恋を胸に

恋を胸に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
26
評価数
7
平均
3.9 / 5
神率
57.1%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784902671407

あらすじ

「好きです」-会社の後輩から突然の告白。
生まれて32年、男から好きだと言われたのは初めてだ。相手はダンナにしたい男と騒がれそうな年下好青年。しかしそれ以来、意識し過ぎて妄想の日々・・・。どうなる?30代独身男の揺れるハート。
リーマンラブコメから、高校生の苦悩を描くセンシティブストーリーまで描き下ろしを含む8編を収録した待望の初コミックス!
(出版社より)

表題作恋を胸に

建築事務所の後輩・須賀湊(マジメ・実家は工場)
建築事務所の先輩・荻田(元ヤン)

その他の収録作品

  • 1時間17分
  • サイクルリング
  • 一月のキスと抱擁
  • 午後の記憶
  • コンプリート・ワールド
  • 夜を走る
  • 午後の記憶のちょっと前の話
  • サイクルリングのちょっと後の話

評価・レビューする

レビュー投稿数3

キスシーンが素敵!スーツ万歳!ネクタイ万歳!!

なんといっても【午後の記憶】が良かったです。
ストーリーというよりもキスシーンの一コマがめちゃくちゃツボでツボで。
説明させていただきます。
シチュエーション:サラリーマンカップル・ スーツ同士

片方が車の陰に中腰で隠れて「少しかがめ」
相方 「は?」
「いいから」と言って、自分より背の高い相手のネクタイを掴んでキスをする。
しかもされたほうは突然すぎてびっくりして目を開けてるの。

「自分より背の高い相手のネクタイを掴んで引き寄せてキスをする」車の陰に隠れて、屈ませるために。

これよ、これ!これぞ男同士のキスって感じ!

スーツ万歳!ネクタイ万歳!!
これぞ正しいネクタイの使い方ってやつだ。

そしてこの【午後の記憶】の書き下ろし【午後の記憶のちょっと前】は一緒に住もうと相方から提案されるのですが、その理由がとても素敵でした。そんな二人に幸あれ。

私がトピ立てした「ちるちるのランキング圏外だけど、心の琴線に触れた作品を教えてください」
http://www.chil-chil.net/answerList/question_id/49続き67/#IndexNews
で教えていただいたのが、こちらの作品。

「スーツがいい。とにかくスーツ。」
とのことでしたが、本当でした。教えてくださりありがとうございました。

2

大人の恋の始まる瞬間

『恋の中』『その気持ちに名前をつける』と、さかのぼって読んできて、やっぱりこの作家さんは心を読ませるのが上手い!
しかも、これがデビュー単行本だというから、それを加味しても素晴らしいと思います!

どれも短編なんですが、多分登場人物に付随するストーリーは沢山あるんでしょうが、その二人がもしくは片側が、恋を意識する、恋に堕ちる瞬間というのを、うまーく捉え抜き出して、短いページで見せていることが見事なんです。
そこには無駄なストーリーも解説も一切なくて、ただ的確に胸をキュンと掴む瞬間を見せるのです。
エチもエロもほとんどなくて薄いのに、この胸のトキメキは大人のものだと思います!!

後輩の告白に意識しだし、その仕事の実直さにどんどんトキメイて確信になる先輩社員の心。
年齢差から越えられなかった壁を、距離を、二時間もかかる距離を走りとおした真摯な気持ちに再確認する愛情。
友情が愛情に変わる時
腐れ縁もまた愛の形
過去があるから今の幸せな自分があるんだよ、という話
一番切ない、相手を守る為の逃避行
真夜中のバイトで二人きり、その限られた短時間で変わっていくノンケ青年の続き心。

この数々の形がそれぞれに色を持ち、くるくる回って自分を魅了する。
大人の女性に是非見てもらいたい、あったかいトキメキの一冊だと思います。

3

竹を割った様に、渋い

全文178ページ中セックス未遂描写一回、事の後描写一回。
そして真っ最中描写一回。後は切羽詰ってるか事のついでの
様なキスシーン。
そんなに淡々とした性描写なのにどの話でも匂い立つ様な
恋の気配に溢れているのはとてもずるいと思います。
心の絆ありきで体を如何こうしてるんですから当たり前と言えば
当たり前の話なのですが。

絵のタッチもとても渋いですね。
一歩間違えればアート志向になってしまいそうな所を上手くかわして
線に男臭さと可愛らしさを籠めている。そこもまた、とてもずるい。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