杏シロップ エレとタカラ(3)

杏シロップ エレとタカラ(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
4
平均
4.5 / 5
神率
50%

評価・レビューする

レビュー投稿数2

すくすく育ってます

とうとうエレにも焼きもちってう名の経験を!!

今日は学校でピクニック。
そこでタカラ達と出あうのですが、メスのお友達がタカラにベタベタ。
なんだか胸がぎゅーって痛くなるのです。
勿論、愛情こもったエッチでそんな気持ちも吹き飛んじゃうのですが
いまいち焼きもちを理解してないエレであった…(でもそこがいいのだ(^^)

そしてエレのおじいさんの命日です。
タカラと暮らすため、おじいさん(お墓)を一人ぼっちにしてきたことに
罪悪感をおぼえるエレですが、そこはタカラぬかりありません!!
エレを連れてくる時におじいさんのお墓に魔法をかけてまして
お墓の周りは一面お花畑で綺麗に綺麗に咲いてます。
コレなら寂しくないですよね。

あとはまた新しい獣族登場で今度はトリ族。
お話はなんだかシリアスムード。
次巻はタカラ王城へ行くでしょうか?

といいつつ既にこの本が発売されてから7年近く経ってるんですがね…
でもある意味ショタの部類に入るこの本
やはり続きは商業誌では難しいのか…でも続き読みたい。

1

やっぱりあまあまな、タカラとエレ。

『エレとタカラ』のシリーズ3作目。
ショタ好きでもない私がおもしろくて大好きなシリーズだから、ショタ好きの方にはかなりのオススメの作品です。
あまあまHも満載だけど、それだけでなくストーリーもしっかりしているのでおもしろい。

タカラの敷地内に学校の授業でピクニックに来たエレたち。
王子様のようなタカラに女の子達は大はしゃぎ。
それを見たエレは初めて『やきもち』という気持ちを知ります。
やきもちをやくエレに喜ぶタカラ。
そして2人はあまあまH。
エレって本当に可愛い。
(*´∀`*)

そしてエレのおじいちゃんの命日に、タカラとエレは一緒にエレのお家に里帰り。
今でもおじいちゃんの『死』を受け入れられないエレだが、タカラの深い愛情で辛かった出来事を受け入れ、成長します。
今回の作品は精神的に、ほんのちょっとだけ成長したエレでした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