Bijou (フルカラー)【完全版】

Bijou

Bijou (フルカラー)【完全版】
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
野良おばけ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ひかりTVブック
レーベル
pirka⋆2(ピリカピリカ)
電子発売日
ISBN

あらすじ

ホークスアイ領・領主の息子であるカーネリアン。彼は親の言いなりの人生を歩んできたがせめてもの反抗と、縁談に関わる会議から逃げ出した。その先でこっそり水浴びにきていた男・アンバーと出会う。別れた後も自由奔放なアンバーのことが頭から離れなくなり──。

表題作Bijou (フルカラー)【完全版】

カーネリアン、領主の後継ぎ
アンバー、画家

レビュー投稿数1

ever after

電子単話の時から気になってた作品。
私はフルカラー作品を初めて読むのですが、表紙絵と違って淡めな水色やオレンジ、ベージュの印象で、目に優しいです。
内容はどこかおとぎ話的というか、ちょっと童話みたい。

主人公は領主の後継ぎ、カーネリアン・ホークスアイ。赤瑪瑙の瞳を持つ青年。
生きる道は決められていて、自由はない。
今も縁談が持ち込まれて、逃げ出したくて領地内の池のほとりに行くと…
…と始まります。
池には見知らぬ男がいて、彼の「自由さ」に心を奪われるカーネリアン。
彼の名はアンバー。瞳は琥珀色。
そして彼は画家。
身分違いながら、湧き上がる恋心…

みたいな。
実際には色々な障壁があると思うんですね。
実際、流れ者のようなアンバーはカーネリアンの立場を考えて踏み込まずにいます。
でも、そこをお坊ちゃんのカーネリアンの方が越えてくる。
領主の地位を捨てるのではなく、自ら代替わりを申し出る。
そして自分が領内の規則を変えていきます。
人の動きも経済も回り始める。活気付いていく領内。そうやって周りに自分を認めさせていくカーネリアンです。そして…

アンバーを伴侶に迎えるのです。アンバーはびっくりしちゃうけど。
優しいオレンジ色の瞳は燃える焔を隠し持ってたのかな。

2人はいついつまでも幸せに暮らしました。めでたしめでたし…というラストワードが浮かんでくるような幸せ感でした。
プラス私は長髪大好きなので、2人のルックスも良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う