色恋試合に勝負あり!

irokoi jiai ni shoubu ari

色恋試合に勝負あり!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×216
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

70

レビュー数
6
得点
201
評価数
45
平均
4.5 / 5
神率
55.6%
著者
綿レイニ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
Tulle Comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784861238703

あらすじ

このギャップは反則技

剣道の団体戦にどうしても勝ちたい大学生・黒川は、IH優勝選手の桃井に剣道部に入れとしつこく迫る日々。
つれなく断られるが諦めきれず入部を賭けて一対一の勝負を申し込む。
が、あっけなく負けてしまった黒川。さらにペナルティとして“ケツを叩いてほしい"と言ってきた!?
あまりにも意外な命令に最初は戸惑う黒川だったが、
普段はスカした態度の桃井が見せるエロい姿に次第にドキドキしてしまい…?

真っ直ぐで負けん気が強い攻 vs 捻くれ者で強がりな受

表題作色恋試合に勝負あり!

黒川将伍,大学1年,剣道部員
桃井和葉,大学1年

その他の収録作品

  • 延長戦:新技お披露目(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:キャラプロフィール,4コマ漫画

レビュー投稿数6

ギャップの受け

自分の神評価の基準って何だろう、と考えた時に、悶えるほどのキュンがあったか、とか、読み返したいと思えるほど刺さる何かがあったか、とかそういうことなんだなと思っています。
この作品は割とすんなり読めてしまった方なのですが、ありました、キュンを超えたギュン!が。
たった一コマ、一セリフなのですが、あまりにも可愛くて我慢ならず、しばらくページを戻ってもう一回読んでを繰り返してしまいました笑
自分的には納得の神評価です。

剣道のライバルの恋模様のお話で、いきなりお尻叩きのシーンから始まります。
でも、読んでみるとハードなエロやSMでは決してなく、通してソフトタッチです。
読み終わった今では、むしろこの性癖はピュアだったのでは、とも思えるほど。

そんな性癖持ちの受け・桃井ですが、この子がかわいい!
ちょっと生意気そうなクールビューティー、でも剣道がとても強い、でも少し変態的嗜好を持ってる、でも... のように、話が進むにつれてギャップが重なりに重なるキャラクターで、最終的にとても魅力的に感じました。
そんな桃井に常に真っ直ぐな攻めの黒川も、懐が深くて熱くて優しい、いいキャラクターです。
後書きの、担当さんから「どっちも受けですね」と言われたエピソードに笑いました。
確かに、と思いましたが、私はそんな優しい世界も好きです。


最後に、上で触れた「あまりにも可愛」い箇所についてですが(抑えましたがネタバレかもしれませんご自衛を)。

まず私はキスに弱い...!
そして健気にも弱い...!
そんなところにあのセリフ!!

超特大バズーカを受けた気分でした。
もし同志の方がいらっしゃいましたら、ぜひ読んでみて一緒にバズーカ受けてください。

4

かわいいの大渋滞

もはや作家買いになりかけている、私の中で最近とても気になっている作家さんです。

まず絵がめちゃくちゃ好みなんですよね…。
しっかりとした筆致で丁寧に描かれていて、すごく見やすいので、作品にストレスフリーで入り込めるんです。
そして、心の機微を表情にのせるのがお上手なので、キャラクターの感情がセリフを読む以上に繊細に伝わってきて、ぐいぐい引き込まれてしまいます。

こちらは、まるまる一冊剣道部の大学生カップルのお話です。
大学の剣道部に所属する黒川(攻め)と、同じ大学に通う桃井(受け)。
ふたりは高校時代からの剣道のライバルです。桃井はインターハイで優勝するほどの実力の持ち主ですが、大学では剣道部には所属していません。
黒川は桃井をしつこく勧誘しますが、にべもなく断られ続けます。
諦めきれず、「負けたら何でも言うことを聞く」という条件で勝負を挑みますが、惨敗。
万策尽きたと思われた矢先、桃井から言われたペナルティは、「ケツを叩いてほしい」というもので…。

