サースティ・ハイ

thirsty high

サースティ・ハイ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×211
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
141
評価数
35
平均
4.1 / 5
神率
45.7%
著者
児島かつら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックスmoment
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784801966925

あらすじ

孤高の天才肌シンガー・偉進(いしん)と演歌界出身のクールな苦労人・薫は、デビュー目前のボーカルデュオ。
やり手社長の采配でユニットを組むことになったものの、互いに我が強く過去の境遇も異なる2人は反発し、デビューに向けてのレコーディングは停滞気味。しかし、彼らにはこのチャンスに賭ける思いがあった。
それぞれの秘めた思いを共有し臨んだレコーディング当日、体も心も融け合うような初めての一体感を味わう偉進と薫。
その晩、2人は興奮が抑えきれず……!?

描き下ろし4P収録!!!

表題作サースティ・ハイ

住吉 薫・28歳・ボーカルデュオ
安彦 偉進・23歳・ボーカルデュオ

その他の収録作品

  • Bonus track
  • カバー下:著者コメント

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

毎日読み返してます。

めちゃくちゃ最高でした!!自分が思っていた以上にハマってしまい、毎日読み返してます。まず、主人公2人のぶつかり合いが熱い!譲らない、言いたい事いう、なのに、絶対離れない相手を諦めない。そして、恋愛の方へ進むのですが、マスク越しのチューから始まってスッゴイドキドキした。。。受けがカッコいいから可愛いの振り幅すごすぎて!!ちゃんと男同士の恋愛。そこもポイントだと思う。

1

業界ものケンカップル、魂の共鳴がアツい。

一冊まるまる表題作+描き下ろしの、業界ものケンカップル作品。
単話配信でハマり、描き下ろし目当てでコミックス電子購入。
最後までテンション高めの心地いいテンポで一気読みでした。

個人的には業界ものは苦手なんですが、二人のアツいぶつかり合いが好きです。
タイプの違う実力派シンガー、それぞれの背景、心情が丁寧に描かれているだけでなく、
画では難しい音の表現描写、眼から頭に響いて感じる音に惹きつけられました。
テンポの良さは会話だけでなく、カット割りの上手さが相乗効果を上げているのかな。

孤高の天才肌シンガー偉進と演歌界出身の苦労人 薫は、デビュー目前のボーカルデュオ。
それぞれのこだわりも強く、反発する二人ですが想いは同じ、魂が爆発するような歌を歌いたい…。

理想が高すぎて誰も寄り付かず、バンドが組めなくなった偉進。
偉進本人にはワンマンの自覚はなく、自分の音を追い求めている想いが強くて、
どこかにまた捨てられるという気持ちがあり、俺様な見かけとは違う弱さを抱えている。

演歌出身の薫は事務所に恵まれず、才能を燻ぶらせてきた苦労人。
今回は崖っぷちのラストチャンスで、後がない状態。

仲を深める為にと事務所命令で同居している二人、
レコーディングで魂が共鳴した高揚感から、興奮が治まらずに帰宅後キスした二人。
予想外だったいきなりのキス…薫が自分のマスクをずらして、偉進のマスクの上からキス。
魂が共鳴した音の場面と同じくらい、バクバクするキスシーンで…薫どした?!ってビックリでした。

ニヤニヤはこれからで、それ以降なぜか薫が毎日キスしてくるようになり、
なぜか受け入れている偉進…このターンが最高です。
よく解らずキスされて、動揺しつつも受けいれている状況で、脳内パニックの偉進がカワイイ。
実は黒髪ツンデレ童貞くん、元バンドメンバーに想いがあったようなので、ゲイかな?

薫のキスの理由には納得でした…出会う前から声を聴いて一目惚れし、
自分のラストチャンスを偉進に託していたので、キスも止まらない。
マネージャーに偉進の歌い方が変わったことを指摘された薫が、
デビューに集中させるため、キスは関係をよくするための努力と偉進に伝えたことで、
今度は歌い方が分からなくなってしまった偉進…真っ直ぐキャラで解りやすくていいです。

薫は失敗してもやり直してくれる、初めての人…キスされて薫でいっぱいの偉進がカワイイ。
すれ違う二人はせつないですが、それが歌に生かされるのがアーティスト。

元バンドメンバーの立ち位置が、どうなるのかちょっとドキドキしましたが、
偉進の背中を押してくれて良かった。
離れはしても、よく理解してくれている人がいるのは有難くて、捨てられた訳じゃないと感じられる。

誤解のとけた二人が、ケンカップルでイチャイチャするのをニマニマして楽しむ…しあわせ。
Hも男臭さのあるアツさですが、だんだんあま~くなっていくのも堪らない二人でした。

そして、デビューが成功して終わりではなく、そこからの葛藤が見せ場です。
業界での苦労が身に染みている薫が今度はスランプ…
今までの勢いがなくなり、業界での安定を望む気持ちが普段の行動に出てしまい、
歌やHにガッツキがなくなり、偉進とも衝突する。
勝負をかけたライブステージで、アツくぶつかり合う二人の描写が公開Hのようでした。

児島先生のH描写がすごく好みで二人の男臭い会話がエロくていい。
描き下ろしのハッピー中だしH…やっと偉進のお願いが叶いました。

児島先生が一年お休みしての復帰作ということで、溜まった熱が込められた作品でした。

※Renta:修正は白抜きです。

6

心も体も融け合う二人

別々の体でいるのが面倒くさくなる程に。。。。
ですって!!尊い!!!

