鳴けない小鳥と贖いの王 ~彷徨編~

nakenai kotori to aganai no ou

鳴けない小鳥と贖いの王 ~彷徨編~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

4

レビュー数
6
得点
119
評価数
27
平均
4.5 / 5
神率
74.1%
著者
六青みつみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
稲荷家房之介 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010224

あらすじ

はるか昔、楽園のような浮島に住んでいた翼ある
一族――その血をひく「癒しの一族」の青年ルル。
聖なる森の片隅で平穏に暮らしていたある日、
何者かに村を襲われルルだけが生き延びた。
力を使い果たし、小さくみすぼらしい鳥の姿に
なり死にかけていたルルを救ったのは、
旅の青年クラウスだ。
懸命にルルを助けようとするクラウスを、
ルルは誰よりも慕っていく。
ようやく元気になった小鳥のルルは、
クラウスが王族で王になるために
ある人物を探していると知り!?

表題作鳴けない小鳥と贖いの王 ~彷徨編~

クラウス・ファルド,25歳~,旅の青年
ルル,15歳~,癒しの民

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

途中から拷問されている気分で拷問中のまま読了…

この展開で、伏線回収しないまま『つづく』に萌えられるのは、もはや真性Mかと。
受けが凄惨な目に遭うのは六青先生ファンタジーBLのお約束だけど、最初はほのぼの途中から惨すぎる展開になり、そのまま終わるとかまさに生殺し……
自分はとてつもなく忍耐力がある!と豪語する人にしかオススメ出来ない内容でした。マジキツいです 涙

4

意味深すぎるタイトルに惹かれて

今回はある目的で旅をする王族の青年と癒しの民のお話です。

故郷を失った受様がある目的で旅する攻様が出会い、
自国に戻った攻様が誤解から手放した受様と再会するまで。

受様の祖先は空に浮かぶ島に住んでいた翼神で
末裔となる受様達は"癒しの民"と呼ばれています。

癒しの民は大陸の中央に位置する聖域にて
聖域にのみ生える護樹から滋味を得て暮らしていますが
滋味を得られるないと衰弱し死んでしまうのです。

癒しの民は護樹の側で暮らす以外に滋味を得るには
運命の片翼を見つけて一緒に生きるしかありませんが

聖域は49年に1度の祝祭期間以外は
堅固な壁と結界によって常に閉ざされており
外界の人間が入るとこも、
受様達が中から出る事もままならないのです。

しかし、受様5才の時の祝祭の時期に
運命の片翼だと確信できる少年に出会うのです。

少年は両目を一文字に切り裂かれ
胸には毒矢を受けて瀕死の状態でしたが
受様の必死の対処と癒しの力により
なんとか命の灯を繋げます。

少年は自分の名を告げ、
必ず迎えに来る約束の証として
由緒ありげな宝石のはめ込まれた指輪を
残して去っていくのですが

受様が12才の時、聖域を恐ろしい悲劇が襲い
受様だけが鳥に似た獣の姿に変り
高い壁を越えて外界に逃げ延びるのです。

故郷も家族も失った受様は
運命の片翼たる彼を探す旅に出ますが
滋味を得られずにいた受様は
自分の命の限界を感じていました。

そんな時に受様の変化した鳥を助けた青年こそが
祝祭の時に出会ったかつての少年が
成長した攻様だったのです♪

攻様は瀕死の鳥を受様と知らずに助けます。
受様は人の姿ばかりか声まで失っていたので
自分が何者であるかを攻様に知らせる事ができません。

それでも攻様と共にいる事で滋味を得た受様は
人の姿を取り戻して攻様の旅の同行者となるのですが
攻様の旅の目的とは自分を助けてくれた恩人である
"癒しの民"を伴侶として自国に戻る事だったのです。

声を失った受様は自分が彼の探し人だと言えずに
もどかしいままに過ごすのですが
攻様はある街で出会った女性を自分の探し人だ
と言いだして!?

