一途なファンの恋心

ichizu na fan no koigokoro

一途なファンの恋心
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×214
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

32

レビュー数
9
得点
144
評価数
34
平均
4.2 / 5
神率
41.2%
著者
海野幸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
カワイチハル 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784403525346

あらすじ

いつも飄々としている同期の入江が
同じ恋愛育成ゲームをプレイしていると知った颯斗。
しかも攻略キャラは男性アイドルのタケルだった。
驚く颯斗だが、まめにタケルを構う入江を見て、密かに
タケルを羨ましく思う。
昔から何事も人並み以上にできたせいで、颯斗は人に頼るのが苦手だった。
けれどミスをした同僚の尻拭いで疲れきっていたところを入江に
優しくいたわられて……?
会社員同士のオフィス外ロマンス♡

表題作一途なファンの恋心

入江,疾斗と同期入社の5年目社員
佐伯颯斗,熱エネルギー機器メーカーの営業マン

その他の収録作品

  • これは愛の言葉
  • あとがき

レビュー投稿数9

人間味がある二人

最近異世界ものやファンタジーを読む機会が多かったからか、久々の職場を舞台にしたお話でリアル感というか、登場人物たちの体温が感じられました!
もちろんフィクションなのですが、本当にどこかの会社に存在しそうな二人、街中ですれ違ったりしてそうな、そんな感じがありました!

攻めというと、何でも出来て完璧なスパダリが定番。ですが入江はそういう完璧なthe攻めタイプではなく、良い所も至らない所もあります。

完璧な攻めに近いのはむしろ颯斗のほうで、イケメンで仕事もできて気配りもできてリードしてくれる、彼氏の理想タイプ。

そんな理想的な颯斗にも他人には見せない弱い部分があって、でも頼ったり甘えたりはなかなか出来ない。
小さい頃から親に甘えたり頼ったりできる環境に居ないと、大人になっても相手に気を遣いすぎて甘えられない、迷惑になるのではと考えてしまう、颯斗の気持ちに非常に共感しました。

そんな颯斗だからこそ、同性である入江と結ばれたのも納得できました。
同性だからこそ気を張らなくて良い相手、寄り掛かれる、安心感を与えてくれる入江に惹かれたのかなと。

ファンタジー系のように大きな事件があって大盛り上がりで結ばれてめでたしめでたし、という感じでは無いですが、二人のペースでお互いの事を考えながら毎日を生きて歩んでいく感じがとても良かったです。

登場人物が完璧じゃ無いからこそ、人間味があるというか体温があって、私は好きでした。
隣の会社とかで居てもおかしくないような現実味があって(もちろんフィクションですが)、日常のどこかに二人のような萌えが隠れているような気がしてちょっと毎日が楽しくなりました。

0

スパダリさんは甘え下手

作家買い。タイミング逃して読めてないままだったんですが、ようやく読みました。大人同士なのに、可愛いお話でした。

受けさんである佐伯さんが、いやーもういい男!スパダリ!!営業マンとしてのスキルが高く、でもそれは努力あってこそのもの。それは後半の攻めさん入江さん視点だと余計それが描かれてます。
でも本人は、泥臭く頑張ってる事も自覚してるし、自分の能力を過信してる訳じゃない。素敵…。
相手の趣味を尊重し、気配りも完璧。一緒に過ごす時間を大切にしてくれる。こんな彼氏欲しい。

でも、女の私がそんな風に思っちゃう受けさんは甘え下手。本当は頑張ってる自分を甘やかして欲しいし、自分の頑張りに気づいて欲しい。期待されることは苦ではないみたいだけど、出来て当たり前と思われててそれに応え、やっぱり流石だと思われるループには疲れてしまってる模様。
最初あらすじ読んだ時、何で攻めさんに構われてるゲームキャラを羨むんだろう?と疑問でしたが、それは忙しく働くシングルマザーに育てられたからというので納得。誉めてほしい時構ってほしい時も甘えられず、我慢していい子でいる癖がついてしまってたようです。
歴代の彼女もバリバリ働いて彼氏をほっとくような女の子達だったということですが…。でもそこ疑問なんですよね。何で甘えさせてくれるような子選ばなかったんだろう?彼女達に尽くしてきたみたいだけど、何で尽くしてくれるような子選ばなかったんだろう?そこ疑問です…。お母さんと同じようなタイプの女の子に惹かれてしまうって訳でもなさそうでしたが…。
両想いになってゲイだったのかも、なんてくだりがありましたが、でも甘やかしてくれる男ばっかりではない、ぞ…?
歴代の彼女達には無意識に自分がして欲しい事をしていたのかもしれません。

