X-law

X-law

X-law
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×26
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
56
評価数
19
平均
3.2 / 5
神率
5.3%
著者
mine 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784796414104

あらすじ

辛いこと全部、オレと出会うための前フリだろ?

ゲイ専門の相談所「X-law」で働き始めた元刑事の新入り・寺島。寺島にだけ塩対応の強気で美人な上司・西郡。そんな6歳年下の西郡がドストライクすぎて、出会ってすぐ勢い任せに告白するが、返事は保留のまま。しかしある依頼の解決後から西郡の様子が明らかにおかしい…。心配になった寺島がマンションに押しかけると「相性が良かったら考えてやる」と西郡に誘われ、ついエッチをしてしまうが――?

表題作X-law

寺島,元刑事,X-law勤務
西郡育,寺島の上司

同時収録作品庄司通孝の恋のはなし

庄司通孝,ヤンキー高校生
青木由宇,伝説のヤンキー?

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数4

設定が面白い

ゲイ専門の相談所「X-law」を舞台に、元刑事・寺島と上司・西郡が依頼を受けていくバディもの。
シリアス感は殆どなく、思っていたよりライトな作品。
メインは、寺島と西郡のラブストーリーになります。


「X-law」で働き始めた寺島は、美人で強気な上司・西郡にアタック中。
そして、西郡とバディを組んだ依頼で事件に巻き込まれ、それを機に体の関係を持つようになりーー…

「X-kaw」のコンセプトは、〝固定観念を壊して人生再スタート〟
人の心の妙を意識させるストーリー展開に引き込まれました。
そして、誰よりも心に闇を抱えているのは西郡で……

優しくて感受性豊かな寺島から告白されながらも、簡単に受け入れられない西郡。
ある事件の遺族である西郡は、他人から面倒くさがられながら生きてきました。
天涯孤独になった西郡の心は、本当は寂しくて寂しくて悲鳴をあげていたんだと思う。

ただ、この西郡の抱えているもの、抱いている感情が分かり難かったように思います。
西郡の寂しさや喪失感みたいなものを、もっとダイレクトに感じられたら感情移入できたと思う。
もう少しエピソードが欲しかったかなー

Hの方は、西郡が潮吹きまくっててエロかったです。
寺島が、とにかく優しくてキュンとした♡

最後まで素直になりきれない西郡が可愛いけど、ちょっと残念。
2人の関係の変化をもっとじっくり味わってみたかった。
大きい事件にも巻き込まれてみてほしいし。
社長の四谷がカッコよくて、この人のお話も読んでみたいです。


同時収録作は、ヤンキー高校生のお話。
意図せず伝説になってしまった青木と、青木を守り抜くNo.2の庄司。
素の青木の笑顔が可愛くて萌えました♡
この2人のお話ももっと読んでみたいです。

ファーストコミックスということですが、絵はお上手で読みやすかったです。
今後の作品にも期待してます!

4

続編を希望したい!

初めて読んだmine先生の作品です。
mine先生のデビューコミックスになります。

こちらは、表題作の他に『庄司道隆の恋のはなし。』が同時収録されています。

X-law勤務 寺島と同僚 西郡 育のお話。

「X-law」とは、ゲイ専門の何でも相談所
そこで働く新人社員の寺島と6歳年下だけど先輩の西郡。
寺島と西郡は、ゲイからの様々な相談を受け、解決に向けて取り組む毎日を送っていました。
しかし、寺島は西郡が何かを抱えていることに気が付き…。

うーん、この作品はとても面白いのにもったいないなと思いました。
ゲイ専門の何でも相談所を舞台に、社員の寺島と西郡、そして所長 四谷さんの関係を絡めながら、ゲイからの相談を解決していく物語です。
ゲイ専門の相談所という特殊なコンセプトも面白いし、人間関係も魅力的だし、西郡の抱える闇にも目が離せないし…でも、いろいろと中途半端になっているように感じました。
この作品は、上下巻またはシリーズ化にした方が良かったのでないでしょうか?
いかようにもストーリーを広げられる素晴らしい素材があるので、全てのエピソードを深く読みたかったです。
とくに、西郡の過去は回想シーンを含めて見たかったな(泣)

…とは言え、物語は間違いなく面白いですよ!
「X-law」の名前の由来は…「固定観念」を壊して人生を再スタートのきっかけを作ること。
その「X-law」を立ち上げたのは、所長の四谷さん。
初めての依頼者から社員になったのが西郡。
四谷さんと大学時代からの友人が元刑事の寺島。
この3人と猫のすずちゃんで「X-law」は成り立っています。
所長の四谷さんがよく口にするセリフ…
「人の心はナゾだぜ?」
自分の心さえもままならないのに、ましてや他人の心がわかるわけがない。
だからこそ「X-law」に依頼される案件は簡単そうに見えても複雑なのです。

