓は、四季ごとに一本ずつしか織らないという伝説の反物師・尭庵の元に依頼に向かう。
しかし尭庵は花を使って染色しているため、季節はずれを理由に断られてしまう。
その後、花の代わりに楓の「気」を使って染めることもできると尭庵に言われ喜ぶ楓だったが、「気」を取り込む方法としていきなり尭庵に抱かれてしまいー!?

表題作花贄

尭庵、伝説の反物師
葛原楓、呉服問屋跡取り

その他の収録作品

  • 神贄

評価・レビューする

レビュー投稿数2

京都弁は脇のおっさん一人。

京都だというので期待しましたが、おっさん一人だけが京都弁で他は特にという感じでした。
着物絡みの和風ファンタジーですが、何となくBL、ファンタジー、現代物の三つがうまく混ざっていなかったような。内容は分かるのですが入ってこなかったです。
特に何もないのに、キャラばかり出てくるのも苦手なノリなので置いてけぼりで終わってしまいました。
ファンタジーが特別苦手という訳でもないのですが、BLは現代物の方が好みみたいです。こればっかりは好みの問題ですよね。
不得手な人でも読ませる!というお話ではないと思います。

絵も綺麗なのですが、受けがやたら口を開けているのがすごく気になってしまいました。エッチシーンも、あまり色気がなかったです。
残念。

0

いい意味で裏切られました

伝説の反物師と呉服問屋の跡取りとの、不思議な世界観に引き込まれるラブストーリーです。最初普通の恋愛ものかと思ってたら、ファンタジー要素が強くて、大好きなファンタジー!といい意味で裏切られました♪

お話は、呉服問屋跡取りの楓が、伝説の反物師・尭庵に出会うところから始まります。どうしてもその反物師に着物を織ってほしいと訪ねるのです。でも、四季ごとに1本しか織らないと最初は拒否されて…。
そこで、自分にできることなら何でもすると再度頼みます。それならと、尭庵が出した条件は、尭庵に抱かれることでした。その時に発せられる、楓の「花の気」を使って着物を織るのです。

着物の作る過程や、その着物を神に奉納している家柄(その着物を着ると病も治ると評判でした)や、尭庵という男の存在など、謎解きのような感じでお話が進んでいきます。と同時に、最初の出会いは最悪だったけど、楓は、尭庵に恐れを抱きながら惹かれていきます。
一方の尭庵は、楓を子供の頃から知っていて、再会した時も本当は嬉しかったのでした。

そんな、運命のような2人のラブストーリーと、ファンタジーが上手くミックスされていて、とても続き面白くてキュンキュンしました。初読み作家さんだったけど、他の作品も読んでみたくなりました。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