それを叶えてくれたのは、無機物や人以外のものにも情を持ってしまう同僚の入江さん。破れ鍋に綴じ蓋理論で噛み合う二人です。
入江さんは、相手に対し全力で構いにいくタイプ。…なんだけど、受けの佐伯さんに比べると、弱い気がするんですよね。佐伯さんにとっては、自分が欲しい言葉をくれる、肉体的にも甘やかしてくれる彼氏ですけど、先回って何かしてあげる、というスキルは佐伯さんの方が高いし、いや寧ろ佐伯さんが頑張って甘えようとした時しか発動出来てないんじゃ…?受けさんが自覚する前に甘やかしにいくのが良い攻めなんじゃ…?と思ってしまいました。
うーん、なので、甘やかされてとろとろになる佐伯さんが可愛くて甘々なお話だったとは思うんですが、何か佐伯さんのスパダリっぷりに対し、まだまだ頑張れよ入江!と思った次第です。まあ本人自覚してるみたいですが…。

可愛い二人に萌えたんですが、そんな訳でちょこちょこ疑問があったので、神ならず、というところです。

0

本当に甘やかされているのは攻めだと思う

「好きな相手ならますます甘やかしてやりたいと思うよ」「どこまでも甘やかしてやる」と言う攻めなので、さぞかし甘やかしてくれるんだろーなー!と期待値爆上がりしながら読んでたけど、そんなでも無かったような……??
というか、確かに受けのことも甘やかしていたけれど、それよりもゲーム内のキャラにかかりっきりだったイメージのほうが強いんですよね……。

例えば初エッチの翌朝なのに、受けが起きた事に気づいても放置で、ゲームに夢中でスマホから目を離さない。
ここにかなりがっかりしたわ……。
BL世界の攻めなら、受けが起きる前から見つめてるとか、ギュッと抱っこしてくれてるとかが定番なのに、まさかのゲームかよ……。
おいおい「甘やかしてやる」宣言はどこいったよ?
この人、肝心なところでちょい鈍いんですよね。
けっして悪い人ではないんだけど……。

私が育成ゲームやったことがないせいか、ここまでマメに対応する攻めに対して「優しいのね!」という気持ちにはなれず、つい冷ややかな視線を送ってしまいがちでした…。

後半の攻め視点からわかる、受けのパーフェクトさ、気遣い力、彼氏力の高さ!
甘やかされているのは、本当は攻めだと思うな〜。

受けがめちゃ男前なんですよね〜。
「入江も、抱いてほしくなったらいつでも言ってくれ。」という台詞の破壊力たるや!!
ぎゃーーかっこいいーー!!と悶えまくりました。
攻めはとりあえず抱いてもらったらいいと思うわ。

1

受け様の彼氏力が高くて惚れる(≧▽≦)

海野先生のお話にカワイチハル先生のイラストとあったら買うしかない(≧▽≦)


受け様の佐伯は、周囲の期待に答えようと全方位に気遣い、弱った顔は見せきれない甘え下手さん。

攻め様は、社内の観葉植物にぶつかれば誤り、パソコンの画面の端で泳ぐイルカを愛でる入江。
無機物にさえ感情移入する想像力豊かな攻め様です。

お互いにアプリゲーム『アイドリ』をしていること知って親しくなる同期の2人。

ある日同僚のミスのカバーで奔走した佐伯は、疲れきっていた所を入江に見つかり労われる。
笑顔の下に隠した弱音や努力を優しくねぎらい、褒められる。
今まで甘えることができなかった佐伯は、甘えさせてくれる入江の傍が心地よく、惹かれていく。

ちょっとしたスレ違いはあるけれど、気持ちを伝えあい、恋人同士へ。
初めてのえちシーン。
もっともっと、と欲しがる佐伯がかわいく、また普段から私も攻め様には、もっと欲しがれ、と思っているので、そうだそうだ!と頷いてしまいましたσ(≧ω≦*)
初えっち翌朝だっていうのに、ゲームにかかりきりの入江にはグーパンものでしたけど。


雑誌掲載分が、受け様である佐伯視点で、その後の書き下ろしは攻め様である入江視点。

初デートでは、佐伯の素晴らしい彼氏力を見せてもらいました。
入江の気持ちを推し量る気遣い、入江の趣味も全力で楽しんでくれる応容さ。
なんなの、こんな彼氏、私も欲しい!

『アイドリ』終了の日、妹達とのお別れ会中に、入江が全力ダッシュで佐伯の所へ駆けつけてくれるのが、その想像と共に萌えでした(*^^*)
そしてまた、ラストのえちシーンがすごくいい( ☆∀☆)
色気とかかわいらしかとかいろいろ妄想しちゃってきゃーーーカッコいい(*ノ▽ノ*)


めっちゃ可愛い2人でした(#^.^#)


イラストはカワイチハル先生。
かわいらしいイラストが大好きです。
唇に指を押し当てるイラストも色っぽくて好きなのですが、書き下ろしの題名のページにあるイラストがかわいらしくて笑ってしまいました。


4

良い男が甘える姿にキュンと来ました

展開が想像通りだった事もありアッサリとした印象でしたが、颯斗の甘えたな一面にキュンとしてしまい、思いがけず面白かったところもありました。

人に望まれる自分を演じてしまう颯斗がポッキリ折れそうになった時に、颯斗が望んだ形で甘やかして来る入江が素敵なんです。
でも肝心な場面で入江の鈍感な面にハラハラする事も多くて、颯斗の気持ちを考えて何度も切なくなりました。

特に誰から見ても良い男である颯斗が入江に甘える姿が可愛いんです。自分は硬い体に抱き締められて安心するから、多分ゲイだろうって語るシーンにギュンと来ました。そういうシーン好きなんです。

携帯ゲームを一切して無いし興味もないんですが、楽しく読む事が出来ました。

入江視点の後半の話がある事で、彼らが同等の熱量を持って好きあっていると知れる点も良かったです。

出来れば入江家でカミングアウトした話を読みたかったです。

1

リーマン

海野先生買い。さらっと読んでしまったのですが受けが男前なのが良かったので萌にしました。雑誌掲載分140Pほど+その続き110Pほど+あとがき。アイドルゲーム好きな方やリーマンものがお好きな方でしたらよいのでは。

入社以来5年の付き合いだけど、個人的な話をあまりしたことが無かったのですが、ある日スマホゲームのアイドルドリームにハマっていて「好きな相手は思いっきり甘やかしたい」という言葉を聞いて・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
会社の同僚、攻めの母、妹+その友人など。

++攻め受けについて

攻めは甘やかすのが好きな方!妹から頼まれてゲームを始めたのですが、ゲームのキャラからメールが来たらすぐ返信しないと「悪い」と思ってしまう方。穏やかで頼りがいありそうな印象です。派手とか強烈な印象はないんですけど、現実世界ではすごく好きなタイプです。

受けは王子様っぽい見た目に、いつも口角あげてキラキラ頑張っている感じの方。ほんとは疲れちゃう時もあるのに、他の方には疲れた姿を見せられずにいます。それが攻めさんには甘えさせてもらえるようで、とても嬉しそうです。ノンケさんでいつもは脱がせる側なのに、脱がせてもらうのもなんだか嬉しそうで、読んでいてくすぐったかったでした。

スマホゲームには興味がないのですが、疲れた受けが甘やかしてもらうシーンや「俺は好きで抱かれている」とキリっと言い切る男前なところが良かったリーマンものでした!

3

大好きだから大切にしたい

今回は実は精悍なのに目立たない営業マンと
男性アイドルに似の華やかな容姿の営業マンのお話です。 

受視点で甘え下手な受様が攻様の恋人になるまでと
攻視点で受様を実家に招く事になる続編を収録。

受様は熱エネルギー機器の製造販売社の営業マンです。

受様は人目を引く華やかな容姿で
最近では若手アイドルグループのセンターに
似ているとよく言われています。

受様は母子家庭で母に迷惑を掛けないよう
何事も率先してこなしてきた結果
周りから期待されやすい上に
困難な状況でも人に頼れない性格になります。

そんな受様が最近秘かに
観察しているのが同期の攻様です。

攻様は長身で
精悍な顔立ちなのになぜか目立たたない男で

今もコピー機の傍らで立ったまま
印刷した資料に目を通しているのに
受様以外誰も気にかけている様子はありません。

受様なら即誰かが声を掛けてきそうです(笑)

