運命の番なんて必要ないと思ってた…

季節の国のけものたち~春宵の獣は恋に酔う~

kisetsu no kuni no kemonotachi

季節の国のけものたち~春宵の獣は恋に酔う~
  • 電子単話
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
霧嶋珠生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

一年中、人獣たちの発情フェロモンが漂う春の国。
男娼専門遊郭・縁夜市で稼ぎ頭の宵藤は、セックスも着飾る事も好きなため、男娼を天職だと思っていた。
男娼の中には「運命の番」が現れて、いつか身請けされることを夢見る者もいたが、宵藤は店のため、仲間のためにもよりいっそう稼ごうと張り切っている。
しかし、そんな宵藤が唯一気になるのが、昔から旅商人として店へ品物を卸してくれるツァーレだった。
なかなか素直になることができない宵藤だが、ある日、ツァーレから抗いがたい匂いを感じ――。

誰にでも優しい雪豹の商人×素直になれない兎の男娼の「運命の番」にまつわる物語。

季節の国のけものたち~春宵の獣は恋に酔う~(1) 44ページ

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う