水面に三日月

水面に三日月
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
48
評価数
11
平均
4.4 / 5
神率
54.5%

評価・レビューする

レビュー投稿数3

可愛い系わんこギャップ有り

わんこ攻めを求めて発掘しましたが、大当たりでした。
コミックスの半分以上はふたりの中学時代の話なのですが、中学生ならではの青臭さが非常に萌えでした。
そしてなんと言っても攻め。前半で攻めのあざといかわいらしさに射たれ、後半では男らしさというギャップを魅せてくる彼には脱帽です。個人的には大好きでした。
攻めのまっすぐさに赤面する受け、というわんこ攻めの醍醐味といえるシーン(勝手に決めてる)もありますし、受けがどんどん可愛くデレを見せていってくれるのも魅力ですね。
あ、えろシーンはないに等しいです。後半にがっつりあってもよかったと思いますが!\(^o^)/
可愛らしい絵柄に反して、内容は萌え萌えというよりシリアスですがちっちゃなギャグに笑わせられる場面もありますし暗いという程の展開ではないのでわんこ攻め×美人ツンデレというワードに反応できる方は是非一読をオススメします!

1

攻め様が男前に変わっていくのが素敵^^

初読み作家さんです。
タイトルと表紙のどことなく切なげな雰囲気が気になって読んだ作品です。
あとがきによると「純粋暴走ハニー」とリンクしているそうなんですが、この作品単独でも問題ありませんでした。

主人公のユウと玲司は母親同士が親友で家も近所、生まれた年も同じで、その時からの幼馴染。
玲司はワンコでユウが大好き、ユウは頭が良くてクールで少しつれない。
この2人が一緒に育って中学生になって高校を受験する時のことがメインに描かれているんですが、二人の成長過程がじっくり読めて、キャラに対する感情移入もすんなりできました。
この2人の絆はそれはもうとても強いものがあって、もうお互い以外の相手なんて考えられないだろうと思う程なんですが、あることがきっかけで2人は引き裂かれることに…。
作品にはシリアスな雰囲気が漂っているのですが、暗すぎるということはありません。
最初はクールでしっかりしていたユウが逃げ腰になるのを、ワンコで一見何も考えてないような楽天的な玲司がうまくバランスを取っている感じです。
最初はただのワンコキャラだった玲司が、後半見事に男前でしっかりした青年に成長していたのは素敵でした。
最初から両想いのカプなんですが、終わりに向けてラブ度がどんどん上昇していくのもよかったです。

1

学生の無力さと、親の存在と。

可愛い絵ですが、反して重い話でした。
幼馴染みでそういう関係になってしまった二人ですが、受の弟の告げ口で関係が親にバレてしまい、片方は高校卒業後行方をくらましてしまう。
同性愛の禁忌よりも、受側の家庭の事情の方が重い気がします。
実の母親が亡くなっていて、現在の母親は後妻で、弟は連れ子。
攻の母親に比べて、受の母親がやたらきつく冷たい感じに描かれています。
愛情がないのかもしれないですし、どうやって接したらいいのか分からないだけだったかもしれません。
受はその欠如した愛情を攻に求めていたのでしょうね。

何だかんだあっても、ハッピーエンドなので安心です。

しかし、変装の黒髪メガネがやたらダサいダサい云われてましたが、私はこっちの容姿の方が好みかも(笑)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