さようなら、と君は手を振った

さようなら、と君は手を振った
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神34
  • 萌×219
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
21
得点
280
評価数
72
平均
4 / 5
神率
47.2%
著者
木原音瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
深井結己 
媒体
小説
出版社
蒼竜社
レーベル
Holly Novels
発売日
価格
¥857(税抜)  
ISBN
9784883863525

あらすじ

従兄弟の氷見啓介が田舎から上京してきた。なし崩し面倒を見ることになった誠一は、アパート探しを手伝いながらも、実は気まずい思いだった。十年前の夏、啓介に心酔いした誠一は、「高校卒業したら迎えにくる」と約束したまま、戻らなかったのだ。相変わらずのダサいメガネ、髪型、服装にうんざりしつつも、誠一は再び欲望のままに啓介を抱くようになる。しかし啓介は優しく受け止とめるだけで…。

表題作さようなら、と君は手を振った

従兄弟・誠一
従兄弟・啓介

同時収録作品空を見上げて、両手広げて

柊,氷見啓介を好きな後輩
氷見貴之,氷見啓介の息子,中学生

その他の収録作品

  • 僕がどんなに君を好きか、君は知らない
  • 空を見上げて、両手広げて2

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数21

愛はシーソーなんだね

攻めの誠一はその名前に似ず、チャラチャラした男です。自分に憧れる啓介を遊び半分で抱いて、都合のいいように弄ぶ。
啓介は一言も文句を言わず、怒りもせず、抱かれるのを拒むこともせず、いわゆるひとつの「都合のいい女」状態。誠一が「コイツ俺に夢中だな」とタカをくくるのも当然です。
ところが!誠一が啓介の金で女と旅行に行っている間に、啓介は実家に黙って帰ってしまうのです。
「便利なセックスフレンドがいなくなっただけ」と強がっていた誠一ですが、だんだん寂しくなってきて・・・あの優しい手が恋しい、もちろん自分のことは今でも好きで堪らないはずだ・・・真剣に謝れば、絶対に許してくれるはずだ・・・
どこまでも身勝手で自分本位な考えで、迎えに行った誠一に、「見合いして結婚する」と静かに告げる啓介。
さすがの誠一も振られてやっと気付きます。啓介がただひたすらに自分のことが好きだったことを。それは自分が啓介をどう思おうが、一緒にいようがいなかろうが、変わらないものだということを。
そんな風に自分を愛してくれる人は、もう現れないかもしれない。
でも今度は、自分がそんな風に、啓介を愛そうと、誠一は思うのです。そして実行する。立場逆転です。
結婚してしまった啓介を見返りなしに愛し続ける誠一。離婚した啓介を手に入れてからは、急に優しくなって、自分との生活を何よりも大事にする誠一に、啓介は抗えず、でも、どうしても不安が頭から離れない。
いつか誠一は前のように自分に飽きるんじゃないか、他の女が良くなるんじゃないか。
ずっとこのままではいられないんじゃないか・・・・

思うだけの愛の方が楽なんですね。
思うだけ、と決めていれば期待もしないから不安もない。甘美な自分の中だけの愛の殿堂に幸せに安住していることができます。
もちろん誠一はもうそれでは満足できない。積極的に愛してほしい。嫉妬もせず、ただ許されているだけでは逆に不安になります。

でもね、M君に積極的に求める愛をいきなり要求してはいけません!そんなことすると、だんだん心に負担がかかります。

やっぱり、「愛に積極的で優しいのはS」というヤマシタトモコ先生の名言は正しいと、羊は思います。Mのが薄情で人に心を渡さないんだよなぁ。
ご主人さまには従順なくせに、対等な愛には怯えるのです。受け入れるだけじゃなくて、差し出さないといけないから。
結局啓介は、追いかけてきた誠一を拒みきれず、その後を共に生きるわけですが、誠一を信じてそうするわけではない。どこまでも怖い。不安定な二人の関係を自分も責任を持って引き受けることが。ズルイ男です。
前半はただ思うだけの愛で誠一を包んだ、甘くて優しい啓介が、後半は愛されることに向かいあえずに誠一を傷つけ、振り回す。
木原さん会心の、愛の逆転劇です。神棚入り。