かつて地上の王を選んだ翼神の血を引く受様と
ある王家の血を引く攻様の恋物語になります♪

タイトルに「彷徨編」と付く事からもわかるように
単巻では終わらない続きモノになります。

六青先生と言えば不憫受ですよね♡

不幸のオンパレードな人生を生きる受様に
ハラハラ、ドキドキさせれるストーリー展開には
毎回うるうるさせられるのですが
今回も胸が痛い展開でした ๐·°(৹˃ᗝ˂৹)°·๐

攻様の事情は旅の途中にぽろぽろと語られ
攻様が恩人として見つけた癒しの民の女性を
自国に戻る事で攻様の立場もはっきりするのですが

受様の恩人である以上、
彼女は攻様に嘘をついている事は明らかで
彼女に寄り添う聖導士も共犯者の匂いがプンプンです。

受様の故郷を襲った悲劇については
逃げ続けた受様に正しく把握できるはずもなく
読者にも全く謎のままです。

本作は実に素敵なところで「To be continued」です。
出来る限り早く、続きを読ませて頂きたいです!!

5

間違い無く神作品

「偽りの王子と黒鋼の騎士」の発売から1年以上経っていたのですね。あの時も夢中になって読みましたが、今作も家人が帰宅して夕飯の支度で中断したくないほど世界観に引き込まれました。

そして途中でタイトルの「~彷徨編~」で気が付きましたが、続き物でした。泣。

もうハダルが登場してから、ルルが可哀想で可哀想で胸が痛くなりながら読みました。人を見る目が無くて後悔した過去は忘れたのかと、クラウスに腹が立って仕方がありませんでした。

ただ「偽りの王子と黒鋼の騎士」のエリュシオン程は悲惨な目には遭っていませんのでご安心を。

ようやくクラウスと再会したところでお話は終わっていました。

何故クラウスはルルを奪還しに来たのか?ハダルはどうしたのかなどまだまだこれからです。
果たして攻めザマァな展開になるのか、とても楽しみであります。

早く続巻読みたいです!

5

続きを早く…!

なにとぞ続きを…!早く…!
続きめちゃくちゃ気になります。そして、早く甘さあるご褒美ターンを下さい。今作は切なすぎましたゆえにっっ!

はぁ。それにしても切ない、辛い。
何がって受けへの仕打ちが、扱いが、です。
さすがの六星先生…(^ω^)
中盤からメッタメタに打ちのめされ続けたのちに、ちょっぴり攻めざまぁな展開をのぞかせてから次巻に続く!なのでホント続きが気になりますし、今作の甘さのない展開に次巻こそは!と期待も高まり、次巻の発売が待ち遠しいです。

感想を含めたあらすじ(クラウス×ルル)
「癒しの民」であるルルが、命に関わるほどの大怪我を負ったクラウス少年を癒しの力を使って助けるところから物語は始まります。
ルルによって命を救われたクラウス少年から、いつかまた、必ず会いにくる。きみを迎えに来る。と指輪を渡され、別れた幼いふたり。
ロマンチックが止まらない…!
クラウス少年の宣言通り、十年後ふたりは再会するのですが、クラウスはあの時命を救ってくれたのがルルだとは分からない。
瀕死のクラウス少年は両眼を切り裂かれていて幼いルルの姿を見ていないから。そして、再会時、ルルは口がきけなくなっていて助けたのが自分だと説明出来ないうえに、クラウスから贈られた指輪を失くしてしまっていたから。
ますますロマンチックが止まらない…!
ちょっとした萌え描写もあったりして楽しくって、どんどん読み進めていたのですが(T ^ T)ここからひたすらルルの受難の日々が始まり、クラウスに対して腹が立って腹が立って仕方なかった!!
こんなに攻めに対して腹が立ったのは初めてかも。
レビュー書いている今だからこそ、少し冷静になって、クラウスにも事情があったんだからと思いもするんですけど…それでも、これは少々の攻めざまぁ展開ではクラウスを許せそうにない。
クラウスが贖いの王を謳うのなら存分に贖っていただきたい所存。
しかしまぁ、ルルは良い子なのでこんなことを望みもしないし、思い付きもしないんでしょうが。


やるせない気持ちを散々ぶつけたレビューになってしまいましたが、面白い作品です。必ず次巻も読みます♡

あと大事なことを。現時点で甘さがほぼ無い作品であるという話はしましたが、なんと今作、えろもありません。皆無です!
そして、女性が嫌な役で登場します。チラッとでは無いです。中盤に入る前から事あるごとに登場です。苦手な方はご注意を。

最後にどうでも良いことを少しだけ。
タイトルの「贖い」皆さますぐ読めましたか?
私、初見でなぜか「まかない」と読んでしまって、一瞬困惑しました٩( ᐛ )و

9

安定の

先生買い。読み終えた時「ぬあーーーーーーーーー」と雄叫びをあげてしまうお話でした。六青先生安定の「受け不憫すぎ」話、本編250Pほど。雑誌に載っていたものを改稿+その続き50Pほど、そして終わってないです。続きを気長にお待ちになれる方、受け不憫大丈夫な方限定でおススメです。

大陸中央の聖域で、「護樹」に護られ生活していた癒しの一族のルル。3年前の12歳の時、何か非常に恐ろしいことがあって故郷、家族を失い、幼い頃に出会った「運命の片翼」を探しています。しかし聖域の外では長く生きられない身、鳥の姿にしかなれず、そろそろ力尽きるかと思われていた時に、ある青年に助けられ・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
ハダル(♀、意味不明)、ラドゥラ聖導師(ハダルを守ってる人?)、ダリウス(商人の息子、ルルlove)、ダリウス父の隊商メンバー少々。ほんとハダル意味不明、女丸出しでむかつく。

++ より内容に触れる感想

まんまと六青先生に踊らされて、ハダルに超むかつき、クラウス(攻め予定)のくそったれにむかつき、「もうダリウスでええやんか」というのが読了後の素直な感想。不憫受けってあんまり好きじゃないんですけど、六青先生の不憫受けは例外なのかなあ。当作のルルちゃん、頑張りはするけど、あえなくハダルに排除され、斬りつけられ、おいおい死んでまうやんか・・・とほんとに気の毒でしようがない。ルルちゃん、ほぼ人生諦めてますよ、当作終わり時点では。

攻めの誤解はやむを得ないとは思うし、その仕打ちも冷静に考えればしょうがないと理解したいのですが、なにしろ腹立たしい。くそったれ何すんねん!と怒りしかなかったんです、最後の5Pぐらいまでは。ふふん、その最後、思いっきり攻めザマアになっているので、ちょっとだけ溜飲が下がった心地です。

雑誌で読んだときも「ぬあーーーー」となったのですが(雑誌の終わりがとんでもないところだった(六青先生の通常運転))、今回、なんと本の終わりでも「ぬああああああ」ですので、あまり耐性無い方はご注意ください。甘さ無いです。本当に続きは一体いつでるのか不明ですし、うっかりすると年単位で「待て」になるかもです。待ちますけどね。

9

お前にはガッカリだよ!!!

六青先生、お久しぶりの新刊で、本格派ファンタジーになります。
「彷徨編」って事からお察しのように続き物ですが、次巻で完結になるそうです。

で、こちら、めちゃくちゃ評価が難しいお話なんですよね。
えーと、続巻と込みで初めて正当な評価が出来る作品と言うんですかね。多分。
とりあえず今巻ですが、ひたすら痛いし胸がつぶれそうに切ないし、あと攻めに死ぬほど腹が立ちます。
もうマジでこの男、アホなのか?
ただのアホなのか?
女狐にいいように操られて、これほど健気な受けにこの仕打ち。
死んで。
本当に死んで!

まぁそんな感じで、二人のスレ違いがって言うか、攻めの愚行が酷い巻なんですよ。
とりあえずラストで、素晴らしい攻めザマァがきそうな空気を匂わせてますけど。
こいつな、本当に見捨てられて、受けの何倍も何倍も傷付けばいいのに。
後悔の中、寂しく一生を終えればいいのに。
いや、それはそれで受けが不幸だから、一生を受けへの償いに使って生きて欲しいけど。
あっ、だから「贖いの王」か!?

で、内容です。
癒しの民であるルル。
ある日突然に一族を惨殺されて、唯一鳥の姿になって逃げ延びた彼ですが、聖域から離れた事で力を失い瀕死の状態に陥るんですね。
そこを救ってくれたのが、旅の青年であるクラウス。
実は過去にクラウスと出会い、彼が自身の「運命の片翼」だと確信しているルルと、それがルルだと知らずに命の恩人を探しているクラウス。
真実を伝えてクラウスと共に生きる事を望むルルですが、力を無くした鳥の姿では喋る事が出来なくてー・・・と言うものです。

と、こちら、このあらすじでお分かりいただけると思いますが、互いに運命の相手でありながら、意思の疎通が難しいばかりにスレ違ってしまう二人の物語なんですね。
で、最初に本格派ファンタジーと書いた通り、世界観なんかもしっかり作り込まれてますし、壮大なストーリーもとても面白い。
そう、「神」評価で全然おかしくない作品なんですよ。
なんですけど、今巻はとにかく痛いし、攻めのダメさ加減に血管がぶちギレそうに腹が立つ。

いや、そもそもね、最初はとてもほのぼの可愛いんですよ。
瀕死の状態である鳥姿のルルを助けたクラウス。
必死で看病し、元気になると今度は目に入れても痛くない可愛がりよう。
ルルですが、運命の片翼であるクラウスがそばに居る事で回復し、更に人間の姿に戻れたんですよ。
このね、人間姿になったルルとクラウス、二人で旅を続けるパートが、唯一心温まる優しい時間だったよなぁと。

が、ここから急転直下。
その旅の途中で知り合った聖導士と、連れとなる美しい女性・ハダル。
実はこのハダルですが、自身が癒しの民で、あの日出会って命を助けた恩人だと名乗りでる。
で、彼女こそ探していた相手なのだと国に連れ帰り、王妃として迎え入れるクラウス。
そう、クラウスですが、実は運命の相手を探して放浪の旅に出ていた王子だったのです!
二人は皆の祝福の中、結婚式を挙げ、ハダルを妬んで彼女にケガをさせたルルを追い出して、幸せに暮らしましたとさ。
ちゃんちゃん。
みたいな。

えーとね、これ、ハダルと言うのがかなりの女狐なんですよね。
で、彼女に操られ、ルルを誤解するクラウス・・・。
いや、確かに事実だけ見ればルルのやってる事って酷いんですよ。
ハダルに熱いスープをぶっかけ、妊娠中の彼女を階段から突き飛ばして殺そうとした。
でもそれ、全部ハダルに仕組まれた事で、完全に冤罪なんですよね。
冤罪なんだけど、すっかり誤解したクラウスはルルを国外追放にしてしまう・・・。
もうこいつ、ただのアホなのかーーー!?

いや、そんな中でも一生懸命ルルの話を聞こうとしたり、ルルを好きだからこそ、裏切られたとより怒りがわいたんだろうと情状酌量の余地はあるんですよ。まぁ1ミリ程度だけど。
それにしてもな、こう、あまりに酷い。
ルルを助けた時はいい攻めだと思ったのに、お前にはガッカリだよ!!と。

で、ひたすら不憫な受け・ルル。
国外追放された彼ですが、ここからも更に苦難が襲う・・・。
もう、涙無しに読めないですよ。
攻め、マジで死んで!

えーと、ただ終盤で、ここから大どんでん返しが来そうなんですよね。
いや本当、久しぶりに対面したルルからのセリフに、凍り付くクラウスに超スカッと!!
ちなみに、癒しの民が奇襲されたあの日の真相だったり、二人が離れていた2年の間に、一体何が起こったのか?
そして、二人の恋の行方はー?
と、ここから見処と萌え満載なんだと思います。
そんなワケでとりあえず、こちらの評価は「萌」で。

続きが気になって死にそうなので、続巻が発売されてからまとめて読んだ方がいいかと思われます。

25

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う