羅城恋月夜コミコミスタジオ有償特典小冊子

rajou koizukiyo

羅城恋月夜コミコミスタジオ有償特典小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
双葉社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
羅城恋月夜(但コミコミスタジオ限定販売)
ページ数
20ページ

あらすじ

発売記念、コミコミスタジオ限定有償小冊子
人間界で『でーと』するお話

表題作羅城恋月夜コミコミスタジオ有償特典小冊子

茨木童子,かすみ楼の男娼だった鬼
東御門紺,陰陽師

レビュー投稿数1

しばしの楽しみに

本品は『羅城恋月夜』のコミコミスタジオ有償特典小冊子です。 

本編幕間、2人が京都でデートするお話になります。

鬼の愛情表現は簡単で
気に入った相手とはとにかく交わる事です。

紺もシキとの交わりを喜んでいるようですが
ここにきて2ケ月が過ぎても
1度も家に戻ろうとない紺が心配になります。

しかし紺は今帰ったら
妖怪との付き合うなんてもってのほかと言う祖父に
家に閉じ込められてしまうと言います。

それなら何か我慢している事や
恋仲の人間がする事があるのかと聞かれた紺が
望んだモノは・・・

B6版サイズで表面はフルカラー、内面はモノクロ印刷、
番外短編とキャララフ画を収録しています♪

シキとのデートでした♡

角を隠してオーバーサイズの服を着せられたシキは
約束のお茶を買いに行こうと今日の街にくり出します。

お茶を選んで漬物屋をのぞいて
シキへのプレゼントをがっっり買った紺は
即帰ろうとしてシキを驚かせます。

人間嫌いの自分のためなら気遣いは不要と言うシキに
紺は「元の茨木のほうがななえぁって」と返し
シキの胸を切なくさせる

・・・というホロッとさせられる小話でした。

心を許し合っていても
人間と鬼と言う種族の違いをチラ見させられ
2人の別れを暗示させるお話でした。

相手の幸せを願うからこそ
動けないシキの心情が切ないかな。

うぅ、2人の幸せな未来が見たいです (>_<)

※他店舗特典(レビュー済)
フェア特典はパロディ編、
コミコミ特典は紺の妄想編になります。

0