12

木原さんは番外編でも流し書きしません

木原さんのスゴイところは、番外編でもきちんとした「お話」にしてくるところだ。
しかもそれが、本編以上に気になる作品となってたりする。
最近レビューした『黄色いダイヤモンド』もそんな感じだったんですが、この作品もそうでした。
痴話喧嘩的続編やらひたすらエロエロしてる続編が多いBL番外編のなか、これは驚異的なことだと思います。そういうところも好きです。

表題作『さようなら、と君は手を振った』とその続編の『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』については、旧版ですでにレビューしてるので、新装版のこちらでは『空を見上げて、両手広げて』『空を見上げて、両手広げて2』の二作について書きます。
好きなんですよ、この続編。
表題作の受けの息子を主役にしたお話です。
彼は歪んだ子供だ。
表題作カップルが幸せになったのはいいけど、子供は置き去り。
ふたりとも互いへの愛にかまけてるせいで、子供を健全に育てることができなかったのだ。
愛を与えられなかったわけじゃないし、実の父親はめちゃくちゃ優しい人なんだけど、子育てするには最悪の環境で主人公を育てていた。
連夜聞こえてくる、父親のあえぎ声。
子供に「一番好きなのは誰?」と聞かれて、「おまえが一番だよ」と嘘でも言ってやれない父親。

こういう設定にしちゃうのも珍しいですよね。
たいがいのBLでは、「愛し合ってる二人なら、たとえ男同士でも大丈夫。子供は二人から溺愛され、すくすく育つ」みたいな落ちにする場合が多いのに、木原さんはそうしない。
歪んだ関係の二人は、イビツな子供を作り出してしまった。
寂しさから彼は、父親と同じ職場にいる年上の男にハマってゆきます。
そしてそれは、彼の心を長く縛りつける楔となるのだ。
まだまだ続きがあってもおかしくない、非常に木原さんらしいラストでした。

7

読み終わって、うーむと唸ってしまう1冊でした

コミック版は私にとって特別って位好きな作品。
いつか原作も読んでみたいって思いつつ、なかなか読めずやっとこさ読む事が出来ました。
原作を読んで改めて思ったのは、私はロマンチストなのだなぁ〜と。
コミック版だけでは、内容はさておき美しい話だったんだなぁと。
私はコミック版のキレイな終わり方が好きで、
コミック版の結婚した後の啓介に会いに来る話も好きだったので、
今回原作を読んで、なんか現実を見た感じ。
うーん、やっぱそうなるかぁ…

1話目は、コミック版でレビューしたので2話目から書きます。
あらすじはすっ飛ばして…

そっかぁ〜離婚してしもうたか。
私、啓介大好きだったし、奥さんと子供と3人で家庭を築いて欲しかったので、
読み始めはもぅ残念で残念で。
でも起こってしまったものはしょうがないと読んでました。
誠一が迎えに来てくれたのも嬉しかったけど、
「はい、お次は」感がどうしても拭えなくて、
新生活もなんとなくで始まっていく事に、
啓介同様読んでるこっちもなんとなく状態。
でもまぁ、そりゃそうですよ。
あれだけの目に合ってたんですから。
それでもって離婚直後ですから。
それを思うと啓介が頑なになるのも解るし、
幾ら誠一が優しくしてくれても啓介の孤独感が増していくのもわかって、
せつなくて悲しくて…
なので、正直柊が出てきた時、これでやっとこさ何かが起こって、
この心のモヤモヤ感を払拭してくれる、納得出来る気持ちを起こさせてくれるんじゃないかって期待してたんですけど、
そんなに都合良く展開するわけがない。
やっとこさちょっと少し出口が見え始めたかな、やっと誠一と啓介が話が出来るようになってきた所で、
啓介の息子問題が出てくるんですよね。
ここが読んでて一番怖くなりました。
自分にこんなに残酷な気持ちがあるんだなと読んでて恐ろしく思いました。
子供が邪魔だな、なんで出てくんだよと思う気持ちが自然にわいてる自分にショックでした。
最後、誠一が迎えに来てくれたのは嬉しかったんですよ、やっと、っと思ったけれど、
でもしかーし!
あれは駄目でしょう、大人として!!
いくら愛し合ってても、離れたくない気持ちが掴められるとしてもあれは駄目でしょう。
貴之が可哀想すぎます。
なんで誠一はあそこにいろと言ったのか。
今の私には理解出来ませんでした。

そして3〜4話目は、貴之のお話。
BLってどちらかが子持ちの時、その子供は理解力が高くて、なんだかあったかい家族☆みたいなのが多いイメージが多いんですけど、
ここの親子は真反対。
啓介は誠一が風邪ひいた時は仕事を休んだけど、貴之の時は休まなかったってエピソード、読んでて可哀想でしょうがありませんでした。
日々のほんのちょっとの事ではあるけれど、受ける側はほんのちょっとの事だからこそ、言えなくて、溜め込むしかなくて…。
2人の関係が良いものになっているのは嬉しいんですけど、
そこに息子の事を考えていられない父親がいるって事に、読んでて本当悲しくなります。
啓介の事、好きなんですけどね。
なので貴之が柊にのめり込んでいくのは、読んでて、大人としても複雑でした。
柊がいて良かったとも思いつつ、でもタバコを経験させるのは駄目でしょう。
ま、自分も経験ありますけどね(子供側です!)、
でも自分の存在価値を疑いながら生きるのがこの時期にあるなんて、可哀想すぎます。
なので4話目があって良かった。
あれがなくちゃ、救われません。
最後、ハッピーエンドになるのかどうなるか解りませんが、貴之にとって過去を清算する機会が出来た事が良かった。
相手が柊なのか誰なのかは解りませんが、共に生きたいと思う相手が出来て欲しい、
そうすれば啓介との関係もまた変わるのではないかと、希望が見えた最後。
本当最後ちらっと思わせて終わりなのが、やっぱり木原さんいいな…と思いました。

モヤモヤ感は最後迄消えませんでしたけど、
読んでて本当面白かったです。
木原さんの作品、読んでて痛いものが多いんですけど、上っ面だけじゃない感じ。
綺麗にまとめようと思えばまとめられそうなのに、あえて見たくない方を選んでいく感じ。
やっぱ木原さんの作品は好きだわ。
コミック版が好きだった方は是非の1冊でした。

5

飽きたら……

私がタイトルをつけられるならこれにしたいですね。
「飽きたら、殺して」
盛大にネタバレタイトルになっちゃいますがそのくらい好きです。
この台詞のためだけにある物語じゃないかと思いました。
この本、駄目野郎しか出てこないです。
愛すべきバカとかダメンズとかかわいいもんじゃなく、ほんとに駄目。
神評価ですがそんなに好きな物語ではありません。
でも胸にくるものがある。
他の木原作品と比べて特にシリアスな事情や出来事があるわけじゃないですが、それが逆に登場人物の異常性を際立たせてます。
愛の狂気を描いたおはなしです。

スピンオフ『空を見上げて、両手を広げて』
いやあ……かわいそうですね!
表題作の狂った二人に育てられた貴之くん。そりゃまっすぐは育たないわな、と。
二人共根は狂っててもぱっと見はマトモな生活をしてるからか、貴之くんも一応マトモに成長してます。えらい。
根はだいぶこじれて絡まってますが。
柊はセフレと遊んで怪我するし、中学生に手を出すし、ぱっと見一番おかしな奴ですが、実は唯一マトモな奴だったんじゃないかと思います。
あの後は若い貴之くんが四十路の柊を振り回して困らせて泥沼展開が予想されますが、幸せになって欲しいです。
このふたりの続編が読みたいですね。

表題作の二人は……一生狂ったままでいるのが一番幸せそうです。
死期が近づいたら心中して二人で地獄にでも落ちたらいいんじゃないかなと思いました。

5

ドラマチックでした (゚‐゚*)

本書は作品のタイトルに「さようなら」とあったため、バッドエンドか?! でも仮にそうだとしても木原先生だったら素晴らしい余韻を楽しませてくれるに違いない、そう思い手に致しました。

目次
①さようなら、と君は手を振った(誠一(攻)視点)
②僕がどんなに君を好きか、君は知らない(啓介(受)視点)
③空を見上げて、両手広げて(貴之視点→柊視点)
④空を見上げて、両手広げて2(貴之視点)

