• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作先生を暴きたい 3

小田切 慧、高校教師、橘の後輩
橘 慧士、高校教師

その他の収録作品

  • 描き下ろし:おまけ(8P)

あらすじ

【電子限定描き下ろしマンガ1p付き! 拗らせ執着攻め×無自覚ドM受け 職員室BL】小田切の重すぎる愛に心を蕩かされ、ついに「好き」と言葉を返せた橘。橘のデレに煽られまくる小田切 vs. 初めての嫉妬に戸惑う橘、上限なく深化する愛の行方は――?≪あまあま描き下ろしマンガ8p収録!≫(このコミックスには先生を暴きたい[ばら売り] 第11~15話」を収録しております。)

作品情報

作品名
先生を暴きたい 3
著者
うすいしっぽ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
白泉社
レーベル
花丸コミックス・プレミアム
発売日
電子発売日
ISBN
9784592721390
4.4

(40)

(24)

萌々

(12)

(3)

中立

(0)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
9
得点
177
評価数
40
平均
4.4 / 5
神率
60%

レビュー投稿数9

進展

2巻での進展のあとまた3巻での新たな二人への難関と言えば良いのかお題と言えば良いのか。
一巻すぐでの同棲はなくなり今はバラバラの家に帰ってるのだけれど、先生が前の奥さんとの家に住み続けてるから。暗黙の了解で小田切くんの方に泊まりにってなってるんだけど、そっちは壁が薄いからと本番は青坂状態が続いてて。自分の家に呼びにくいこと今後また同棲が出来るようにと、先生は引越しを決意。でも、そこにまた大きな波乱を呼びそうな親からの不在着信。小田切に迫ろうとしている女の子の存在。4巻楽しみですわ

0

2人の関係性がめまぐるしく成長してる?!!

あれ、橘先生と小田切先生って、こんなにも両想いなお話だったっけ?!!
と、読了後に驚いた3巻。

慌てて1巻から読み返し、拗らせ攻めと無自覚どMな受けの甘々な恋の行方に、ニチャニチャしました。

なんだかさ、目隠し縛りえちしてても愛があるような気がするんですよね。


そしてまりあげは比的に、橘先生が可愛くなってる気がするんですけど、気のせい、、、ではないですよね??(検分中)

あと、なんと言っても3巻の目玉は貞操帯!!

これいつご使用になられるんでしょうか///♡
今後の展開に、期待しかないんですけれど!!


と思ったら、小田切先生が生徒から告白されるかもフラグでフィニッシュしていて、次巻発売が2025年の夏頃、、、(震えながら)です、、、か??
シンジラレナイ!

貞操帯プレイ? 拝めるのは少なくとも、来年の夏ということで、またまりあげはの楽しみを増やして下さった作品が1つ増えました‪( ◜ᴗ◝ )


0

糖分爆盛有難死

ここまで長かった…。
今巻は遂に橘のデレターンがやってきました!!
皆さんお待ちかねの恋人編です♪

前巻のラストでようやく自分の想いを小田切に伝えられた橘。

半ば小田切の強引さで始まった二人の関係でしたが、
今度こそ正真正銘の両想いということで、
お互いの“好き”がこれでもかと溢れまくりです。

これまで散々ツンデレてきた橘なだけにぎこちなく甘え、
恥じらいながらも素直に気持ちを伝えてくる様は破壊力抜群!
小田切のみならず、読者もノックアウト必至の可愛さです…

教師で同僚という立場上、週末だけは一緒に過ごすと決めた二人ですが、
それすらも待ちきれず、頭の中が小田切でいっぱいになってしまう橘。
ここまでの橘のデレ変化を一体誰が想像できたでしょうか…。
これが恋人か…とそっと歓びを噛みしめました。

そして、前巻でのお約束通り、小田切の近くに引っ越すために
新居を探し始める橘。
密かに将来の同棲を見据えて探している辺り、萌えしかない♥

そうして着々とイチャ甘道を歩み始めた二人。
ですが…3巻の最後は女子生徒が小田切に告白することを
知ってしまった橘、というところでおしまい。
また一波乱の予感…?
いや、告白されても小田切の橘愛は揺らがないと思うけど?
とはいえ、次巻も楽しみにお待ちしたいと思います!

1

橘のデレが増量♪

「ずるい男に〜」とあわせて好きな作品。
1巻から再読して読んでみました。

2巻ラストでようやく橘が小田切に「好き」と伝えられたので、3巻では橘のデレがたっぷり楽しめます。素直になった橘、かわいいな。小田切も幸せそうだw

小田切は相変わらず、変態みのある溺愛ワンコです。
「ちくしょう ベロッベロにチューしてぇ」
ってモノローグ、すごく好きww

濡れ場のエロスも大変良きですね〜。
普段ワンコの小田切が、濡れ場ではソフトSになって言葉責めする、ギャップが良いです。
そしてそんな責めを喜んでしまう橘のMっぷりも健在。
目隠しプレイやおもちゃプレイもあり。ソフトSMって感じかな〜。貞操帯は4巻で使うのかしらw

小田切が、昔橘と出会ってから橘としかしてないと告白を!
それはさすがに一途がすぎるだろーー、とちょっとスンとしてしまいました。でも橘を追いかけて教師になったから、私の読解力不足かなー…。

橘と実家との軋轢も描かれましたね。結構トラウマになってるみたい。
シリアスとギャグが混在するのも、先生の作品の魅力の一つですね。今後の展開が気になります。

ラストは小田切が修学旅行の引率に行くことに。
嫉妬を感じ始めた橘が、4巻でもやきもきしそう。

「ずるい男に〜」シリーズのように、本作も長く続きそうな雰囲気ですね〜。

シーモア 局部は省略、またはライトセーバー修正

1

真面目なシーンとアホエロシーンの緩急がすごい

本当に橘先生どんどん可愛くなりますね!?
小田切先生といるオフモードで照れ顔デフォになってきてるまであって、さらにそこに小田切先生に素直に言葉で伝えるを実践してきているので可愛さに悶絶してしまう3巻でした。
特に3巻では2人、というか橘先生の頼れる先生モードを久しぶりに見たのでそのギャップにさらにやられます。

そして場面の緩急がすごい!!
1コマ前まで大好き〜って思いを真面目に伝え合ってきゅん、と感極まった顔してたかと思いきや次のシーンではかなりアホエロな発言をかましてくるの、まさにうすいしっぽ先生ならではで大好きです。3巻での推しシーンは受けフェ未遂で暴発する小田切先生です。最高に面白かった!!笑

どんどん可愛く素直になる橘先生に嫉妬イベ発生の予感!!悶絶全力待機、次巻楽しみです!!

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP