明日の君に、言いたい事がある。(上)

ashita no kimi ni iitaikoto ga aru

明日の君に、言いたい事がある。(上)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×212
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

32

レビュー数
4
得点
203
評価数
49
平均
4.2 / 5
神率
53.1%
著者
瀬戸うみこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784403667657

あらすじ

兄に続き、幼なじみの悠晟をも失ったカナ。
殺された悠晟の運命を変えるため……!?
瀬戸うみこが描く命懸けのタイムリープ・ラブ、上下巻同時発売!!

表題作明日の君に、言いたい事がある。(上)

犬飼悠晟,モデル,幼馴染
月宮奏斗,24歳,悠晟の死の運命を変えようと奔走する幼馴染

その他の収録作品

  • すれ違ってた頃の2人。(描き下ろし)

レビュー投稿数4

イブの惨劇を打ち破れ!

※このレビューは下巻未読の状態で書いたものです※

4年前、何者かに殺された瞬間に、死ぬことで24時間前に戻ることができる力を手に入れて、死を回避した、幼馴染みの悠晟のことが好きな奏斗(かなと・24歳・受)と、高校時代に奏斗に救われ、奏斗のことが好きな幼馴染みの悠晟(ゆうせい・攻)の、クリスマスに毎年起きる連続殺人に翻弄された奏斗が、悠晟を殺させないために葛藤し奔走する、タイムリープ・サスペンスラブストーリーです。

この本の発売を知り、レビューも読まず徹底してネタバレを回避して、まず上巻を読み終えたのですが…上巻で既に、すごく面白かったです。

主人公の奏斗。
5年前に両親を事故で亡くし、4年前に兄・律(享年24)を殺されています。「兄の死は自分が殺されるのを回避してしまったせい」と思い、後悔と贖罪を胸に犯人に固く復讐を誓います。
悠晟もまた、ただの好青年というわけではなく、彼だけで本一冊出せそうなくらい、家庭内のイザコザでボロボロになった過去があります。

被害者に共通点がない、4年前から続くクリスマスイブに起こる連続殺人。
今年の被害者は、悠晟だった。
奏斗は何度でも命を投げ出す、悠晟を助けるために。

他の被害者遺族たちと話して、思わぬ共通点を見出だして事件を紐解いていくミステリー的な側面もありワクワクしましたね。
そして、タイムリープしたために存在しなくなった、奏斗しか知らない「人生で一番幸せな24時間」があまりにも幸せそうでその後の展開のショックがすごかったです。
シリアスなストーリーの最中でも、瀬戸先生独特のコメディセンスが時々光ってて、思わず吹いたりする所もあって、メリハリがあると思いました。

全体的に見たら、起と承が終わったくらいなんですかね…?犯人はもう既に登場している…んでしょうね…だとしたら誰なのか。そして「人生で一番幸せな24時間」は、再び訪れるのか。明日の君に、会うことができるのか。

期待と不安を胸に、これから下巻を読みにいってきます!

0

なんでしょう、難しい

上下巻読みました。手に取った理由は新刊で2巻セットくらいのボリュームが読みたくて、、そして、綺麗な表紙。
瀬戸うみこ先生の瞳の描写は惹きつけられますね。ほんと、綺麗。
これは、サスペンスでやや設定が分かりにくい。詰め込まれ過ぎな感じがしました。私がこの本を読む心の許容値が足りなかったのもあるかもしれません。
シリアスならシリアスでギャグっぽい部分は無くても良かったような…?
BLなんだけど萌えに繋がるわけではありませんでした。サスペンスって分かってたら楽しめたのかな?また、時間をおいて読んでみます。

1

タイトルに込められた、ネタバレ。

タイトルがネタバレ。出オチ。なので、私たちはこの物語の経緯を見守るしか無い。
タイムリープして。文字通り命懸けで、悠晟と明日を迎えたいと切に願うカナ。
カナの願いは成就するのか。

登場人物を整理してみよう。
4年前、兄の律を亡くした奏斗。
双子の妹を亡くした花邑さん。
妻を亡くした獅子川。
お祖父さんを亡くした水鳥。
全て同じ手法で1年毎に殺害されていて、犯人は未だ見つからない。
集まった遺族にはそれまで関係は無く、この事件を通して知り合う。
共に犯人を見つけ、復讐すること。
一体事件の真相は何か。犯人の動機は?
次の被害者、恋人の悠晟とカナは明日を無事に迎える事は叶うのか。

カナは、死ぬと24時間前にタイムリープする事が出来る。
それは。4年前、当のカナが殺された日から始まっている。
殺された24時間前に生きて戻れたカナは、元の世界とは違う行動をした事で、
「その日」兄の律は殺されてしまうのだ。カナは自分の身代わりに兄が亡くなったと気付く。気付くのが少し遅かったので。何度死んでみても、24時間以前には戻れないので、兄の死を食い止める事がカナには出来ない。
あの時の様に、今度は悠晟を失ってはならない。
カナは決死の覚悟でまた。自殺を試みる。死への痛みの感覚は、生きている24時間前に戻れても身体に残るので、カナがいつも全身に痛みを抱えているのが切ない。

物語は中盤に、カナの恋人で幼馴染の悠晟との出逢いに遡る。仲の良い家族の内に育ったカナとは違い、悠晟は家庭環境に恵まれていなかった。父の暴力と息子に依存する母親。貧困。困窮する生活の中で、唯一。キラキラと輝く笑顔で救ってくれたカナ。
ここで疑問が発生する。悠晟の父は、悠晟にだけ辛く当たる。妹たちには手を出さない。
悠晟は父の子では無いのか?という謎は回収される事は無い。この後フツーに父とは絶縁する。悠晟が家を出てからは、頼りなかった母親は何とか生活する様になる。
近くに居ると依存する。悠晟は依存されるのでは無く、ただ愛されたかったと泣くのだ。
悠晟がひたすらにカナを想う気持ちも切ない。
そんな悠晟を死なせたく無いから、自分と関わらせない様にと突き放そうとするカナ。
常に愛を告白する悠晟に。「明日、返事するから。」と告げるカナの気持ちがタイトルに込められている。「明日の君に、言いたい事がある。」

ちょっと遺族が多過ぎる気がしないでも無いし。
引っかかる謎は全て回収されたわけでも無い。
物語が進むに連れて、それぞれの遺族に共通項のある事に気付いていくドキハラ。
真夜中に読んでいて、背中に冷たいものが走る。そしてちょっと分かりにくい。
よく、映像化不可能と呼ばれる作品があるけども。
本作は映像化された方が分かりやすいかもしれないなぁ、なんて。思いながら次巻へと続く。

時々。ピリついた雰囲気を和ませる2頭身キャラの、ギャグっぽいセリフは息抜き。

1

命懸けのタイムリープ

この話は上下巻になっています。滅茶苦茶中途半端な所で下巻に続きますので、上下巻セットでの購入をお勧めします。
シリアスな話なので、イチャイチャ甘々な話が好きな方には合わないかもしれません。
ストーリーは殺人事件の犯人を突き止め、今年起こる殺人を食い止める為の謎解きが重要になるので、ネタバレは見ずに読んだ方が面白いです。



以下、ネタバレ含みます。

主人公のカナは、5年前両親を事故で失い、4年前の12月24日に兄の律を殺されました。それから毎年12月24日に同様の殺人事件が起こっていて、その遺族達が警察よりも早く犯人を見つけて殺そうと、5年目の12月24日に集まって相談しています。
そこに来た今年の被害者の知らせは、カナの幼馴染の悠晟だというものでした。
死ぬと24時間前にタイムリープ出来る力を持つカナは、悠晟を救う為に自殺してタイムリープします。

悠晟はカナが好きで告白していますが、カナはそれに答えていません。カナも悠晟の事が好きですが、殺人事件が原因でその事は伝えていません。

恐怖も体のダメージもあるタイムリープを何度繰り返しても大事な人を救えない絶望感。

登場人物がBLにしては多めで、犯人は誰だ?と疑心暗鬼になりながら読み進めることになりました。

描き下ろしの話は、本編では少な目のエロ成分を補充出来る話ですが、正直1周目では穏やかな気持ちで読む余裕がなく、上下巻読み終わった後に読み返しました。


3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う