許せない男 〜警視庁特殊能力係〜

yurusenai otoko

許せない男 〜警視庁特殊能力係〜
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
3
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
愁堂れな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
円陣闇丸 
媒体
小説
出版社
集英社
レーベル
集英社オレンジ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784086803380

あらすじ

指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。立て続けに瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…?
一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに!

表題作許せない男 〜警視庁特殊能力係〜

レビュー投稿数2

シリーズ4作目

忘れない男シリーズ4作目。表紙左の徳永さんが好きなので、続けて読んでます。非BLなので、恋話は無いのですが、すいません脳内ではめっちゃ妄想してます。

今回は仲間の刑事が襲撃されたり、相棒の徳永に小型爆弾が送り付けられたりと物騒なスタート。瞬が徳永の周りに張り付いて、犯人の洗い出しをしようと考え、とりあえず徳永は瞬の家で寝泊まりすることになり・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
淫らなシリーズの高円寺&たろーちゃん(出た!)、りゅーもん、ミトモ(情報屋)、佐生(瞬の同居人)、事件関係者複数。

**より 内容に触れる感想

過去の事件からの新しい事件というもので、二時間ドラマ!という感じは否めないし、今回の事件の真相は結構「えー」と虚しくなるものでちょっと悲しかったのですが。(酷い目に遭う人がいたと分かる事件だった)

瞬くんがいい子なんです。そして、一回みたら絶対忘れないという素晴らしい能力。外部メモリーでも持ってないと無理じゃないのと思うのですが、今回も遺憾無く能力を発揮して事件を無事解決してくれます。判断力、指揮力、行動力などを持つ徳永さんとのペアで最強でしょと思います。

徳永さんがカッコよくてめっちゃ好きなので、もうちょっと続かないかなあと思うのですが、先生頑張ってネタ続けていただけますか・・・?今回逃げ帰ったたろーちゃんも、もうちょっと出てほしいです!待ってます!

2

徳永さんって実は…と思ったシリーズ3作目

忘れない男シリーズ3作目。
今回も特能係の2人が犯人逮捕に活躍します。
以前徳永さんとバディだった刑事が襲われる所から始まる物語。
なんか不穏な感じからのスタートですが、今回も犯人に切ない側面があって…人を襲うのは決して許される事じゃないけど、犯人に寄り添う気持ちがあるのも人として徳永さんがとても素敵だからだなぁ、と改めて大好きになりました。
事件はなんとも切ない感じですが、事件以外の部分では1作目とは逆に瞬の家に徳永さんが泊まったりして、徳永さんの普段瞬に見せないのに、今回は見せてる行動とかが深読みを誘って楽しい
非BLですが、徳永さんの情報源がゲイバーのママだったりして、実は徳永さんがそうとかないかなぁ…と勝手に妄想して楽しんでました
しかし今回は徳永さんがそうなのでは!?と思うシーンがあって…シーンというか、友人刑事の高円寺の一言なんですが、ちょっと勝手に1人で興奮してしまいました
あと、遠宮課長という美人新キャラがめちゃ気になる。なんか徳永さんと過去に色々あったのでは…と色々深読みしたくなるシリーズ3作目でした
もうシリーズ6作目まで出てるのでやっと半分まで追いついたって感じですが、シリーズを読み進めるほどに面白くなっていくので先が楽しみです

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う