イケメン大爆発【おまけ描き下ろし付き】 2

ikemen daibakuhatsu

イケメン大爆発【おまけ描き下ろし付き】 2
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
ケビン小峰 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
白泉社
レーベル
花丸コミックス
電子発売日
ISBN

あらすじ

「お前が好きだぜ…!!!!!」徳永誠市、大学三年生。ホテルグループの御曹司として生まれ、容姿も端麗。来るもの拒まずの生活を送っていたが、そんな誠市が後輩・国枝を一目見て爆発するような恋をした! バイト先を盗み見たり、温泉合宿で迫ったり、浴衣でお祭りに出かけたりと、強気かつジェントルに一気に距離を縮めようとするが、天然な国枝には一切通じていなかった。けれどめげない誠市に、国枝と水着で二人きりというチャンスが訪れて!? ケビン小峰が送る、抱腹絶倒☆暴走系☆イケメンラブコメ! おまけ描き下ろし漫画も収録!(このコミックスには花丸漫画 Vol.26,28,30,32,33,35に掲載されたBURN07~BURN12を収録しています。)

表題作イケメン大爆発【おまけ描き下ろし付き】 2

徳永誠市,大学3年生,ホテルグループ御曹司
国枝百生,大学1年生

その他の収録作品

  • 描き下ろしおまけ(描き下ろし)

レビュー投稿数2

この世でままならんものがあるとしたら、それは恋だけだ。(真理‼︎)

なんと!物語はまだまだ続きます。2巻で完結しませんでした!
のみならず、未遂!未遂なんです〜!
誠市の猛る想いはいつ成就するのやら。昨今の、ちょっ早合体の風潮を思えば。このゆーっくりさは逆に新鮮ですし。微笑ましいことこの上ないです。
物語は、押しても引いてもぽややんとして響いていなかった様な、迷惑そうな、遠慮してる様な、国枝がほんのちょっと。誠市の事を理解してくれます。というか、ようやく意識してくれた様です。ホッ。もうそれだけで、誠市は「爆発」が止まりません。
嬉しいよね、そりゃ。そして誠市のバックボーン、ご実家の大邸宅や、押しの強い実業家の母、入り婿で大人しい父、兄をよく理解している妹、誠市を小馬鹿にしている犬・メリローザなどなど。今後も何かと賑やかしてくれそうな家庭の登場。
ただ、長男の誠市が母の事業を継ぐであろう事は、国枝の心をチクリと刺します。そうよね、後継者問題は、男同士の恋には付きものの障害。でもこれっぽっちも気にしていない誠市は、障害なんて何のその、爆発して切り抜けてくれるでしょう。誠市にとって。愛の前では、それ以外のことは些事なんです。

一方で、怪我をしたという父を見舞いに地元へ帰る国枝に付きそう面々。珍道中も極まれり。厚は相変わらず浦見に迫られ、おそらく無自覚に厚に惹かれている浜田は浦見を牽制。この三角関係のドタバタに国枝とのイチャイチャタイムを邪魔されてばかりの誠市。ちょっとした3人組コントはやはり面白可笑しいので、出来るだけ決着付かない方向でお願いしたい。脇キャラの成就はあるあるだけど、こんな人数合わせが合わない切ないことありますか⁈っていう。

ラスト周辺にはやっと2人きりのデートでカッコつけたい誠市だけど。空回ってはカッコ悪いところを見せてしまう。でもね、そんな誠市の良いところを、確実に見つけては好きになっている様子の国枝。ドンマイ、誠市、国枝はもう直ぐ君に落ちるよ!
というわけで次巻が待ちきれない!

0

一巻評価は中立でしたけど一つあげます

2巻まで進んでこの本のポイントがやっとつかめてきたような気がします
というか徳永に慣れたのかもしれませんが徳永と言うキャラクターを一本引いて見つめることができるように「ほんの少し」なりました

慣れたせいかネットを閉じるのも5ページぐらい進んでからになれました(でもネットは閉じる)

この読者の呼吸と国枝の呼吸がシンクロしていくのか国枝も徳永のことを都会でまぶしくて直視できない人から徳永の個人的な魅力に少しずつ気がついていってる感じがします
まぁ徳永のせいで全力のコメディーなので付き合うのにも(読むのにも)体力を使いますが
大財閥の御曹司で本当に何でもできる徳永(ハンサムで100メートルを10秒で走りアフタヌーンティーは自分で作ってしまい勉強ももちろんできて身長も高い)
彼の人生で感情が大爆発したのは屋敷に紛れ込んできた迷子の犬に出会った時と国枝に出会ったとき
自分の感情をここまで爆発させるのは運命の人だと一直線に突入していく徳永
と言う構図に改めて気がついたとき
徳永にとって国枝がどれだけ大事な存在かと言うこともわかる
ただ国枝への行動があまりにとっぴでオーバーリアクションでついていくのに(読むのに)必死なのでそこに気がつくのに時間がかかってしまいました

2巻では国枝が徳永のその突飛な行動に覆われてなかなか気がつけなかった国枝の本質の優しさに少しずつ気がついていきます

これ表記的には迫ってる身長も大きい徳永が攻めなんでしょうけども
案外徳永が受けのほうがうまくいくんではないかと思ったりもしました

何気なく購入して読んでみましたがやはりくさやみたいな話です
ちょっと癖になったかもしれません
3巻が出たらきっと買います
3巻はには萌え萌えになれたらいいな

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う