不器用なリーマン×囚われの烏天狗

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作明烏夢恋唄

金沢暁人,サラリーマン
御岳山太郎坊翠蓮,200歳,烏天狗の男娼

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下・本編その後、設定裏話

あらすじ

あんた俺を買ったんだから 好きに触れたらいいよーー…」

会社員の暁人が豆腐小僧に連れられ、足を踏み入れた妖怪専用の遊郭。そこで出会ったのは、黒髪褐色の烏天狗・翠蓮という美しい男娼で――…。
絢爛豪華な「遊郭」を舞台に繰り広げられる、男娼と客の純愛絵巻。

コミックス描き下ろしも収録!

作品情報

作品名
明烏夢恋唄
著者
朔ヒロ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
マージナルコミックス
シリーズ
明烏夢恋唄
発売日
電子発売日
ISBN
9784575380699
4.3

(196)

(112)

萌々

(55)

(22)

中立

(6)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
23
得点
852
評価数
196
平均
4.3 / 5
神率
57.1%

レビュー投稿数23

美しい烏天狗と、幻想的な妖の世界をたっぷり楽しめる

何度も女性に騙されて、仕事は上手くいかなくて人生疲れてるリーマン暁人。たまたま手にした割符で妖怪の遊郭かすみ楼に行き、烏天狗の翠蓮と出会います。翠蓮は黒髪、褐色肌に緑色の美しい瞳を持っています。しかし、かすみ楼での翠蓮の男娼としての仕事ではあまり大切に扱われていない事に気づいた暁人はまた変なことに首を突っ込む、、、と思いながらも翠蓮を指名します。
翠蓮の和風の男娼姿がとても美しいです。そして、翠蓮と寝るつもりはないと言う暁人に見せるビジネスでは無い翠蓮の表情が可愛らしいです。そして、事情があって明け方に蓮池の上を飛ぶことしか出来ない翠蓮は、朝日に大きな羽が照らされた姿は美しくもあり、切なくもありました。
暁人はかすみ楼に縛られている翠蓮をほっとけないし、翠蓮も、男娼としての自分ではなく本当の自分を見てくれる暁人を気に入ってしまいます。
しかし、普通の人間と、妖の男娼では思うように逢うことは出来ません。暁人は翠蓮に逢う為に体を張って努力したのですが、結局は翠蓮とは会えなくて。しかし、そんな暁人の姿を知って、翠蓮は命懸けで暁人のいる現世に姿を現します。
現代風の翠蓮の姿がまた素敵で読んでいて、デートしている二人が普通にたのしそうで幸せで。しかし、、現世では夕方が別れの時間になるんです。かすみ楼は明け方が別れの時間だったのですが、朝焼けと夕焼けという夜と昼の狭間で別れの時間が来るところがエモいと思いました。このお話、朝焼けや夕焼けのシーンの絵はとても感傷的な気持ちになります。そして夜に提灯で張りめぐらされた結界の様子はとても幻想的な雰囲気があって、とても美しい世界に浸れます。
無理して現世に来てくれた翠蓮には必ず罰が与えられると知った暁人は、、ラストは直接読んで欲しいです。
暁人は無鉄砲な所があるけど、お節介で突っ込んだ首を最後まで諦めずに翠蓮に向けた所が良かったし、翠蓮は真剣に恋した事がなくて、ビジネスから離れると、途端に少年のような初恋に目覚めた可愛らしい姿に何度も見惚れてしまいました。
二人でタバコを吸うシーンはとっても良いですよ!
絵の美しさや世界観、設定がとても面白く、登場する妖はどれも個性的で見ていて楽しくて、萌えだけでなくストーリーがとても楽しかったです。

1

男娼とリーマン

ファンタジーBLですが、どちらかというと二人の恋物語がメインなので、それほどあやかし感はないかも。

彼女に振られて落ち込んでいるリーマン暁人。助けた豆腐小僧に例としてなにかのおふだをもらう。
これが、公園の奥地に隠された怪しの楼閣で、誰でも指名できるという札だった。。
という設定。