理想高すぎて誰ともバンド組めなくなった孤独な天才肌シンガー・偉進。
長いこと事務所に恵まれなかった苦労人演歌歌手・薫。
根本的な音楽性が違う二人の目指すところは同じ
【魂が爆発するような歌を歌いたい】

何度も何度もぶつかり合うのは本当にかっこよかったです!
偉進が自分の気持ちと薫の気持ちに戸惑い、歌に影響が出てしまったり、
馨が業界を先に経験しているからこそ歌えなくなる日が来ることを恐れて
音楽から彼らしさが消えるたり、
毎度胸がキューンってなっちゃいました!!

最初は水と油だった二人が
融け合って一つになりたいと思う程になるのは
本当に尊かったぁぁ♡

3

昂る渇望

バンドマンの偉進と元演歌歌手の薫。
個々の才能を活かせず境遇に恵まれなかったふたりが
ジャンルは違いますが巡り合わせによりデュオとして
タッグを組みデビューをすることに。

わかりやすく直情的で攻撃的な偉進と状況を把握して
冷静ながらも内に秘めた熱は誰より高い薫。
音楽性も違い個性が強すぎてぶつかり合いますが、
根本にある目指すスタイルが一致しているふたり。

周りの理解もあり存分に歌える環境で、衝突せず
まず仲良くなれとの事務所の意向で同居しているのが
またいいですね〜
がんがん言葉でどつきあって臨んだ初レコーディングの
好感触に興奮冷めやらず、強気で包んでいた本音の
柔らかい部分を思いがけず見せたふたりの距離が
ぐっと縮まった抱擁とキス。

薫からマスク越しのキスされて、動揺して外されて
さらにキスされても抵抗しない偉進がかわいすぎました。

壊し屋と呼ばれてバンド活動が続かず終わりばかり
経験していた偉進に失敗してもまた一からやりあおうぜ?とかけた薫の言葉が響いて心を許していき、
歌に影響するほど意識しちゃうのがまた♡

ライブ前のやりとりにニヤついて、ふたりの本気が
交わって気持ちが爆発して偉進が薫を煽りまくる
フェスのステージは胸熱でした!

ふたりの昂るぶつかり合いに滾らされて、
甘く(主に偉進)なるえっちに萌えました。
「薫の精子入れてみたい」とか、「かおと一個になれば
ぜってー最強だと思う」(←かわいいー!!)など…
偉進の感性、やっぱりズバ抜けてました。

1

別々の身体鬱陶しい…レベル❤️

連載から追いかけていました!御本になってから発売日に購入したのに、熟成させてから読了しました。

児島かつら先生、前作もそうでしたが、登場人物が骨太。
ガタイが良いからえっちも、ぶつかり合う感じです❗

気持ちの部分も、骨太。
偉進と薫のボーカリストが、互いに共鳴してぶつかって唯一無二のユニットに成長する姿が、ゾクゾクするんです❗

違う声、違う音楽歴の二人が共鳴し有って、めちゃくちゃ凄い歌を歌うってさあ…
本当に観客も、スタッフさえ惹き付けて虜にしちゃう。かっこいいですよ!

少し引きが入った薫を、ライブステージ上で挑発して、想いをぶつけた偉進。
素晴らしい愛の告白ですよね。薫じゃないけど、「もっと❗もっと❗」何て求められて。丸裸な熱の公開は、本当にセックスレベルだよ~

ドワッ ブワッ とかの擬音!画面の構成、効果線の決め方が聞こえない筈の薫、偉進の出す歌声をバンドの音を感じるって言う、素晴らしさ❤️

ライブに入り込めますね❗疾走感や爽快さが有るんですよ。

さてライブ後は、アドレナリン全開のセックス。これまた、めちゃくちゃ良いっ❤️

偉進が薫に中だしして欲しがるのも、めちゃくちゃ良い❗
別々の身体が、鬱陶しいって…

がっちりした読みごたえのお話に、サースティじゃなくなりました~

1

アツく響きあう声と心、魂。ライバル・ラブ

芸能界が舞台。
新しくボーカルデュオとしてコンビを組む演歌出身の薫と、ロックバンド出身の偉進(いしん)。
はじめは息が合わず、お互い探りながら…の活動だったけど。
思うところは一致している2人、レコーディングで遂にケミストリーを掴み取る…!
その震えるような感覚。
その震えのまま薫にキスされて、それがそのまま肌を合わせる感覚へと移行していく…
恋愛絡みの関係性によって歌声に艶が増していく2人。
だが同時に、正にその同じ恋愛絡みで軋んでいく関係性…
この辺は、年齢もキャリアも若い偉進があわあわと慌てて浮き立つような状況。
薫が「好きだ」と告白し、惑わせてごめんって感じでお互い落とし所を見つけていくような展開。
そして思いがけずやんちゃな偉進が受け…!ムフ。
しかし!
恋が入ってくると今度は逆に攻撃性がなくなってきて…
恋も仕事も、の難しさ。
恋、イコール、バトル。ケンカップルの原点を思い出して、ステージで観客達を圧倒する2人です。
コレね、いいんだけど、いつもいつもテンションぎりぎりで押していく恋ってのはキツイね…オンとオフが一緒になっちゃてる恋愛ってのがね。ここはこれからうまくいけばいいなぁって思う。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