辻英司は恋をしない

tsuji eishi ha koi wo shinai

辻英司は恋をしない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神51
  • 萌×229
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
396
評価数
92
平均
4.3 / 5
神率
55.4%
著者
rasu 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
モバイルメディアリサーチ
レーベル
caramelコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784909699459

あらすじ

同期の三森に片想い中の辻は、街で男に絡まれていた部下・朝野を助ける。三森とは似ても似つかないが、遊び相手には合格の見た目。濃密な一夜を過ごした後も、セフレ関係はゆるやかに続くはずだった――。そんなある日、辻は三森に積年の想いを告げ玉砕。…慰めましょうか?と朝野に誘われ、抱き潰すように激しく交わった翌朝「――俺、辻さんのことずっと好きだった」と告白されてしまって……!?
ラブストーリーの名手rasuが贈る「三森さんのやらしいおくち」スピンオフ!
ほろ苦くも極上に甘いアダルトラブの新境地。

表題作辻英司は恋をしない

辻英司,34歳,上司
朝野智也,27歳,部下

その他の収録作品

  • あなたの名前は
  • 酔っ払いはこれだから
  • 愛しい記憶
  • 栄養補給
  • 甘えたがりはどっち?
  • いつかのバレンタイン
  • bonus track

レビュー投稿数13

辻さんの体型が100点満点です

サンプルで辻さんの素晴らしい肉付きに惚れ込みまして、せっかくなので三森さん〜からしっかり予習した上で挑みました。

食えない男を気取る辻さんが真っ直ぐな浅野くんに絆されていく様子にキュンキュンしました。絆される攻めはいいものですね。
三森さんに未練を残しつつ同時進行で浅野くんに惚れ込んでいくところがリアルだなあと思いました。最終的にはきっぱりけじめをつけて浅野くん一筋になってくれますが。
セフレ時代の一線引いた態度と恋人になった後の溺愛モードのギャップがもう〜!!ずるい大人!!

辻さんと前作の攻めの樹先生との仲が悪いのが面白いです。今までの癖で無自覚に三森さんに甘い辻さんと、それを見てヤキモキする浅野くん&樹先生をもっと見たい。

ストーリーだけだと萌×2くらいかな?という感じなのですが、辻さんの体型ブースト効果で神×100です。ありがとうございます。
今まで読んだ中で一二を争う好みの体型です。筋肉とぽちゃのハイブリッドが絶妙です。
浅野くんがスレンダーなのがまたいいんですよね。
rasu先生も後書きの中で辻さんの身体へのこだわりを語ってくださっています。同意しかありません。
オフシーズンのクリス・プラットって感じです。
サンプルの辻さんの腰のラインにくるものがあった人は是非読んでください。

6

朝野智也は諦めない

スピンオフだと侮っていたけれど、
よかった…めちゃくちゃよかったです!
なんなら、こちらも続編が欲しいくらい。

本編では当て馬だった辻の素敵な恋を実らせる姿が見られて私も幸せです。
辻も朝野もそれぞれ途中までは切なく不毛な片思いが続きますが、
いっぱい傷ついた分だけその後に待ち構える蜜月が最高すぎました。

それもこれも、半分以上は朝野智也のお陰。
気まぐれから始まったセフレ関係を経て辻に恋をし、
彼が三森に片思いしていると知っても諦めることなく想い続け、
必死の告白をあっさり断られようとめげることなく想い続け、
失恋の傷を引き摺る辻にキツく当られようと、突き放されようと、
最後まで決して諦めるとは言わなかった朝野がいたからこそ。

もう『朝野智也は諦めない』がタイトルでもいいくらいの粘り強さでした。
もう恋をしたくないという辻に対して諦めるではなく、
「恋したくなるまで待ってる」と言うのだからもうすごい根気強さ!
近年稀にみるメンタル強な受けでちょっと感心しちゃいました。

普段はその可愛い見た目からはちょっと意外な生意気さで、
辻に対しても基本強気なんだけど、その反面めちゃくちゃ
健気なところもあって、そのギャップにやられてしまいます。

いつもはお構いなしにぐいぐい猛アプローチかけてくるくせに、
震えながら「遊びでいいからこの関係をやめないでよ」と訴えてきたり、
「三森の代わりでもいい」と涙を流したり、こんなの絆されない方が
どうかしてるって。