実は…コミカライズされた深井結己先生の方に①のレビューを書かせて頂きました。あまりの長文に、レビュー不可能となってしまったためです。…今度から気を付けます。興奮しちゃって… ヾ(_ _。)

①と②が誠一(攻)と啓介(受)のお話。
③と④が貴之と柊のお話。
特筆すべきは、貴之が啓介の息子であり、柊が啓介の元同僚ということ。


②のあらすじ
5年後、啓介(受)は妻の要望を受け離婚。誠一(攻)と結ばれます。順風満帆にいくかと思った矢先、元妻が事故死、息子を引き取ることに。

誠一(攻)は思いやりのある理想の恋人となっていました。ただし啓介(受)は「誠一(攻)の優しさ」や「ずっと続く幸せ」を信用出来ません。うっかり信じて立ち直れなくなるのが怖いから。反対に改心した誠一(攻)は信用して貰えるよう、あらゆる優しさで迫ります。その姿が実に誠実で良かったです。

そして迎えるクライマックス。別れた妻が事故死。息子を引き取ることに。ここからラストに至るまでが怒涛の展開。子供が絡むので、好き嫌いが分かれるかもしれません。息子はまだ幼稚園児。その正に目の前で、誠一(攻)と啓介(受)の愛の行為は繰り広げられました。

最初は「えぇ!」と驚き、さすがに私も眉をひそめました。大丈夫なのかしら?子供はトラウマになったりしないのだろうか?といった杞憂が頭の隅を過りました。

でもそのうち恋に溺れる二人が凄く羨ましく、私もこんな恋がしたいと思うようになりました。理性も常識も吹っ飛んでしまうような、周りに誰がいようとお構いなしの、残酷なくらい激しい一生に一度の死に物狂いの恋。この小説のラストはこれで良い、いいえ、これが良い!と思ってしまいました。

愛する者同士が、お互いの肌に触れて、満足と信頼を深め合うのはとても自然な事。きっと誠一(攻)の中では、自分たちは恥じ入ることなどしていないのだとの思いがあったのでしょう。それに息子はまだ事の次第が分からない小さな子。

「コブつきでも構わないんだ」と言い放った誠一(攻)の「ここにいて、隅っこでおとなしくしてろ」の言葉は、突き詰めて考えると、子供を仲間外れや邪魔者扱いしたくない、と言っている風にも聞こえ、誠一(攻)なりの精一杯の息子への慈愛だったのではないか、そんな風にも感じられるのです…。二人の想いが実を結んだ文句なしのハピエン。堪能致しました。


③のあらすじ
幼稚園児だった貴之が中学生として登場。柊の部屋で寝泊まりは日常茶飯事。何事もなかったある日、酔っぱらった柊に手籠めにされ…。貴之の実らない初恋のお話。

素晴らしい人選だなと嬉しくなりました。柊のことは私も気になっておりました。一言で言えばクズ男、なんですよねー。一人の人と永続的な関係を結ぶ気が全く無く、相手構わずとっかえひっかえなのですから。でもそんな彼が、啓介に対しては懐いていて、そこが可愛くて、何としても幸せになって欲しいと思っておりました。でも、まさか啓介の息子・貴之と、とは ('-'*)

貴之はまだ中学生。思春期独特の、鬱々とした気分や、もやもやとした反発心、現実からの逃避など、何となく暗く、病みの雰囲気が作品全体を覆っているように感じました。やはり父親と従兄弟違が抱き合う、正にその瞬間を目撃したためトラウマとなって残り、情緒不安定になってしまったのでしょうか。

貴之には両親の離婚もショックだったことでしょう。その後、母親と新しく父親となる男性とも交通事故により死別。同乗していた貴之は無事でしたが、新しい環境に馴染む暇もなく、父親に引き取られました。

幼心に負った傷は、想像以上に深かったことと思います。それでも良い子に育ちましたね。少なくとも同じ寂しがり屋と言っても、貴之には柊と違い、「愛し合うことは悪いことじゃない」「好きなのは悪いことじゃない」という言葉から察することが出来るように、愛する心を持っていました。

柊は、クズ男ですが、まったくもって救いのないクズ男ではありません。その証拠にちゃんと職についています。ただし酔っぱらって意識がなかったとは言え、中学生に手を出すのは頂けません ヾ(-_-;) 

ラストは、「確実に終わりは来るんだろう」などと、暗雲漂う未来を暗示するあやふやな終わり方。
旧版はここまで、だったのですね。このような終わり方って…実に悩ましい…(´_`。)グスン


④のあらすじ
貴之は22歳。7年前に消息不明の柊を、ずっと探し続け待っていました。偶然泊まった宿で再会するも、柊は貴之のことを恋人と言う目では見ておらず…。

悲しい別離があったのですね。貴之が不憫でした。とはいえ別離の原因は全て啓介のせいだと思い込んでいたなんて…。柊が誤解を解いてくれてホント良かったです。

だって、啓介は人の恋路を邪魔するような、心の狭い人間じゃないはずなので。にしても、ずっと柊を想い続けていた貴之に対し、失踪後、何人もの人と付き合っていたと平然と口にする柊。貴之の気持ちを想うと切ない…。

最後は今後の二人の成り行きを、読者の一人一人に委ねられた形で終わりました。でも、少なからず希望のある終わり方です。私はこんなラストも、とっても良いな、好きだなと思いました。感無量。

5

神と中立はんぶんこかも…


啓介はいったい誠一のどこがいいだろう…と思いました(汗)。見栄っ張りで、わがままで、優しくもないし、機嫌が悪かったら暴力も振るったりするし…とにかくこの攻めは最悪で最低な人間でした。正直読みながら「タイトル通りの終わりが欲しかった」と思いました。だから前半読み終えてめちゃくちゃすっきりした!(笑)
でも後半読んでるとやっぱりちょっとモヤモヤするというか…。妻が急に離婚すると切り出すのが少し不自然なのでは…?と思いました。誠一は「10年も離婚しなかったらお前を奪う」って言ったけど、正直奪略バージョンが読みたかったです(笑)。

最後の誠一の「怒っていい」という言葉でなんとなく「愛すること」を思い出した…。未来は不確定であっても、今の2人はこの関係を取り繕うために自分を変える努力をしていますから、これもこれで良い結末ではないかと思いました。この先2人はやはり別れてしまうかもしれないのですが、だからって簡単に「お別れ=バドエン」っていうのは違うような気がします。
まぁ本当はBLは皆ファンタジーだから、厳密にいうと現実味のある木原先生の作品はBLじゃないかもしれません。でもこういう現実味こそ木原先生作品の醍醐味だと思います。本当に…癖になります(笑)。
色々話が逸れてしまって…とにかく良い作品なので、未読の方はぜひ〜。

評価にはすごく悩みましたが、やっぱり神にします。

3

恋の重さが胸に残る

従兄弟・誠一との恋愛で変わっていく啓介に強烈な印象を覚えました。

高校生のある夏休み、従兄弟の誠一から仕掛けられ、体を重ねた啓介。誠一の「迎えに来る」という約束を信じて待ちますが、忘れ去られ、恋愛の儚さを知ります。

そして10年後、啓介は上京し、誠一と再会。約束を反故にされた過去をおくびにも出さず、誠一に求められるままに体も金も優しく与え続け、ある日突然田舎に戻ってしまいます。追いかけてきた誠一に、結婚して旅館を継ぐ前に誠一に会いたくてたまらなくなったのだと、上京の本当の理由を明かします。そして、自分も幸せになるし、誠一にも幸せになってほしいと。「さようなら」と手を振る啓介は清々しいほどきっぱりしていて、自分の気持ちに気づくのが遅すぎて悔やむ誠一とは対照的です。
ここで話が終わっていたなら、啓介の見返りを求めない愛情に驚嘆し、こんな愛の形もありかも…、と思ったかもしれません。

しかしその後の話で、啓介が変貌していくのが、この作品の面白いところだと思います。

啓介の妻は好きな人が出来たと子どもを連れて出て行き、啓介は穏やかに守ってきた家族の終わりに虚しさと孤独を深めます。そして迎えにきた誠一と暮らし始めますが、与える人から受け身なだけの人に変わってしまっていました。気持ちを返してこない啓介に苛立った誠一がぶつかってきて、啓介はやっと気持ちを解放します。「ずっと、傍にいさせてほしい」と。愛されることを素直に喜び、自分から誠一を求めるようになります。