そんな攻様は動き出した途端
観葉植物の枝にぶつかって「悪い」と謝罪していて
受様は口元をほころばせます。

攻様はよく観葉植物に謝っていて
受様は彼が観葉植物に近づくと様子を見る
癖がついていたのです。

受様は攻様と入社以来の付き合いですが
未だに個人的な話をした事がほとんどありません。

そんな受様が攻様と飲む約束を取り付けたのは
スマホのあるゲームアプリがきっかけでした。

それはアイドル育成シュミレーションゲームで
男性向けと女性向けでアイドルの性別が変わり
攻様は妹に頼まれたからと女性版で男性アイドルを
推しキャラにしていたのです。

ゲームをきっかけに攻様を飲みに誘った受様は
無機物にも意志や感情があると考えている攻様に
益々興味を持ってしまいます。

好きな相手なら、ますます甘やかしてやりたいと思うよ

受様は攻様にたっぷり構ってもらえる彼の妹や
推しキャラが羨ましく思えてなりません。

果たして受様が羨ましいのは甘やかしてもらえるから?
それても・・・

雑誌掲載作のタイトル作に続編を書き下ろしての文庫化で
人に頼られても自分は甘えられない受様と
甘やかし上手な攻様のオフィスラブになります♪

同期入社の受様と攻様ですが
劇的な何かがあって関係が変わっていくのではなく
受様が攻様その人を知っていく事で
惹かれていく様子が丁寧に描かれていきます。

人でも無機物でも誠実に対したい
"好き"という気持ちを大事にしたいという攻様に
受様が"大切にされたい"と思うのは
もう当然!!って思わされるのが海野マジックか!?

受視点という事もかなり影響しているとは思いますが
攻様がとっても良い男に描かれていて
受様が攻様にトキメいたりドキドキするたびに
読者の萌えツボもバンバン押されまくりです♪

イイ男が甘やかされて
フニャンってなっているのがとってもイイ (^O^)/

受様が攻様の恋人になるまで
ハラハラ&ドキドキ、楽しく読ませて頂きました。

文庫化に当たって書き下ろされた続編は
本編とは真逆な攻様視点です。

受様視点では分かり難い受様の良さが
これでもかと言うほど攻様に語られていて
非常に楽しかったです。

攻様と一緒に
受様の可愛いさを存分に愛でさせて頂きました♡

3

二人が最高だ!

人として二人が素晴らしくて、さらに各視点でもいかに相手が素晴らしく魅力的か書かれてあり。
お互い相手の考えを必死で想像するのを読みながら上から見守る感じでした。

切ないお話だったらどうしよう…と読み始めましたが。
前半は颯斗視点、後半は入江視点です。
2人は同期の同僚です。

前半では入江の「不誠実だ」とか物やキャラやデータに対する考え方に、なにーこの人すごい面白い!となり。

入江が何考えてるのかわからないけど、タケルを愛でながらも颯斗のことも理解してくれて、欲しかった言葉をくれて、甘やかしてくれて。

なんつー良い人だ、と思っていたら何と!噂の女子社員と颯斗の仲を本気で応援すると言い出して…。

前半は入江がすっごくカッコよく書かれています。

後半は入江視点でいかに颯斗がスマートでさらっとエスコートやサプライズしてくれて。
誰とでも笑顔で話が弾んで、皆がふり返るイイ男で。
相手の趣味にも楽しんで付き合ってくれて。

だけどそんな颯斗が一人で寂しがってると思うと、駆けつけて抱きしめてやりたくてたまらない気持ちも。

攻め視点のエッチ、いいですね!
興奮と暴走を必死に抑えゆっくり紳士であろうとするも、理性が限界を迎え抑えられない様子、受けが可愛すぎる様子、もんのすごい萌えます。

皆の前では笑顔でスマートでも、自分と二人の時は甘えてくる颯斗に、萌え!です。
入江がどんどんヘタレていくのも良かったです。

また、お互い嫉妬するのも。相手をどんだけモテると思ってるの?推しにまで?

推しや好きな芸能人もいないのですが、推しに対する入江の妹の金言があり、なるほど!と思いました。

帯の文句も、この3行にすごい想像を駆り立てられ興味を引かれます。

攻め視点いいなあと改めて思いました。

6

リーマンものも、男らしい受けも良ーーーい!