一方、そんな強気な年下ワンコにロックオンされてしまった辻は
と言えば、「遊びならいいけど、好きならだめ」とすげない態度で。
だけど、すぐにダメとか言わず試してみろ!と食い下がられ、
ズルズルと関係を続けていくうちに絆されていくことに。

大人の余裕を漂わせ遊び人風な辻ですが、本当は失恋すれば
酔い潰れる程度に一途だし、朝野のことも拒みはするけれど
請われれば抱いてしまうし、泣かれてしまうと心も痛む。

そして、朝野の想いを知ると、実は自分を意識していたり、
自分の言動一つで一喜一憂する健気な一面があったり、
そんな朝野のことを可愛く感じてしまうのでした。
でも、過去の恋や三森とのことで恋愛に臆病になっていて、
朝野に惹かれる気持ちを受け容れることもできず。

年下の男の子に散々かき乱され、でも一歩踏み出す勇気もなくて、
最終的には朝野に全部を委ねてまんまと完敗してしまうのですが、
その年上男の情けなさに不覚にも母性くすぐられちゃいました。
負けてちょっと嬉しそうな表情がね、ざまあみやがれって感じで。

そして、辻は本気の恋に落ちてみれば溺愛の男でした。
今まで振り回してきた分は献身でお返し、とばかりに尽くし、慈しみまくり。
「智に喜んでもらえるなら何だってするよ」とその言葉通りに朝野が望めば
何でもしてくれちゃうデレ甘スパダリおじさんに進化を遂げたのでした。

かつての想い人・三森の前でも恋人宣言をしてくれ、
甘やかされ、嫉妬され、求められ、と急に積極的に
なった辻に照れて戸惑ってしまう朝野が可愛らしい♡
朝野が幸せそうで何よりです。

他にも三森に嫉妬する朝野の耳元で辻が
「I only have eyes for you.(=智しか見えない)」と囁く場面は
気障ったらしいのだけど、やっぱり格好良くてぐっときちゃいました。

溺愛攻めが大好きなので、両想い以降が幸せすぎてたまりません///
しかも、これが1冊の半分もあるんだから超贅沢感!
ページをめくる度、辻が朝野を大事にしているのが伝わってきて、
本当に身も心も朝野のものになったんだな~という実感で後半は
終始ニヤけっぱなしでした。

本編だけでも十分満腹ですが、さらにBonus trackはプチ感動も!
朝野の「辻じゃなきゃダメだった」という言葉に涙ぐむ辻ですが、
危うくこちらまでもらい泣きしかけた…。
辻だって、もう今は朝野じゃなきゃダメだよね!

3

この2人もいい!!

三森さんのやらしいおくちが好きでしたが、スピンオフも最高でした!!

ストーリーもキャラもエロも全部良かったです!

辻英司の思考と過去もわかり株が上がりまくりだし、智也の一途にアタックし続ける姿と照れてかわいい姿がたまりませんでした。

辻英司のボディがアメリカに居ました感があってちょうどいい肉付き具合ですごいなと思いました。あとがきにrasu先生のこだわりや経緯が書いてあって、キャラが好きだからこそのこだわりが全面に出ていて、だからこんなにいい作品が生まれるんだなととても感動しました!

当て馬だった辻英司が智也とイチャイチャ幸せそうにしている様子をみてこっちまで幸せになれました!Bonus trackがたまりませんでした!

3

あなたしかみえない

好きになるのはいつもストレート。たまたまだと思いますけど、自分がゲイというのを受け入れた上で当たり前に恋してた辻英司氏。
よくある話だけど、なかなかうまくいかない現実に臆病になっていって今では遊びでしか付き合わない、恋はしない、本命はまたストレートなひとだから…
文章にしてみたら、普通に恋をしたかった彼の気持ちに気付いてしまって切なくなっちゃったんですけど。
センシティブで複雑な胸の内の彼を作者の先生も手こずったそうですが、大人の恋をストレートにテーマにした今作は、恋という名のもので人と人が深く関わるときの切なさ、曖昧さ、尊さなどを丁寧に描かれていて、またそれと並行して辻英司氏というひとが少しずつ明らかになっていくという、読み応えがあってとっても面白かったです。氏の体型は話題になってますが表情や仕草などいつもながらリアル感たっぷりに描かれて、それもまた見どころのひとつかな、と思います。