さらに啓介が変わるきっかけとなる事件が起きます。
別れた妻が交通事故で死に、残された自分の息子・貴之を引き取ることになったとき、啓介は父親であることを選び、黙って誠一の元を去ります。本心では子どもより恋愛を優先したい自分が許せなくてとった行動でしたが、その決心は、追いかけてきた誠一に抱かれて砕け散ります。「飽きたら、殺して」
人の道を放棄し恋愛の深みに身を投げた者がいきつく果てを見たような気がしました。見返りを求めない優しい啓介は、もはや影も形もなく。啓介の変貌ぶりに、ただ圧倒されました。啓介にとって誠一がそれほどまでも好きな男だったということなのでしょうね。そうとしか考えられない…。

啓介が大人になった自分の息子・貴之に言う言葉に、自分と誠一の恋愛関係についての複雑な思いを見た気がしました。「相手の気持ちも自分の気持ちもわからない子供に、そういうことは早すぎたよ。」貴之が柊と体の関係を始めたのは中学生で、啓介と誠一は高校生でしたが、相手の気持ちを分かっていなかったのは同じこと。体をつなげることで残る想いはとても大きいから、と啓介が言っているように感じました。

貴之と柊の行く末は少しだけ気になりますが、誠一と啓介の恋愛は行き着くところまで行っているので、彼らのその後は知らなくても十分という気がします。

恋の重さが胸に残る作品でした。それしか言いようがありません。

1

淡い狂気のスパイラル

見栄っ張りで浮気性の誠一に憎たらしさを感じる読者って多いんでしょうが、むしろ、相手にされるがまま、全てを受け入れてしまう啓介の方が嫌だった。

いやなんですよぅ、こういう菩薩のような「受け」。
誠一のような身勝手なヤツには「理想」そのものなんでしょうが。

ところがどっこい、チャラ男の誠一は何を思ったか、今までの悪の数々を正して、啓介一筋!5年も待ってしまうという徹底ぶり。
そしてめでたく非のうちどころのない神カップルとおなりあそばすわけですが、さすが木原先生、それでとっとと幕引きするわけもなく。

こういう菩薩のような人格の持ち主はタガ外れるとロクなもんじゃないんですが、案の定、いざ誠一と相思相愛になったところで自分の子供よりも恋人が最優先という「性愛」が炸裂してしまうんですね…わかるけど、わかりたくない「大人のいやらしさ」にまみれた受けになってしまうんですね。

サイッテーな美形男と、されるがままだった美形男が「結婚」したツケに、歪んだほくそ笑みを浮かべたワタクシ。あー、性格悪いですねワタクシ。

だが、木原先生はさらに意地悪だった。
ラストは実際に読んでみると、聞きしにまさる混沌とした未来の暗示に戸惑います。
名作といっていいのかどうか、しかし、読後感は背中がムズムズするような、ゾッとするような。
愛はやはり不安定なほうがいいのかもしれません。

12

積み重ねていく時間の中で。

改めてこの本を読んで、どうにも自分が木原さんの描くダメ男が好きなようだと気付いてしまいました。

どうしようもないほどに自分勝手な男・誠一。
昔、恋をした男・啓介が東京に出てきたのをいいことに、それまで放置していたくせに都合のいいように使って。
気持ちなんて昔のようにはなくて、ただ利用しているようでしかなくて。
それでも、何も言わないのをいいことのどんどんどんどん。
どこに気持ちがあるのかわからないまま加速していくような関係はいつか破綻するだろうとこちらには思えて。
それを急に突きつけて来るところが木原作品。
ぐるりと世界が反転するような立場の逆転。
どちらが置いて行かれたのか。
ようやく本当の気持ちに気付いた頃には2人の関係性はまた別のものになっていて。
そこに誠一の入り込む隙間はないようで。
それでもそこから諦めなかった誠一は、それまでしてきたことを思えば自業自得なんだろうけども一途さが見られてよかった。
どちらかといえば誠一の方が理解しやすく、啓介の方が理解しにくい。
見返りを求めない愛情は諦めているようにさえ見えて自己完結しているようでどこか痛くもあって。
それでもお互いがお互いを必要とすることに最終的に求めあえてよかったのだとは思う。
世界が2人だけで閉じていたのならば。
そこまでの間にどれだけの紆余曲折があっても最終的に幸せを掴めたのなら「よかったね」と物語を終えることができるのだが…。
最後の子供に見せつけたシーンだけが後味を苦くしてしまう。
うっかりバレたとかではなく、がっつり見せつけたことが。
それがまた木原作品らしくもあるとは思うのですが。

