富豪とお試し婚なのに恋寸前です

fugou to otameshikon nanoni koisunzendesu

富豪とお試し婚なのに恋寸前です
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
4
平均
3.8 / 5
神率
0%
著者
ナツ之えだまめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
亀井高秀 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784344849310

あらすじ

結婚相談所に勤める沢渡は成婚率100%の凄腕相談員。その彼がミスター問題児と呼ばれる顧客・加賀谷を受け持ってはや1年。彼は50人とお見合いしてもまだ成婚に至らないのだった。多数の不動産を所有し会社経営もしているイケメンすぎる婚活男性・加賀谷がなぜ交際相手に断られ続けるのか。成婚率100%の名に懸けて! と沢渡は問題解決に意気込むが、ならばお試しデートをして自分の悪いところを指摘してと加賀谷にデートに誘われ、その後はお試し新婚生活でアドバイスをと、あれよあれよという間に甘い新婚生活(仮)が始まってしまう。真面目な沢渡はなぜこうなった…と悩みつつときめきがとまらなくてーー!?

表題作富豪とお試し婚なのに恋寸前です

加賀谷求馬,35歳,イケメンの資産家
沢渡孝,28歳,マリッジアドバイザー

その他の収録作品

  • 不動産王と本気の恋最中です
  • あとがき

レビュー投稿数3

楽しく読めます!

亀井先生のイラストだったので購入。楽しくて笑える、ハッピーラブコメでした!

結婚相談所もの。

成婚率No.1を誇る沢渡は、「マリッジ・イナダ」のプレミアム・アドバイザー。抜群の成績を誇る彼の成婚率が100%に届かないのは、最高の好条件が揃っているのにもかかわらず、なぜか成婚に至らない加賀谷というお客様のせいだった。

加賀谷はイケメンだし清潔感もある。ファッションもこなれ、女性慣れしているように見えるのに、沢渡が担当してかれこれ50回もお断りされている。本気で結婚する気あんのか…?何が原因なのか、加賀谷の方から沢渡にデートチェックをお願いされるところからストーリーは展開していきます。

ところが、なにもかもパーフェクトな加賀谷が結婚の決め手として設けた高めのハードルを、沢渡はやすやすと飛び越えてしまうという…笑

沢渡には沢渡の、加賀谷には加賀谷の、それぞれが抱える事情があります。片方はもう一方に惹かれていることを自覚していながら、相手に誠実であろうとすればするほど、本心とは正反対の選択をしなければならない…切ないです。しかも、仕事として親身になってもらっている方も、デートチェック→お試し結婚生活を全力で楽しんでいるみたい。

そんなもどかしい二人の関係性にテコ入れをしてくれるのが、沢渡の職場の後輩・百瀬(元ホスト)と加賀谷の飼い猫?しろさん。キャスティングがさすがですね〜笑。なにげに「マリッジ・イナダ」の社長も気になります。とんだ慧眼の持ち主ですね笑

加賀谷の用意するお酒やご飯に沢渡が釣られてしまうんですけど、美味しいものに目がない沢渡の気持ち、すっごくわかる。エアーでもいいからご相伴に預かりたくなりました。ほんと美味しそうなの…。それに、加賀谷の家事炊事DIY動物得意っていう理想的な旦那要素満載も羨ましい〜ってゴロゴロしながら読み進め…。

クライマックスシーンは、不覚にも自分の中でブワーッと盛り上がっちゃって、ウルウルしてしまいました。主人公が自分の正直な気持ちを認めて腹を括る本当に短いシーンなんですけど、直感や閃きに従おうと決める瞬間をああいうエピソードで表現してもらうと、なんかわかるな〜っていう。そういうこと、あるよな〜って。百瀬はとりあえずぐっじょぶでした。

タイトルだけだと食指が動かなかったかもしれませんが、読み始めてみると「わかる〜!」って共感することばかり。地雷がほとんどなければネタバレなしでサクッと読むのがオススメです。(ほぼネタバレしちゃってますが…)

ラブラブな「不動産王と本気の恋最中です」まで、キッチリお楽しみくださいね♪

1

しろさん

ナツ之先生だし亀井先生の挿絵大好きなので購入。亀井先生の挿絵がぴったりな大人な攻め+ふわふわファンタジーでした。攻め受けともめちゃくちゃ好きってほど盛り上がらなかったので萌にしました。本編270Pほど+その続き70Pほど+あとがき。タイトルは表紙真ん中の猫ちゃんのお名前。しろさん気になる方はコミコミさん特典付きをご検討いただいてもよいかも。

結婚相談所で成婚率ほぼ100%を誇るマリッジアドバイザーの沢渡。ほぼ100%な理由は、すっごくカッコよくてお金持ちなのになぜか結婚に至らない会員、加賀谷がいるからです。何か問題があるのかも、と彼とデートしてチェックすることになったのですが・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
しろさん(表紙のまんなかの猫ちゃん)、百瀬(受けの勤務先後輩)、攻めの親戚等。しろさん、ナイス。

++攻め受けについて

攻めはイケメンお金持ち、いつもにっこり穏やかで大人な感じで、おまけにお料理上手だし完璧じゃんと思う方。なんですが、しろさん(一族の守り神、神獣さま)が大丈夫だという方でないと難しかったからなんでしょうね、なかなかご結婚にいたれなかったのです。

受けさんはマリッジアドバイザーとしてかなり素晴らしい能力持ち。なぜかぴったしのパートナーだと感じられるとその方のプロフィールカードが浮かび上がって見えるらしいのです。なんかあるんでしょうね、これだ!という直感。素晴らしい。真面目な方で、なんとか攻めさんに成婚にいたってもらおうとするのに、自分がどんどん惹かれてしまって、ややセツナイ場面もあります。

攻め受けとも感じの良い方で攻めの大人な部分は好きだったのですが、二人の恋話になにかあと一押し欲しいなあと思ったお話でした。しろさんは大好きだったんですけど。

1

ほんのりファンタジー、そして甘々。

作家買い。
ナツ之さんらしい、と言って良いんじゃないでしょうか、ほんのりファンタジー+甘々ほのぼのな可愛らしいお話でした。





結婚相談所「マリッジ・イナダ」に勤務する沢渡は、成婚の成功率100%を誇るマリッジアドバイザー。彼の能力を頼りセレブ達からの依頼が後を絶たない彼だが、沢渡がマリッジアドバイザーとして働くのは金銭だけが目的では決してない。

今は亡き彼の両親のように、仲睦まじく温かな結婚生活が幸せなものだと知っているから。そのお手伝いをしたいと、そう思っているのだ。

そんな凄腕アドバイザーの沢渡だが、彼がなかなか成婚に繋げられない顧客がいる。加賀谷だ。イケメンで資産家、自身も有能な経営者という何の問題もない加賀谷が、なぜ結婚相談所を利用しているのか、そしてなぜ成婚に至らないのかー。

何とかして加賀谷のお相手を見つけたいと奮闘する沢渡だったが、とある出来事をきっかけにお試しデート、からの同居をすることになって…。

というお話。

加賀谷×沢渡、という恋愛軸は早々に成就してしまう、っていうのかな。両想いなんですよ、このお二人。

が、それが沢渡は無自覚の上に、加賀谷の方にはとある秘密があるんですね。そしてさらに彼らの恋を阻む要素が、ある。

これねえ、さすがナツ之さんっていう感じ。
さらりと彼らの抱える「もの」を魅せる。特に沢渡くん。

彼は彼の両親を事故で亡くしていますが、その出来事が彼の根っこなんです。彼を形成づけた、と言ってもいいかも。だからこそ彼は自身の加賀谷への想いを許すことができない。

この描き方が、重すぎず、コミカル過ぎず、程よい感じなので読みやすいっていうのかな。すんなり彼の思いが理解できるのです。

で、一方の加賀谷。
彼の抱えるものがほんのりファンタジーですが、もうね、可愛いの。
モフモフです。
可愛いのにカッコいいです。
序盤から伏線が張られていて、ああ、なるほど!というストーリー展開なのが素晴らしい。

セレブに求愛される健気受け、という王道の展開に、ナツ之さんらしい可愛らしいスパイスが効いた、そんな1冊でした。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う