海野先生の新作、とても楽しみにしてました。
リーマン同士がアイドル育成ゲームなんかをしつつ愛を育んでいくお話との事ですが、ホントに大体そんな感じでした。
はあ、攻めも受けもいい男だ~。
や、海野先生と言うと攻めの素晴らしい包容力にトキめかせてくれるパターンが多いんですけど、今回は受けも男らしくて爽やかで素敵なんですよ!
この二人がどこにでもありそうなごくごく普通の恋愛を繰り広げてくれるの、もう最高なんだけど!!
まぁそんな感じで、リーマンものとか男らしい受けとかお好きな方オススメしたいです。
入江、お前はそのうち颯斗に抱いてもらうがいい。


で、ザックリした内容です。
ちょっと風変わりな同期・入江に興味津々なリーマン・颯斗。
彼がアイドル育成ゲームをしている事を知ったのをキッカケに、仲を深めて行くんですね。
そんな中、ミスした同僚の尻拭いで疲れきっていたところを入江に優しく労られ、いつしか彼の事を好きになってしまった事に気付きますがー・・・と言うものです。

えーと、海野先生と言うと、秀逸なオチでアッと言わせてくれるイメージですが。
今回、オチは大変萌えるものの、そこまで驚きのものでは無かったりします。
こう、それほど捻りは無い内容なんですよね。
が、それでつまらないかと言うと、その真逆。
面白い同期がなんか気になって、親しく付き合ううちにどんどん好意を持って、気が付いたら恋愛の意味で好きになっちゃってて、自分の事をどう思ってるのか心配で・・・みたいな。

繰り返しになりますが、本当にどこにでもありそうな普通の恋愛が丁寧に綴られてるだけのお話なんですよ。
ただそれが、すごくすごく萌えるんですよ。
恋に落ちて行く時の吸引力だったり、ただ好きな相手に会えるだけで嬉しくて浮かれちゃう気持ちだったり、逆に自分に都合の良い勘違いに気付いて死ぬほど恥ずかしい思いをしたり。そして、落ち込んだり。
ああ、人を好きになるってこういう事だよなぁと、なんかすごく甘酸っぱいようなトキめくような切ないような心地になる。
二人でゲームしたり海に出掛けたりで特別派手な出来事なんかは起こらず、ひたすら堅実に二人の恋愛を追ってあるだけなんですけど、その普通さがとてもいいと言いますか。
スレ違いにより傷つくエピソードさえ、もう胸にキュンキュン来ちゃうと言いますか。
そう、傷付くのって、恥をかくのって辛いんだよね。
思いを伝えるのって、怖いんだよね。
でも、精一杯頑張るんだよね!みたいな。

あと、個人的に一番萌えた所。
攻めのキャラクターだったりします。
最初こそ観葉植物に謝り、ゲーム中の攻略キャラにまるで人間のように対応する入江を見て、おいおいって感じだったんですけど。
でも実は彼ですが、ものすごく包容力があるいい男なんですよ。
や、主人公である颯斗ですが、何事も人並み以上に出来てしまうせいで、逆に周囲に頼れない人物なんですよね。
周りからの期待を裏切れなくて、期待された姿を演じてしまうと言うか。
入江ですが、そんな颯斗をごくごく自然に甘やかしてくれるんですよ。
それこそ包み込むように。
ギュッと抱き締めてヨシヨシして全力で甘やかす攻めも、そんな攻めに不器用に甘える受けも、もう最高かよ!と。
この二人な、相手を全力で甘やかしたい攻めと、たまには甘えさせて欲しい受けとで、本当に結ばれるべくして結ばれたわ。

ちなみに、雑誌掲載の表題作が受け視点。
書き下ろしが攻め視点になります。
この書き下ろしですが、二人が付き合いだしてからの後日談で、入江の実家にお邪魔すると言うもの。

個人的に、本編を受け視点、後日談で攻め視点と言うのが大好きでして。
これね、受け視点だと入江の格好よさとか包容力が際立ってたんですけど、攻め視点になると、颯斗がめっちゃいい男。
爽やかでイケメンで男らしいよ。
えーと、実はこのお話ですが、プロットの段階では攻めと受けが逆だったそうです。
そのせいか、ちょくちょく受けに攻めの片鱗が見える。
特にエロ時。
颯斗が男らしすぎて、悶えまくっちゃいましたよ~。
入江、そのうちマジで抱いてもらえよ。

13

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う