ここでこの物語が閉じていたならば本当に後味の悪さだけが印象に残っていたかもしれない。
けれど、物語にはまだ続きがあって。

その後の子供・貴之の物語がある。
正直すぎる父親・啓介とその恋人・誠一を見ながら育った貴之には埋められないような孤独が宿っていて。
それを柊に甘やかしてもらうことで成長していくことになるのだが。
柊との関係は最初からちゃんとした「恋」ではなく、ただその言葉に縋っているだけの歪んだものであったのだけれど。
それに気付けたのは大人になってからのこと。
当時の貴之にはそれこそ柊だけが大切で。
自分を大切にしてくれる存在で。
啓介がもっと父親としてちゃんと接することができていればこんなことにはならなかったんだろうけども。
啓介は父親には向かない存在だったんだろうな。
柊もその曖昧な関係に浸って。
それでも、そこに何の感情もなかったわけではなく確かな感情があったのは事実。
ただ、それを大人だからと流そうとしていた部分もあったかもしれないけれど。
それでも長く続けてこれたのはやっぱりそれなりに思い入れがあったからなんだろうな。
当時の貴之には柊の存在は救いになっていたし、きっと柊にとっても穏やかな時間になっていたんだろうと思う。
2人の本当の物語はまだまだこれからで。
この先が本当の恋になるはずで。
そんな未来が感じられる幕引きでよかったです。

5

互い以外の全てが二番手になった

実の息子でさえも…。


今回もとても惹きこまれた作品でした。

再会してからの受けの啓介のキャラが大好物だったんですよね。
自分が抱く好きという気持ちをその相手に都合よく使われているところ。

最初は無償で無限な包容力持ちだと思っていたのですが、違ったんですよね。

ーーー好き。
ただ好きだからという一心で攻めの誠一との関係を続けていたんです。
(本命と言われたこともないけれど)浮気されていようが手酷く抱かれようが、ただ好きというその気持ちだけで。
誠一に使い勝手の良いセフレと思われた状態で。


そんな酷い誠一ですが啓介の存在の大きさに気付き真に惹かれていきます。
完全両想いでいいじゃん!と思っても木原先生です、もちろんそうはいきません(笑)

幸せになっても、その幸せに必ず終わりがくると啓介は怖くて怖くてたまらないんですよね。
そこには学生時代の誠一の約束破りの根も絡んでいて…。

互いに幸せなはずなのに幸せになりきれていない…。
心の乱れの表現のうまいこと!

そして欲しくて欲しくてたまらないからこそ離れてしまう…
なんでそうしちゃうのという気持ちと本気で恋をするとこういう形もあるのかな…と分かりそうな気持ちとでとにかく苦しい。
相手の気持ちを信じて愛をもらい続けることにも勇気がいるんだろうな…と漠然と思いました。

しかし吹っ切れてからの啓介は強かった…!
実の息子ではなく同性の恋人、誠一を不動の一番に掲げた。
そこまでの苦悩や変化をしっかり書き込んでくれたからこそその凄まじさにとても驚きました。

息子視点はしんどかったですね。
血の繋がった子どもの自分が二番手であることを身をもって知ってしまってるんですよね。
この父親のせいでこう育ってしまった…と思うと居た堪れなさもありましたが、一番は常に誠一だという深い愛に惚れ惚れしてしまうのも事実でして…(笑)

彼が少しでも寂しさを消し幸せになってくれたらと願いたくなりました。
決して真っ暗ではない終わり方がスーッと心に入り込みました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