あとrasu先生といえば、なんといっても濃厚でエロみ100%のエッチシーン。今回はセフレ関係ということもあってもちろん多いんですが、行為がそのなかで変化していく様子がとても良いです。特に辻氏が智くんが驚くくらい思う存分溺愛しちゃうところはぎゅーんとなること間違いなし。それでまたとっても幸せそうなんだよね、辻氏が。尊いっていうか、たまりませんよ!個人的には、エッチの前とか後のベッドでの2人のやりとりがツボ。普段からエッチシーンはそこ込みで意識して読むんですけど、特にrasu先生の作品は多く見られてすごく好きです。

好きだな、と思ったところは、辻氏の英語遣い。レビューのタイトルにもさせてもらった「あなたしかみえない」と、英語で囁くところ。ほんとにロマンチストなんだよね、もっとみせて〜と言いたくなった場面。
あと智くんがアタックする度に名ゼリフを繰り出すところ。いいね!の親指出しっぱなしでした。
アダルトラブの新境地、うん、リアルに感情移入したい方はぜひお勧めです。

3

辻さんは溺愛系だった

三森さんのやらしいおくち、の時は嫌な奴だなと思ってたけど、辻さんも辛かったよなーと思いました。
男でもイけるって知ってたら告白してたかもしれないのに。でもノンケだからって諦めた辻さんは、本当に欲しい恋ではなかったんだと思う。
人それぞれだけど、智が言う通り欲しいなら欲しがらないと!
うん。今回の本の格言は
欲しいなら 欲しいと言おう 望み薄でも(字余り)

智が一生懸命辻さんにアピールしている所が好きです。そして恋人になったら好き好き言ってるところも可愛い。一途な人や努力家には弱いんです。
辻さんは三森さんにちゃんと失恋しないと前に進めなかったんだよね。1つ1つの恋をきちんと完結させないと次に行かない誠実さはいいなと思いました。
恋人になってからの溺愛系は凄い。スパダリですね。
これからはずーっと智を幸せにしてくださいね。

0

辻……誤解してごめんね

三森さんのやらしいおくちのスピンオフで、三森を狙う獰猛捕食者・辻のサイドストーリー。

三森さんシリーズ第2巻で、辻には終始イラッとさせられて怒り狂った私…。マジ、コイツ何なん!?と、歯をギリギリしながら読んだものです。

辻の視点からのストーリー。ふ〜ん…読んでみるかぁ…。とあまり期待もせずに読みました。


辻ぃ〜!今まで誤解していたよ!

彼は不器用だっただけでした。そして三森に一途でした。三森への気持ちが消えないままに、セフレ関係を持ちたいと言う後輩・朝野との出会い。朝野がもう本当に健気で…辻への気持ちを宣言して、アピールの嵐。辻を振り向かせるために一生懸命に頑張る朝野が、すっごく可愛くて応援したくなるんです。
セックスで辻を繋ぎ止めようとするところも健気です。朝野の黒髪に三森の姿を重ねて見ていたシーンは、悲しくなりました。

三森への想いが次第に朝野にすり替わり戸惑う辻。浅野に惹かれている気持ちを自覚して告白したあとは、もう朝野ラブが一直線。辻って好きになったら、こんなに一途だったんですね。思えば三森への想いも一途でしたね^ ^

朝野への愛情を隠すことなくダダ漏れにして、辻の甘い行動に戸惑う朝野が慣れないと言った感じで可愛いです。辻の大人の余裕で、朝野の照れもツンも包み込む様はさすがと言ったところです。辻の惚れた相手への溺愛ぶりは、超好みです。
過去の恋愛から恋愛に対して臆病になっていた辻でしたが、朝野という素敵なパートナーに出会えて真の喜び・幸せを見つけました。
辻は敵に回したくないけど、パートナーとしては最高でした(笑)


温水旅行に三森と悠真もちょっとだけ出てきました。2人のエッチもちょっとだけ見れました♪
辻のちょいムチボディ…私は結構好きです。作者さんのこだわりだったと言うことですが、私もムチボディの方で支持します。辻の顔立ちに合ってると思うし、ちょっと親近感湧きました(笑)私も運動しなきゃな…


とても面白くておすすめ作品です。
三森さんシリーズの2巻と3巻を読まないと背景が分かりにくい箇所があると思います。全部合わせて読んでみて欲しいです。ストーリーもエロも最高ですよ!

0

辻英司の恋のお話し

『三森さんのやらしいおくち』で三森さんの恋人の悠真の最恐ライバルとして登場した辻に対してレビューでわあわあ言っていたのですが、この辻のスピンオフは絶対読むと決めていた私。
なぜならrasu 先生が推し作家様なので(笑)

辻の想い人でもある三森さんも出てきますし、お話しが『三森さんの〜2・3』とリンクしているところもあるので、読まれておくとキャラの関係性とかあの時のシーンがここか…、というかんじがよりわかりやすいのかな、と思います。

ふたつの片想いのお話しで、三森さんを長年想い続けている辻。
辻の気持ちをわかっていながらも身体を重ねる朝野。
それぞれの交わらない想いが、視線がせつないです。

あの会議室での未遂事件、その後のいつき歯科での修羅場…
辻が三森さんへの片想いにけじめをつけるための行動だったとわかるのですが…、力技過ぎるというか、恋に対して不器用というか…。
思わず『三森さんの〜2・3』を読み返して表情を見比べてしまいました。

恋を自覚し朝野のかわいさに夢中でメロメロになった後半の辻の溺愛ぶりがお砂糖吐いちゃいそうなくらいあまあまでした〜。
恋をしない辻どこいった?なんて思っていたら、ラストの辻のモノローグでなるほど、となり、さらに描き下ろしで辻の過去を知りじーんとしてしまいました…。
朝野が諦めずに想いをぶつけ続けてくれてよかった。
今までしんどかった分、これからは辻に存分に甘やかされて欲しい。
一途で健気で下まつげで匂いフェチ、足くせが悪いところもかわいいです。
rasu 先生こだわりの辻の身体のプニみがまたいい感じに仕上がっててズルかった。

悠真と三森さんのエッチシーンも数ページありますし、辻サイドの幸せエンドも見られたので個人的にはこのスピンオフを含めて三森さんシリーズ完結したなあ〜、と感じました。
が!悠真と三森さんのお話しが電子番外編で現在2話まで出ているので嬉しいです♪

5

三森さん未読ですが…

タイトルの吸引力ッ!!!( ・ㅂ・)و ̑̑ ヌゥ…

「三森さん~」のスピンオフと知って迷ったけど、
未読でも読めると見かけたので踏み切ってよかった。
特に困ることなくすんなり読めてアダルトラブを楽しめましたヾ(*´∀`*)ノ

個人的にとにかくタイトルが好き。
("恋をしない"を前提としながら恋に溺れる男は萌える…)
表紙もめっちゃ好き。
(合わない目線に大人の余裕×真っ向勝負が垣間見える…)
(目線は合わせていないのに手はしっかり受けの尻を掴んでるとこも好きだw)

あと辻英司は三森さんに片想いしてた当て馬とのことで、
一方通行の恋とか、身代わりのワードとか、めっちゃ萌えるじゃないですかーー!!!

スピン元を未読でも関係性など感じ取ることができて、
行き場を失った恋と一途さをみせる恋のぶつかり合いにキュンキュンしました♪

とはいえ「三森さん~」未読で頓珍漢なレビューかもです;
すみません。あくまで未読視点で楽しんだ者の感想です。


さてさて。

攻め:辻は同僚の三森に絶賛片想い中。
ノンケ相手で想いを伝えることなく、性欲は適当に発散。
"三森の信頼出来る人のポジ"で満足していました。
しかしノンケだったハズの三森に彼氏が出来てゴッツリ傷心中です。

そんな辻ですが、
三森に片想いしている最中から部下の朝野と関係を持っていて…。

受け:朝野は辻の片想いを承知で部下兼セフレでいます。
でも本当は辻に片想いをしているんですね。
三森の代わりで抱かれているのも重々理解している子なんです(;///;)

2人の出会いは性の奔放さを感じられます。
ゲイ同士で後腐れ無く楽しむのがちょうどいい。
序盤は大人の爛れた関係が強く、メンズラブ!って感じにドキドキソワソワ。
(朝野は可愛い顔して男誘い慣れてるのよね…;)
(辻も辻で部下と知りながら「遊びならいいよ」って平然と答えちゃう余裕が悪い大人)

しかし辻が三森にフラれたことをキッカケに
2人の関係が変わり始めるんです…!ヾ(*´∀`*)ノ

実はずっと辻に片想いしていた朝野の宣戦布告。
それまで押し隠していた"恋する顔"が少しずつ表面化していくのが可愛くて萌えたーッ!
辻を振り向かせたくて頑張る姿にキュンキュンする♡♡

んで何がいいって、
朝野は辻の前だと強気で弱々しさを見せない。
けど辻が見てないところでは、
片想いの辛さを募らせて涙こぼしてるのがッ!もぅッ!
強気であざとさも見せる子だけど本質はこっちなんでしょうね(;///;)

セフレ時代にはサッパリした付き合いを心がけて、
ベタベタせずに適度な距離を保っているんですね。
でも本当は甘えたりイチャイチャしながらエッチしたかったって健気やんけ…///

恋心が表面化して可愛くなる朝野に対し、
辻の温度差は……。゚(゚´Д`゚)゚。

最初は戸惑いのほうが大きくてですね。
三森への片想いは断ち切れないし、
朝野のことはどんどん可愛く見えちゃうし。

揺らぐ気持ちがわからんでもないですが、
本心を確認するために朝野を試したのは個人的に萎えた。
正直、攻めザマァが見たかった気持ちもある…。
(そこだけはマジで解せない)
辻英司はズルイ男だぁよ、ホント…。

そんな紆余曲折が中盤まで描かれて、
後半はガッツリ甘々ターン!!溺愛ターン!!超ラブ!!
辻が朝野をようやく大切にするようになり、
試したモヤモヤがちょっとスッキリしましたヾ(*´∀`*)ノ

前半の遊びを楽しむ関係と後半のギャップが超良き♡
セフレエッチと恋人エッチの違いが萌えました(∩´///`∩)
はぁ~~~!ド甘々イチャイチャに満足満足。

そういえば辻のお腹がちょいプヨでした。
敢えてのプヨらしいです。
表紙のイメージでは鍛えてそうだったので拍子抜け半分、リアルだなぁ~が半分。
(リアルだとプヨ腹のほうが人口多いよね…?)
(個人的な好みで言えば残念ながら萌えきれなかった;)
(でもリアルな肉体は需要があるところに刺さりそう!)

マイナスなことも書きましたが
朝野の片想い姿などキュンキュンする場面もあって、
トータル的に堪能出来ましたヾ(*´∀`*)ノ面白かった!

4

辻英司は恋をしない

三森さんのスピンオフ
前作から憎めないけど喰えない雰囲気プンプンでしたが、このお話ですごく辻さん好きになりました

めちゃめちゃスパダリじゃないですか
もともとハイスペックなのはわかってましたが、こんなに人の機微に繊細なのは疲れてしまいそうなくらい

だから智みたいにストレートな健気な子がピッタリなんでしょうね
最初からすごく相性良いのに、緩い関係に留めてたのもなんとなく納得

4人の絡みがもっとみたい
旅行ネタ、贅沢すぎました

そして、辻さんの身体がすごくエロい
めちゃめちゃ良かったです

2

ちょっと緩んだ

何が「恋をしない」だ!辻英司!!

「三森さんのやらしいおくち」のスピンオフです。著者近影に未読でも大丈夫と記載あり。自分は「三森さん〜」2巻以降読めてませんが(rasu先生好きなのに!)…うーんやっぱ読んでた方が楽しめるかも。三森さんと悠真のエッチシーンも2ページ分ぐらい有り。

「えっちな妄想が叶っちゃいました」の真紗己さんで、rasu先生の描くむっちりボディの魅力に気づきました。辻英司…良い身体なんです。スーツとむっちりの相性の良さ!辻英司のお腹を朝野くんがハムっとするところがありまして、あ〜〜〜好き!!
作品から"令和ではないBL"の空気が溢れてるところがまた。辻英司…フルネームで呼びたい辻英司…会議室やらエレベーターやらで手を出す男…昭和感ある。受けの朝野くんから迫ったおかげで、朝野くんもそれを嫌がるシチュエーションじゃないのがまた萌え。

「揺れる髪すら可愛い」だの「好きな子」だの、凄い勢いでハマる辻英司!!何が恋をしないだ!甘いよ!!ずるいよ!!
朝野くんの脇毛もずるい

萌2〜神

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う