太刀風君は侘びている

tachikazekun wa wabiteiru

太刀風君は侘びている
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
著者
うさきこう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344847422

あらすじ

何者かになりたいお年頃、高校二年の木下秀(きのした・しゅう)君はカメラに夢中。気まぐれに応募したフォトコンテストで思いがけず最高額の賞金をもらってしまったからだ。とはいえ以降は鳴かず飛ばずで――いい被写体はないかと校内を彷徨ううち、風変わりな先輩に出会う。愛らしい容貌&華奢で小柄な体格に只ならぬオーラを纏う彼は、華道部部長の太刀風千(たちかぜ・ゆき)。独特のテンポと美意識を貫く太刀風先輩のペースに巻き込まれ、いつしか恋に落ちていた秀君は……!?

表題作太刀風君は侘びている

木下秀,高校2年生
太刀風千(ゆき),高校3年生

その他の収録作品

  • 二木さんは決意する
  • あとがき

レビュー投稿数1

不思議な心地よさ

絵は優しくて繊細でノスタルジックで味があり、お話しのテンポもなかなか独創的なので、好みは分かれるかもしれないです。
私は慣れるまでに少し時間がかかりましたが、慣れてしまうとすんなりと絵もお話しも入ってきます。


偶然にも一度カメラのコンテストで大きな賞を取って以来、次なる賞を取るために焦りが生まれ、その圧にさらに焦れているのですが、自分には『何か』があるんじゃないか、何者かになれるんじゃないか…、という青い思いを抱える木下。

我が道を行き、常に落ち着いていて、独特な雰囲気と価値観を持つ華道を嗜む太刀風。
左右どちらにもハネちゃう髪型で、言動行動が変わっていて掴みどころがないのですがなんだか気になってしまうキャラで、ジト目がかわいい。
木下へ想いを告げる時のセリフが太刀風らしくて好きです。

写真を撮る意味を見出せずもがいている木下が太刀風の感性に刺激を受け、徐々に惹かれていき、その存在が特別になり、目標が出来ていく過程が独特のテンポで綴られていて、決して派手ではないのですが不思議な心地よさを感じるお話しでした。

エロは埴輪はあれどふたりの直接的な描写はなく、ハグやキスのみで作品の雰囲気に合っていたと思います。

熱血コンビの山田と播磨もいい感じに暑苦しくて、二木さんの存在感も光っていて個性的な脇キャラたちもいい味を出していました。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う