そこで出会った、翠蓮という烏の妖怪。朝黒黒毛のかわいらしい妖怪さんです。
二人は男娼と客という関係を超えて惹かれ合うが、しがらみもあり。
それをどう乗り越えてゆくのか、というお話でした。

絵がきれいで、Hもしっかりあります。
仕事柄擦れているかと思いきや純情な翠蓮。一方、チャラくみえるリーマンの暁人も恋愛や人間関係には真摯で。。
大きなどんでん返しはないけど、二人が晴れて恋人になるまでのストーリーを楽しめます。

1

絵と世界観がマッチ

きれいな絵と世界観がマッチしたドラマチックなラブストーリーだなと思いました。
妖怪モノってよくわからなくて、妖怪にも性欲があったり遊郭があったりするんだな〜と思いながら読んでいました。

明烏は…夜明けは一夜の終わりの意味で遊郭では烏は嫌われると翠蓮は言っていたけど
暁人が夜明けの大空を飛ぶ翠蓮を見て
─「夢の終わり」は一日(げんじつ)の始まり
─こんな始まりなら 少しは現実も 楽しいかも知れない
のシーンがよかったです。
そちらの世界で烏はそういう存在でも、暁人にとって翠蓮はきれいで飛ぶ姿にワクワクする恋する相手だというのがよく伝わる。暁人のポジティブな人柄も。

ただ、きゅんポイントの照れた表情とか、ここ萌えですよ〜とわかりやすく示されているようで正直なところ少し恥ずかしいなと思う場面がいくつかありました。

暁人のスタイルの良さ、翠蓮の腰を抱く絵が好きです。

壺に憑いていた犬神と暁人が盟友になっていたのは笑いました。どこまでいい奴〜。そしてポチ太郎ってw
番頭さんの妖怪、公園にいた妖怪の子どもたちがかわいらしかったです。

noe67ではアンドロイドの設定がしっかりしていて読み応えあり、本作では妖怪の世界…あとがきの陰陽五行のエピソードがおもしろかったです(私は詳しくないですが)
ファンタジーでもこういう裏設定、マンガの中の理(ことわり)がしっかりしていると、どういうこと?と変なところで疑問が沸かずストレスなく読めるのでありがたいです。こういう作家さま好きです。

1

クリティカルヒットやわ

遊郭モノ、和風ファンタジー、黒髪褐色美人お兄さんと一途でイイ人すぎる攻めの、切ない純愛、だと…?

わしの大好きなワードばっかりじゃん。
えっ、コレ、間違いなく「神」でしょ?

もうね、すべてが自分の好みに命中しすぎて客観的にレビューが書けない。すみません (^^;)

『恋染龍雨衣』が良かったので、次にシリーズ1作目のこちらを読ませていただきました。相変わらずの絵の美しさと伏線回収の凄さに圧倒されました!特にクライマックスのシーン、先がもう絶望しか見えなくて泣きそうになりました。

朔ヒロ先生の作品はどれも本当に素晴らしい。いつか先生の上下巻マンガとか読んでみたいです!

2

読むのが逆になっちゃったけど

「明烏夢恋唄」「羅城恋月夜」「恋染龍雨衣」の中では1番切なかったと思いました。

それは暁人が1番平凡な人間でお人好し故に、危ういと思ったからです。実際に翠蓮と出会ってなくても真っ直ぐで無鉄砲な生き方は長生き出来ないと思いました。

でも、そんな暁人だからこそ翠蓮は禁忌を犯してまで彼を危険から遠ざけようとするんですよ。それが逆に暁人を危険な目に合わすとは思ってないんです。

誰にも理解されずに年季が明けるまでを淡々と過ごしていた翠蓮の元に届いた光が暁人なんです。このお互いを思う気持ちにジンっと来ました。

やはりこのシリーズ大好きです。もっと人気が出てその後の3CPのお話が読んでみたいです。続巻希望します。

個人的に暁人が買った壺に入ってた犬の妖怪が好きでした♡

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP