「女になったから抱いてくれ!」

小林先輩は女の子でシたい

kobayashisenpai ha onnanoko de shitai

小林先輩は女の子でシたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神66
  • 萌×227
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない6

9

レビュー数
20
得点
466
評価数
109
平均
4.3 / 5
神率
60.6%
著者
うり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
&.Emo comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784796414333

あらすじ

累計30万DL! SNSをザワつかせた圧倒的面白さ!!! むっつりクールなちょいS後輩×(とにかくヤリたい)チョロかわ無自覚M先輩のハプニングラブ!

「俺は膣イキ連続アクメをしてみたいだけやねん!!!!」
イケメンバーテンダー(←自称)の小林文博は、朝起きたら何故か女の体になっていた…! 状況はサッパリ飲み込めないが、とりあえずおめかしして、バイト先の後輩・高津の元へ向かう。目的はただひとつ――女の体で抱かれるため…!!!!! しかし高津の衝撃告白により想定外の問題発生…!!?
SNSをザワつかせた女体化(?)BLがついにコミックス化!

表題作小林先輩は女の子でシたい

高津将吾,26歳,バーテンダー
小林文博,27歳,バーテンダー

その他の収録作品

  • その後のおまけ(描き下ろし)

レビュー投稿数20

センス爆弾

面白すぎて気づいたら普段BLを読まない友人にも激推ししていました。そして無事、その友人もBL沼に沈んでいきました。

ポップで明るい話なのにきちんと伏線があって読み応えしかなかったです。

ギャグのセンスもありすぎる。こんな表現の仕方あるんだ〜〜〜と驚かされました。吹き出しの外にあるセリフにもぜひご注目いただきたい。センスの爆弾でした。

みなさんもおっしゃっていますが、女体化苦手な方も問題なく読めるんではないでしょうか。たぶん。ちゃんとBLでしたので不安に思われている方はご安心ください。

2

発想がすごい!

素晴らしい、の一言です。
好きを通り越して、尊敬します。
発想が…笑いのテンポが…ツッコミが…
はらだ先生のハッピークソライフ2巻以来(あれ、案外最近だな…)のツボでした。
最初の設定もさることながら、話が進んだ後の「女の子として扱われたい」願望、面白すぎます。

そして、高津、めちゃくちゃタイプです。
ああいうタイプが好きだということを、(今まで散々BL読んできて、同じタイプも山ほどいたというのに)初めて自覚しました!
無表情で突っ込まれたい〜(ボケにですよ)

前作の「推しの美容系〜」とキャラも内容も全然違っていて、引き出しの沢山ある先生なんだな〜と感じました。

これからも楽しみです!

そして続編ないかな!?
この2人がまた見たい!!!!!

1

広告で気になってたあの作品!

Twitterにたびたび流れてきた4ページ程度の広告マンガからずっと気になってた作品。
単話買いはしない主義なので一冊版になるまで待ってましたが、待ってた甲斐あっての面白さでした。
広告の段階ではBL…なのか??と疑問符ついてましたが、その辺りの疑問不安も吹っ飛ばすしっかりとしたBL。
関西弁のノリと軽さでサクッと読んでサクッと楽しめる良作です。

個人的ツボシーンは、女体化姿を抱いてる時は実は手を抜いていた…っていう恋人として結ばれてからの催眠術抜きで男として男に抱かれているあのシーン。最高でした!!

0

面白かった!

実は以前にとある女体ものBLを購入して痛い目にあっていたので、このジャンルは嫌厭してました。

ところがちるちるさんのレビューランキングに入って来たので試し読みで読んでみたら、想像していた女体ものと違っていたので購入してみました。

こんな発想もあるのかと目から鱗でした。高津視点の回想で思いっきし笑わせてもらいました。

最初は小林の欲望はどうかと思いましたが、高津のお姉さん辺りが出て来てからは小林が可愛く見えて来てしょうがありませんでした。
ちょっと腹黒な高津も好みでした。
2人の会話のやり取りとか何度も吹きました。

神にしたいところですが、もうちょっと女体化でのあのシーンが少なければと思い萌2です。

それにしてもうり先生の発想力に脱帽しました。先生の他の作品も読んでみたくなりました。

3

最高

前から立ち読みはしていて気になってはいたのですが性転換モノかぁ……と悩んでいたんですが買ってよかった!!!
女の体って……ああ、そういう事なのね
女の子でも男の子でも小林先輩は可愛いには違いない。
テンポもよく2人の掛け合いが面白すぎて声出して笑ったところもありました。
あと、高津くんが顔も中身もカッコよすぎです。
タメ口でS出してきたところなんか、にやにやがとまりませんでした。
小林先輩のキャラも可愛らしいし
言うことなしです。

2

うり先生、すごい

女体化…、個人的にあえて読もうとするジャンルではないし、どちらかというと苦手なんです。
でも、うり先生の新刊読みたい欲がまさって読んでみたら…。
めちゃくちゃ面白かった。
いやー、読んでよかった〜。
うり先生、すごい。

女体状態でのエッチシーンもあるんで正直ちょっと、わあ〜…、となっちゃうかんじもありましたが、女体化の概念の捉え方が斬新すぎて、どんどん脳内伝達物質がバグってきて、小林ちゃんが可愛くなってきて読み進めるうちに無問題に(笑)
これはもううり先生の手腕のすごさにつくづく唸らされましたね。
あのローテンションの高津相手にハイテンションを貫き通していく小林の女体化思い込み劇場。
見事に惹き込まれ痛快なテンポが楽しくて抜け出せない。ふたりの関西弁のやりとりも軽快で小気味良くてずっと見ていたくなるような中毒性。
タメ口でSみ出してくる高津はヤバい。
従業員の性事情に巻き込まれちゃってる寛容なマスターも素敵です(笑)
催眠術の技術すごくないですか?

付き合う流れもふたりの出会いからのオシャレなラストまで完璧でした。
センスが素晴らしい〜(拍手)。
すぐおかわり(2周目)してしまいましたし、まだまだこのふたりのお話しを読みたいので続刊して欲しいです。

1

スッキリ笑えてしっかりBL

単話でも毎話配信を楽しみにしていました。描き下ろしもあるしこちらも購入。
Twitterでの数頁試し読みではお話の導入部で大勢を混乱させてましたね(笑)

とにかく関西弁に感謝したくなるくらい二人の会話が面白すぎて何度も笑いました。
TLは苦手というより興味がないだけですが、この作品の女体や小林女版の顔は好きです。でも催眠解けた後足ガクついてる小林先輩の方が好き…途中で顔真っ赤になったりトロる顔も良い!!
高須は表情が変わらずクールなんですが、振り回されて災難なのにそれを自分が美味しい方へ持っていくのがうまい。小林に対する言葉攻めが滅茶良いです…!

最終話では小林先輩の面白いところだけでなく頼りになるところも見られて、や、分かる…これ好きになるよね…と思いました。

おまけも笑いました。お互いに大好き!LOVE!というよりかは、良いコンビという言葉がぴったりです。変に紆余曲折なく本音開けっ広げで、スッキリ笑えてしっかりBLでコメディ部門圧勝です。

3

読後感も良い

最近、女体化ものが増えてきたので抵抗なく読んでみましたが…。
これはとても面白かったです。

女体化ですが実はしていない、受けの小林先輩だけが催眠術でそのように錯覚しているというのが斜め上で初っ端から笑いが止まらなかったです。
全く想像していなかった展開で大爆笑してしまいました。BLでこんなに笑ったのは久しぶりで読後感も良かったです。


女体化が苦手な方でもこの作品は読みやすいかと思うので是非読んでみてほしいなと思う作品でした。

1

女体化どうこうより、うりさんの発想の勝ち!

これ読むまではBLでわざわざ女体化を読む必要もないかなぁと思ってたんですが、、、、いや、アリだね?!
この女体化は「面白かった!」の一択。
欲望に忠実すぎる小林先輩のキャラのおかげで、どこからどう読んでも(おバカ)BLでしかなかったです。
女体化時の小林先輩が女子以上に可愛いのがまた腹立つ〜〜〜。適応力オバケかよ。

結局のところ真実はひとつ。面白いものを描いてくださる作家様が描けばなんだって面白い!
思いもよらなかった発想に1話目から笑わせてもらいーの、画面にはなんだか新鮮なドキドキ感とエロスと萌えが詰まってました♡
読み終わってあの時その時の実際の小林先輩を想像すると萌えがいっそう広がるねこれ♡♡

好きな作家様が描いてくださったおかげでわりとスルッと手に取れたので、うりさんに感謝です!

2

パンチが効いてる

女体化に抵抗はないんですが、商業でやる必要はないだろうと思っています。
でもここのレビューをみて気になりすぎたので、読んでみました。

結果、想像の斜め上の展開でなかなか面白かったです。
ギャグ強めなので、ギャグBLとして読むものかな?と思います。

女体化していると思い込んでいるのは受けだけで、実際周りからは男にしか見えない。
という部分が大前提なので、端からみれば普通のBLなんですが...
読者目線で見える部分にも、男×女な描写があるので、そこは少しだけびっくりしました。
普通に濁したレベルではなく、がっつり描写があるので...

女体化方向にベクトルが向いているので、BがLしてる展開は薄めです。
なのでどうしても萌えは少なかったです。
個人的に良かったのは、方言ですね。会話劇がテンポよくて、ギャグ要素を際立てていると思いました。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う