• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作三十二番目の初恋

梶山敬之,医者
瑞原想,美容師

その他の収録作品

  • 来ない日の約束

あらすじ

美容師の想が怪我のため、居候することになったのは勤務医の梶山。恋人を失った過去に縛られる梶山に惹かれる想だが…。
出版社より

作品情報

作品名
三十二番目の初恋
著者
椎崎夕 
イラスト
金ひかる 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
シリーズ
帰る場所
発売日
ISBN
9784344815285
3.5

(29)

(5)

萌々

(10)

(11)

中立

(2)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
12
得点
100
評価数
29
平均
3.5 / 5
神率
17.2%

レビュー投稿数12

いい恋をして成長していく主人公たちを見るのが好き

ずいぶん前にはじめて読んでからたまに読み返したくなる作品です。
頑張ってるのに報われない子がいい相手に出会えて幸せになって行くというストーリーは気分が落ちているときに励まされます。

すごくいい子なのに自己評価の低い健気な子です。
何かよくないことが起きるとみんな自分のせいにして誰も責めない。
それをわかっていて利用しようとする良からぬ輩の都合のいいカモなんです。

美容院を共同出資し将来は入籍しようとまで言ってくれた同棲している恋人から結婚するからと追い出されても、他人の巻き添えで骨折しても、怪我で仕事ができなくなりクビにされても、過去に酷い目に合わされ家族と疎遠になる事態になった相手に再会して都合よく扱われても、みんな自分のせいだと諦め赦してしまってばかりで歯がゆくなります。

けれど初めて、反撃に出た時には拍手しました。
自分ではなく好きになった人を守るために立ち上がったのは偉かった、そしてそんな人に出会えてよかったと思えました。
愛は勇気と力をくれるんですね。
けど、自分はどうでもいいから大事な人を守りたいというのは相手にしてみたら大いに不満で不安でしょう。
そんなところは今後のしつけ次第だとこれからの課題として心にとどめた恋人の想いに救われました。

3

ろくでなしホイホイ

やっぱり椎崎さん好きだ!!
丁寧な感情描写で描かれる人たちは生き生きしていて、決してパーフェクトじゃない。
だからこそ読んでいて共感できるし切なくなる。
ロクデナシホイホイで不幸体質の主人公、想が不器用だけど優しい梶山に惹かれていく気持ちがすごくよくわかるのです。
対比として描かれる元彼のサイテーっぷりがまたすさまじいのですが。
勝手に家から追い出しといて愛人にしてやるとか、骨折してるってのに仕事をさぼるなとか、退職金くれっていったら俺にたかるつもりかとかもう本当にサイテー。
お前どんだけ男の趣味悪いんだ主人公と思うと同時に、そりゃ梶山先生に優しくされたらふらりとくるよね!
自身の過去の色々がトラウマになっているせいで、素直になれなかったり、捨て身で梶山のことを守ろうとする想が本当に切なくて切なくて。
自己犠牲とか……弱いんだなあ私。
久しぶりにかなりどっぷり入り込んで読める作品でした。

2

(私にとって)椎崎作品の例外。

たぶん、椎崎さんでは一番(というよりほぼ唯一。もうひとつはスピンオフの『仕切り直しの初恋』ですから)好きな作品です。これはキャラクターがよかったんですよ(単に私の好みとの符合で)。

なんというか、脇キャラクターやエピソードがいちいち陰湿なんですよね。そこは椎崎さんらしいと思うんですが、この作品は珍しく主要キャラクターが私の好みに合っていたんですよ。
確かに想(受)はダメ(アホ)なんですが、ダメの方向性が私の好みの範疇だったんです(いつもは真逆なんです)。今までまわりにロクデナシしかいなかったわりには、本人はホントに健気で性格もいい、その上仕事もできるんですよね。想はもっと報われていい!と思いましたよ。梶山(攻)もクールで冷たい男に見せて、なかなか大人で素敵でした。想にはお似合いなんじゃないでしょうか。

