恋の吊り橋効果、誓いませんか?

koi no tsuribashikouka chikaimasenka

恋の吊り橋効果、誓いませんか?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
61
評価数
17
平均
3.6 / 5
神率
17.6%
著者
神香うらら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
北沢きょう 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010507

あらすじ

バーベキューのできる庭、
居心地の良いキッチンにピアノのある地下室――
FBI捜査官の恋人クレイトンと憧れの
マイホームを購入した雪都。けれど、
ある日帰宅すると家中の窓ガラスが割られていた!?
しかもその数日後、今度は見知らぬ男の他殺体を
発見してしまう!! 目を閉じても思い出す、
凄惨な光景が悪い夢ならいいのに――。二人だけの
愛の巣は、凶悪な殺人事件現場になってしまい!?

表題作恋の吊り橋効果、誓いませんか?

クレイトン・ガードナー,FBI捜査官
吉仲雪都,カウンセラー志望,大学院生

レビュー投稿数4

二人がとても仲良しカップルで推せる

3巻。推しカプ。
二人のセックスの始め方とか会話が付き合いが長くなってきたカップルぽくて好き。
事件でメンタルが不安定な受けをフォローする攻めも甘々だし、平気なフリをする受け対して攻め自身も平気なわけじゃないと弱さをみせるのが萌える。お互いに踏み込んだ会話をできる関係がいい。

今回も事件に巻き込まれるミステリ風だけど、クローズドサークルではないので基本的には警察におまかせ。 新居が事件現場で第一発見者になってしまった受けのメンタル的な葛藤がメインの話。

実際に犯罪被害者側の立場になり、カウンセリングを受ける側になって自分が目指している被害者支援について理解を深めて成長していく様子が面白かった。授業でいろんなセラピーやカウンセリングについて学んでいたけれど、それが自分に必要だと第三者から言われるまで気づかなかったのとかリアルだった。自分を客観視するって難しいよね。他にも、カウンセラーに対して厳しめに観察チェックしちゃうのとかで、クライアントは僕達ことをこんな風に構えて見てるんだなと実感したり。

あと表紙のブランケットを肩にかけてる受け対して半袖の攻め…挿絵でも二人の服装の差が出てて二人の解像度が上がるし拘りを感じて好き。

0

雪都は一度、お祓いに行ったほうがいいと思う。

もう二人のカプっぷりは盤石なので、そこが揺らぐことは一切ないところが◎
シリーズもので変な当て馬が出てきたり、二人の仲が揺らいだりするのがあまり好きではないのでここが嬉しい。

一般人なのに、何故か殺人事件に遭遇することが多いというのは、サスペンスシリーズものではお約束ではあるものの、それにしても雪都が殺人事件に巻き込まれるのはこれで三回目。
しかも今回は自宅が舞台で、雪都が第一発見者となってしまうのだから、雪都の引き寄せ力、すごすぎぃ!
雪都はお祓い行ったほうがいいと思う。

殺人事件の犯人は誰かというのも楽しめたし、なんといってもカウンセラーとしての雪都の成長が一番嬉しかったな。

カウンセラーの卵として研修中だけど、これでいいのか暗中模索ぎみな雪都。
何が正解なのか、そもそも正解があるのか、自分はどうあるべきかなどが見えてこない。
それが、殺人事件の関係者としてカウンセリングを施す側ではなくカウンセリングを受ける側となったことがきっかけで、自分なりの目指すものが見えてくる。
雪都の核がしっかりしたものになったというのかしら。

だから最後の結婚式も、晴れ晴れ、堂々としたものでした。
守られがちなキャラだった雪都が一皮向けて、クレイトンのパートナーとして傍でしっかりと立っている。
いいカプになったなぁと親戚のおばさんになったかのような気持ちで、思わず目を細めてしまいました。

2

雪都が事件にあいすぎ!

恋の吊り橋効果、試しませんか?シリーズ三作目です。
これまでは密室殺人でしたが、今回はなんと二人の新居が殺人事件の舞台に!

それにしても雪都は一般人なのに事件に巻き込まれ過ぎ!

なぜ二人の新居に死体があるのか?なぜ地下室の床が剥がされているのか?犯人の目的は?
と地元警察とクレイトンが迫っていき…。

事件に巻き込まれながらも、雪都は自らも犯罪関係者としてカウンセラーのインターンで犯罪被害者と関わり。
また自分もカウンセリングを受けてみたり。
雪都のカウンセラーとしての在り方など成長もみられました。

事件も凝っていてどんどん関係者や容疑者が現れて…。

今回の事件でクレイトンは雪都に過保護で心配性なのを控えようと思ってたのを止める!と宣言して。
雪都にはカッコつけてきたクレイトンですが、今作では少し弱音も出してようやくさらに距離が縮まったかな?

最後は区切りもついたし、この先はどうなるんでしょうか?

ほとんど事件と雪都のインターンのお話で、二人のイチャイチャやエッチは少ないです。
正直、サスペンス一応BLって感じですかね。

事件の鍵も、人間ドラマや愛憎というわけでもなく。

もしかしたら、次があるとしたらクレイトンの弟ジュリアンカップルに関係しそうですね。

4

3巻目

きょう先生の挿絵おっかけで購入、シリーズ3冊目。既にくっついている二人、二人の恋模様もさておき、今回はカウンセラーを目指そうとしている雪都の様子が一番嬉しかったでした。事件ものがお好きな方でしたら、一旦一区切りついたと思われる、殺人事件に良く出会うFBI捜査官とカウンセラー志望者の二人のお話を是非1巻から。三冊の中で今回のお話が一番好きかも。

大学院で学びながらカウンセラーになるべくインターン研修をしている雪都。ワシントンDCの郊外で、クレイトンが購入した一軒家に二人で暮らしています。ある日帰宅してみると、家の窓が割られて何者かが侵入した後があり・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
ウィラ、レイシー(雪都のインターン先に来ている子♀)、ジュリアン(攻めの弟)、雪都のインターン先の関係者、殺人事件の捜査関係者、悪党等。ちょこちょこ登場人物は多いけど、そんなに戸惑わなかったです。二人の関係性がしっかり出来ているからかな?

++好きだったところ

クレイトンが金髪キラキライケメンなのは変わらず好きだけど、今回好きだったところは、雪都。殺人事件で血まみれで絶命している被害者を見て、メンタル的にすごくダメージを受けるのですが、その経験で一皮むけたような感じを受けたのです。前2冊ではスパダリクレイトンに守られている、ちょっとか弱げな感じの美人さんという印象が強かったんですけど、今回自分の受けたダメージをきちんと捉え、同じようなダメージをもっていたレイシーと話し合うことや、自分が受けたカウンセリング、また周りから聞いた話などを元に、目指すカウンセラー像を再構築できたんじゃないかなあ。しなやかにしっかりしなおした!というように思えて、とても嬉しかったのでした。

殺人事件のお話も今回が一番読んでてしっくりしたし、最後は2人、周りから祝福されて結婚式!幸せそうな二人だったし、雪都がしっかりしたような気がして、読んで良かったと思った一冊でした!

3

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う