神様はたぶん左利き

kamisama ha tabun hidarikiki

神様はたぶん左利き
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×211
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
3
得点
196
評価数
53
平均
3.8 / 5
神率
43.4%
著者
虫歯 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784834262957

あらすじ

父親が背負った借金を返済する為、祖父が経営する印刷所で偽札を製造することになった夜野。ヤクザに言われるがままに偽札を作り続ける中で、夜野は印刷工として「ならばせめて、出来の良い偽札を作ってやる」と自分を鼓舞する日々だった。

そんなある日、ヤクザの紹介で〝人間コピー機〟の真倉が印刷所へやってくる。まるで感情のないロボットのような真倉の態度に夜野は突っかかるが、ある出来事をきっかけに、二人の距離は急激に縮まっていき……。

表題作神様はたぶん左利き

同時収録作品君は総天然色

その他の収録作品

  • 真倉×夜野編(描き下ろし)
  • 夜野×真倉編(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

圧倒的オリジナリティ

BLというより青年マンガのような絵柄にぶっ飛んだストーリー。
ところがどっこいで、偽札作りなんて到底想像もできないような世界観なのに、技術への一途なこだわりや、やたら人情味に溢れていたり、個性的なキャラクターの魅力に一気に引き込まれてしまいました。
勧善懲悪と言えない、絶対に悪いことをしているのに真っ直ぐで切実というかアンバランスさの魅力というか。
そして前代未聞の攻め受けのルート選択も作者様の紹介ページが面白すぎました。
そしてどっちが攻めでも受けでも両方イイ!!!
エロシーンはほんのちょっぴりしかないし即物的な感じなのに何故か萌える!!
これは神ですね!!!!
終わり方がちょっと呆気なかったり、色々粗いところはあっても、圧倒的なオリジナリティに感服です。

7

澱が残る

虫歯さんは前作がすごく好きだったのでかなりの期待を持ってこの本を手に取りました。この読了後の複雑な虚しさをなんといえば良いのか難しい…
偽札作りを通して心を通わせていく一癖も二癖もある青年たちのストーリーで、設定、展開、キャラクターは他に類を見ない素晴らしさでした!
それはもうBL、ボーイズラブの必要性がないほど…雑誌掲載分どおり、この二人はボーイズライクで良かったのでは?
あえて書き下ろしでエロ部分を追加。しかもカップリングを固定せず2?3パターンのゲームブック方式だったのには失望しました。
そのチャレンジ精神は買うけど、作品では作家さんの考える二人の世界をきっちり示して欲しかった。
メインとなるストーリーではこれでもか!と言うくらいオリジナリティ全面出しなのに、BL部分だけなぜ編集さんや読み手に寄せるのか。
最後の最後でこれまでじっくり描いていた二人の関係性を投げっぱなされるようで、心に澱が残る一冊となってしまいました。

3

リバじゃないけどリバっぽく読める

偽札造りを通して出会った二人が、完璧な偽札作りを追求しつつ、巷で出回っているお粗末な偽札の出来に憤慨して真犯人を追跡するという他に類を見ないストーリーでした。
印刷技術、そしてお札の美しさ・精巧さについて熱く熱く語られているので、読んでる途中でつい財布からお札を取り出してしげしげと眺めてしまいましたけど、ほんと、お札って凄いんですね…と。
ちゃんとBがLしてるけど、そっちよりも印刷技術の追求ストーリーとして面白く読み終えてしまいました。(あれ?)

攻め受けが固定されずに巻末に3パターン用意されている、という終わり方で私はそこにとっても大きな興味を抱いてどういうことなんだろう?とこの本を手に取ったのですが私はとてつもなく大きな勘違いをしていて、お話の終わり方が3パターンあると思ったんですね。それは大きな間違いです。終わり方は一つです。
ただ途中の第3話で、二人が寝床でキスをして~そのまま朝を迎えるという箇所があって恐らくエロに突入したはずなんだけど何も描かれていないところがあり、それが実際、どっちだったのでしょう?ということで、3パターン用意したのでお好きに読んでくださいな、というものでした。

じゃんけんで攻め受け決めた結果の真倉×夜野・夜野×真倉・あいこだったのでエロなし という3パターンが用意されてます。
「ルート分岐なので同軸リバではない」ということを念頭にお読みくださいとありますけど、それぞれのキャラの特色が良く出たエロ展開になってるのでリバ好きの私としてはまるでリバのように読めて、どっちも美味しかったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