発破を掛ける意味での「ケツ叩き」かと思いきや、桃井が望んでいたのは、まさかの物理的に叩くほう。
いきなりスパンキングから始まっているので、SMモノなのかな?と思いましたが、最後までお尻を素手でペンペンしているだけで、それ以外のSM要素はありませんのでそこはご安心を(?)。
ストーリー自体は、距離を縮めていきつつも、誤解からのすれ違いがあって、でも最終的には想いが通じ合って大円団、みたいな王道展開なので、特筆すべきところはないんです。
でも、その分ふたりの感情のゆれ動きが丁寧に描かれているので、納得感もありますし、読み応えも抜群です。
そして、なんといってもふたりのキャラクターが魅力的…!

受けの桃井がかわいすぎてどうにかなりそう。
そもそも表紙からしてかわいいじゃないですか…。
普段表紙に言及することはほとんどないんですが、あまりにもかわいすぎてコメントせずにはいられませんでした。
悩ましげな表情と控えめにシーツを掴む手。そしてやわらかそうなお尻…。眼福です。

普段はスン…としているクールな男の子ですが、黒川が絡むと表情をくるくると変えて、照れたり笑ったりと素直な反応を見せます。そのギャップがたまりません。
実は高校時代から黒川に片思いしていた桃井。
彼を忘れたくて、大学では剣道部に入りませんでした。
けれど、しつこくつきまとってくる黒川に、一回きりだと半ばやけくその気持ちでお尻を叩くようお願いするのですが、意外にも黒川との関係は続いてしまいます。
諦めていた相手と体だけでもつながっていられて嬉しいのに、やっぱりセフレになってしまうのは嫌で。
言葉は少なめなのですが、黒川を想う気持ちはひたすらに一途。
そのあまりのいじらしさにはもう頭を抱えるしかありませんでした。
最終話の、桃井のセリフからのキスシーンがもう本当に甘々で幸せなので、全人類見てください…!

攻めの黒川もとても真っ直ぐで良い子です。
桃井をライバル視しつつも、剣道の腕前には惚れ込んでおり、一目置いています。
そして自身も相当の剣道バカ。
体の関係から始まってしまいますが、新しい一面を知るたびに桃井をかわいいと思うようになり、いつしかそれを自分だけに見せてほしいという独占欲を抱きます。
流されて絆されて…ではなくて、ちゃんと自分なりの答えを見つけられていて良かったです。

エッチシーンは多めです。いつでもどこでもゴムを常備しているのにちょっと笑いました。
書き下ろしも糖度高めで、めちゃくちゃハッピーでした。色々な技を覚えてだんだん小悪魔になっていく桃井に、これからも当分勝てそうにない黒川。彼を打ち負かせる日は来るのでしょうか…。

ラブラブになれたふたりをもっと見ていたいと切実に思いました…!
続編を期待したい作品です!

3

スパンキング最高!!

いろいろ最高すぎました。

まず、大前提 絵が綺麗!!私絵の好き嫌いが激しくて絵が好みじゃないと読めないんですが、この作品は大丈夫でした。私の好き嫌い相当激しいので多分この絵が嫌いな人はいないんじゃないでしょうか。

次に、桃井がかわいい!ツンデレってデレの方向が私の好みと合わなかったりしてツンデレと謳われていても意外と萌えなかったりするんですが、この作品はめちゃめちゃ萌えました。キュンキュンした。まじで桃井かわいい。ってかそもそも桃井って名前もかわいいな…♡

最後に、スパンキング最高!!!スパンキングある作品ってそもそも少ないし、SMだったり、あるいは絵があんまり好みじゃなかったりで読めるものがなかったので初めて出会えました!最高!ちゃんと桃井がスパンキング好きな理由も描かれてるので謎にお尻叩いてるわけでもなく良かったです。

久しぶりのヒットでした!続きがめちゃめちゃ読みたいです。

[追記]
表紙もかわいいですね…攻め視点で受けを見られる表紙って意外と少ないのでは…?最高です。

3

絵も話も好き〜!

表紙の絵に惹かれ、試し読みから話の内容に惹かれ購入してみました、ストーリーもキャラデザも受け&攻めの設定も私好みで最高でした!




↓ネタバレ含みます
とにかく受けの桃井君が可愛かったー!普段ツンツンクールな感じなのに実際は一途で健気で…。個人的感覚ですがツンデレのデレ多めな感じの受けでした、最高。デレるとわかりやすくすぐ顔に出たり聞かれたら素直に答えちゃうのがたまらなく可愛いです。また、スパンキングに目覚めたきっかけになったのも攻めだったというのが桃井君には黒川君だけ、という一途感があって良かったです。
攻めの黒川君も自分からぐいぐい行くタイプなのが良かったです。最初はノンケゆえの抵抗を見せてましたが徐々に桃井君にハマって執着を見せるのが良かったです。
最初の一歩を踏み出した桃井君も気持ちを自覚してから繋ぎ止めるために動いた黒川君もお互い頑張ったのが好きでした。書き下ろしも甘々で最高でした…同棲して欲しい…!二人とも可愛すぎるので続編が読みたいです…!

1

ツンデレ可愛い

表紙買いで内容を知らなかったのですが面白かったです!

剣道で犬猿の仲だった桃井が大学生になってから剣道をやめてしまい剣道部になんとか入って欲しい黒川がお前が勝ったらなんでも言うこと聞いてやるよと言って勝負し桃井が勝ちケツを叩いてほしいとお願いされ聞き入れた黒川。
叩いている最中シコりだしイって満足した桃井にどうしても諦めきれない黒川が『辞めんなよ 悔しいけど好きなんだよ!お前の剣道!』と言ったら再び勃起し黒川に触られイった勢いでキスしようとし止められ、『一回でいいからキスさせろ!』と桃井が言うと『お前オレのこと好きなの?』と聞かれうんと答え、それを聞いてひらめいた黒川が『明日の剣道部の稽古に来るなら稽古の後にキスしてやるよ』と言い、次の日桃井が剣道部に入ります。

稽古後に約束のキスをしてもらい、叩くやつのおねだりもして、穴もいじったり、その後もどんどんやることやってく中で桃井のかわいい反応や笑顔、不器用ながらに誘う姿に黒川が惚れていくのがよくわかりますし、桃井のツンデレがかわいいです!
お尻を叩くといってもガチなやつではなく、部活の時に黒川とのじゃれあいで興奮したのがきっかけでSMではないです。
桃井の片想いが実ってよかったです!

1

桃井が強い

大学生、剣道男子、白と黒の袴、高校時代からのライバル関係…
これだけでも十分うまうまな設定なのに、さらにプラスされてくるのはスパンキング…
綿レイニ先生の描かれるニッチな性癖がじわじわとツボります。

というか、黒川の順応性の高さ〜。
まず、なんでおしり叩くの?より剣道やんないの?の疑問の方が先って(笑)
そして、桃井もおしりへの欲望がエロい。
叩くといってもめちゃくちゃ痛かったりハードな感じではなく、性癖の原因も黒川にだから叩かれて感じてしまうという気持ちありきの拗らせでした。

剣道男子らしく?体育会系のノリで桃井に絡んでいくうちにどんどんとハマっていく黒川。
桃井の塩対応の中に見せる控えめな表情変化、ふと見せてくる笑顔の破壊力にはそりゃそうなるでしょう…(噛み締め)、となります。
後半から加速してくる桃井の可愛さにきゅん必至です。
普段ツンとしてる分、繰り出してくるデレの強いこと…!剣道も強いし、もういろいろな意味で強い!可愛い!
これはもう黒川は桃井に勝てないわ…。
完全に勝負ありで、描き下ろしの桃井の新技にも完敗な黒川でした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う