そんな「X-law」で働く寺島の「どストライク」が西郡でした。
物語では、すでに寺島が西郡に交際を申し込んで返事待ちの状態からは始まっていますが、2人の会話から理解できるので置いてけぼりにはなりません。
西郡の塩対応にめげない寺島がすごい(汗)
見どころは、どこまでも優しく一途な寺島が闇を抱えている西郡の気持ちを少しずつ変化させていく過程です。
見守りと放置は紙一重
大切なのは、本気で相手を想う気持ちがあること。

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラとしては、所長で小説家の四谷さん、猫のすずちゃんが登場します。
四谷さんもゲイだと思うのでスピンオフがあったらいいな(笑)

Hシーンは、想像以上にありました!
濃厚ではないのですがエロさがほどよくあって、セックス中の西郡の表情にも注目です。
2人の距離が縮まるほど、西郡の表情が柔らかくなっているんですよ (〃ω〃)
これからは、寺島に身体も心も委ねてもっとトロけて欲しい♡

描き下ろし『X-law』
本編のその後のお話。
恋だと認められるきっかけが欲しい西郡ですが…。
西郡のために頑張る寺島が可愛い!

同時収録『庄司道隆の恋のはなし。』
ヤンキー高校生No.2 庄司 通孝とヤンキー高校生No.1 青木 由宇のお話。
高校入学早々に先輩ヤンキー達に因縁を付けられた通孝。
そこに現れたのは恋人で幼なじみの由宇でした。
ヤンキーの頭にビビった由宇は足を滑らせ…。

まさかのヤンキー伝説誕生と純粋なラブストーリーが並行している可愛いお話でした。
通孝が命を懸けて由宇を守るところが痺れる!

何回も読み返して思うことは…やっぱり、続編はないのでしょうか?
まだまだ読みたいエピソードがあるのはもちろんですが、この先の寺島と西郡の恋の行方も見守りたい。
そして、西郡の過去が解決することはないけれど、それでも少しは抱えている闇に光が見えるといいなと思います。

やや粗削りなところはありますが、mine先生の絵柄はすっきりとして読みやすく、ストーリー展開もお上手でした。
これからが楽しみな作家先生です。
個人的には、イマドキな表紙も好みでした♡

少しでも興味のある方は読まれることをおすすめします。

3

執着心強めの元刑事 × ワケあり男前上司

(↑男前より美人の方がしっくりくる気がする)

ひえ〜!かっこいい表紙。
黒地にネオンカラーっぽい黄色がおしゃれだなぁと思い、迷わず購入しました。

タイトルになっている『X-law』とは、ゲイ専門相談所のこと。
law=固定概念を壊して人生再スタートのきっかけをつくる、そんな理念が込められた社名です。
寺島は社長の四谷と長い付き合いがあり、刑事を辞めた後X-lawへ転職することに。
そこで出会った上司(だけど年下)の西郡に惚れ、猛アタックするものの、塩対応であしらわれるばかり…
というのが物語のスタート時点の関係です。

ドンピシャの言葉が見当たりませんが、常に陰をまとう西郡と真逆で、寺島には人間の根っこの部分に「健やかさ」みたいなものを感じます。
西郡が劣等感込みで苛立つ気持ち、なんとなく分かるな。

とはいえ、西郡がつれない態度を取るのは単にタイプの問題ではなく、とある過去の事件が関係していて…
それがふたりの恋の鍵となってきます。

壮絶な過去を持つ西郡。
刑事を辞職している寺島も、実はそれなりの傷を抱えていて。
ふたりを繋ぐ社長・四谷もなかなかに濃いキャラ。
「人の心はナゾだぜ?」という四谷社長の決め台詞通り、登場する依頼人たちもそれぞれ面白い。
これほど充実した設定なのに、140ページ弱。
うーん、短い!!(ToT)

西郡にゃんこは懐かないところも魅力のうちだったのに、最後はあっさり絆されちゃって嬉しいような悲しいような。


残りのページは、『庄司道孝の恋のはなし。』というDKカップルの短編。
四谷が高校の時、人としての幅を広げるため1年だけヤンキー高校に編入したというエピがあったので、関係あるのかな?!と思ったけど無関係でした(笑)

萌評価にしたけどアイディアはすごく面白かったと思います。
絵も綺麗だし次の作品が楽しみです。

0

メガネがっ・・・!

表紙のメガネに惹かれて購入しましたが、表紙以外では1度もメガネをかけるシーンがなくてちょっとがっかり。
内容は面白かったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う