ホントウは恋のはじまり

hontou wa koi no hajimari

ホントウは恋のはじまり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
28
評価数
7
平均
4 / 5
神率
0%
著者
火崎勇 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
タカツキノボル 
媒体
小説
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
カクテルキス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784866693798

あらすじ

愛してる。もうお前を離せない……
大学時代の憧れの先輩・戸部に誘われて就職したデザイン会社に、イジワルな先輩木曽がいたことに絶望する深田。木曽は戸部と実は恋人同士のハズなのに、「好きだ」と深田に告白してくるから。からかわれていると無視していたが、優しくされるたび何がホントウか分からなくなってしまう。熱で仕事を休んだ木曽を見舞いに行くと、そこは最低限の家具しかない空間で……彼の心に触れた深田は、木曽のホントウの気持ちを一つずつ知っていき!? 不器用な先輩×ほんわか後輩のピュアラブ

表題作ホントウは恋のはじまり

木曽義人,先輩の会社のデザイナー兼副社長
深田大和,憧れの先輩が起業した会社に就職した新入社員

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数1

何気ない言葉が世界を変える

今回はデザイナー兼副社長と新入社員のお話です。

憧れの先輩と付き合っているはずの攻様から
アプローチされ続けた受様が攻様の想いを受けてれるまで。

受様は将来デザイナーになりたいと思っていましたが
親が普通大学でないと学費を出さないと言われ
入学した大学でデザイン同好会に入部します。

その同好会はプロのデザイナーについて
批評するような会でしたが

ウェブデザイナーを目指す2学年上の先輩と出会います。
憧れ先輩となった彼は面倒見も良く、
大学卒業と同時に自分の会社を立ち上げた先輩は
「青田買いだ」と受様を彼の会社に誘ってくれるのです。

受様は先輩の下でなら楽しい会社生活が送れると
入社を楽しみにしていましたが
その会社には受様が苦手意識を抱く人がいたのです。

攻様はまるでモデルのような美形ですが、
口も態度も悪くいつも人を馬鹿にしたような態度をとる
デザイン同好会の幽霊部員でした。

先輩とても仲が良かったのですが、
受様は小馬鹿にされ続けていたのです。

ところがある日突然、
攻様は人に親切になり、毒舌も止まったかと思ったら
受様に「好きだ」と告白するようになったのです。

揶揄われているとわかっていてもいい迷惑だったのに
攻様は就職先の副社長かつデザイナーで
受様を自分のアシスタントに指名までするのですよ。

受様の会社生活は前途多難!?

恋人がいるのに受様にアプローチする攻様と
苦手意識を抱えながらも彼のアシスタントとなる
受様の恋物語になります♪

久しぶりの火崎先生のBLでの完全新作で
告知が出た時からとても楽しみにしていました。

攻様からアプローチをされ続ける受様ですが
実はデザイン同好会の部室で偶然、

攻様が先輩から「愛している」と言われ、
攻様もまた先輩に「愛しているさ」と言いあう
会話を耳にしていたのです。

その時、受様は
一旦はその場を離れて頃合いを見て戻ると
攻様だけがいて捕まってしまいますが

その後から攻様の他の人に対する態度が良くなったので
受様は先輩が攻様を変えたのだと思い
一緒に会社を立ち上げてずっと一緒にいるなら
今も関係が続いているのだろうと考えています。

それなのに自分にも「愛している」と不誠実な嘘をつく
攻様が受様は好きになれなかったのです。

受様が憧れる社長と
受様が苦手にしているのに迫ってくる攻様と
2人の恋人同士だと思っている受様という

秘密と誤解の織り成す三角関係もどきなので
コミカル要素が強くなっていくのかしら!?
と思っていたら

攻様に社長以外の女性の影まで見えてきて
迫られている受様は益々攻様を敬遠していくので
攻様の恋は実らなそうなのですが
そこからの逆転劇がすごく面白かったです♪

受様といる事で攻様は変わっていくのですが
受様は攻様の恋人を先輩だと思っているし
攻様も自分の事情を隠し続けるので
攻様の謎というか秘密はなかなか解けません。

それが判ってみると
受様への気持ちに嘘はないとわかるのですが
まさにそれがタイトルに生きてました (^O^)/

次作も楽しみにしています♡

4

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う