椎崎さんの作品で、主要キャラクターを2人とも(それなりにでも)好きになれるのは初めてで、貴重です。
かなり好きな作品ですね。

3

優しい話。

 美容師の瑞原想は、同棲中の恋人に、「結婚するから明日には家を出て行け」と意味のわからないことを言われた店で、たまたまいい男がワインをかけられるところを目撃してしまう。
 呆然とする想だったが、店を出たところでそのワインをかけられた男とすれ違いかけ、おせっかいを承知で、ハンカチを差し出してしまう。
 そこに、ワインをかけた女が再び戻ってき、ちぐはぐな言い合いの末、その女性は想を突き飛ばし走り去ってしまう。
 突き飛ばされた想は、その拍子に腕を骨折してしまう。
 ところが、美容師の想は、それを職場の共同経営者兼店長でもある元恋人に告げると、今度は仕事もクビになってしまう。

 帰る場所も仕事も失った想は、仕方なくワインをかけられた男・梶山の「何かあれば連絡をしてほしい」という言葉を頼りに、彼の家を訪ねる。

 すると「怪我をさせた責任を取る」という梶山の言葉に甘え、彼と同居することになった想。
 当初、生活感のない梶山の家で、息を潜めるように生活をしていたが、ある日、お金を節約するために十分に食べていなかった想は、倒れてしまう。
 そんな想が働けず、お金もないのは自分のせいだから、と、今度は梶山は想と食事をするようになる。
 想は、それを何もしていないのにsてもらうのは悪い、と言い、代わりに家事を一手に引き受けところが、ることになる。
 ところが、生活を共に過ごすうちに、恋人を失った過去に縛られたままの梶山に想は少しずつ惹かれはじめる。

 そんな時、梶山の職場を訪れた想は、過去の恋人と再会する――。


 そんな感じの話でした。
 少しずつ梶山と想が、距離を近づけていくところがとてもしっとりと書かれていて、かなり面白かったです。

 想は、ダメな男ばかりを引き寄せてしまい、今までちっともいいめにはあってこなかったのに、それでも相手を恨むことなく、前向きに生きていて。
 今度も、梶山のことを思って一旦は、引くけれども、梶山がそうのところを訪れて、二人はハッピーエンドなんですが。
 そうやっても、自分が我慢することで、梶山に迷惑がかからないようにしようとする想は、とっても優しくて、でも悲しくて。
 そんな想を、自分の気持ちを認めた梶山が、そっと包み込んでいるのがとても優しい。

 いろいろあったけれども、二人がとっても優しいのでとっても優しい話になっていて、すごくよかったです。
 途中、想が、過去の恋人にいいようにされてしまうところもあって、そこだけかなり痛いような気もするので、そういう痛いのが苦手な人は避けた方がいいかもしれません。

 個人的には、そういうひどい描写がなくてもちゃんといい話に仕上がったんじゃないかと思うので、そこだけマイナスでした。

1

梶山先生、幸せになれて良かったねぇ

帰る場所シリーズのスピンオフとは知らず、先にこちらを読んだのですが、スピン元を読んでみると、梶山先生が幸せになれて本当に良かったねぇ、と思いました。

本編を初めて読んだ時は、頑ななまでに想を受け入れない姿勢にじりじりしてしまったのも確かで、想がまた一途で健気だからこそ、もっと早くに手を差し伸べてあげればよかったのにぃ!と思わなくもなかったんです。

けれど、う〜ん。あの過去があって、スピン元でのなんやかんやがあって、そして現在。(本編はスピン元の5年後っていう設定です)
今全部読んでみて、あの頑なさだったんだなぁと納得。

そして本当に、想と出会えて良かったねぇと思いました。

仕切り直し〜の方にも梶山先生のSSが載っているとのこと。
正直そちらの本編は読む気はなかったんですが、SS目当てに購入してしまいました。

そして相変わらず。椎崎先生の、ぐるぐるしっぱなしの自己完結型の受けちゃん。
も〜〜〜わかりやすすぎてお決まりすぎて、だから読みたくなっちゃうんですよねぇ〜〜笑

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP